お仕事もお願いします・・  http://www.candcjp.com/ フェイスブック

17.10.10 東上線の某駅周辺で用事がありウロウロしていたんだが、
立っているのがやっとの腰が曲がった老人男性と、それにつきそう高齢女性を駅から徒歩1分くらいの所で見かけた
とうとう立っていられなくなり男性は座り込むが、高齢女性は何も言わずに横に立ってるだけ・・
妻なのか?
と不思議に思いながらも用事があるので先を急ぐ

その後用事を済ませたらまたそのカップルが駅前のロータリーにいた
あそこから此処までに30分もかかったんだ・・
またもや老人が動けなくなったが、高齢女性はそっぽを向いてる
どういう関係だかわからないが虐待??

その後ランチを食べに店に入り駅に向かったのだが、気になったのでロータリーをチェック
さすがにいない・・・
と、思いきや駅のホームにいた!しかも老人だけ・・何故?
どうやって階段を上り下りしたんだろう・・(こっちからはエレベーターは無い)
気になったので見てると急行列車が通り過ぎるとき、よろけて巻き込まれそうだ・・
でもまたしゃがみ込んだ、その方が安全だとは思うけど、大丈夫なのか?

1人で此処まで来たって事は以外に平気なのかも?と思って見ていたんだけど
電車が来て乗ろうとしても足が動かせなく・・20センチ前に移動しただけで電車の扉は閉まってしまった。
そうだよね・・アレじゃ乗れるわけ無いジャン、ってか、巻き込まれなくて良かったよ

かくいう私は逆方面に行く予定だったし、手伝う自信は無かった。
でもやはり気になるので、私の電車が来たのだが乗るのをやめて改札に戻り事情を説明
駅スタッフ曰く「しかしご本人から要請がないと介助は出来なんですよ」とマニュアル的な回答
「でもアレじゃ電車に巻き込まれますよこの駅でイヤじゃないですか?」と詰め寄っても同じ答え
ガッカリしたけど「せめて巡回したら?」と言ってホームに戻った。

ホームには池袋方面に行く多くの人がいるけどみんなしゃがんでる老人を無視
まぁそうだよね・・しゃがんでるだけで倒れてないし、どういう経緯かわからないし、
一応階段下って登って此処まで来たんだろうし(しかしどうやって?)

私の方面の電車が来たので今度は乗ることにしたのだが、その時駅員がホームに上がって来た!
見るとなにげに老人に近づいていき声をかけている。
良かった!
日本の駅員も捨てたモンジャ無い!と少しジ〜ンとして電車から見ていた私でした。
結局私は手を最初から最後まで貸さなかったんだけどね・・
17.10.3 池袋の居酒屋チェーン店で1人ランチを食べてたら隣のおば様達の会話が耳に入ってきた
「おば様達の会話」って言うより1人のおば様が独善的に話している。
何かの説明?いや勧誘だ・・
「ですからですね、今の公的年金では食べてゆけないでしょ?間違ってるんですよ」
--時節柄選挙関連?
「コレだと寝てても500万円毎月入ってくるの!しかも年金はあなた一代だけ、これは孫、玄孫までもよ」
へっ?何それ??
「それには4000万円積まないといけないんだけどねぇ・・・」
--ほう、来たか!
「でも大丈夫、段階を踏めば何時か到達できるのよ、私は今月に15万円もらってるの」
--HOW?
「そのためにはネェ、4人紹介すれば良いんですよ、たった4人」
--あれ?ネズミ講?これ
「こういう風にお話しするのが大変なら私に紹介してもらうのも良いんですよ」

凄いなぁ〜
居酒屋チェーン店って半個室が多いので顔が見えないんだけど
声は思い切り聞こえるのでキット周りにいる人達や従業員も
「オイオイ」って、思って聞いてたんだろうなぁ〜
私なんか耳がダンボになって結局ランチ終わったのになにげに全部聞いちゃったよ(笑)
 17.9.28 あまり日本にいないので無責任な発言だけど
今回はチャンと選挙にも行ける様なので・・(でも事前投票)
 「名を捨てて実を取る決断」って「理念を捨てて生活を取る決断」って事ですよね・・
政治家から「理念」を取ったら何が残るんだろう・・
ホント理由判らんな〜
17.9.11 此処スロヴェニアの実家では1年分の無農薬トマトを食べたけど
今は無農薬葡萄!食べ放題
トマトは加工できるけど葡萄は大変なので、結局誰も食べきれず鳥の餌だそうだ・・勿体ない


周りの人もみんな作ってるのであげる人もいないのだ・・・
17.9.9 友人の誕生日パーティにに手巻き寿司と卵焼きを作ってみました
 
17.9.8 もうソロソロ帰国。
スロヴェニアではこんな自動販売機で安全な直農家乳製品が売っているんですよ
牛乳も既定の瓶を置くと買えます(瓶も売ってます)
バター買って帰りたいな・・

自動販売機の上の方はヨーグルトです。ミルクは下の瓶を買って隣の機械から購入します
無添加の農家手作りバターが大体350円
17.9.7  リュブリャーナのクライミングジムにある地ビール
あまりビールは好きでは無いのだが、この地ビールは本当に美味しい♪好き♪
今日はかのトモチェセンに勧められて6Cをオンサイト出来たので余計に美味しいのさ〜
凄いでしょ、トモチェセンだよん
日本のベースキャンプにもユージさんがいるから同じか?
17.9.6 スロヴェニアのお家に帰宅してはやる気持ちで森に行きキノコ取り
小雨の中探したけど収穫は今一つ・・
でも絵のようなキノコも採れたのでまあイイとしよう

ポルチーニ茸です。本当に香が良くて美味しい♪
17.9.1 日本のパウダーが大好きなフランス人スキーヤーのお宅にお泊まり
日本の雪が好きなだけで無く文化も習慣も大好きみたいで家中が日本グッツで溢れていた
夫婦とも世界各地を歩いているにもかかわらず日本のモノをこんなに好きになってくれるなんて
感激だ。
今回は他もスイス人宅やスロヴェニア人宅にも泊まったがいずれも、その周りの友人達も含めて
特に日本製品(サービスも含めて)のLOVERが多いことに驚いてしまった
イイことばかりでないのは良く知ってるけど
日本のイイ所は何時までも大事にしたいよね

夫は知らなかったが・・フチコちゃん迄こんなに集められていた・・
17.8.25 この夏最後のお客様にチャッカリ同行
アオスタの谷を遡りブライトホルンやグランパラディーソを夫がガイドしています
私は仕事では無いので車のスペースを占領しないようバスを乗り継いで移動し
移動先では一人で遊んでます。ハイ

で、夫が勧めるViaフェラータ(ワイヤーや楔などが設置された山を自己確保しながら登る登山)
に幾つか挑戦してはみたが・・
(後で夫曰く、おれは行った事無いから勧めてないだと)
エミリウス山は山小屋でも「イヤぁ・・厳しいよ10時間から12時間かかるし一人はやめておいた方がイイ」と言われ
水際で思いとどまりノーマルルートで登頂。
登頂して尾根を見たけど怖い、厳しい・・
夫の間接的な殺意を感じましたよ・・

エミリウス山からの尾根、長いし険しい
 17.8.11 暑い・・しかし暑い・・夜は涼しいくらいだが昼は天板焼きの乗せられたのイカのような気持ちだ
(イカは載せられる前から昇天してるので感性は無いと思うけど)
カラカラに乾いた気候での暑さには慣れてないのでグロッキーだ

しかし雨続きの日本も大変だとは思うけど、
ヨーロッパ各地で日照りと暑さのために山火事や熱射病での死者が凄いらしい
40度〜45度とかの大都市もあるし山火事は一度始まったら手のつけようが無い・・
スペインとかワザワザユーカリ(油分が多く発火性があるらしい)をオーストリアから入れちゃったららしいから大変だ。
夫の実家は海抜600mだけど比較したら遙かに涼しいので、
同国の街の人も近隣の国の人も来て例年を遙かに超えるの混み具合
市長が「来ないでくれ」って暴言し観光客の団体を追い返したらしい・・(酷い)

しかし小さな湖の周辺は観光地にもかかわらず道路整備がなされていないのでメチャクチャだ
もはや「避暑地」というより「避難地」と化してる気がするよ
17.8.1 今年もお義母さんの庭で撮れた新鮮無農薬野菜を
たっぷり&ちゃっかり頂いてます

 17.7.27 5月半ばから7月半ばにかけての2ヶ月で4回もヨーロッパ迄を往復した!
他社ではあるが登山ツアーの添乗だ。
添乗員といっても山なので普通の添乗員とは違ったスタンスで面白い〜
この夏はスイス、ピレネー、ブルガリア、ツールドモンブランと行かせてもらった。

そして5回目の渡欧はスロヴェニアの夫の実家
これから5一ヶ月半ほど此処をベースにしての生活が始まる♪
今年は三味線と糠を持って来てみた
根気のいるぬか漬けなんて移動が多い生活では無理だと思っていたが
最近はスーパーで水を入れるだけで簡単にできる糠床が売られているのだ〜
「300円位なので要らなくなったら捨てれば良いんだし」と持って来て
お義母さんが作った庭の収穫物をつけてみたら結構旨い!
生まれて初めて作るぬか漬けはヨーロッパ!ってのも変な気がするけど
異国の地だと妙に「和」になっちゃうよね(笑)


きゅうりとナスとニンジンを入れてみた  三味線って巧妙に分解できて持ち運べるのだよ、日本の匠に感動
17.6.21 今日は私の誕生日
何歳になったかは言いたくも無いが、母が亡くなった年齢になった。

彼女が私を産んだ年齢と私が彼女を失った年齢は一緒
そしてその同じだけの年月が重なり私は母の死んだ年齢なった
何となく因果を感じているので私は母が死んだ年齢になったら
死ぬんじゃないかとずっと前から思っている
なので今日からの一年は私にとって回生の年
心してに生きよう〜
17.6.4 寿司屋のカウンターに外国人と一緒に行くのはちょっとドキドキ
だって寿司屋に行きたいと言ったくせに「私、生ものダメ」とかいう人いるし
ゲテモノ食べてるみたいにウニとかゲソ食べて「食べれた!」と自慢顔する人いるし
「じゃ、これ」って指さして注文する人いるし・・(アワビとか)
冷や汗モンだ(笑)

今回はスイス人とフランス人とスロヴェニア(夫)と私の4人で馴染みの寿司屋へ
みんな日本通&美味しいモノ大好きなので安心して楽しんだ。
このメンバーの共通語は日本語なので寿司屋の不思議顔で聞いていた

その時の会話で面白かったのがスイスの話
私が仕事でスイスに行った際に地元ガイドから聞いたのが
「スイスでは猫や鳥とかの小動物は2匹以上で飼わないと通報される」って事。
幾ら規制の厳しいスイスでも本当かなぁとスイス人に確認したら
「まぁ・・ね、1匹じゃ寂しいから可哀想でしょ?」と本当らしい
フランス人にも聞いてみたら
「それは・・家族が何人いて何人で食べれるかによるよね」だと!!
さすがグルメの国おフランス!!(笑)

17.5.14 すっご〜く久しぶりにストッキングというモノ履いてみた。
キツキツの美足タイプかもしれない
何でこんなんが家にあったのかが不思議だが履いてみた。
結構イイジャン、私の足。
ヨボヨボ、ダラダラ、ブヨブヨの足だが、腸詰めされたお肉のように収まってスッキリ!
我ながら感動したので写真を撮ってみた。

 17.4.19 夫は外国人の友人に誘われて東京にライブとやらを見に行った。
私は夫にそんなとこ連れて行って貰ったことは無い。
行ったとしても連れて行くのは私だ。
悔しいので昨日からず〜っと絡んでやった
「イイなぁ・・明日ライブみにいくんだ・・」「私はそういうとこ一度も誘って貰えないのに・・」
「いいねぇ・・楽しそうだね・・」
夫の寝てるベッド脇まで行き、寝てる夫の耳元でも呪いのように囁いてやった
大いにポイントゲット!!

「この先ずっと言われるから行くのやめる」って今朝は言ってたけど
夕方私がゴミを捨てに行ってる間に家からいなくなっていた!
そう、この先ずっとこのポイントつかってやる・・ふふっ

 
寂しく一人酒
 17.4.14 ユナイテッド航空のオーバーブッキングによる“乗客引きずり出し”映像は怖いなぁ〜
信じ難く、何度も見ちゃったし、脳裏に焼き付いてしばらく離れなかった。
やっぱアメリカって国は怖いな、人の尊厳を無視した椅子取り合戦を本気でやる事に
疑問を感じない人が多くいるって事だよな。
空港警察も航空機職員も周りの客までも・・
だって緊急事態ならともかく理由は会社の都合でしょ?
一体その空いた席にどんな顔して乗務員は乗れたのだろうか・・

ナッツ事件で騒いでたアジア人なんて今考えると可愛いモンだ
そんなんでもあの会社は経営危機に陥ったわけだから、ユナイッテドは潰れるかもね
しかし・・マイル一杯貯め込んでるからつぶれたら困るなぁ
って・・私も自己都合優先だな(苦笑)
潰れる前に一杯使わないといけないから、今回もヨーロッパにはビジネスでいってやろうっと♪

 
写真は全然関係ない、庭に出てきた花たち。この時期は毎日が発見だ!
17.3.27  3月はいろんな人の誕生日がある、そう夫もその内の一人
誕生日は当事者がプロデュースして人を招くのがスロヴェニア流。
困った夫は「そうだ前から何度も呼ばれていた友人宅に行こう!」だって(笑)
と言うわけで料理上手のフランス人の友人宅へ押しかけ誕生日パーティ。
こちらが用意したのはスロヴェニアワインと多少のサラミだけで
あとはパスタからケーキまで全部彼の手作り!!!凄い



人の家でチャッカリ誕生パーティのテロリストカップル/ミモレットブロック〜 この家コーヒーローストまである(後ろの)
17.3.21
今日はスロヴェニアに暮らす義弟ドゥーシャン(夫の弟)の誕生日だ。
カレンダーをみて気がついたのだが、彼の誕生日は「春の始まりの日だ」
私の誕生日は6月21日で「夏の始まり日」!!
夫にこの事を告げたらいたって感心してくれて誕生日コールの時に自慢げに
「おい知ってるか?お前の誕生日が春の始まりで、チーボー(私)の誕生日は夏の始まりなんだ!」
電話口で義弟曰く
「おまえ達は・・・何年結婚していてその事に気がついたんだ?」と呆れられた


とても夫の弟には見えないドゥーシャン、背も180cm以上あるし
17.3.16 ↓さすがにクレジットカードナンバーとかは教えなかったらしいんだけど
今日判明したのは、その1時間半にも及ぶ電話は私の携帯でかけたらしい!!
(夫の携帯はここんトコ調子悪くてつかえないらしい)

私、2台持ちで電話携帯はドコモのSSプラン・・
一番の被害者は私かも・・酷い(涙)
17.3.15 オレオレ詐欺ってどうして引っ掛かるんだろうなぁ〜」って、
普段不思議に思ってるらしい夫なのだが・・
今朝朝食中に
「昨日パソコンがウィルスに掛かったって表示が出て夜中1時間半ぐらい電話して疲れた」だと

---はぁ??電話?夜中に?あり得ないでしょ?
「だって電話しろって画面が出たんだよ」だと!!
---信じたの?アンタ、そんなの??
「だってサインがうるさいんだよ、止められなかったし、ダメだったかな?」だって(呆)
---ダメでしょ!!
 17.1.1 新しい年がやって来た!
今年はもう少し整理して家の事もチャンとやろう〜

しかし・・
年の変わり目の神聖な気分の時に多くの日本人は何故
あのドロドロした石川さゆりの天城越えを毎年聞かされて年を越すのだろう・・(苦笑)
不適切な関係の男女が殺意さえもって彷徨ってる歌なんて・・
新しい年を迎える時に全然スッキリしない
不思議だ
16.12.23 そしてあっという間に帰国しました・・
しかし・・今回久々に長期間夫と寝食を共にしたけど
まあ色々突っ込みどころはあるんだけど(お互いだろうね)
とにかく何でそんなに木の実が好きなの?
大量に袋に入れて何時も持ち歩いてる・・
私が「痛風に悪いよ、体に良くないよ」と注意するので、コッソリ隠して持っている・・
前世は森の小動物だったのか?
16.12.2   あっと言う間に12月に入ってしまいました。
そして私は西アフリカの西のスペイン領カナリア諸島、テネリフェに来ています
此処は14世紀くらいからスペイン人が原住民を追い出してスペイン領とした島。
南米の原住民を騙してスペイン領にした14-5世紀の彼らにとってはヨーロッパからの補給基地として
大切な島だったらしい。その後テネリフェは独自の発展をして南米とスペイン(ヨーロッパ大陸)を結ぶ
大事な貿易地として発展した。近代においても自由貿易を宣言して多くの富を得たらしい地だ。
そのせいか私達が関わった人だけでもロシア人、ウクライナ人、アゼルバイジャン人、サウジアラビア、ベネズエラ、
中国人、イタリア人、ドイツ人と人種は様々な人がこの地に根を下ろし生活を営んでいる。
もちろん南米の人達も多い。
物価も安いし、奇麗だし、私此処なら移住しても良いと思ったテネリフェです

しかし気になるのはその家のセキュリティーの厳重さだ。
大体においてスペインの建物は窓があったとしても通りに面した窓を開けないし
家自体を城壁のような壁で囲って大きなゲートを作って侵入を防いでいる...
これは以前いったサルディニアもスペインの影響を受けているのでそうだった。
私達が泊まった宿も部屋のドアまで数えると6つのドアがあり3-4つの鍵を渡された。
一体此処まで外的を気にする必要があるのかと・・
のほほ〜んとした日本からくると思うのだけれどもね

多くの反感を買うのを承知で思う所を話せば、
スペイン人ってのはその嘗ての歴史において
他国に攻め入りその地とその地の人達を略奪したDNAを受け継いでいるので
自分もそうされる可能性の上に立って家を作っている気がする。
インディアンを追い出したアメリカ人が他人を今一つ信用できないのと同様なのかなぁ

と、あまりのドアと鍵の多さにこんな事を考えてしまうテネリフェでした。

人住んでるんだけど、何処も道路側は開放してないのでゴーストタウンみたいだ
大抵、中庭があってその空間で団欒や明かりを取っている
16.11.15 遅ればせながらトランプになっちゃいましたね〜
他国の事だから直接的では無いにせよ、イギリスのEU脱却に続き、
国民投票はシビアだなと思わざる得ない ・・
アメリカという大国は私達の知ってる世界では「世界の警察」ってイメージだけど
元々本国では食べられない人達が他人の領地を犯し、そこに住む民族を絶滅に追い込んだ上に
全然関係ない人達を拉致して奴隷として働かせていたという「世界の犯罪者」の国なのだ。
その建国時の野心に満ちた国に戻っただけなのかもしれない

しかしこれからファーストレディがやり玉に挙げられる際につねに
「スロヴェニア出身のメラニア夫人」って着くんだろうなと思うと気が滅入る・・
16.11.3  先刻のノーベル賞では受賞を逃した村上春樹だが、
彼は本当に世界に有名で、海外で出会った人にも
「日本人?僕はハルキ・ムラカミ読んだよ〜良いよね〜♪」とよく言われる
当の日本人の私はまったく彼の小説が理解できないので同調できず辛い。
理解できない私がオカシイのかな?と一番代表作だと思われる
「ノルウェーの森」は若い時と年取ってからと2回読んだ上に英語でも読んでみた。
感想は依然「・・だから・・なんで?」
↑ハルキストの皆様スミマセン

でも最近この一種の紀行文「ラオスにいったい何があるというんですか?」
を読んで初めて彼の世界が好きになった。
主に海外滞在中に彼が感じた事が書かれているのだが
表現しにくいその場の空気や匂いが文字の中に閉じ込められていて
読んだ時にその封印が開き「あぁ...そうそう」と私の心に匂い立ち広がった。
↑ナカナカ文学的な表現でしょ(ふふんっ)

そして気がついたのだが、キット彼の小説も同じなのかも知れない
ただ受け取る側私の方が恋愛に関してそういう経験と共感部分が無いので
「情感の缶詰」を空けても「何?これ?ただの空気でしょ?意味わかんない」
って事だったんだ!キット

でも世界中の大多数の人の恋愛事情ってそんなにディープなんだろうか?
と、また疑問に陥るのでありました。ハイ
スミマセン、図書館からの拝借です
16.10.30 何処もかしこもハロウィンに浮かれた若者達で一杯の日曜日
パスポートの更新にサンシャインに行ったら此処もハロウィンのコスプレだらけ!
この広場でコスプレじゃ無い人はカメラオタクの男達くらいだ・・・
日本人って本当にみんながやり始めると一斉だから
何時も凄いっていうの通り越して怖さを感じる・・
何でこのパワーは「原発反対」などのデモには繋がらなかったんだろう・・
西洋から入ってきたモノにに同調した商戦に乗るのでは無く
どうせなら日本の風習をエンジョイして頂きたいものだ
鬼のコスプレで節分なんて良いんじゃない〜



お隣韓国のソウルでは同じ日曜に1万人以上の若者が政府に対しての抗議で集まっていたらしい・・
 16.10.26 岩手から帰宅したら埼玉の方が寒かった!
出発前まで使っていた布団横の電子蚊取りは電気毛布に変更
なんとも季節の巡りが早いこと・・
16.10.24 私は肌に接する部分にあるT-シャツや下着のタグが嫌いだ
何時も買ってくると此処をハサミで切ってしまうのでサイズが解らなくなってしまって困るけど
嫌いだ。

この夏膝が痛いので膝サポーターをヨーロッパで買ったとき、留めのマッジクテープが上手く合わず
「これ表裏逆に作っちゃったんじゃない?不良品?」と思ったけど
友人曰く、表より裏の方が 縫製のデコボコガあるので滑らかで奇麗な方を肌に密着させるのが正解」と、
ほ〜考えたらそうだよね!正論!

じゃT-シャツはさすがにダメだと思うけど、下着のパンツとかは表を肌に当てれば肌には良いじゃん!
って理由で最近私はパンツを裏表逆に履く事を試している(笑)
良い考えでしょ?変?
問題は股の部分だよな・・
16.10.16 小池百合子さんは東京10区、何だかそれだけでもワクワクしちゃうな
岩手のお仕事で23日の投票には行けないのでちゃんと期日前投票して来たよ!
今は池袋の東武でも西武でも投票ができるのでとっても便利だ!

さてちょっと今更感があるが蓮舫の国籍問題 
同じ女性議員だけど「何だかな・・」って感じ。
私達国際結婚の者達にとって「日本は2重国籍を許さない」ってのは当然知ってる話。
でも子供が成人になっても多くの人は2重国籍になっているのが現状。
「だってオリンピック選手とか政治家・外務省や防衛庁勤めにでもなる以外
  そんなに厳格に国籍を選択する必要ないよね〜2国籍は便利だし」
って感じだ

そうだよ、政治家政治家はダメだろう!
「子供の時の事だから」とか「確認が出来てなかった」とか言い訳してるけど
政治家になろうと思った時点で確認するのが筋じゃ無いのか?
オリンピックやワールドカップの選手だって代表になる時点で国籍をチョイスしてるのに・・
人によっちゃ性別もチョイスしてるし・・
政治家はダメだろう!

なんとフジモリ元ペルー大統領も日本国籍を持っていたかも知れないと聞いてびっくり
ってか・・考えさせられた。
もしかして外国に移住した日本人ってほとんどが2重国籍で、
彼らが死んでも日本の国籍が残っているとそのままなのか?
「日本人の平均寿命が長いのって何故?」
私が日頃疑問に思っている答えが実は此処にあるとか・・
16.9.23  夫が自分で出来ないのでクレジットカード会社への住所変更をしようと
手伝って電話を掛けた際にみせて貰った「クレジット明細」を見てビックリ!
「アンタ・・全部リボなの?」

夫曰く「リボって何?オレは何時も一回払いだよ」
危ないなぁ〜!!!!
調べて行くとどうやら今年の5月にネットで何かを変えようとして色々やってるときに
無意識に何かをクリックしたらしい??(近々での事でホント良かった・・)

とにかくクレジットカードのお姉さんにその場でリボを一回払いに変更願いをした。
しかし・・気がついて良かった!
私達ははマイルを集めてるのでクレジットカード・ヘビーユーザーだなのだ
でも財布は別なので滅多に夫のクレジット明細や通帳なんて見ない
これも先祖様のご加護だと思う。
だってリボって年14%以上の利息ですよ

※クレジット会社は現場で返済回数を言うのが恥ずかしい人の為に
 現場では「一回で」と言っても実際は「ローンを組む」リボ払いというサービスを行っているので
 「一回って言ってるから大丈夫」と思ってる人も要注意ですぞ!
16.9.14 夫と同日に帰国しました。
でも夫はロシア経由で私はスイス経由。
実は私はトルコ経由だったのだが、往路も1日違いであの空港テロがあったし
帰国日の10日〜15日あたりはイスラム教の犠牲際、そして9.11から15年目と言うこともあり
日本の外務省や大使館からも注意喚起のお知らせが来ていたので復路は路線を変えることにした。

夫が今回使ったロシアの空港会社はこの夏オーストリア航空よりもスイス航空よりアドリアエア-よりも
遅延やキャンセルや荷物紛失が無くチケットも格安だったのだが
片道と言うこともありマイルを使う事にした。
(今年は本当にスターアライアンス系は問題が多かった!)
直前なので良い乗り継ぎが無かった事に加えて一度は乗りたかったビジネスクラス!
「え〜い、自分にご褒美!」って事でスイスのエアのビジネスで帰ることにした
(って言ってもマイルだけどね〜)

寝心地はバッチリ!だって私の身長だと完璧フルフラット!
元々乗り物の音や狭い空間で寝るのが好きなので寝心地抜群。
(空間ね、山小屋の隣合わせは嫌い)
あのね・・ボーディングするときに一々名前まで呼んでくれるんですよ!
こういうのに慣れちゃうとエコノミークラスは単なる「荷物」感覚になっちゃうのかなぁ〜(悲)

前から飛行機乗る度に思ってたけど・・
飛行機のこの座席は世界の富の縮図に似てる・・
世界の富のピラミッド
ファーストクラスに乗れるのは大富豪クラスのホンの数人、
その後にその周辺で富を得る何十人かのビジネスクラス
その後ろにはお零れの富の数百人?
そしてそのバックグランドには飛行機に乗るのが夢ってか、そんなこと考えたことも無いその他大勢の人がいる

しかしスイスエア・・乗ってから出発迄1時間半!
エンターテーメントは壊れてるのにその詫びのアナウンスも無し
オマケに読書灯も手元ランプも点かなくなった!酷い!
腹立ったので自前のヘッテンで読書してやったぜ!
次回は夫と同じロシア航空エコノミーだな・・・


ビジネスのお食事はコースで出てくるのだ、ワインリスト的なのもある
もちろん食器はプラスチックではない
16.9.12 日本では別の部屋で生活してるのだが
スロベニアでは部屋もベットも大きいので同じ部屋で寝ている
久々に見た夫の寝姿は変わらずの「赤ちゃんポーズ」
この人、寝入る時は「胎内ポーズ」で朝は「赤ちゃんポーズ」
途中はほとんど動かない・・・(笑)


16.9.10 いよいよ帰国も間近で忙しい中、最後にもう一度「キノコ取り」と思ったが
お義母さん曰く「月がまだ満ちてないから見つからないよ」
「亀の産卵や珊瑚みたいに海生生物なら解るけどキノコが月に関係してるわけ無いじゃん!」と
笑ってしまった私だけど・・

後で考えたら一番身近な私の体の中での産卵は月に関係してたんだよね
1ヶ月一度の煩わしい「月のモノ」は大体一ヶ月より早く来る、月の周期は28日だからね〜
亀も珊瑚も生物ならキノコも私も自然のサイクルに適った生物なんだなぁ・・と
中秋の名月を間近に控えに感慨

※細かく気がついた方へ=そう過去形ですが・・何か?


あんまり取れなかったケドこの夏一番の良質ポルチーニ茸 
16.9.4 他社の仕事でポーランドに行かせて貰った
目的はポーランドの最高峰リスィ山に登る事だが
ポーランドには世界遺産のクラクフ(日本の京都みたいなトコ)も大きな岩塩坑のヴィエリチカもある
そして負の遺産アウシュビッツも・・・
山以外のガイドさんは同じ女性の人だったのだが、この煌びやかな観光地とアウシュビッツを案内するのって
大変だろうな・・(本人もそう言ってましたけど)

そのせいなのか最後にアウシュビッツを案内し終えてから、
それまで抑揚が無く顔に表情が無く淡々と話していた彼女の態度がかわり
急に個人的なことを話し始めてきた・・
きっとアウシュビッツが終わるまでは一線を置きたかったんだろうな・・

そんな経緯なので私は彼女のバックグランドは「日本人と結婚していたが別れた」と言うことしか知らないのだが
(これもたぶん彼女が日本との関わりを掘り下げられないためのバリアだと思う)
淡々と仕事をこなしていた彼女がアウシュビッツでカメラで記念撮影を撮っていたカップルに怒り
喧嘩をしていたのには驚いた。
周りでバシバシ撮ってた人もいるけど(一部以外は撮影はOK)確かに疑問に思うよね
私はカメラを持って行かなかったし、若い感受性の高い女性も「撮れないですね・・」と言っていた
ビウケナウ(アウシュビッツの側の大きな施設の方)付近で私も白人グループに記念撮影を頼まれたが
「ゴメンネ、でも私は撮りたくない」と断った。

司馬遼太郎が「イデオロギーは人を酩酊させる」と書いていた事と
アウシュビッツの生存者が
「結局のところ人は2パターンしかいない、正気か狂ってるかだ」と言っていたことを思い出した。
「酩酊した環境でも正気でいられるか」をこの施設は聞いてきてる気がした

心の目でこの場所を見るにはあまりに広く深く恐ろしく
眼を通して見るとあまりに事実が信じ難いので、あたかも映画のセットの様に見えてしまう・・
かといってカメラに納めるにはその理由と権利が私にはあるのかと・・


塩で出来た彫刻も一杯飾られてるヴィエリチカ岩塩坑/ポーランドの古都クラクフ
 16.8.11 家庭菜園とは(って言っても私は収穫物を貰うだけだが)
食べたいものを料理するのでは無く、出来たモノを何とかして調理して食べるのだ。
しかも奴らは一斉に沢山食べ頃を迎える・・・
私は此処で1年分のズッキーニと一年分のトマトを毎年食べている気がする


本日収穫のトマトとズッキーニ等(毎日こんな・・)  鈴なりのプラムはどうするんだろう・・もはや鳥の餌か?
16.8.10  「ただいま〜!」って言ってもまだスロヴェニアだけど我が家です。
しばらく留守をすると私達のフラットはとても奇麗になってる・・
レスカお義母さんのおかげだ。嫁の下着まで洗われてたたまれてる。
気まずい・・・・・

レンタカー屋にboxカーを戻し甥っ子に預けていた私達の車を取りに行って、
まず行く所はガソリンスタンド!
毎回感心するが・・自宅からスタンドに行けるくらいのガソリンのみを残して
彼らは見事に使い切ってくれる(笑)

これがスロヴェニア帰宅時のお決まりごと2点

磨かれてピカピカのレンジ
16.8.7 同じ宿を使っている日本人なので知ってはいたが・・
高齢男性一人旅の人であまり関係を持ちたくない感じだったので
ほとんど挨拶程度に関係を留めていた

が、今回彼の付き添いで救急車にまで乗ってイタリアの病院へ・・
イタリアの病院側からすれば私は彼の身内にしか見えないし
ご本人、虫の息だし元々英語もイタリア語も話せないので私だけが頼りだ・・
良くコレで毎年一人で長期間に渡って海外に来るなぁ〜
案の定、散々引き回された・・
もう関わっちゃった以上しょうがないので
日本の身内に電話したり保険会社に連絡を取ったりと大忙し
このままこの人死んじゃったら私、どうなるんだろう・・・

丸一日拘束されたけど
何時もお世話になっている親切な宿の人の為に、
私からひと肌脱いだんだから文句は言うまい
16.7.26 スロヴェニアのお家を出てオーストリアの西チロルから山を越えてお客さんは南チロル
第一次世界大戦では敵として戦ったイタリアに戦後組み込まれてしまった南チロルのオーストリア人
未だ此処の地方の人はドイツ語が母国語。
山岳リゾート地として素敵な所だけど複雑な背景や気持ちは計り知れない・・

前回行ったクロアチアもそうだし、これから行くポーランド
日本に比べると他の国って民族や国の境界線が何時も流動的で凄いよな...って今更ながら思う
ヨーロッパに来るときに最近よく使っているトルコ航空。
そうトルコも今凄いことになってる・・これ、前回のクーデターじゃ収まるわけ無く
さすがに帰りは別のラインで帰らなきゃなぁ〜と最近考え始めた。

思えば以前まだのどかなイスタンブール観光で時間を見つけて試して見たかった
「ハマム」(トルコ風サウナ」に行ってみたことがある。
2階でゆったりとマッサージを受けていると階下で男性同士のものすごい罵声。
そして家具などをドンドンと叩く音...
マッサージの女性曰く「大丈夫」と言いながら施術を続けていたが
(しかし彼女も気になるらしく良くマッサージの手を休め覗きに行っていた)
激しい口論ではあるが彼女が言うには流血の事態では無いらしい・・

が、私、癒されに来てるんですけど・・癒されないよ〜
何時収集がつくのか?何時手が出るのか?何時流血になるのか?何時警察が来るのか?
気が気じゃ無い程の激しい中年男性二人の小競り合い。
マッサージを受けてる約45分くらいず〜っとトーンダウンすること無く続いていた。
凄い!そのパワー!本当に感心した。
小康状態になるわけでも無く45分間あの勢いで喧嘩を続けられるパワー!
言葉はわからないけど、さすがオスマントルコが世界で畏れられていたと納得した経験でした。

トルコじゃなくて南チロルで癒されてる私
 
16.7.18 今回もトルコエアでスロヴェニアに来たので(リュブリャーナ迄飛んでるし予約の既定が楽なんだよね〜)
イスタンブール経由、14日の未明に通過したので問題は無かったんだけど
問題は夫が私の到着日を1日間違えて(1日前)みんなに伝えていたたらしく
迎えに来ても(夫は迎えに来られなかったので甥っ子に頼んでいた)私が来なかったので
みんなでパニックになったそうな・・

レスカお義母さんなんて私が行方不明になったと思っていたらしく
再会したときには目に涙をためて喜んでくれました。
本当に優しいお義母さんだ!
そんなお義母さんに一杯お土産を渡したついでに「あのね・・お願いが・・」といって
わざわざ日本から持って来た「ズボンの裾上げを依頼」
私が裁縫が苦手というか超ダメなので(6月5日参)夫もそうしている
夫どころか弟の家族もみんな彼女に頼んでる(弟の嫁も裁縫センス0)
80才のお義母さんに2家族6人の大人が頼りっぱなし、酷い子供達だ(苦笑)

彼女にも都合があるから、裾上げは3-4日かかるのかなぁ〜と思っていたら
1時間後にお願いした2本が既に出来ていた!
凄いなぁ〜レスカお義母さん!元気でいてくれないとみんな困るよ・・

レスカの庭と私のバルコニー
16.7.13  15日から期日前投票ができる都知事選
でも私のヨーロッパへの出発は今日なんだよね〜
参院選は良く解らないママに投票したけど(スミマセン)
都知事選には是非参加したかったなぁ・・

しかしやっぱり政策やる気より著名な人が必要なのね・・
立候補した人の政策に同調して政党が支持するのは解るけど
政党の要請バランスを待って立候補するのは如何なモノか・・
今ユーチューブで「公開討論」見てるけど
前回は宇都宮さんしか参加しなくてNG
今回も「調整がつかないので不参加多数」とか
こういうのは公示後に全員参加でやって貰いたいモノだ。
特に冒頭の○×形式は明確で良いよな〜

それより「○○を応援したら親族も罰則」って!何処の国の話し???

写真は全然関係ないけど、今年チロルで見たレディスリッパース
16.6.30  一年前に借りてる駐車場でお婆様に車をぶつけられてしまった事があった。
それが昨日突然そのお婆さまが家に訪ねてきた!
「気になっていたのですがご挨拶が遅くなってしまい・・一年前はスミマセンでした・・・」って(苦笑)

何故一年後?とは思ったが
まぁ律儀な人だな・・とは思い
「一年前の事ですし、保険で全て解決したので気にしなくても良いですよ」とやさしく私
でも・・それからの展開が何だかなぁ〜
「菓子折でも持ってくるのが筋ですが、今回は別にお願いもあったので・・」
「????」
「選挙には是非○○○を」

古い友人からかかってきた電話に喜んで話していたらオチがこれだったりとか・・
こういうコトするからこの政党が嫌いな人がいるんじゃないのかなぁ
16.6.28 チロルに仕事で行かせて貰うことになったので「アルプスの谷に亜麻を紡いで」を再読している
東チロルにほど近いケルンテン州の谷の話なのだが、
まぁヨーロッパアルプスの谷間の村は似たり寄ったりなのかなぁ・・
などと(勝手に)思いながら読んでいる
義母(今年80才)はハンガリー国境の村の生まれだけど
彼女の子供の時だって靴は無かったらしいしパンツも履いてなかったらしい、
10代になったら出稼ぎに行ったらしいし。

ヨーロッパって何となく先進国だし文化的にも技術的にも一歩先を行ってた感があるけど
山に近い所じゃ生活が厳しいっていうか、その存在すら知られず暮らしていた営みがあって
それは開墾が始まってからの数百年は変わらない生活だったらしい
それがこの最後3-4世代で現金がもたらされ、電気が来て、車が通る道ができて・・・
数百年続いていたモノが2世代の人生の中で生活スタイルが変わり
家族の価値観がバラバラになっていった様子が良く記録されている(本は30年前に書かれた)

思えば私一人の世代でもかなり変わっていると思う。
気持ちを伝えるのが今がスマホなら、私が思春期だったころは公衆電話(キャッ♪)
母の世代は間違いなく手紙だろう・・でも平安時代もだったと思う
移動手段や距離感も私が結婚した頃は「どっちで住む?」が懸案だったけど
今や移動はそんなに問題ではないので「どっちも住む」という選択肢が出来るようになった。
母の世代の若い頃だと海外に行くのはかなりの冒険で、
おばあちゃんの世代なら「覚悟」が無ければ行けなかった地だったんだろう
でもそれも江戸時代や平安に遡っても「覚悟」って感で同じじゃ無いのかな?

こう考えると人類の歴史は変化の無い数百年の上の最後の数世紀で急激に変化して
街から離れた多くの場所ではこの100年の間に急激に変化してるんだろうな・・
昔の人が数世代共有していた価値観をチョット昔は世代で違う価値観と戦うようになり
そして此処にいたっては同じ一人の人生の中で違う価値観を戦い合わせる・・・
難しい理由だ・・・

あくまで時代を先行してきた都市部の話では無く人地方の話
でも大多数の人は地方で生活していたんだからねぇ
16.6.24 イギリス・・EU離脱しちゃったよ〜ヨーロッパはてんやわんやだね
大阪の選挙の時も思ったけど国民や住民投票ってどうなんだろ・・
じゃ無くて胃袋でもの考える人が大多数だよねキット

参院選も都知事選も迫り「選挙行こう」運動の気が高まり
ティーンエイジァーの参戦はもちろん歓迎で高齢者社会においては絶対そうするべきだと思うけど
胃袋に加えて(知名度)で考える人が増えたらやだな--
だって正直私だって解らないよ〜

選挙の時は毎回思うけど「原発反対」とか「憲法9条改正推進」とか「懸案事項を軸にして
各候補が「YES」「NO」で答える一覧表を作って欲しい
まぁ+1行くらいのコメントはあげてもいいかな←何様?あんた
それを新聞やネット上や投票上に貼っておいてくれたら
自分と意見があう候補を誰でも簡単に選べると思うし公約にもなるとおもうんだけどな---
16.6.22 大人の休日倶楽部会報誌に夫が出ている
依頼を受けたノのも私経由で撮影場所を提案したのも私
(山のこと知らないライターさんだったので)構成でかなり赤入れして
誤解されやすい山の事情を何カ所も直したのも私。

しかし・・
構成前には細かく経歴を追ってるくせに私と結婚したことには一言も触れられてなかった
性が違うので結婚してないと思ったのか?(イヤ違う)
C&C.JAPANも彼が設立したことになってた....
当然我が家で一悶着(苦笑)
その結果「日本人の妻と一緒に会社を作り」って一行が加わってた
 16.6.18 ヨーロッパから誰もいない我が家に帰宅すると(夫はずっとヨーロッパ)
玄関でWelcomeのキス・キス・KISS
血、取られたけどね・・・
 
買ってから一度も見たこと無かったアガパンサス、今年は見られそう〜
16.6.14 海外にいても桝添のことが気になっちゃう・・
「選挙に50億円かかるから・・」と躊躇する人も多いのだが
東京都1350万人の人口で考えたら単純に割って一人頭370円くらいなら、とっとと変えて欲しいもんだ
(成人で割ると500円くらい?)
お金動くなら経済効果もあるんじゃない?
猪瀬さん時は別に良いんじゃん〜そんな事、って思ったけど桝添は違うぞ!
都民として情けない....(私は彼に投じなかったけどね)
16.6.10 クロアチアのプリトビッツェ国立公園に来ている
16の湖と90以上の滝が織りなす自然の庭園だ。
地元ガイドさんの話で解ったのだが、この湖に生息してる魚はずっとだと思っていたら鯉だそうだ
鱒は昔いたけど今は一番上の湖にいるだけらしく下の湖には近年バスも入ってきたとか・・
バスが来たんじゃそのうちにほとんどがバスでが上にしか住めなくなって、
 なんか夕食のお皿の上にしかいなくなるんだろうね〜と冗句を言って笑った。

しかし・・今は穏やかな公園だがこの地帯は近年の戦争の勃発地帯
そのその昔にスラブ人の南下、クロアチア人の形成。
16世紀にはオスマン朝の領土になりその後オスマンとハプスブルグの最前線
そしてセルビア人の入植。
時代時代に強い民族が勢力お延ばして進出してくる姿をこの公園内の魚が象徴しているようだ

16.6.5 ズボンがずり落ちるので夫に教えて貰った簡単な方法で後ろをつまんで寄せて縫い合わせてみることにした
「良し!出来た!上出来!」と思ったら、寄せたのはセンターでなくて右腰!!!
中学校の成績はかなり良かったが、裁縫が入ると通信簿は「2」だったことを思い出した・・・
 
16.5.27  嫌われる感があるドクダミ草
私も一生懸命抜いてたけど花は可憐でとても奇麗だよね・・
丈を切り詰めて少し庭の空きスペースの彩りにしようっと
16.5.21 埼玉に住んでますけど、都民だと言うこともあって(前から嫌いだったので私は彼に投じてません)
桝添の定例記者会見、食い入るように見ちゃったよ。
しかし・・せこいなぁ・・・・

確定申告前には「コレって通るのかなぁ・・」「これはさすがにダメだよな」と
自問自答しながらやってる自営業者としては
私レベルのあまりに低次元なことを都知事がやってるのか?と思って腹が立つ
公費はセキュリティー上ファーストとかスィートとか公用車とか行っておきながら
自分でごまかそうとしてる経費はスパホテルとかエステマとか情けない!
顔割れてる人がどうどうと家族で回転寿司屋会議は無いだろう〜
(私だって出せないよそんなの、回らない寿司屋なら出すけどさ)
彼が都知事やめないなら私が都民やめようかな〜

※会社は法人なのでちゃんと税理士とおしてます
16.5.15 熊本ね・・・人事ながら大変だよね
ホント、人事でスミマセン・・・
東北の時は近いせいもあるし規模が規模なので「やらねば!」って気持ちで一杯だったけど
遠いからなのか・・
でも本当、カリムノスにいたときにも「有感地震が1000回以上」って凄いなぁ・・と思った。
これって「ロシアンルーレット」をずっと回されてるようなもんでしょ?
「いつ来るのか?」「これが致命傷なのか?」って24時間ドキドキしてたら
精神的におかしくなっちゃうよね
わずかな募金くらいしか出来ない私を許してね・・クマモン

16.5.8 5年ぶりに我が家に掃除機がやって来た
面倒だし置く場所に困るのでこの5年ロボットとホウキとハンディークリーナーですませていた
※布団を小さく収納する時の年2回はお隣からチャッカリ借りてました(笑) 
名前は「ツーちゃん」(我が家の電気製品は大体命名されるのだ)
16.4. チケットが安かったので衝動買いしてギリシャカリムノスにクライミング・・・
帰国してからお仕事で中国の桂林にクライミング。
どちらも素晴らしい所なのだけど・・

塩気が多い水での洗濯カリムノス。乾かない洗濯物の桂林
何となくこの辺がイライラするのに加えて
どうして夫はあんなに握力があるくせにチャンと絞らないで干すんだろうか・・
確かうちの母も同じ事を父に言っていた気がする事を思い出して笑える

見えないけど・・床はベチョベチョ
16.4.15   隣の人から凄いモノが届いた。
飲みかけの古い高級ブランディー
BOOKとか色々凄い・・亡き夫のモノを処分したいのでと隣の叔父様が頼まれたそうな・・
彼は飲まないので家に回って来た。
ハイハイ!喜んで処分しますよ〜♪

16.3.29  夫のノートのWIFIが突然繋がらなくなった!
こういう事は何故か私担当なので本当にめんどくさい....
原因が判らないのでコンピューター会社に電話したりNTTに電話したり
(マイナーだけど国産のマウスコンピューター、24時間凄く誠意があるサポート対応なので気に入ってる)

結局憶測の範囲だけど彼のはWindows10なのだが勝手にUPデートしちゃったのが原因?
丸1日掛かってしまったよ...
原因を突き止めるためにサポートのお兄さんとかなりPCの深い部分に潜入
「凄いなー何でこんな事触ってもいないのに解るんだろう・・」としきり感心
私には良く解らない専門用語を分かり易く訳しながらの説明。
賢くてハンサムなパソコン王子に
「私、貴方に言われるままについていきます!」と?気分♪


ただお兄さんがスペルアウトするに?気分♪長いコマンドを私がタイピングするのだが
「エネルギーのE」とか言われて笑えた。
「オランダのO」って・・・それ既に「O」じゃなくて「H」ですけど
と・・突っ込みたかったがやめておいた(笑)
16.4.20  へヘヘッ〜奇麗な色だ!カシオのプロトレック。女性の腕にもしっくりする私の好きなサイズです
夫にもブルーが来たので大切にペアで使いまする。
割引き価格で購入可能ですよ。興味のある方は是非!!
16.3.20 年に数回行っている「日本スロベニア友の会」ハイキング。
初めは青梅方面に行くはずだったが下見に行ったら梅園の梅は感染されて全部伐採されていた!
急遽東吾野から越生まで峠の越えを案内することに
ユガテの桃源郷村も良かったし顔振峠には河津桜も咲いていた
そして〆はお気に入りの合掌造りにて囲炉裏焼き川魚
何故か参加者はスロベニア人じゃ無くてじゃなくてフリウリ人でしたが・・・(笑)
スロベニア関係者!カモン!!
16.2.20 食べ過ぎ飲み過ぎのせいか・・風邪を引いてダラダラ自宅待機の今週
(正確には布団待機だけどね・・)
動かない体で色々と先の事を考えた時
ふと、思ったのが先にある時間を表す言葉に関してだ

子供の時「未来」だったのが青年になり「将来」になった。
仕事が軌道に乗ってからは「来年」「来シーズン」と来る年を追い
50半ばに差し掛かった私の時点からは「今後」という言葉が当てはまる気がする
そしてその「今後」の後には「余生」と言われる時間が横たわってるんだろうな・・
16.2.15 タスマニアにも行かなくなったので夫の代行で北海道へ。
彼のスケジュールはバタバタと変わるので結局行く必要が無くなったのだが
連休の高い時のチケットも買っちゃったのでとりあえず2日間ツアーに便乗
札幌でジンギスカン食べて、小樽で寿司
帰宅してから横浜の中華街で中華
タスマニアンステーキは食いそびれたが・・王道を食いまくった一週間だぜ!!

16.2.10 何となく気になる本は図書館で借りる
そんな選択の本なのでジャンルが幅広いのは仕方無いのだが・・
カウンターのお姉さんもキット内心で「何?このオバサン・・」って思ってるんだろうなぁ


世界で人気のNARUTO・・期待してたけど面白さが良くわからいので5巻目は借りない
16.2.3 甘利大臣(元?)
こういうことがある度に思うんだけど
日本人って基本的に「性善説」だし「信用第一」の世界だから
「君に任せたんだから」って事で細かく口出しはしないのが「潔」なんだろうな
特に日本の政治の世界は何故か「義理と人情」っぽいからな・・

そんなんじゃ弱肉強食の世界じゃ如何かなぁ??って思うけど
それがまぁ日本人の良いとこで強みなのかもしれない・・
世界の「絶滅保護気質」だから大事にしないとはいけないかもね

でも政治の世界はちょっと困る
内閣の中だけでも「政党内監査機関」でも作ってチェックしたらどうなのかね?
世界が激動してる中で「弱みを握って審議を中断させるのが目的」みたいな政党に
振り回される国民は迷惑だ
※別に自民党支持者ではありやせんが・・
16.2.1 1月29日から仕事で行くはずだったタスマニアオートトラック(5泊6日の国立公園内縦走)
なんと出発2日前に「山火事の為催行中止」の決定!
全て準備を整え、スーツケースは玄関前で宅配待ちだったのに〜
そんな事もあるんだね・・
参加予定だったお客さん、ショックだよね
私もスキー修旅イントラの仕事2本断ってのぞんでたのになぁ・・


そのうち行くからね!待ってろよ〜タスマニアンデビル!!
16.1.20 デビットボーイが旅立ち、グレン・フライ(イーグルス)が逝った

子供の頃は「新聞欄は訃報から見る」と言っていた近くのお婆さんを不思議に思い
多く流れる追悼番組が邪魔ですらあった....

しかし既に半世紀以上を生きてみると
何十年という年月をこういう有名人達と共有してきた事になる
やっぱり訃報は大事な情報で追悼番組は心に染みる・・・

今日はイーグルスを一日聞きながら仕事しよう
16.1.16 引っ越して立派なテレビボードは買ったものの地デジ対策に乗り遅れて
ず〜っとテレビ
が無かった我が家・・
奇特な方のご厚意で頂きました!へへっ
でもこの辺アンテナ無いし・・テレビってどうやって映るんでしたっけ?
随分とテレビの無い生活にもなれましたし・・
とりあえずモニターとして使いますか

映ってるのは写真です
 16.1.14 「お得」に弱い私が「お得な」気がしたので
欲張ってあっちこっちに細かく納税した「ふるさと納税」
色々来て楽しいけど、
宅配のスケジュールと冷凍庫の整理に大わらわ・・

16.1.6 ♪痛風の
♪夫いぬ間の
♪プリン丼

 15.12.25 今年の夫からのクリスマスプレゼント(SILVAの風の中でも使えるライター)
確かに「これクリスマスに欲しいな・・」とは言ったけど
まさか自分の使ってたモノをくれるとは!
しかも「これ貴方は使わないの?」って聞いたら「僕も使うよ」だって!
はぁぁぁ???

私は私が使用して便利だと思うので、
オムロンの充電式携帯電動歯ブラシをあげたんだけど
私の2年使ったのと交換してやろうかな-

15.12.20 師走で忙しい街中の見慣れた風景・・
毎年疑問なのが駅構内。
数人もの中堅どころ風の郵便局職員達が年賀状を一生懸命売ってる・・・
別にスーパーでもコンビニでも買えるのにわざわざココで販売する必要があるのか?
と毎年疑問に思う・・
見てるとほとんど足を止める人もいないし・・
よっぽど彼らは暇なのか?
純な民間企業ならあり得ないよね〜
15.12.18 ラッキーにもスロベニアからのコンテナに便乗させていたく機会があったので
大量のワインを買い込んでから待つこと2ヶ月・・
来たよキタヨ♪100本以上のスロベニアワイン
そしてワインとワインの隙間には蜂蜜やオイルサーディン、
そしてレスカママのお手製ジャムやらリンゴ酢がぎっしり!!!
 
15.11.26 朝起きたら玄関に大量の柚子...
たぶん夫のお客さんが家に集合した際にくれたんだと思う

全部お風呂に入れてしまおうかと思ったけど
袋の中には「そうはさせない」という思いからか・・
見本に小さい柚子のマーマレードのサンプルも入っていた(笑)

仕事終わってから今夜はジムに行く予定だったけど
調べたら下準備した方が苦みがとれるとの事なので
下準備で2回ゆでこぼして水にさらしてからお出かけ
帰宅してから下処理して煮つめてビンを煮沸して入れて脱気して・・・

朝起きて食べてみたけどナカナカ美味しく出来てました
次回は加工された食品が玄関にあると嬉しいけどね

 15.11.20 今日のニュースで「外国人風の男性3人が・・・宝石店で宝石を盗む」ってあった
なんか・・此処の所の世界の街の襲撃事件の中で
こんな単純な動機の事件がほっとしちゃう自分がおかしかった・・ 
15.11.19  13日にパリのテロ事件、テロって「武力によって相手を思いどおりにする」って事なら
シリアを空爆してる国際連合軍や政府軍反政府軍を支持してる国も同じようだと思うんだけどな・・

「いやシリアではIS国が悪いことをしてるから懲らしめるんだ」って言うなら
一般市民にも被害が及ぶのでその間は逃げる場所を確保してからにしたら?って思うけど
難民が押し寄せてきたら押し寄せて来たでパニックで押し戻そうとしている
原因作ってるのはどちらなんだ??
そもそもシリアやイラクの不安定を作ったのは誰なんだ?
まぁアメリカの言うなりの日本も蚊帳の外ではけしてないけどね

あの麻原彰晃死刑囚だってまだ獄中で生きてるのに
人の国の大統領をとっ捕まえて数年で死刑にしてるのも納得いかない

12日に起きたレバノンの爆発事件より13日に起きたパリの襲撃の方が報道されるのは
西側諸国に関わって居る人の方が多いから西側の報道が多いのは少し理解できるけど
FBで隣国でもない国の人達がパリ住民の追悼のみを願うのには抵抗感を覚える
我が家の夫はやってたけどね・・(苦笑)
コレをネットで見るイスラム教の人達はどう思うのだろう・・
私だったら「世界中がフランス側」って疎外感を感じるだろうな

息子が9:11で殺された親が息子の名前を書いたミサイルをイラクに落とす
それを受けて死んでしまった多くの民間人が同じ憎しみでアメリカ人に報復を考える
1発の爆撃が数十倍の憎しみを生んでいく・・
復讐の連鎖を何とか止めることの方が今は大事だよね

15.11.15 徳島県ではとても親切なクライマーに助けて貰ったし
人形浄瑠璃を見せてくれる所は素晴らしかったので悪口を言うつもりは無いんだけど・・
全部コピーなのに日本で一番高い美術館(大塚美術館)っても凄いし
剣山の古いシングルリフトリフトが1000円って距離と高低差でいうと私の知ってる中では一番高い
あとついでに言うなら祖谷のかずら橋。渡るのに500円
3年に一度掛け替えてる理由でありがたみもさることながら、
ワイヤー使ってるからフェイクって言っちゃえばフェイクだし

あ、剣山近辺のバスも以上に高い!縦走して車に戻るのに10kmくらいで1240円だったかなぁ
愛媛の石鎚山の場合は倍くらいの距離のスカイラインを走ってバス代は790円でした。
徳島県・・・・どうよ?

あ、でも四国は本当に何処にいっても人は親切で素晴らしかったです!
15.11.15 四国家族旅行から帰ってきた(家族っても二人だけどね)
四国全県に小豆島も渡って全部で11日間くらいかな
私も夫も四国が初めてなので欲張りました
しかしお遍路さんっての凄いな・・
運転してると道路脇を歩いてる人達をチラホラ見かけましたよ
私はあと数年後にやるつもりだけど・・1400kmって半端じゃないよね〜
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の代表的な道でも900kmくらいだそうだ

夫は「オレは無理、精神的に無理」って言ってた
でもとりあえず霊山寺(第一番目)には行ってみた


15.11.1 2週末続けてハロイン関係のお出かけな夫
「断れないから行ってくる・・早く帰りたいんだけどなぁ〜」って
ブツブツ言ってる割にFBの投稿を見るとノリノリじゃん(苦笑)

15.10.30 バラが咲いた!
見る度に「バ〜ラが咲いた〜♪」と口ずさんでしまうのは
私の年代限定パブロフの犬現象でしょうか?

15.10.23 そして動作が遅〜いノートに嫌気がさしたらしく、
こちらも乗り換え
買い物も乗換も私が担当...
あぁ...めんどくさい!!
15.10.20 とうとう夫も世間の波と必然性と妻の強制に負けて新時代に突入
私同様SIMフリーのスマホとガラケーの2台持ちになりました
同じ機種を買わせたのでセットアップは私が担当...
毎日大きな指で「あぁ・・」「あ!」と叫びながら遊んでます

15.10.17 スロベニアの新任大使から貰った日本の警察クッキー
大使館に警察が訪問した時の手土産がコレだったらしい
日本の警察の丁寧さに驚いた大使が感激して
「見てみて!日本の警察って凄い!」って事で箱から2枚とって私達にくれました

パッケージのデザインも中身のクッキーのデザインも幾通りかあるらしい・・
凄いのか?外国人なら感激するかもするかも知れないけど
そんな所にお金使ってるんだ・・
と税金納めてる日本人なら思うと思うけど


15.10.15 スペインの岩場の村で3年前に買ったピアス
無くさないように大切に扱っていたけど
とうとう片っぽ無くしてしまった〜(涙)
たぶんスーパーのレジなので探しては貰ったが見つからず・・断念

“どこかで半分無くしたら〜役には立たないモノがある〜♪
ユーミンの音楽がずっとリフレインしてます・・・
はぁぁ・・・

15.10.05 ずっと気になってた壊れたフェンス、夫に頼んだのは2年くらい前・・
度々催促しても無視。仕方無くガムテープでグルグル巻きにしてたが良く外れた・・
隣のおじ様に「此処が壊れてて折角奇麗に花を管理してもねぇ・・と愚痴ったら
二日後にこうなってました!
凄い、願いが叶う魔法のランプを手に入れたようだ!
あと2回?(笑)

15.9.30  夫の靴下を洗ったら何か書かれている・・
自分でもヨレヨレだと自覚してるらしく、
妻に捨てられないように附箋を張ってるらしい
細かい芸だ・・(笑)
じゃ、次捨てますからね〜
15.9.20 ヨーロッパ滞在最後の日なので
夕べはレスカお義母さんと義理の弟と義理の妹と夫の5人でままご飯の夕食を囲んだ

78才になるレスカはとても元気で面白い
いきなり立ち上がって「大事な報告があるの」って言うから
みんな律して耳を傾けたら
「私、酔ったみたい!」だって(笑)

二日おきにレスカに電話を入れてくれている義理の妹の話だと
ある日電話したら様子がおかしいので、心配になって車で駆けつけたらしい
そしたら泣きはらした目でレスカが出てきて
「どうしたの?」って聞いても泣いてて答えない
「レスカ、冷静に・・何があったか話して」と彼女が諭すと

涙声でレスカ曰く・・・
「・・・スルタンが・・・スルタンが彼女を殺したの!」って・・
トルコのTVメロドラマの話だったらしい(笑)

ホント、明るくて面白いお義母さんだ
話せるようになりたいなぁ〜

レスカお義母さん・ビューティーモード
15.9.19 スロベニアの人は難民問題の日々のニュースをとても気にしている
そりゃそうだ!もしかしたら彼らの日常がガラッと変わるかもしれない
知人はクロアチアとの国境警備にかり出された。

シリア・・三つどもえの勢力で戦ってるのか?
しかし国民がみんな居なくなって何の為に戦ってるんだろう
難民が戻れる平和な国を作るときが訪れるのだろうか?

とにかく次世代に恨みを連鎖を残さない対処をスロベニアを初めヨーロッパにはしてもらいたいモノだ
日本もしかりだけど・・
15.9.18 もうすぐ安保法案で揉めている日本へ帰国
しかし・・私が気になってならないのはヨーロッパへ大挙押し寄せてきている
難民・移民の人達だ!

シリアの写真を見ると本当に心が痛む。
そこで普通に生活していた人達が、命には代えられないと
家を売り土地を売り持てる財産を全て金に換え(もしくは奪われ)移動してきている。
幾らドイツがWELCOMEだと言っても見知らぬ土地で言葉も宗教も違うのだ
心配いくばかりだろう・・
あるモノはボートで、あるモノは陸路で、難民ビジネスにお金を払いトラックにゆられる人
徒歩で国境を越え歩き続ける人・・


迎える国も大変だ。
彼らがたどり着く初めのEUの国は大体ハンガリーギリシャ、そしてクロアチア
このクロアチアシェンゲン条約には加盟していないので難民はとにかく
ハンガリースロベニアを目指したいようだ
シェンゲン条約内だと基本移動が自由)

EUの最初の国で難民申請をしなくてはいけないのでハンガリーが大変な事になった
対処が出来ないので国境を閉鎖。
暴徒化しそうな勢いの難民に催涙スプレーも撒かれた

ハンガリー国境閉鎖に伴って人の流れはクロアチア
クロアチアは本来EU加盟国なので(シェンゲン条約には入っていない)
難民の登録業務を負担しなくてはいけないのだが
あまりの多さと今後の事を考えて、とにかく今いる難民をスロベニアハンガリーに移動させて
移民が入ってくるセルビアとの国境を閉鎖するつもりらしい・・

この勝手なやり方にハンガリースロベニアが批判。
スロベニアとは元々最近領土問題でクロアチアとは関係が悪化しているのにどうなるんだろう・・
スロベニアは難民を受け入れるための施設を用意しているのだが
あくまで受け入れるのは「難民」だ(経済難民や移民はNG)
とにかく大人数を勝手に送られて来てもこちらも対処出来ないと言うことで送り返したりしてしまっている
一部国境では催涙ガスも使った

あぁ・・ヨーロッパってこの先どうなるんだろう
15.9.15 イタリアのサルディーニャ島からスロベニアの実家に帰宅
サルディーニャがあの「カラスミ」の特産地とは全然知らなかったけど
スーパーで見た値段の安さに釘付けになり(3-4eur)・・
一つ買って調べて見ると美味しいしちゃんとボラの卵巣だ!

ボッタルガ(カラスミ)はサルディーニャでは粉末にしてオリーブオイルとパスタにあえて食べるのが有名らしい
食べてみたけど何となく「魚の粉末」みたいで・・これなら明太スパだよねって感じ
スミマセン、サルドの皆様!
スロベニアの自宅で炙って日本酒と食べたら「やっぱコレだよね〜」って感じ
スパーの人に怪しまれながら・・
一つ一つグラムと賞味期限を確認し・・大人買い、いや飲平買いしちゃいました〜


15.9.1 一昨年からお気に入りのスロベニアのツーリズモファーム
特に此処は生ハムからワイン蜂蜜まで生産してる家族経営の農家
毎朝出されるパンケーキも手作り。
生産しているモノを出しているので無駄が無く民宿やレストランが経営できるそうです
(という理由でチーズは出てこない)
大量のパンプキンでパンプキンオイルを作りその実はブタの餌、そのブタが生ハムになっているそうで
大事に育てたブタだからレストランでしか出していないそうです

農家としてはは400年の歴史がある家系。仕事は近辺には無いけど
最近の若者は街や他国に楽な仕事を求めて出て行ってしまうのが普通。
でも此処ではお爺さんの代からワインを親の世代で生ハムと民宿をと・・・
農家が魅力的であるためになるべくお洒落にしたり生産したモノを直に食べて貰ったりして
モチベーションを維持したいと考えているようです

3人娘の長女は農業で無い人と結婚。でも彼女もまだ未婚の3女も農家を手伝っているが
次女が立派な働き手の若者と結婚したので彼女たちが次世代を継ぐのかな?
朝から晩まで大変そうだし、土日も祭日もない職業だけど
大家族で支える事が出来れば将来は充分にあるよね
新しい農業のスタイルとしてもとても素晴らしい所だと気に入ってます

15.8.29 スロベニアは念願の独立を果たしたけど
多くの企業が外国資本になり、土地もイギリス人やドイツ人、ロシア人に買われ
空港迄ドイツに買われちまった・・・
先日までスロベニアだからと言ってお義母さんが一生懸命買っていた
大手スーパーマーケット「メルカトール」もクロアチアの企業に買われてしまったらしい

19世紀の技術を持って異文化を騙した植民地時代
20世紀における力による他国侵略時代
21世紀は経済コントロールによって弱い国を経済植民地にする時代なのかもね


唯一スロベニア資本で頑張ってるスーパー「TU?」でお買い物しよう!
15.8.27 スロベニアの誇る世界のアルピニスト・マルコプレゼリ氏のお招きで彼のお家に寄ってみた
彼はアメリカのスティーブハウスと組んで色々な業績も残している
世界のアルピニストの内の一人でもある。
日本にもロストアローの招待で何度か来ていて日本びいき
先日、たまたまチェルビニアの街でスティーブハウスのスライドショーがあるというので入ったら
本物のスティーブハウスが居て驚いたが・・・
彼から買った本の写真の多くはプレゼリ氏が撮ったモノなのだ!

2週間で世界の有名アルピニスト2名と会えて光栄ですな


15.8.25 6年間冬シーズンに白樺湖で働いていたビネ
悔しいことに私のスロベニア語より彼の日本語の方が上手(チェっ)
そのたどたどしい日本語が詰まった時の会話
「・・・チョット、マテクダサイ」
「・・・・」
「ジカン アリマスカ?」
どれだけ待てと???
友人と爆笑。相変わらず強烈な印象のビネ
  しばらく友人が家に滞在。
と階下のに加えて小姑と3人の女に囲まれ、夫はやられ放題、言われ放題
口答えすると二人に言い負かされます(ホホッ)
でも妻以外には結構従順。
第三者がいると言わなくて済むことが多くなるので楽ですな(笑)


眉毛もの調整も素直に従ってました
15.8.22 義妹の誕生ピクニック、友人と二人で日本食をプレゼント
新任予定の在日スロベニア大使も私達に会いたいと言うことで来てくれました
(義妹は通産省に今は勤め始めたので・知り合いの様です)
スロベニアの大使は引き続き女性大使!
しかも山に自転車で来るほどの自然派〜&元気

大使の話で驚いたのは、大使として就任すると
日本とイギリスだけがロイヤルファミリーに招かれるらしい
しかも馬車で伝統的にお迎えが来るらしい・・
そんな事もあって日本は人気な就任地であるらしい

15.6.22 10年ぐらい前にスロベニア語の学校に行ったきり後退している私のスロベニア語
今年は2週間時間が出来たので通ってみることにした・・
本だけはやる気満々だけど頭はついていけず・・はぁ〜
15.6.20 鍾乳洞探検のコスチューム
今年は大きなイベントが無いんだけど、いろんな事をチマチマ経験してますな
15.7.20 9人乗りボックスカーを二日間運転
大きな車でちょっと得意満面な私(笑)

もう慣れたけど、ヨーロッパで運転する初めのうちは走行車線を間違えないように
「私がセンター、私がセンター」とずっと唱えているのだ~~
高速はその点楽だけど
土日はトラックが高速を走らないので(そういう決まり)けど
ウィークデイはトラックが90km/hで追い越し車線が140km/h(スピードリミットは130km/h)
とかなり幅があり車線を替えるのが結構大変・・
生活が困窮した場合を考えて・・大型免許も持ってるのでトラックも運転できますよ


15.7.14 アッタクガイドのドゥーシャン
トリグラウ登頂の写真をUPしたいから、下山したらメールで送ってくれと頼んだら
留守中に彼のモノらしいカメラがテーブルに置かれていた・・
コンピューター類の操作が苦手だとは聞いていたが、カメラをそのまま置いて行くとは・・
さすがツベートの弟だな(苦笑)
15.7.12 昨日からスロベニアのトリグラウ国立公園縦走のお客様が来てくれました。
今年はC&C.JAPANの一般募集は無くプライベートのお客様です。
またおせんべを貰ってしまった♪
ブルガリアのお客様からも残り物の羊羹を貰ったし
その前の他社のお客様からもトバとおせんべを貰った!

日本に居るときよりも日本のお菓子は満たされてるぞ!ホホっ

15.7.11 ブルガリから帰国〜!ってもスロベニアだけど
ブルガリアはヨーグルトだけでなく最近は薔薇で有名
ローズオイルの質としては世界のNO1らしい!
っても私、今まで「ローズオイル」ってもの自体知らなかった無粋モノだけどね・・・

いくつかの地方で栽培された薔薇だが、結局はバルカン山脈の谷間で一番根付いたらしく
此処が「薔薇の谷」として名を世界に馳せている所らしい(今回は行かなかったが)
季節は5月〜6月の間の1ヶ月、朝5時から10時に摘み取った薔薇を精製しオイルを作る。
約4000〜5000kgの薔薇から1リットルのオイルを取るまでに蒸留を8回!
ローズウォ-ター(ローズ水)と呼ばれるモノは蒸留1回)

それだけでも貴重なんだな〜と思うけど
それが大事に製品にされて輸出されるので末端価格は高いらしい
って理由で仕事を“一瞬だけ”忘れて大量買い!
同伴のガイドに呆れられましたけど・・・



日本では1ml、3000円くらいする政府認可の純正ブルガリアローズオイル、可愛い木の入れ物に入れられ
まがい物と混同されないためゴム判でとめられています。
ハンドクリームも超お買い得!
  山岳ツアーの添乗員として(出稼ぎ?)
ブルガリアの片田舎の街を訪れた
何の変哲もない民家改造の民宿の看板娘はレナとヤナ
婆レナと婆ヤナはつまらない日曜に変化をも垂らすためにこのサービスをはじめたそう
二人ともコンクール入賞者で、歌声は本当に素晴らしいし田舎料理も美味しかった・
年金を月200Lv(約14000円)しか貰っていない彼女達自作の「年金生活者の歌」は本当に素敵
「旦那も死んだ」「支給は少ない」「でも時間は一杯」「友達一杯」「遊ぶこと一杯」
というような前向きな歌だ!

自家製のランチをお客さんにだして
お客さんに民族衣装を着せて一緒に歌ったり踊ったり。本当に素敵なおば様達
(実は見た目よりそんなに年を取っていない)
明るい婆達に勇気づけられたブルガリアでした!

後ろの衣装などを着せてくれる ヤナオバ

レナオバ
15.7.3 頂いたおせんべを食べてたら歯が欠けた!!
歯は大した事無いのだが欠た所が舌にあたって激イタ。
ティッシュを詰めて何とか1日しのぐも明日から9日間のブルガリアだし
日本に帰るまでまだ2ヶ月以上あるので放っておけない・・
まともにしゃべれないし食べれないし〜

こんなリゾート地の歯医者にいったらウン万円コースだろうなぁ・・と躊躇してたけど
(友人も、スロベニアで一番高い歯医者だよ・・って言ってた)
背に腹は代えられない・・って前にやっぱカード会社に連絡してみた

「虫歯じゃ無くて掛けたとかのことなら事故扱いなのでカバーでます」との事
電話もスカイプでかけたのでそのままにしておいたけど直ぐに
「海外ならこちらから掛け直します」と親切
やっぱ海外旅行の多い人は年間費払っても1枚は持っていたいステイタスカードだよね〜
私は過去10年位持ってるけど何度これに助けられたか・・・
クレジットカード自体はマイルが貯まる他のカードを使っていてこれは単に「お守り」です
ラウンジも使えるし空港への往復宅配も使えるし年間費の元はチャンととれてます!
・・っても私のステイタスカードは年間費極安だけどね♪

欠けた歯の一部と私のご愛用ステータスカード
15.6.30 ヨーロッパのジャガイモって何でこんなに美味しいんだろ-
日本は技術的にも勤勉さにおいてもこの味を取り込めるハズだと思うんだけど
未だそんなに美味しいジャガイモを食べたこと無いなぁ〜

スロベニアの実家の新ジャガ 
 15.6.26 スロベニアに来たけど夫と過ごしたのは3日間だけかな・(苦笑)
イタリアとオーストリアでガイド中の夫からは音沙汰無し・・・
音沙汰がある時は大抵「困った事態」になってるときなので
彼からの連絡はあまり喜ばしいモノでは無いのでどうでも良いけど・・
そう今回も○○と○○○○という此処ではあまり書きたくないくらい大事なモノを忘れて行った
カメラも壊したみたいだしネットにも何故か繋がらないらしい
ガラ携のくせに何時もバッテリー不足なようだし

私は今暇なので夫の実家で気ままに一人暮らし♪
車は与えられたので9ヶ月ぶりの右車線運転に慣れるためと次回ツアーの下見
&夫のかなり大事な忘れ物を届けに小旅行に出かけてみた
※旅行の様子は「山行レポート」にあるので見てね

スロベニアの高速はここ数年でほぼ完成、元々小さい国がもっと小さくなった感じで
首都のリュブリャーナ迄行くのは丁度鶴ヶ島の家から池袋の事務所(?)に行くくらいかな?
走りやすいし渋滞もソコソコなので快適に運転できるよ
今年はSIMフリーのスマホに乗り換えたので、スロベニアのSIMを買い(10G100日というのを30EUR)
1日2日ならPC持ち歩かなくてスマホで対応可。(ガラ携帯併用)バッテリーは車からも取れるし
スカイプ・FB・ライン・メール何処ででも何でもござれだ♪
WIFIは飛行機でも通じるしNHKワールドもネットで見られるし
一昔前より本当に世間の距離は縮まった。便利な世の中だね〜

こういう世の中なので
連絡機能を持たない夫との距離だけがドンドン離れていくけどね
彼が帰宅する頃に私はブルガリアだし・・



写真は小旅行の途中でよったトリグラウ国立公園博物館
15.6.21  お誕生日おめでとう〜私! そしてその日私の母になった日出子さん。
あぁ〜もう彼女がが他界する年まであと2年になってしまった・・
そういう人多いと思うけど親の寿命ってヤツは自分のデットラインだよね
病歴的にはかなりそのデットラインがあってるような気がするわけだけど
今思うに私の年の母はモット弱っていたような・・
子供だから母が弱ってるなんて思わなかったンだよね..単に年取ってるからでしょって思ってた

今彼女が他界した年より2年若い私は20時間近くを掛けてヨーロッパに渡り(安いエアだからね)
着いたその日に樹に登りサクランボをとって
次の日に撮影にかり出されて寒い谷の澤下り(Canyoning)に参加して
その次の日には100km南下して岩場でクライミング。
毎日酔っ払って美味しいモノ食べて、たぶん残り少ない人生を人生謳歌してます


もうすぐ80才だけどお元気なお義母さんと。   寒いけど・・キャニオニングを楽しむ私
 15.6.15 夫は10日前に渡欧してしまったのだが、
私のヨーロッパ出発迄あと2日、
今回は3ヶ月強の留守なので冷蔵庫は空カラにせねば・・
中途半端な酒類が・・・
無駄にしたくないので毎晩泥酔な私・・

 15.6.14 そろそろヨーロッパ行きのお支度・・
アンタ・・・お菓子の行商に行くのか?
15.6.13 この春買った梅に小さな実が9個ついたので・・ミニ梅酒お作ってみた(笑)
飲めるのかぁ?


  1年半前から日本人の嗜みとして「和」を学ぼうと三味線を習い始めた
ポイントは「持ち運びが出来る」「歌える」「3本しか玄がないので簡単そう」ってトコかな
家にいることが少ないので上達は遅いのだが
先日先生から「進級試験受けますか?」と打診された
三味線にも級とか段とか師範とかあるんだよね〜

スキーもそうだけど日本人ってのは、こういうのに燃えるんだよね
でも私は興味ない(キッパリ)
その先に何かあるなら解るけど(名取りとか師範とか)
今、このレベルで試験受けて何の意味が?
しかも8000円だし・・・

先生には悪いけど、
私の今の目標は路上で貰う1ユーロ、その次は知人から貰うおひねりですから
↑面倒な生徒だな・・
 先生ゴメンナサイ

15.06.8 夏はスカートが涼しいので家では着ることもままある
しかし滅多に着ることがない外出先では緊張する
実際トイレにの後、パンツにスカートが挟まって歩いてたことあるし・・・(汗)
15.06.2 一週間前も「ヨーロッパに行っちゃう千春さんの誕生日は祝えないから」と
長野の若い友人達にプレゼントを貰ったのに
今週、岩場でこんなサプライズ〜
来週も長野に行こうと思ってたのに・・
行きづらいジャン(苦笑)
15.5.27-29 怒濤の2日間だったぁ〜
あまりこういう所に出向いたことが無いのだがプランジャパン主催
「Because I am a girl]というフィルムを見に行った
プランジャパンとは世界の発達途上国の子供達の里親的になり
毎月わずかなお金を送ってその地域の発展に役立てるというのが基礎になって
世界規模で展開されている国際NGO団体だ

私は20代の頃から関わってるけど・・
こういうの出たことが無かったし手紙のやりとりも好い加減
今回は特別に「女の子の教育から世界を変える」というキャンペーンで、時間もあったので行ってみた
6才から他所で働かされてるネパールの子供達とか、ゴミをあさる子供達
家も無いのに娘に教育を受けさせようとするインドのお父さん
13才で結婚を強いられるアフガニスタンの女の子
どれも身につまされる・・


で、一杯やって池袋の部屋に一人帰宅して、寝てたら夜中に家の掃き出し窓の外で猫の声??
2匹?3匹?トイレに行った時に怖々のぞいてみたら黒と薄茶の子猫が
タオルがひかれたダンボールの中でうずくまって泣いている
「へっ?何故此処?こんな私道の奥の私の部屋の横に・・誰かの猫?」
かな〜りうるさいけど、たまに静かになるので「飼い主が持って行った?」と思いきや
またミィミィと泣き始める・・また見たら成猫も来ていた

「親なのかな?」でもこれじゃダンボールが高すぎてお互い近づけないな・・
と思ってダンボールを傾けて猫たちが出られるようにして叉寝た
でも・・・朝になっても泣いている。気になって眠れない・・・

朝9時を過ぎても、まだそこで泣いているので見てみたら
何とダンボールは元の様に立っていて、さらに私の掃き出し窓に横付けされていた!
「はぁ〜???、私にどうしろと???」今日はこれから免許書き換えと、国際免許取得・銀行周り
そのために此処に今夜は泊まったのに・・「どうしよう」



よく見ると昨夜はいたと思われる黒はいなくなっていて薄茶が残されてた
そして暖めたと思うペットボトルが丁寧に入ってる・・
「薄茶の方が見た感じ可愛いのに何故?」
仕方がないので箱を部屋に入れて薄茶の猫を持ち上げてみると・・かなり酷い
「怪我?それとも目が潰されちゃったのかな?」
これじゃぁ誰も貰わないわなぁ〜保健所?交番?

でももしかしたら目ヤニがこびり付いてカサブタになってるだけかもしれないし
色々ネットで調べて見てとにかく近くの動物病院に電話して相談することにした
「カサブタは取れるかも知れないけど・・目が感染してダメかも知れませんね」
まぁその場合は交番か保健所でもしょうが無いのかなぁ〜って事で
とにかく病院に箱ごと担いで持って行ったのでした
その後の事FBにアルバムにしたしユーチューブにもあげたので見てね
https://www.facebook.com/chibow3
https://youtu.be/FIi8qaQ9CRs

とにかく運良く一見落着したけど、2日間仕事も出来ずに大変だった
病院代もしっかり取られたし・・
ミルクや哺乳器の代金は解るけど、事情知ってるくせに初診料までしっかり取るって酷くない?
里親さがしを聞いたら「当院はそれはやってないんです」とアッサリだし

世界では多くの子供達がお腹を空かせて大変な思いをしてるのに
私が直面してるのは「猫」だ

昨日「このお金で多くの子供がその日の飢えを凌げる」と世界の子供達に寄付したお金より
今日猫に払ったお金の方が若干多い・・
結局私は、世界の子供にはお金以外何もしていないしね〜

猫だよ、猫
なんか矛盾も感じるけど・・
すまんが、今の気持ちの優先順位は

遠い世界の貧困児より、今自分の目の前で助けを求めてる猫なんだよな
 15.5.22 30年前位に働いていた時のセクションや上下関係を越えた素晴らしい同窓会
その会社時代の上司と私がその会社から独立するときに導いてくれた外部の恩師
20代の私に大きな影響を与えてくれた先輩二人のツーショットです

その尽力が現在の仕事に関係しているかというと・・
かなり違う気もするが(スミマセン)
与えられた環境でクリエイティブに生きようとするその精神は
私だけに留まらず飛び立っていった後輩みんなに残ってるかと♪
ハイ、おっしゃるとおり
私の場合はクリエイティブなのか自由奔放なのか微妙です(笑)


仕事帰りの飲み会にこんな
海帰りみたいな格好で来れるって・・素敵
15.5.20 韓国にクライミングに行ってから一人でソウル観光をした
一人なので博物館巡りがゆっくり出来るので戦争記念館に行ってみた
此処、とっても良く出来ている、スゴイです3D〜4D展示もある
※4Dって何かと思ったら3D+体感なのね、寒かったり風が吹いてきたり紙吹雪まで降ってきた
主に有史以降の朝鮮半島を含む戦争・豊臣秀吉の朝鮮出兵、
大東亜戦争、朝鮮戦争が展示されている

学校授業の一環なのか多くの韓国の子供達が見学に来ていた。軍服姿の若者もいた。
日本語の説明もしっかりしてるしパンフレットもあったけど
やはり日本人としては入りづらい所かな?日本人の団体はいなかった
パネル説明の「日本語」ボタンを押すのも人目を気にしながらコッソリ・・(苦笑)

恥ずかしながらお隣・韓国の徴兵制が2年以上もあることを私は知らなかった
しかもその2年間の休暇は30日程度!
彼女がいる人は遠距離恋愛になか別れるみたい・・
隊内の秩序や年功序列は厳しいし虐めもあるんだろうな〜
2年間もそれに耐えてるから確かに韓国の男子ってガタイが良いよね・・
彼らからすれば日本の若者男性はの甘っちょろく見えると思う
この軍隊服務期間を終わっても40才までは服務義務があり国防の義務を遂行している

彼らの意識はではまだ北朝鮮と休戦中であって実際戦時下なんだ
しかも油断ならない敵国・日本を何時も気にしている
私なんて国防費が幾らかなんて考えたことも無いけど
韓国の友人は日本の国防費や戦車や戦闘機の種類や数まで知ってたりする
私達は「うっそ〜戦争なんてしないでしょ〜」って呑気に思ってるけど彼らはそんなこと思っていない
何時日本が責めてきてもおかしくないと過去の大きな2回の経験で知っている
友人は「最近の日本は右翼化してる」から恐いとも言っていた
国民が戦争する気持ちが無くても始まっちゃうのが「戦争」ってもんだからなぁ・・

 
戦争記念館の前のモニュメント              秀吉の朝鮮出兵の時に役立ったと言われる亀甲船
15.5.17 一軒家を持つと(借りると)庭があって楽しいことが一杯だけどその分のタスクも大きい。
実は今期は地域の班長当番が回ってきた・・
来ることは何となく知っていたのでいっそ引っ越す?とまで一時は考えたが(笑)
事情を話しパスさせて貰いバトンをお隣さんに渡すことにした

みんな色々な事情を持っているのだから「ウチだけが特別」ってもの我が儘な気がするし
入いらないデメリットもこの5年無かったし・・考えた末に会を抜けることにした。
(自主的に町会費の代わりに協賛金を払うことにしましたが)
掃除当番もかなり頑張ってみたが脱退だし(ゴミ焼却所に持ち込んで有料で処分してます)

行ったり来たりのジプシー的生活なので積極的に地域清掃には参加しようと
これだけは何とか出ようと予定を合わせることにしている

てな前振りで本日は地域の一斉清掃、朝から気合いが入ってます!
そして普段留守がちでいろいろ面倒を見て貰っているご近所さんにも声を掛けて
我が家でBBQ

オードブルはスロベニアで言う「ナレザック
チーズやサラミ・生ハムの盛り合わせ〜


15.5.10 一緒にクライミングをした長野の世代の違う若い友人達から色々頂き物をした
誕生日はまだ先なのに何故?って思ったけど
もしかしてこれ・・
「母の日」だから???
15.5.6 中国陽朔クライミングから帰って来ました。

相変わらずこの街の交通事情とパワーは面白い。
混雑した大きな道路(3車線とか)を逆走してにじり寄って対向車線までたどり着いて左折合流したりする
(日本で言う右折合流)あ・ウンの呼吸で何となく事故無く自己主張して運転してる
二人・3人乗り自転車もバイクも歩行者も流れを読んでるのか何なのか
ぶつかりそうでぶつかること無く運転してる・・此処にはたぶん交通ルールはもはや存在して無く
生き抜く力のみが存在しているようだ

女性のパワーも素晴らしい、3-4回喧嘩をみたがその全てが女性だった!
一回なんてつかみ合いの喧嘩で周囲の人も参加しだして「暴動?」と思うようなモノだった(苦笑)

でも基本陽朔中国人達は誠実でとてもしっかりしていた。
注文はしっかりしてるし、料理も早いし、計算もしっかりしてる。頼んだことはキチンとやってくれる。
何十年も前に中国を旅して辟易した思いのあるウチの旦那も中国人を見直していた。
ってか・・私から言わせれば私達なんかが使うレベルの西洋のレストランやホテルよりも
此処のスタッフの方がよほどしっかりしてると思いますけどね

5人に一人は中国人という世界人口比
比べて温室育ちで民族のガラパゴス化しそな日本人
ガラパゴスならではの特色を活かして、彼らのパワーに負けない日本人ならではの特徴を大切にしたいモノだ

15.4.22 私の種まきはコレ!チャッカリモノの嫁
お義母さん、収穫は手伝うからね〜(笑)
友人宅にもチンゲンサイと枝豆を送りましたし・・・
 15.4.17 フランス人の友人が入手したチーズやサラミを一緒に食べようと誘ってくれたので
彼のお家にお呼ばれ〜
初めて見たミモレットのホール
食べてみて「?] 最近食べた高価なモノに似ている・・
「ねぇカラスミに似てない?」といったモノのみんながカラスミの味が解らなかった
後日ネットで調べていたら有名な話なのね・・それ
でもミモレットは熟成しているモノではNGです
グルメのフランス人はちゃんと18年ものの硬質ミモレットをゲットしていたので
カラスミの味がしたのでした
ミモレットも高いけど、フランスで買ってくればカラスミより遙かに安いぞ!
新たな発見でした!
今年はフランスでゲットするぞ!!

15.4.16  近辺の桜は終わったが、我がミニガーデンは花真っ盛り!
道路沿いはチューリップシバザクラパンジーノースポールポピー、プリムラ
木香薔薇も綻びだし、ガーベラも地中から花芽が頭をもたげてきた!
庭側もクレマチスシャクヤクのつぼみが膨らみだしシランからも花芽が伸びてきた
「この近辺じゃウチが一番でしょ?」と訪ねてきた友人に同意を何度も促したが
その度に
「いや・・みんな自分ところが一番って思ってますって」と諭された
 15.4.14 忙しくでかい仕事してる割りに、夫はポイントとかシールとかを集めるのが好きだ
スーパーに行くときには必ず「カード持った?」と念押しされる
私は「マイル」以外は集めるのが苦手・・
財布が嵩んで嫌だし、面倒だ。
パンを買って帰るとパンより先に「シールは?」と徴収される(苦笑)

スロベニアのお義母さんも同じ・・
私が買い物に出ようとすると彼女のカードが無言で階段に置かれている
年取っても、別の国で暮らしていても
やっぱ親子なんだなぁ〜

15.4.10  新聞も取ってないしTVもないので
こんな事では社会人失格だが・・世間の情報に疎い!
メール便をセブンに出しに行ったら「もう無いんですよね・・」だと

今、人から回ってきた「海賊と呼ばれた男」を読んでいるせいか
郵政省のいじめでは無いのか?と思ってしまう(ってかそうでしょ)
郵便局の車は停車できても民間はNGとか・・何だろう
でも仕方が無いので切手張ってだしたけどさ・・
結局は面倒なの権力に屈する私です(悲)


15.4.8 何時も不思議に思う・・「スタX」って何であんなに人気なんだろう・・
あんなに高いのに何時も行列で買い求めてる
大体コーヒーとか紅茶って、外で飲む場合は「場所」にお金を出してるんじゃ無いのか?
大体のスタXの店は狭いし、中には席すら無い所もある
ゆっくり座る場所も提供しないくせにあの値段は何なのだ?
そしてそれをありがたがって行列にならぶ感覚は何なのだ?
「私はスタXじゃなくちゃダメなの、ドドR?フン一緒にしないでよ!」って感じ?(笑)
私には解らない・・
私が紅茶派だからか?(笑)

ついでに言うとCO~~のカレーのドライブスルーもずっと気になってる
幾ら忙しくてもカレーぐらい店のテーブルに座って食べようよぉ(笑)
15.3.31 夫がアイゼンをあげたお客さんからFAXで「来週、畑の野菜を送ります」と
何が送られてくるのか解らなかったので野菜を買わずに待っていた末に
送られて来た新鮮野菜・・
15.3.26  寒暖を繰り返しながら暖かくなっていく
一年で一番ワクワクする季節だ!蚊もまだいないしね〜 
私のガーデニングのコンセプトは「自立した美」
ってか手間の掛からないもの優先で「自生」「植えっぱなし」がキーワードだ(笑)
特に「こぼれ種」から広がるノースポールや株が増えていくムスカリ・水仙・ハナニラ・シバザクラ・彼岸花
何となく毎年出てくるスズラン・ギボウシ・スノーフレーク・ガーベラ・百合・カキツバタ
この辺が本当に時期愛おしい♪
頑張って出てくるチューリップも嬉しいご褒美だ(これはちょっと面倒だが好きなので植えている)

一冬を凌いで芽をだし再会する喜びは
花屋で株を買ってきて即席で庭を飾る喜びとは比較にならない
毎日小さい変化に目をこらして庭を巡回しているので夫に呆れられている
来週あたりはこのストリートで我が家のガーデン(外向き)が一番奇麗だ!(と思う)
隣近所の人に「あんなに夏はボウボウなのに・・スゴイよね」って言われてます(苦笑)
そう、5月6月には見て見ぬふり、関わりたくも無い私のガーデンです(蚊がスゴイ)

毎年ニョキッとでてゴージャスな花をつけるガーベラ   クレマチスも若葉と花芽が出てきた

ムスカリはボウボウな葉っぱなの中から帽子をもたげてくる  これはシラン(何だか増えてるかも)

スノーフレークは可憐だな           ハナニラの花芽(これも去年より増えてる)間に野いちご
15.3.23  昨日は四ッ谷迄飲みに行って鶴ヶ島まで帰宅した
23時チョイ過ぎぐらいにお開きにして
複雑な副都心線を乗り継いで足を速めると東上線は毎度の遅延
和光市で20分近くホームで待たされたが、
春の装いの女性とかは凍死するんじゃ無いのか?と心配になるくらい寒かった・・
電車は満員なのでそこから40分近く立ちっぱなし
駅から自転車こいで家まで帰る気力は無くなったのでタクシーで1時半到着

ホント、近郊に住んでいて都心に通ってるサラリーマンってスゴイ!
恐れ入りました・・って感じの夜でした。
15.3.22 夫が冬山に行ってる最中、私は春を求めて友人と長瀞へ
宝登山というお手軽は山だが野上駅からスタートすると
尾根歩きもあって結構楽しい山道でした。有名なロウバイは時期が遅いので終盤だったけど
梅が満開、帰りのカフェでは「つくしのスープスパ」とか「秩父味噌ソフトクリーム」などを堪能して
駅には期せずしてSLが!
510円払って寄居まで乗っちゃいました〜
最近は「鉄子」な私ですな
ユーチューブにSLをUPしてみました
http://youtu.be/uQBD105Mck4
15.3.15 確定申告が終わったよ〜(会社の方は税理士さんに頼んでるけどね)
毎年恐いのが確定申告に基づく所得税よりも国民健康保険料
これ、うっかりすると暴力的請求をされる(って言っても良いのかな?)
まぁ、ある程度逃れられないんだけど・・義務だし、私は病院に良く行くし・・

しかし高い!
何か私、悪いコトしました?それとも何か事故の請求?
数年前、収入に対する比率としてあまりに高いので「間違いでは?」とは思い
問い合わせた事もある
担当の人も困り声で「そうなんですけどね・・こうなってます」と

調べたら所轄のサイトで自分で調べることができるんだね
例えば200万円くらいの年収で40万円くらいの健康保険になる計算だ
↑例えばの話ね・・ウチじゃないです
家族の収入が200万円の家庭が40万円払うって・・スゴイよね
家賃と光熱費払ったら何食べて生きていくんだよ〜(苦笑)
実際借金して健康保険を納めてる人もいるらしい・・
↑ウチじゃないですから

国民年金の加入者は自営業者が多いので・・まぁその〜(苦笑)
+年金受給者だし
200万円の年収は高額所得者になるらしい
なんか壊れてるよな・・このシステム

まったく関係ないけど癒される初春の香(庭のジンチョウゲ+馬酔木)
15.3.8 使っていたスマートホンが古すぎてアプリが対応できなくなったのだが
散々迷った末に携帯を買い換えた。
ってか携帯の持ち方の形態を考え直した
スマホは便利だけど電池持ちが悪いので小さいコンピュータとして携帯
電話は電話として携帯
最近はSIMフリー(になる)携帯なので海外でも使えるだろうし便利だ

携帯電話代は2台合わせても2万円以下
(ガラケーはドコモの2年縛りだが)
これで私の活用範囲なら1ヶ月2500円以下の通信費だ
(データー2G・通話1500円分)
今までスマホ一つで8000円位だったから年間6万円以上のセーブ
浮いたお金で旅行1本多く楽しめるな♪

最近はいろんな通信会社が参入してるので選択範囲が広まったよね
しかし大手通信会社は【組】に入る時には甘い言葉で誘い
【組】を出て行こうとするモノには厳しい落とし前を強いる・・・
現代社会において【中毒】になった通信手段を餌に弱肉強食の抗争を繰り広げている気がする

15.2.27  車いすの天才物理学者ホーキング博士が言ったことによると
今日もっとも正すべき人間の欠点は「攻撃性」で必要なのは「共感」だそうだ
それを見て思ったのは未だ釈然としないフランス人の訴える「言論の自由」を思い浮かべた
他者の文化に共感することを厭い、攻撃し正義を訴えるって
まさにホーキング博士が懸念してることなのかな?

昔は「ペンは剣よりも強い」って事が良しとされたけど
今は「ペンは剣よりも攻撃性がある」ってことを意識するべきだよね
人を攻撃する笑いより身内を暖かく笑う「落語」的笑いにこそ
共感と人間の未来が残ってるのでは?

ハイハイハイ、
ウチは身内の失敗をけして暖かく笑ってませんがね・・
 15.2.25 先日FBで「二つの要求を同時に満たしたい小猫」ってのがあった
食べながら寝ちゃう小猫の動画だ。可愛い〜
コメントに「人間の子でもいますよね〜」ってのを見て
ウチにも一人いますけど・・って一人コメントしてた私です(笑)
**歯を磨きながらの寝姿も披露してますし↓

↓下記非常事態にも彼の食欲は衰えず、その事を指摘したら
「オレは死ぬ間際まで食べる!」と豪語していた
好物を口に運びながら死ねたら、即身仏よりある意味スゴイかも・・(笑)

高熱出しててもコレを完食できる夫です
15.2.25 1ヶ月以上ぶりに北海道から帰った夫のお土産は「B+型インフルエンザ」だった!
18日に横浜スノーエクスポ(相撲じゃないよ)で再会したのだが
夫は「風邪気味」と・・
正直一緒に泊まりたくなかったが追い払う理由にもいかず
私が泊まっていた板橋の狭いワンルームで一晩・・
20日朝まではあまり感じ無かったのだが11時頃から熱が上がり始める

病院に行った夫はインフルエンザと診断されて帰って来た
って事は私もだよね〜
このまま寝てると土日になるので無理して私も病院へ・・
ハイ、同じくインフルエンザでした。

タミフル吸入してひたすらベット、二階でも夫がひたすら睡眠
お互いたまに生存を確認しあって・・ひたすらベット
人間良く寝られるモンだな〜
38.9度まで出た熱は日曜朝には35.6の平熱に戻っていた!

最強のお隣さんからの差し入れ!
15.2.16  近くに行ったので生まれて初めてかの靖国神社ってとこに行ってみた
何時も周辺諸国に対して物議を呼ぶ所であまり政治思想がない普通のオバサンが感じたことは
「英雄」とか「英霊」ってのが多く謳われすぎてるのでは・・・って事だ
これでは日本のために辛い思いをした人達が嫌な思いをするのがわかる

「国安かれ」の念のもとに建てられたものというのは結構だし
国のために尊い命を失った人達の霊を供養するのは然るべきだと思うが
(私に結構って言われてもね・・笑)
神道って死んだら「八百万の神」の一つになるって思ってたけど
(確かそれを周辺諸国への説明に使ってたよね?)
だったら霊に「英雄」も「凡夫」も無いのでは?

15.2.15 私には何時もこんがらがってしまう事が3つある
(たぶんそれ以上もあると思うが・・)
1,左と右
2,「空港」と「航空」
3,山手線での反対側で乗車して(例えば新橋や有楽町)池袋で降りると
  見慣れた池袋駅のどの位置にいるのか・・しばらくわからなくなり呆然とする

私だけかなぁ・・・??
15.2.13  写真はイタリアのドビヤコで行われたスロベニアンアーミーも参加のコンペ
富良野スキー場では時代遅れのスキー装備(カンダハー)で
修学旅行生の列に混ざってリフトを使用しザックも無く
ヨレヨレ滑ってる自衛隊や(?)や楽しげにウエーデルンしてる自衛隊が一杯いたけど
はたして西洋人はどう思ってるんだろう・・・ と恥ずかしかった
もっとマイナーなスキー場か山の中で練習して貰いたいモンだ
大体・・想定はロシアとの地上戦なのだろうか・・疑問

写真はスロベニアチーム
15.2.11 FBを見ていたら「Huffingtonpost」の記事に夫が出ていて驚いた
「旅とは麻薬-世界の山を登り、旅を続けるツヴェートさんの人生」
というタイトルで、彼が日本に来るまでと来てからの事が書かれていた

妻としては突っ込みどころ満載じゃ〜(笑)
大体、日本人と結婚したことすら書かれて無いし
山も女も一番は決められない」だと〜?

ガイドの資格を取ったのも私の勧めだし
会社作ったのも私だし
公私共に旅行計画&実行してるのもみんな私じゃ〜
どうぞこれからはご希望の「一人旅」に出かけてくださいまし

旅してマインドが強くなってタフになったらしい・・寝ながら歯磨きの夫(笑)
15.2.10 白い北海道から帰ったら庭に黄色い福寿草が咲いていた
まだまだ寒い日は続くけど、すぐその先に春が待ってるな♪
15.2.6 今日でゲストハウスともお別れ
此処で知り合った二人ともお別れでちょっと寂しい
思えば何時も友人と一緒だったりするので、
知らない中国人や韓国人とサシで対峙したこと無いと思う
得に今回は北海道であり、私も一人の旅人・・
みんな故郷と離れたところに一人で来たというニュートラルの立場で
しかも日本語で話せるという貴重な経験だった

得に韓国人男性とは年齢も近かったのではいろんな事を話したなぁ〜
(↑ハイハイ、相対的にって事ですよ、日本語間違ってないです)
彼の日本語と日本の知識はかなりだったし、カルチャー的に「昭和」も網羅していた!
そんな彼と過ごした4日間の会話は夫と話した過去半年分の会話より濃かった気がする
それで良いのか?私達夫婦・・って逆に疑問を感じる所だが(苦笑)


ゲストハウスの素敵なカフェ
 15.2.1 富良野に一人でスキーに来ている
一人なのでゲストハウスに泊まってみた。
若い夫婦が移住して始めた古民家を改造したこのゲストハウスとカフェ。
とても素敵な造りで居心地が良い

そして此処に宿泊してる人達もナカナカ面白い
もっとスキー場に近い所だと白人グループがいて陽気ってかうるさいんだろうけど、此処はちょっと異質
日本人がいるのかと思ったけど昨日の宿泊人は4人で
30代の韓国人男性と中国人男性、二人とも長期滞在でスキーを此処で始めたらしい
(でも二人は此処で知り合ったので友人では無い)
一人いた女性は仕事で中国滞在の西洋人

日・中・韓と揃っていて際どい話になりそうで
ちょっと心配したのだが西洋人女性が話を軌道に戻してくれたりして話が盛り上がった。
その要の女性が「私のパートナーはHE ではなく SHE」と私に小声で・・
いろんな人がいて旅は楽しい〜♪

今夜は中・日・韓で盛り上がり〜
15.1.31  去年11月〜12月のクライイングトリップから帰国して
なにげにネットでクレジットカードの明細を見ていたら「?」と思える買い物
今回の旅行では円安のため、自分の外貨を持って行ってほとんど支払った
カードを使ったのはお客さんの飛行機を変更するために電話上で操作
あとはチェックインカウンターでマイル加算のために見せただけ
なのに5回に渡って外国での不思議なショッピング
ショッピングの場所がストックホルムだったりロンドンだったり・・・

クレジット会社に電話でその旨伝えたら
「適当にナンバー入れてヒットしたらネットで買い物する犯罪もある」とか
だとしたら初めが13万次が27万 それからは1万代が3回って・・
初めが大きいくせになぜ後でチョビチョビ?
しかもヒットしたなら短時間にもっと買い物すると思うのだが・・

ともあれ「心当たりがない買い物」と言うことで訴えたら
「では調査しますけど調査期間はどれくらいかわからないし、
調査によっては引き落とされることもあります」だと淡々と言われた!
総額45万円だ!気が気では無かったここ1ヶ月半だけど
今回送られていた明細に「明細の額から45xxx円は引き落とさないと別紙で書かれてました

気がつかなかったらとられったんだろうな〜
ってか、今までも1万代くらいの買い物なら気がついて無かったのかも・・(苦笑)
怖い

 15.1.23 私には一人で入れる居酒屋がある(チョイ自慢)
カウンターには常連が入れ替わり座っていて
時勢や身の上などをとりとめも無く話している

私みたいな変わり玉がたまに来ると、ちょっと違う展開になったりして面白い
居酒屋という空間(ステージ)にその夜集まった人と酒量と話題で織りなされていく雰囲気の展開が
まるで「寄席」の様だと昨日思った
15.1.20 夫が北海道に出稼ぎに行って久しい
あまり連絡をくれないがたまにメールをくれる
これは嬉しいけど携帯に電話が来ると着信拒否しようかと思うほど出たくない
だって大体が厄介な事を頼まれるだけだもん
出稼ぎですけど家族のために稼ぎに行ってるわけではありませぬ
 でも食事を作らなくても良いので、今後も彼には是非とも出稼ぎを続けて欲しいモンだ
15.1.13 去年の11月のニュースだったか「団地の雑草を食べるヤギ」が紹介されていた
「今年も任命3匹の山羊」とかいうタイトルで
コストが掛からず、静かで、臭くなく、雨風に強い山羊、しかも20時間以上働いても文句も言わないとか・・(笑)
オマケに可愛らしい山羊を見るために散歩に出る高齢者も増えたり
地域住民の話題提供としても役に立っていると絶賛されていた
このニュースを見てほのぼのした私達だが
今日のニュースはなんかもっとほのぼのしたかも・・
「雑草駆除のヤギが行方不明」
捜査の結果、ベトナム人が「捕獲して仲間で食べてしまった」と犯行を認めた・・・と(笑)

他民族と暮らす今の複雑な社会
フランスではイスラム教徒との溝を、激しく血とペンで広げているのを憂いているというニュースの後に
日本人が癒されていた雑草駆除のヤギをベトナム人が食べちゃったってニュース
ヤギには悪いけど・・何故か笑える
15.1.10 夫がダイエットを始めたので便乗して「なるだけ炭水化物食べないダイエット」をしている
夫は意志が強い男なので既に8kgくらい落としているが
意志の弱い私は気持ち1-2kg落としたかな・・・(たぶん年末にひいた風邪のせいだ)
でもあまり食事を作らなくても良いので、今後も彼には是非ともダイエットを続けて欲しいモンだ

そんなダイエット中の私の家のガス釜が先週から画期的に美味しいくご飯が炊けるようになった
不思議だ・・・
美味しいご飯が食べたいと思って買ったガス釜なのに全然美味しくなかった
ガス釜には見切りをつけて土鍋で炊いてたりもした

既に2年も経過しているのに、先週から急に美味しく炊けるようになった
お米は代えていない・・不思議だ・・・
この地域のガスの勢いが改定されたのか?
はたまた単に水加減か(間違えて今回は線より少なめにお水を入れてしまった)
美味しいので2合炊いたご飯を一人で1日で食べ尽くしてしまった!(2回に分けたけど)
どうする「なるだけ炭水化物食べないダイエット」・・・

気がついたら写真取る前にみんな食べちゃったのでこれは仏様のご飯です(笑)  
毎朝二人で体重計に乗り記録を公開することにしたので少しは自重する(予定)
15.1.7 忙しそうな夫にはとても言えないが
新春なので池袋演芸場に足を運んでみた
池袋演芸場ってとっても収容人数が少ないトコで採算合わないでしょ・・
キット池袋の意地で区費を投入してるのか、
はたまた芸人のリハーサルの場所として使ってるのか?って所だ
だからかも知れないが有名芸人が昼の部に良く出てくる気がする

今日は三部構成だけど一部でナイツとか昇太が出演
ナイツの時なんてお客さんたぶん10人くらい・・・
前から2番目に座ってたので(最前列は誰もいない)
伏せ目がちで話すハナワさんと何度も目が合って気まずかったよ・・

今月の中席・昼の部は恭太カ・市馬・花緑・小三治師匠出演だよん
行かなきゃ〜


14.12.31-
15.1.1
テレビが無いので紅白が見られない我が家は東京の地元を徘徊
見たかった「インターステラ」をガラガラの劇場で見てから
こちらもガラガラの巣鴨のとげ抜き地蔵
たぶん初詣には大勢が来るのだろうけど晦日の23台はご覧のようにガラガラ
ガラガラなのを良いことに「身代わり観音像」のあっちもこっちも
洗いまくり擦りまくり!まるで垢擦り状態
齢半世紀も過ぎると、もうイロイロです(苦笑)

後で夫が思い出したように「あ、髪の毛忘れた!」って残念がってましたが
それ病気じゃないですから・・
とげ抜き地蔵の後は、途中でおそばを食べて大塚の天祖神社へ徘徊
じいちゃん・ばあちゃんの原宿と言われている高岩寺
悪い部分を洗うと観音菩薩様が身代わってくれるんですよ、(昔はタワシで洗ってました)
4のつく日が縁日です
14.12.28  クリスマスは湯河原の幕岩に行ってみた
しかし・・日本の岩場って何でこんなに怖いんだろう〜
初心者ルートでも超難しいし、ボルト間が遠くてグランドになることを覚悟がいる!

マナーの問題で岩場と地元との折り合いで苦労してるのは世界共通だけど
一番地元が危惧してるのは「事故を起こされたくない」ではないのかな?
事故を防ぐためのリボルティングも必要だと思うけど
「先人をレスペクトして」って事なんでしょうか?
ついでに言っちゃうと日本の岩場のトポほど酷いものはない
他所から来た人にはエリアが何処になるのかさっぱりわからない!
ルートが何メートルかは一番大事な情報なのにコレも無い!
これも改正されないのは上記と同じ理由でしょうか?

ハイハイ、5.9に時間が掛かっちゃったから、悔しくて書いてますけどね(苦笑)
開き直って
日本の10台前半が楽しめない人は海外に行こう!!!!
安全で楽しいルートが一杯あるよ!!!!

もう水仙が咲いてました!             海外の岩場にはこんな美味しい食事は無いけどね〜
14.12.21 我が家の玄関のミニ・クリスマスイルミネーション
お外には2011年から毎年増やしつつあるソーラーのイルミネーション
ソーラーだと6時間くらいで勝手に消えるので
電気消しに寒いお外に出なくて済むから便利
もちろん節電だしね〜

2011年の「節電強迫観念」は一体何処に行ったんだろうと
毎年不思議に思うこの時期・・・
14.12.20 喉が痛くなくて、鼻が詰まって無くて
普通に息して寝られることがこんなに快適だったのか〜
と、しみじみ思った朝でした
ウイルスめ・・3泊4日して出て行ったようだ!
宿泊代払え!
14.12.19 東京出張なので(笑)用意した
「うつされたくない使用マスク」
一晩で「うつしちゃいけないマスク使用マスク」に変わった!!
ウイルスのやつ・・
どの段階でどこから侵入してきたのか・・
良い気分で酔って板橋別宅に帰り
「ちょっと喉痛い?」って思ったら
そのまま24時間金縛りのようにベットから起きれなくなった!!

幸い昨日は別件で病院の予約が入っていたので
何とかベットから抜け出しタクシーで来院
点滴受けて何とかPC開けるまでに回復
今年のウイルスの素早さは侮れませんな・・・
14.12.12 新しい冷蔵庫が来た!
捨てられない(ってか・・拾ってくる)旦那を持つ我が家には常に領土問題がある。
しかし敵の首相はこの大事な日に呑気に外遊・・
こういう事は先に線を引いた者の勝ち!!
ふふっ・・・

14.12.11 帰国して直ぐに牛乳やらパンなお日常品を買いに近くのスーパーへ
しばらく街で無理矢理聞かされる音楽から離れていたので
スーパーで繰り返し流れる「クリスマスミュージック」に驚いた

と言いながらも、浮かれながらツイツイ無駄な買い物して車に戻り
シンとした車内で考えるに
これってサブリミナル効果じゃないの?
規制の対象にならないのだろうか???
買っちゃう私がいけないんだろうけど・・
14.12.10 8巻読み終わった場所は桂浜ではなくプラナンビーチ
「世界は広いぜよ」
14.12.8  タイ、半島のレストラン
南国の温度のせいなのか元々の気質なのか・・・
レストランでの注文で一つ頼んだ後にまた一つ頼むと
上書き保存されてしまい、初めの注文が消去されてしまうシステムらしい
何時も誰かのご飯が来なくてイライラさせられる〜

 14.11.30 そんなこんなでバンコクでみんなと合流してライレイへ
常宿のリゾートホテルにつけば顔見知りのスタッフが出迎えてくれた
サプライズで頼んでおいたルジュレ(ツベートの息子)のお誕生日ケーキもOK
途中で買ったビールとワインで乾杯!

全て首尾良く行ったつもりだけど
夫よ、君の息子は26才になったらしいですけど・・

ケーキには27才と書かれてます・・・
14.11.29 かなり時間が空いてしまった・・
カリムノスからアテネ・イスタンブル・アンタルヤ
そしてまたイスタンブルからバンコク経由クラビへ・・・
基本飛行機好きだけど、ちょっとゲップがでそう

そんな中うちの旦那さんにはハッピーな出来事が!
アンタルヤからイスタンブル迄の1時間あまりの飛行機
三列の真ん中に座っていた彼の隣は若くて奇麗なトルコ人女性
飛行機が飛び立つ瞬間に彼女からギュ〜ッと手を握られたとか!

聞けば飛行機が怖いらしい・・
「ゴメンナサイ!怖くて・・」と言いながらギュ〜っと
飛行中も旦那は彼女の気を紛らわせるためか下心か
ずっと写真を見せてあげてたりしていた
(横に座ってるのが妻であると彼女もわかっていた)
「着陸時も握ってくれるかな〜」とワクワク顔の夫

私も今度は興味シンシンで見ていたけど
しっかり握って来た!
ギューッと♪

夫曰く「この思い出で年内は幸せに暮らせる♪」って(笑)
14.11.12 ギリシャのカリムノスって所に来ています(クライミング)
そんな事より昨晩激しく不思議な夢をみた。
まあ途中経過は省くけど最後に何故か必死に念仏を唱えていた
声にならない声で必死に唱えていました
「南無妙法蓮華経」と・・・(うち、浄土真宗なのに・・苦笑)

目覚ましで覚醒して横に寝てる夫に聞くと
ずっと喋ってたらしい
「何を?」って聞いたら「何だか解らないけど「モゴモゴ祈ってるみたいな・・」だと
「何で起こさない?」と私
「だって何喋るか興味あったから・・」だと・・(怒)

しかし横で寝てる人が寝言で念仏唱えてたら怖いよね〜
それ考えたら笑えた!(西洋人だからまだ怖くなかったのかなぁ〜)
でも笑い事じゃないかも知れないので本日私はレスト。
そして家から一歩も出ずに昼から一人で・・ムフフ

  友人女子総勢6人で台湾旅行
純粋な観光旅行です!
屋台料理・客家料理・台湾料理を食べ
故宮博物館や九扮観光のツアーに乗っての
お任せラクラク旅行♪
初めての台湾は感激イロイロだったけど
台湾式シャンプー(これってシャンプーってよりヘッドマッサージだよ〜)
と十分や九扮の雑多感かな(もう一度行きたいとは思わないけどね)

日本統治時代に金坑で栄えた遊楽街・九扮
細かい路地と急な階段ひしめく人と物売りの熱気
嘗て此処では日本人・台湾人・そして女達が
それぞれの思惑で毎夜ドラマを作ってたんだろうな〜
「戯夢人生」と書かれた赤提灯に哀愁を感じます
 
  スロベニアのマリボル劇場主催でスロベニアの国自体が後援という縁で
生まれて初めて見たオペラ/アイーダ
(たぶん死ぬまでの最後だとも思うけど)
席も良かったし予習もしておいたので良かったのだが
残念だったのがヒーローが・・・・

オペラなんだから容姿は関係ないのかも知れないけどさぁ・・
王からも信頼されエジプトの未来を担う勇敢な若者
そして女性の憧れでもありお姫様もゾッコンというヒーロー
ステージだから顔は良いとしてももスタイルはなぁ・・
今ひとつストーリーにはいりこめなかった
下手に予習してったのが仇になったのか?(苦笑)
 
  最近の夫の自慢はコレ
生まれて初めて持つ車のオートロック
「開くんですよ〜」と何回も見せてくれ
また閉めてくれて開けてくれます(笑)
 
14.10.19  本日は地域の一斉清掃
留守が多いのででゴミ当番も班長も出来ない社会人としてNGな私達だけど
年2回のこれだけは今のトコ皆勤で頑張ってます!

そして本日は前から切りたかったお隣さんとの堺の大木を伐採。
だってこの木、葉っぱが痛いんですよ・・
痛いのでこの辺の庭仕事が出来ないし、お隣さんにも迷惑・・
その堺のお隣さんは留守だったけど、横のお隣さんが手伝えくれました

その後は横のお隣さんの堺のお隣さんも呼んで我が庭でBBQ
何回かご近所呼んで我が家でやりましたが、
こういうの楽しいです。
みんな隣なので持ち寄りも簡単だし
足りないモノがあるとフェンス越えて自分の家に戻れるし

この辺に長く住んでる方達にもこういう寄り合いは新鮮なようです
子育てを終了して家にいることが多くなった世代がメインの都市近郊住宅地
新参者で留守の多い私達主催で
一斉清掃の後の行事にしたら楽しいかな♪

大家さんは業社を頼んでくれると言ってくれましたが・・ 見通しの良くなった庭でBBQの準備
14.10.16 夏の間ジャングルとなっていた我屋の庭
落ち着いた頃には彼岸花が欲しいと前々から思っていて
いろんなショップに行ってみたけど
彼岸花って売ってないんだよね・・
お店の人も「河原に行ってとって来ちゃえば〜」なんて言うもんんだから
本気で盗掘の場所とタイミングを計っていたのだが
何故か今年、庭に1本咲いてた!
しかも「此処に欲しい」って所に1本咲いた!

不思議だ・・何故一本突然に?
彼岸花は球根だから飛んでくるわけ無いし
隣の家にも生えてないし・・
調べたら花も葉も無い時期が数年あるらしいから
キット前住んでいたいとが植えたんだろうなぁ〜
よく見たら見慣れない葉っぱも出てきて
調べたらこの葉がが彼岸花らしい
しかも7個も!

引っ越して来てから、イロイロ庭をいじっちゃったのに
良く残ってたもんだ〜
私の願いが彼岸に通じたって事はお迎えも近いのかなぁ〜
母が彼岸に旅立った年齢に近づいて来たしなぁ〜

 14.10.2 かなり前に夫からもらった「マッサージ券」
ナカナカ使わせて貰えなかったのだが、
この夏は寝られないほど肩が痛かったので数枚使う事ができた

そして以前私があげた「パン作り券」を思い出したのか・
「あれ、まだ開封しないで持ってるんだよな♪
 使おうかなぁ〜、今ダイエット中だから12月かなー」
と昨日言っていたのを聞いて密かに笑ってしまった

・・・・フフン、私のは有効期限が書いてあるんだよん♪
 14.9.27 出発前に当て逃げされたマービー(↓6月6日参)
幸いぶつけた人が名乗り出てくれたので保険で直すことができて
前より奇麗になった感じで嬉しい

ついでに頼んだ遠隔操作出来る鍵が此処の所夫の自慢だ(笑)
「レンタカー以外、生まれて初めてこんなの持ったよ〜」と
開け閉めするときに一々ニンマリしている・・
ほんと嬉しそうだ〜
14.9.25 長期の海外から帰国すると巡るコースが大体決まっている
「寿司屋」「マッサージ」「整体」「美容院」
縄張りチェック?って感じでしょうか・・

しかしここ数年はコレに加えて病院巡りが加わり
一巡するのに時間がえらく掛かるようになりやした(トホホ・・)
今回は内科2件・整形外科1件、歯医者1件
やっと帰国儀式が本日終了
14.9.19  とりあえず庭を何とかせねば・・
ってもう庭じゃ無いし、「雑草」なんて可愛いモンジャないよ「雑木」
実際オノで切って、根っこをほじくり引っこ抜きました!
たかだか3ヶ月で此処までになれるって・・
生命の力はたくましい

出発前の我が家のガーデン(左)  帰国後の野生園(右)
14.9.17  帰国しましたぁ〜思ったより暑くなく過ごしやすくて嬉しい。
今回はトルコエアだったのでイスタンブル経由
乗り継ぎが良くないので空港で6時間くらい待ちました
しかしトルコって活気があるよね〜
ここは24時間空港なので当然だろうけど0時を回ってもこんな感じ

一方7月に成田を出発したときは22:30発の成田だけど
22時に飛行機は出発(何時もそうらしい)
お店もラウンジも8時にはそそくさとお店を閉めてしまい
旅行客は追い出されていく感じ
羽田国際空港も24時間って事だけど
以前夜に飛び立ったら凄く寂しかったぞ・・・
こんな事でオリンピックのお客様を満足させられるのか??

成田の21:30(左) イスタンブルの0:00(右)
14.9.13 
14.9.16
スロヴェニア&クロアチア・クライミングツアーから帰宅
クライミングも楽しいけどね
何て言っても美味しいワインと美味しい料理
スロヴェニアでは赤ワインにあう肉やチーズ料理
クロアチアでは白ワインと魚介類
旅の終わりには世界で一番古いワインの樹と言われてる樹を見に
スロヴェニアのマリボルまで寄っちゃったよ
参加のお客さんはお酒が飲めないのに、
夫と私と二人で毎日ワンボトルくらいは飲んでました〜

帰国を控え預け荷物の重さを確認するためには
自分の体重をまず計ってから荷物を持って体重計に乗るのだが
二人とも現実を突きつけられてガッカリ・・
帰国したら摂生するぞ〜!!

世界最古のワインの樹(樹齢400年)        今回のツアー中に私が買ったワイン! 
14.9.1 肩が痛いのでイケメンガイドからのクライミングのお誘いを夫に譲り
セッセと一人でキノコ取り
このギャンブル&重量感がたまりませぬな
本日の収穫は2時間で6個!
すっかりゴベラー(ゴベはスロヴェニアでキノコ)
14.8.27 夫の母・レスカお義母さん
9年前に最愛の夫を亡くし悲しみに暮れていたが
ここ数年は年上のボーイフレンドがいる
誕生日にはこんな素敵な手作り花鉢置きをプレゼントされ(彼が作った)
昨日は朝早くに「取れたから」とカゴ一杯のキノコをプレゼントされていた
そんな幸せな78才の女性って、ヨーロッパでも希だと思う
14.8.26  天気が悪いスロヴェニア、まるで梅雨のようだ。
しかも寒い・・
岩場も濡れていて登れないんだけど、晴れると頭に浮かぶのは「きのこ」
そう「きのこ取り」はスロヴェニアの大好きなリクリエーション

「ユルチケ」ていう物語に出てくるようなキノコを取るのが醍醐味!
木の根っこに単体でニョキっと頭をもたげていて掘り出すと手のひらにずっしり重い
この感触がくせになって夢にまで出てくる
「雨の次の日」とか「気温が高くなった次の日」とかとか「新月の前」とか
「週末迄に行かないと街の奴らに取られる」とか
色々な経験と憶測と欲望で腰が浮いてしまう・・
そう、まるでギャンブル
パチンコ屋に通うように人々は山に入って行く!

欲深い私達は5時起きして山に行っちゃったよ
もう既に家はキノコだらけなのに・・(笑)
 14.8.22 100年生きてる夫の叔父にも驚いたが
100以上前の手回しミシンを使ってハングラーダーの自家用ハーネスを作ってる
友人ビネにはもっと驚いた!
家に遊びに行ったけど・・
相変わらず、家なのか物置なのか、はたまた研究室なのか・・(苦笑)
14.8.20 BIGマウンテンのフランスやイタリアから帰国して
領収書と請求書BIGマウンテンに埋もれて数日・・・
(っても・まだ夫の実家のスロヴェニアだけどね)

その合間を縫って怒濤のオビスク(訪問)
写真は今年100才を迎えた夫の父のお兄さん(夫の叔父)
100才だけど良くしゃべるし食べるし!耳も目も良い
しかもお腹も出て無くてスクワット50回が日課とか!

夫の父方は有名な頑固一徹、日本でいうと明治気質なのかな
(実際の明治の人を知らないから良く知らないけどね)
それでもってみんな長生き・・
夫の父は80才くらいで無くなったけど、死因は交通事故
その他はみんな90越えしているそうな・・

私の家族は短命なので、私は既に断捨離モードに突入しているのに
横の我が夫はやっと人生折り返し地点気分らしい・・
どうぞ長生きしてくださいまし


長寿&頑固家系ポドロガル家/ 左から夫・叔父・弟
14.8.3  所変わって、シャモニ(フランス)です
夫は出稼ぎにタリアに出かけたのですが
私はイケメン若手ガイドとキャンプ場に残りました

夕飯も作ってくれてお片付けもしてくれます
モット若かったらドキドキも出来ただろうに・・・
同じドキドキでも気詰まりの方が勝ってしまう年齢になりましt(苦笑)

この写真ではイケメン加減が伝わらず残念です
14.7.29 帰国して5日くらいでまたヨーロッパへ
短い帰国の中で食べたいものは食べたしほぼ満足
(食べ物が優先順位TOPなのか?私は・・)

しかし今回一番驚いたのが
板橋駅〜新橋間のJR運賃が310円だって事
あまりの高さに何かの間違えかと思い駅員に聞いちゃいましたよ
「これって往復割引きか何かですか?」と・・(笑)
(今回直ぐヨーロッパに行くのでスイカは持っていなかった)
聞けば池袋=新橋は山手線特割で210円
でも山手線から駅一つ離れた板橋駅は同じJRでも100円プラスだそうな
へぇ〜今までスイカで通ってたからそんなこと知らなかった〜
過去数年私は騙されていたわけだ!
ウソウソ、けして騙されていたわけではありません
知らなかっただけ・・(苦笑)

以前とある先達の方が「スイカやパスモを使うとバカになる」からね
と言い、きっぷを購入するのを待たされて
「はぁ〜???」と思っていた私だが
確かに・・と思った瞬間でした
14.7.27   「夫が帰るまで見なかった事にしておこう」と思った我が愛すべき庭
でもちょっとだけ見てしまいました・・
恐ろしや・・
14.7.26 蒸し暑〜い日本に一時帰国
お外に出ると溶けそうなので極力引きこもってます。ハイ
昨日はNHKオンデマンドで「特選ライブラリー」を購入し
「アンと花子」を一気見・・(苦笑)

しかし・・醍醐さんって女性は女学生時代からず〜っと
積極的に婚活を続けていて
浮いた話は昔の見合い以外無いのかね?

幼い頃から花子の事を何時も一番に応援してるのに
花子からも何故か一目おかれてないみたいだし
花子の恋愛よりも白蓮の恋愛よりも
彼女の方が心配な老婆心な私です
どっか見逃してる???
14.7.22 今日でこの夏の他社添乗のお仕事は終了〜
全て天気に恵まれて良いツアーとなりましたが
ブルガリアの300円位のビールからスタートしたけど
最後のノルウエーではほぼ禁酒?(苦笑)
本日は一人ホテルでお疲れ会!
この部屋のみセットで2700円くらいかな・・
14.7.14 勢いに乗じて今日も書いちゃおっ〜と
昨日はサッカーワールドカップ決勝
二人とも球技が苦手だけど、決勝と言うこともあり
話題に乗り遅れないためにも・・と
夫と二人でBLED湖近くのレストランのテレビで前半観戦
後半は家に帰って観戦
何となくアルゼンチンを応援して、それなりに熱くなっていたのだが・・・

ドイツが一点入れるまで白ユニホームがアルゼンチンだと思ってたよ!
「あれ?青がアルゼンチンだったの?」って拍子抜け・・
・・・いい加減だなぁ〜私達(苦笑)
ってか、君はスロヴェニア語で聞いてたんだよね???

今夜はコペンハーゲン
14.7.13  スロヴェニアの実家に4-5年前に植えた日本の柿の木
去年やっと4つなったけど
4っとも赤くもならないうちに鳥に食べられてしまった
今年はなんと30個以上もなっている!!
赤くなるまで食べらないですむのかなぁ〜
14.7.13 本日は選挙らしく
お義母さんと夫は出かけていった

昨日私が「初の女性首相はダメだったんだね〜」って言ったら
夫曰く「スロヴェニアの首相はずっと男です」と
「でもFB情報ではこの間まで女性だったらしいよ」と私 
「そんなこと無い!絶対無い!」と息巻いてお義母さんに確認しに行った夫だが
80近い義母に「アンタは知識がなさ過ぎる」
と叱られて帰って来た(それ見ろ)

そんな人が「忙しいのに全く・・」って、ぼやきながら
1票投じに行くべきなのだろうか・・実際
14.7.12 実家があるBLED(スロヴェニア)の毎年恒例10kmマラソン
夜10時から湖の周りを1周半するマラソンです
なんと参加者は2200人(エントリーは2400人)!!
1位が31分くらいでゴールしたので周回遅れが一杯
ってかスタート時点でかなり差があるよね・・

まぁイベントだから参加することに意義あるって事で
その後はみんな2時迄コンサートやってどんちゃん騒ぎ
お義母さんも12時迄帰ってこなかったよ・・

14.7.11 毎年苦笑もんだが・・スロヴェニアの銀行
2000EUR(28万円)引き出すのがやっと・・
セキュリティーとかそんなんじゃ無くて銀行にお金が無いらしい
2000EUR以上おろしたいときには前日に予約が必要です
ATMで引き出せるお金も1日200eurくらい
子供銀行??

でも1年定期が2.5%くらいなんだよね〜
ってか、
そんな金の無い銀行に定期作って良いのか?ってことだよね(笑)

レスカ(お義母さん)の作ってくれた
カッテージチーズのシュテゥドゥードル
(生地に具を巻き込んで布で巻いて茹でたモノ)
14.7.10  かなり時間が空いてしまいました・・
独り言呟く暇さえ無かったこの数週間・・
ブルガリアからフランスに入り、シャモニーでモンブラン見て
ツエルマットでマッターホルン、グリンデルワルトでアイガー
そしてスロヴェニアにやっと到着しました。
雪が多いけど花はどこもとても奇麗
雪解けの花と夏花が一気に咲いてる感じです

この時期になるとやっと花の名前を少し思い出す私
「スミマセン!この花、何ですか?」という度重なる質問に
科目だけで済まそうとするのだが・・納得してくれそうもない
小さい花辞典をめくって
「え〜っと・・アコニティフォリウス・キンポウゲですね」
って言っても結局「キンポウゲね」で終わり
「これは〜?」と聞かれて
「リリアストルム・パラディセアですね」と答えても
「難しいからイイや・・」と、こんな具合
同じ花を何回も聞いてくるので私も覚えられて結構な事だけどね

きっと花たちはいろんな国のいろんな名前で呼ばれてるんだろうな〜
夫みたいに(外国人だから)
「そっれはですね〜コウザンショクブツです」と言い切れてしまえたら良いのになぁ〜(笑)

私のお気に入りの花「カマエヤスメ・トチナイソウ」
14.6.16 あ〜〜〜忙しい!って感じの渡欧前
今年は特に慌ただしい・・・

でも最後に落としてから行きたかったルート(クライミング)を
助けてくれる友人がいて
泊めさせて貰った上に
次週が誕生日だけどケーキを買って祝ってくる仲間がいて
明日東京に行くのに池袋に車をとめさせてくれる幼なじみがいて
「忙しそうね・・」と
差し入れを持ってきてくれ
さらにリムジンバス乗り場まで送ってくれる隣人がいて

キット私の前世は
ものすごく徳のあった人だったんだろうなぁ〜
前世の私に感謝
↑えっ!そこ?

Mファミリーが用意してくれたケーキ♪
14.6.13 予約やら、問い合わせやらで
あっちやこっちゃ電話を掛けるのだが
大概において電話口でかな〜り待たされる・・ 

ヨーロッパ出発前の駆け込みで
一杯の異なる仕事を平行して進ませてる私は
時間が勿体ないのでスピーカーホンにして
パソコンで他の仕事を始めてしまう

電話が繋がって「お客様、本日はどの様な?」
と聞かれても、どの用だったか忘れてしまっていて
「えーっとですね・・・、あの〜」っと
電話口でシドロモドロな最近の私

そして子機のバッテリーが底をついてしまいアウト(涙)

何カ国+日本が頭の中でグルグルしてます
14.6.6 明日から夫がヨーロッパへ出発という超忙しい日に
近くに借りている駐車場にバッテリーを彼が外しに行ったら
バンパーがベッコリ〜
ぶつけられて1mくらい移動した勢いで前の家のフェンスもベッコリ〜

誰もいないらしいので当て逃げって事で
現場の夫に代わって私が警察に電話
(なんで何時も私がやるのか解らないけど・・)

幸い加害者から1時間後に連絡があったのだが
相手は小さい乗用車・・
本人は(優しそうなおばあさん)痛く恐縮して縮こまってたけど怪我はナシ
しかし・・駐車場でサイドブレーキ掛けてるジープタイプの車を
あんなに動かすだけの勢いでぶつかるって・・
おばあさん、一体何してたの〜(苦笑)


しかし・・相手が出てきてくれて良かった!
怪我も無くて良かった
14.6.4  お互い忙しいのだがナカナカ掴まらない夫の首根っこをつかまえて
やっとのことドコモショップへ
ず〜っと私が願ってた「契約を別個にする」手続き
(夫はもう社員じゃ無いんだから私が払う必要は無いのだ)

ドコモのカウンターでスタッフの前に二人で並んで座り
「契約を別にしたいんです」と経緯を説明する妻の私
何となく渋ってる夫を気遣いながらスタッフが
「これでよろしいですか・・?」と
しぶしぶ夫が判を押す(実際はハンコじゃないけど)
さっぱりした風で書類を持って帰る妻

離婚手続きで役所に来るときはこんな感じ?
と、ドコモの明るいカウンターで思ったのでした(笑)
14.6.1 春先から手塩に手入れしてたお庭だが、今は既に蚊の館
ちょっと出ると2-3匹が寄ってくるよ・・

看護士さんが(↓参)失敗しまくった私の腕でも
彼らなら簡単に血を採れるらしい
あんなにか弱い針で良く採血できるものだ!
都立病院の看護師さん達も見習って欲しい
 14.5.27 ココの病院は来院してから下剤を飲むのでした
お尻に穴の開いた病院服を着たおじさんおばさん達が
説明を聞いた後一斉に2gの下剤を紙コップに入れながら黙々と飲み始めるのです
もちろん手酌です
つぎあったら盛り上がるのにね(笑)

そして一人一人とトイレに行き4-5回行くと看護士さんに見せて
許可を貰うと早い者勝ちで検査が受けられるシステムした
ナカナカ下剤が飲めなかったり、
お腹が奇麗になからなかったりすると取り残されるのです〜

目的に向かって黙々とプラスティック容器の2gの液体を注ぐ姿は
何だか異様な光景でした。
お尻に穴の開いた病院服だし・・

みんなに抜かされて落ちこぼれな状態だったけど
やっと私の番!
しかし日曜にクライミング頑張っちゃったので腕がパンパン!
↓検査の時に必要な点滴針挿入が右腕も左腕にも失敗されました・・
「先生入りません」と看護士の訴えに「肩に注射しちゃえばいいや」って事で
ブスッと入れられました!痛い・・
14.5.26 明日は大腸の検査なので今日はその準備
病院から貰った説明文では
「検査前日は指定の3食セットを説明通り食べてくださ」とある
って事は普通の食事以外にこの3食セットを食べれば良いのかな?

・・ってなわけ無いよな・・
あぁぁぁ・・ひもじい
14.5.23 大飯原発運転再開差し止め裁判の判決がラジオで流れたときには
久々にウルウルした。
多くの人が思っていたし言っていたことが「法」の場でハッキリと告げられたこと
現代の「法律」だってってこうなんだよなぁ〜
大岡越前の世界だけじゃないんだよなぁ〜と
樋口英明裁判長,素晴らしい判決でした!

ちょっとだけ間を割愛しましたが
原文全文ははこちらで見られます
「当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と
電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、
その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。
豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、
これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている」
 14.5.15 スロベニア人の母とインド人を父に持ち日本で育ったS氏に誘われて
彼のイベントがある池袋のパブにスロベニア人と結婚したマレーシア人のC氏と行った
S氏とコントパフォーマンスをしている外国人(で良いのか?)の二人も
MIXの様だし、テーブルで一緒になった女性達も
両親は日本人だけどアメリカで育ったとか
韓国と日本人のMIXでマレーシアで育ったとか・・

夫婦が自分たちの都合で外国で暮らすのとは違って
子供達は選択肢の無いまま異国人として始めるんだよね・・
何処に祖国があるのか解らないから
もはや異国人や外国人という考えも当てはまらない
前出のS氏に「アイデンティティとはどう折り合いをつけるの?」と聞いたところ
「イロイロ悩んだけど、今は地球人で落ち着いた」とのこと

そうか〜地球人
哀愁を感じさせるけど本当にグローバルな響きだね
14.5.7 100均で買ったティーサーバー
壊れてしまったので同様のものを探すのに苦労したが発見!
このティーサーバーは優れもの!
美味しいティーラテが簡単にしかも手間いらずで作れますよ!
(もちろんカフェラテも)
是非お試しあれ

1,マグカップに3cmくらいミルクを入れてレンジで暖める(あまり熱くしない)
2,ティーサーバーの押す部分をマグカップに入れてUP&ダウン
  →するとマグの中で絹のようなアワアワが出来ます
3,放置すると洗いにくくなるので直ぐにティーサーバーの押す部分は洗う
4,普通にティーサーバーとして紅茶をつくってマグカップに注ぐ

写真でクリ-ミーなアワが見せられなくて残念
14.5.1 ラジオを聞いていると「振り込み詐欺防止強化」を何度も聞く
確かに膨大な被害額。
「手口を紹介」したり」「振り込む前に確認を」をと、何度もその凝り返し
挙げ句の果てには「電話帳掲載の名前を変える自治体」まで出現!

知り合いのおば様と、このことに関して話していたとき
彼女が「騙される方がどうかしてる」というので
私が「えぇっ、でも身内の一大事だととにかく焦っちゃいますよ〜」と
でも彼女曰く「だってそれって不祥事をもみ消そうとしてる事でしょ」と

あ、目から鱗でした。
そうですよね〜、基本的に間違ってますよね・・
大体が「オタクの息子が横領した」とか「妊娠させた」とか「交通事故」とか
そういう事を起こした加害者の息子をお母さんがお金で解決してあげようとして起こる被害

だから振り込み詐欺防止キャンペーンなら
「おかぁさん、大人になった息子の不祥事は自己責任で解決させなさい」とか
「お金で不祥事をごまかそうとするのは子供のためになりません」とか
そういうキャンペーンにすればいいんだよね〜
もしくは若い人向けに
「おかぁさんが詐欺に遭わないために定期的に電話をしよう!」ってのも良いね
14.4.28  気になっていた地元の居酒屋にカウンターデビューしてみた!
いつか見た映画で「死ぬまでにしたい10の事」 というのがあるのだが
私なりの10の中の一つに
「地元に一人でも行ける飲み屋をつくる」があるのだ・・
あとの9のハードルは高いのだが、これはかなり低い方の一つ
とは言っても女性一人でカウンターに座るのは勇気がいるよ!

いいお客と店に恵まれたか快調にデビュー!
1/10達成できるかなぁ・・
 14.4.26 ちょっと繁殖しすぎの木香薔薇
でも豪華でしょ?
来年はゾウの形を目指して切り込んでみよう~
14.4.24 別に教養があるわけでは無いのだが
チケットが少し安く買えるのでまた上野に美術鑑賞
はい、今回は調べてから行きましたよ
高齢者無料特別DAYではありません(苦笑)

「雲龍」(だったかな・・)
今期は8枚揃っての展示。大迫力で良かったです

でも全体を見たいと思っても人の頭が入っちゃうんだよね・・
大きな絵画なのに、なんであんなに張り付いてみるんだろう?
中には紙や絵の具をみたい専門家もいるだろうけど
そんなに大勢が専門家って理由じゃあるまいし
何時も詰め合っているのが好きなのかなぁ・・と
14.4.22  気になっていたお店で、プチ贅沢風ランチを一人でとってみた
小さなフランス料理屋さんだし時間がずれているので
私の他のお客さんは私と同年代らしき女性5人
狭い店内なので聞くとも無しに会話が耳に入る・・

メイン二品の間は子供の就職や大学の話しオンリー
他の事を話すにしても子供を通しての話となる
デザートが出された頃からはテレビ番組の話
同世代の女性でも子供もテレビもない女には
見事についていけない世界だ
一抹の寂しさ・・
 14.4.15 この時期限定の庭いじり!
毎日庭に出てはご満悦

福寿草から始まりクロッカス、水仙、ジンチョウゲ
広がってきた芝桜そしてチューリップ!
ガーベラも何となく今年も頑張って花をつけている!!
この先は木香薔薇が咲いて紫陽花とバラかな・・・
でももうその頃には蚊が出始めるので外に行くのもおっくうになり
加えて暑くなるし雑草が伸び始めて手に負えなくなるので見たくも無い庭に・・・
そして夏は2-3ヶ月ヨーロッパに移住するので放置状態!

それでもこうやって毎年春には顔をだしてくれる愛おしい花たち
球根や宿根、可愛い花をつける木など
「手間いらずの庭」「自立した草花の庭」を目指して試行錯誤中
詳しい方教えてくだされ〜



この時期は晴れてれば朝ご飯も昼ご飯もお外で
14.3.18  新橋の用事を済ませてランチをして
上野へ「世紀の日本画」を観賞に行った

しかし新橋駅前という所は男%が大きい所で驚いた
特にランチタイムというか昼飯時間だからか
おっさんが至るところにひしめき合っていた
日常生活でみかけるのは女性が多いせいか
「こんな所に男達は存在してたんだ〜!」と愕然

その後入った美術館は何と爺さん婆さんでひしめき合っていた!
聞けば「毎月第3水曜、65才以上は無料なんです」だと・・
帰ろうかと思ったけど、今日を逃すとチャンスがないので仕方ない
入館に30分も待ちました・・
見渡せば周りは全員年齢を証明できるものを持っている
チケット持ってる人なんて間合いの悪かった私を含む数人だけさ〜

しかし・・無料は無いだろう・・
せめて「半額」とか?
いや、休館日同様、前もってチケットに案内出来ないのか?
せめてチケット買った人は
列に並ばなくても入れるとか出来ないんだろうか?
チャンと買ったのにぃ・・無料の長蛇の列に並ぶなんて!
新橋で働いてる男達は(女達も)税金を払い、年金を支えてるけど
お金払っても美術館行けるような余裕は無いんだぞ!
(私の勝手な妄想です)

ぶつぶつぶつ・・・
並ぶ列の後ろから押され、前に割り込まれ
美術鑑賞の優雅な一時のつもりが
苛立つ自分の心の狭さで、さもしい時間になりました(トホホッ・・)



 14.3.12 春めいてきてるからなのか
まだ寒いのか
単にぐうたらなだけなのか・・

もう少し寝たいなぁ〜と目覚まし時計をチラッと見て
二度寝に収まらず・・三度寝、四度・・と
気持ちの良い空間を行ったり来たりと彷徨う極楽。
「起きなければ・・・」と思いつつ
目を開ける毎に少しずつ針を動かしてる枕元のアナログ時計を睨むのだが
まるで「だるまさんごっこ」してるみたいだよね
だ・る・ま・さ・ん・こ・ろ・ん・だ!
って、目を開けると少しずつ前進してる・・
何時そんなにおまえは進んだんだぁ〜!?

14.3.11 あれから3年経つけど・・
東北のことは頭から離れず、かといって何をするわけでも無く
追悼番組が多いここ数日、
未だ継続的に支援を続けてる人の話に頭が下がる。
せいぜい私がやってることといえば
あの時知り合った現地の人の仮設住宅に届くよう
世界の色々な所からハガキを送るだけ・・

でもこういうキッカケであの時の事を思い出すと
どうしようも無いやるせない気持ちに「心が震えた」感じが甦ってくる
携帯の地震速報の音
NHK男性アナウンサーがニュースを読みながら嗚咽してしまった声
毎夜イヤホンを耳に入れて現地の状況を聞きながら涙が流れた
寒かったしなぁ・・
避難所の体育館にNHKが流した「アンパンマン」の歌詞にも涙した
「ここは日本なんだよ、何でまだ助けられないの?」と何度も思った
多くの人達が利権や利益、自分の危険を度外視して働いていた
そんな姿を見聞きして「日本の底力」を感じた
私は少しでも何か出来ることが見つかるまで心の平安が保てなかった

この独り言で書いたあの時の事を読んであの時を思い出す今日だけど
でもこれって、「過去」じゃないんだよね・・
まだものすごい人が仮設に住んでるし、家族がバラバラに暮らしている
放射能の影響だってこの先どうなるか解ったモンジャない・・
私自身にも「明日」来るかも知れない震災
何時も「想像力」を持って敏感な人でいたいな
14.3.8 随分間が開いてしまったが・・
北海道からもどって九州に出かけて・・怒濤の移動
「移動好き」にはたまりませんな・・(笑)
九州では山岳ガイド協会主催の「ファーストエイド講習」を受け
せっかく九州なのでもちろんたんまり一人で観光。

長崎の夜景を見ながらしんみりと・・
一人旅が楽しくて寂しくないのは待っててくれる人や
お土産を買える人がいるからだなぁ〜と
思ったしだいでした
多分待ってる・・キット待ってる・・待ってないかも??(苦笑)


グルグル巻きにされて搬送される私              太宰府天満宮にも行ったよ〜、観光、観光
14.2.4 遅ればせながら「ゼログラビティー」を観てきた
終わってから夫と話していて気がついなのだが、原題は「グラビティ」だったらしい
なんだそうだったのか〜と後になって感動

しかし迷惑な邦題だなぁ・・誰のアイデアで頭に「ゼロ」が付いたんだろう・・
「ゼログラビティー」というタイトルで前知識のなかった私は
「無重力」=「宇宙ファンタジースペクタクル」みたいな気持ちで行ったので
何故か今ひとつピンと来ないまま終了して
「良かったね・・生還できて」チャンチャン、って感じでした。

「グラビティ」という題なら、もっと観念的で
彼女が徐々にに引き寄せられていく課程や
幼い娘を亡くしてから拠り所のない時を過ごしていた彼女の迷いが無くなって
「生きる」という単純な力に吸い寄せられていく感じが共感できるし
最後に大地に立ったときにモット感動できたのになぁ〜

原作者はこの邦題の付け方にクレームを入れないのだろうか?
14.2.2 「妻の教育」という言葉を未だ言う人がいたりして嫌悪感を持っていたけど
先日、年達者夫人達が「夫は育てるのよ〜」と言っていて面白かった

同じような事なんだろうけど
教育されるのは、される側が辛そうだし反発しかねないけど
育てるのは、育てる側がに忍耐が必要で「愛」が感じられるよね
女の方が一枚上手だな(笑)
14.1.31 ↓「原発」以外の話しも出てきたので(未だそれのみに固執してる人もいるけどね)
期日前投票に行ってきましたよ
「都民」ですから・・
2月は都知事選やソチ五輪とテレビが恋しいなぁ・・
北海道で見てやるぞ〜
14.1.15 元自民党の総理がタックルくんで都知事選に参戦
死ぬ前にもう一花咲かせたいのか
「脱原発」を御輿に乗っけて練り歩くらしい

私は「脱原発派」だけどこのアプローチは如何かと・・
大体東京は電力巨大消費者の集まりだけど原発そのもは無いわけだし
原発問題は基本「国政」なのにそれだけを争点に決めて良いんだろうか?
どうせなら「東京五輪は自然エネルギーを使う」とかいう公約にして欲しかったな

にしても対抗馬がダークサイド的だもんなぁ・・

あ、鶴ヶ島に居住もしてるけど「都民」です!
14.1.10 お出かけの時、最後は駅まで何時も「分勝負」
トイレの時、ドア閉めたあとは何故か「秒勝負」
もっと計画性をもった時間配分をと・・
年頭に思う
14.1.9 スロベニアのビールが日本でも買えるというので
早速大使館に紹介して貰い4ケースも購入!
ちょっと小さいけど瓶ビールだ!
「痛風」らしい夫(病院に行ってない)には拷問??

14.1.5 結局正月三が日は予定通りおこたでゴロゴロしてみた!
テレビが無いのでNHKのオンデマンドで
今更ながら「あまちゃん」を視聴破してやったぜ・・
160近くあるのでかなり端折ったので
短期間に目標がコロコロ代わる主人公に疑問を感じたが
前半が面白かった

あまり見てないから語れないけど
何で朝ドラの主人公は結果的に上京するんだろうねぇ?
最後まで地方を舞台に活躍すれば良いのになぁ・
と、不思議に思った正月でした
 14.1.1 年をまたいで近くの神社に初詣に出かけてみてその人の多さに驚いた
こんな住宅地の神社にまで・・
老若男女しかもヤンキーみたいなお兄ちゃんもいっぱい
夜中まで我慢して起きて出かけていった私が言うことでは無いけど
日本って面白い国だよなぁ・・と改めて思った

他国に比べると政治的イデオロギーも少ないし
生活への不満的要素も少ないし
大体、顕著な宗教活動も無いのに
この寒い冬の真夜中に大勢の人間がモソモソ移動して
神仏を拝みにはせ参じる
その数って・・スゴイでしょ?
客観的にみたら結構凄い「現象」だと思う・・
13.12.30 働き者の妻を応援してくれる
洗濯機の神様、ありがとう〜(フフッ)
 
13.12.29 今年のクリスマス&NEWYEARカードが皆さんの所に届いたらしく
ナカナカの評判を貰っている。(ヘヘッ)

今年の11月28日が私達の結婚20年の記念日だったのだが
意外と私は行事には執着するが記念日には執着しないタイプ
夫は「どうする?どうする?」と騒ぐ割には何も計画しないタイプ
でも「どうする?」と問われれば計画してしまうのが私だ

期間限定サービス特価の写真館を探し、夫の首根っこつかまえて
貸衣装を着せ、10月に記念写真を撮りに行った
写真館としてはなるべくいろんなポーズをを撮らせて
奇麗に見える写真を撮って、一枚でも余計に買わせようと目論んでるらしいのだが
私のアイデアは既に決まっていたので、カメラマンには悪いが
彼女の裁量でとった50枚以上の写真はほこら入り・・

私の衣装は20年前の私達の結婚式で着たもので
生地は亡き母が「いずれ・・」と思いインドで購入してきた生地
それを母の友人がドレスに仕立ててくれた思い出深いもの
(結婚式当時に既に私の母は亡くなってました)
胸板がかなり大きくなっているせいか、背中は結構パツパツデしたけどね
何とか着れましたぜ♪


13.12.25 今年のクリスマスプレゼントは何が良い?と聞いたら
「作ったパンが食べたいなぁ・・」と言うので
「手作りパンクーポン券」をプレゼントすることにした
夫とはちがって私はしっかりしてるので(エヘン)
有効期限を入れることも忘れなかったよ♪

5年くらい前に夫から貰った有効期限無しの「マッサージ券」はまだ大量に残ってるので
彼が「手作りパン券」を出したら差し違いで「マッサージ券」を出してやろうという魂胆だ
へっヘっヘっ♪

13.12.20  日暮里って駅は何でこんなに複雑なんだろうか?
散々改装を重ねて便利になってるはずだけど
登ると出られなくなる階段があったり、北改札は北に無く、
「北改札に行くには9-10番線ホームに一度降りてから西日暮里側へ行き階段を上る」
此処は迷路ですか??

日暮里日本の国際空港・成田を使う人達にとってはメインゲートの一つ
言わば日本の玄関口だ。
比較的成田に行く機会が多いので良くこのルートを使う私だが
毎回京成線の改札の通り方で
「スイカ・パスモ」が先なのか切符が先なのか解らず引っかかり
ホームもメインから外れると難しい
こんなに複雑で英語の表記も少なくて、
外国の人は解るのだろうか?と
自分の理解能力の低さを棚に上げて、外国人の事が心配になってしまう

空港へ行くスカイライナーを使う人が朝早くからいっぱい居るのに
構内のコーヒーショップやパン屋は開いていない
そもそも隣に「西日暮里」という駅があること自体が、私の中で混乱を招いてる

・・此処まで言うと
もはやオバサンの身勝手でしか無いような気がするが・・(苦笑)
13.12.11 暑いタイから寒い日本に帰国しました
埃まみれの愛車・ミラジーノを洗車しに早速ガソリンスタンドに行ったが
どうも要領が悪そうで弱腰な高齢のおじさんが洗車機を廻してくれた

その後拭き上げを自分でして、車内の小さな(手のひらくらい)ゴミを捨てようと事務所近迄行ったが
缶は捨てられるものの、ゴミは捨てられそうにないのでそのまま車に引き返した。
するとその高齢のおじさんがわざわざ事務所から出てきて、車まで追いかけてきて
「ゴミですか?受け取りましょうか?」と弱気ながらも声をかけてくれて驚いた
「家で捨てるから良いです、ご親切にありがとうございます」と立ち去ったが

この「心配り精神」は一体どこから来てるのだろう?と考えさせられた
もちろん商魂の上にある気づかいが旺盛な国はあるけど
一スタッフが此処まで客に心を配るのは他の国ではあまり例が無い

アジアの先進国、タイの人はみんな働き者だけど
なかなかお客さんの方を見てくれずボ〜っと立ってるし
ヨーロッパなんてこっち見てても来てくれないし時が多い
日本は農耕文化が基礎だからなのか島国という地理的問題だからなのか
はたまた三波春夫のせいなのか???

しばらく経つと普通に感じるようになってしまう事だけど
帰国したばかりだとこういう事がとても新鮮で不思議に思えてならない
13.12.9 私達の憧れ!知る人ぞ知るご夫婦
子供や孫を日本に残し
クライミングしながら世界中で素敵な時間を過ごしている二人です
我らもこの11月で結婚20年、
何時までも中の良い二人にあやかりたい・・


注:このスクーターで世界中を渡り歩いてるわけじゃないです(笑)
 13.12.4 急に手首が痛くなった夫
普段は痛みに強い彼が「痛くて泣きそうです・・」と弱音を吐いた
骨折?ねんざ?ばい菌が入った?

今日イロイロみんなで考えた末、「痛風」ではないかと・・
そういえばギリシャでは右親指の付け根が痛いと言っていたし・・
調べてみると症状はドンピシャ、知り合ったクライマーからも(医者らしい)
Goutだね、そこの薬屋に行ってコレを貰うと良いよ」と薬を教えて貰った

妻としては「生活習慣、特に飲食物の管理が大事」と早速チェック
とにかくビールはNGらしい事を告げると
「もう生きていけない・・」とさらに弱音を吐いていた



チャンマイで画いて貰った絵は何かの暗示だったのか・・・
13.11.26 ギリシャからタイのチャンマイに移動した
ヨーロッパの後進国ギリシャ
みんなとても働き者だけど、歴史的にも常に強国に振り回されている国
ってか、現在の国として機能したのも浅い歴史しか無い
代わってアジアの先進国タイ
世界でも珍しく強国の植民地になっていないアジアの国の一つ

いずれも活気があるし、人も良いし好きな国だが
タイは来る度に奇麗になっていて、今後の可能性を多く含んでる国。
高速だって5車線、飛行場からの公共交通やサインも外国人には分かり易いので
アジアでオリンピックやるなら、いっそこっちの方がスムーズでは?と思えるくらいだ

「国」ってのは不思議なものだ
私達は長い歴史の中で日本国であるからあまり感じ無いのかも知れないが
人の一生くらいのスパンの中で出来たり消滅したりする
そこで暮らしていた人達の権利は、たちまち剥奪されて追い出されたりする

アテネでは多くのジプシーをみた
(コソボ、アルバニア、トルコ東部の紛争地域かららしい)
路上で花を売ってたりおもちゃを売ってたり、雨が降るを売っている
不思議と物乞いはいなかった
みんな懸命に命を繋いでいる・・・
もしかしたらあの路上でものを売ってるのは
ジプシーの中でも恵まれている方なのかもしれない

何度かパスポートを表示するイミグレーションを通過する移動中に思った
地球に生きている人達の何%がパスポートを取得することが出来
こんな風に簡単に移動することができるのだろうか・・
オリンピックだって、「世界」「世界」って感じだけど
この地球上で、でたまたま恵まれた少数民族(私達含む)の
その一部だけが楽しむことが出来るイベントなんだろうなぁ・・


この間まで見ていた宿の風景とチャンマイの安宿からの風景
13.11.20  カリムノスにお客さんがクライミングに来てくれて、
何だかイソイソ、ワクワク
昔保養所で働いていたときのように朝早く起きて
朝食を作ったりランチのサンドイッチを作ったり・・

こういう場面で夫のエンジンがかかるとき口ずさむのは
「鬼のパンツ」
何故???


13.11.9 旅行をにてみると改めて自分のパートナーが見えて面白い

シャワーの温度や収納を気にする私とは違って
夫は対面を気にするのか面倒くさいのか、大体において
「YES」なので許容量の広い男なのだが
こと寝ることに関してはとてもウルサイ!

日本では別の部屋に寝ているのであまり気がつかないが
どんなところでもグーグー寝ている私とは違ってかなり神経質。
蚊がいて眠れなくて夜中に起き出して仕切り直すこと幾たび
「寒い」とか「暑い」とか「明るい」とか・・
「オレのスペースが無い」とか「ボートや車がウルサイ」とか
10時間コースで眠る彼にとって睡眠が大切な時間なのは解るけど
(ちなみに私は6-7時間でOK)

ここカリムノスで決めた新しい宿に関しても
「海が近いのは良いけれど波の音がうるさいのでは?」と・・
波の音まで心配してるのには笑えた


ウルサイわりには寝てる間に何されても気がつかないらしい・・フフッ
13.11.7  ギリシャのカリムノスと言う島にクライミングに来ています
此処はタイのプラナンと並ぶクライミング天国!
元々はイタリア人がクライミングを開拓したのがキッカケで
石灰岩質でギリシャ遺跡もなく海綿(スポンジ)しか産業がなかったこの地の人々は
コレに目をつけて諸ヨーロッパ人をバックアップして開拓を続け今日に至ったらしい
この島を訪れお金を落とすほとんどがクライマーという所なので
みんなクライマーにはとても親切

そして猫にとっても天国なのか・・
借りたアパートメントの周りへ猫だらけ
昨晩は開けていた窓から部屋にちゃっかり侵入した強気な猫は
部屋の隅の椅子の上やベットの上で寝てました・・(苦笑)


借りてるアパートメントの前で何時も待ってる猫たち。 どこもかしこも壁だらけ
13.11.5 バタバタバタ・・とやっと成田空港
支度は大変だけど海外に行く支度は結構好きだったりする
生涯エコノミーなので基本20kgという枠の仲でチョイスした者達を詰め込んでいく
何時もの車移動だと切りが無いので大変な事になるが
限度があるので選択しなくてはいけない・・

こういう行程が何となく好き
「何を持って行って何を諦めるか・・」まるで人生の選択のようだ
(我ながら・・大げさなやつ) 

出発前に何を食べて誰に会って何をするか
・・・・とかもイロイロ考えたりする
なぁ何となく自分を見つめる良い機械のような気がするわけだ
13.11.1  山岳ガイド協会から私宛にサンプル配布用にと箱が送られてきた
「アミノバイタル」かな?と思ったら何と「ガーナチョコレート」
箱一杯のチョコでビックリ〜
解ってますよ・・お客様への配布用ですよね・・(ずるるっ・・) 
私に増してチョコ好きの夫の目に触れぬよう隠しておかねば!

13.10.29 昨日は久々に酒を抜いた!偉いぞ私!(?)

先週末は飲み会が2本続いたが
いずれも面白い集まりで楽しかった〜
土曜は音楽出版会社に元働いていた人達の集まり
退社して30年以上も経つのに毎年の様に集まって話しが弾むのも
幹事をしてくれた上に自分の会社を会場として提供してくれるという
奇特な先輩がいてくれるおかげ
本当にありがたい!

そして日曜は私達が場所を提供して、
引っ越してきた鶴ヶ島のお庭で炭火パーティ
元々企画してたわけじゃないけど、
夕方声をかけたら、お隣さんが参加してくださり
裏のお家(私達から見ると)の旦那さんもお友達を誘って飛び入り参加!
イロイロ持ち寄ってくださってこちらも大変盛り上がりました!感謝

30年前に働いていた人達との、
素敵にコーディネイトされたお洒落なパーティ。
&つい最近知り合った隣人と勢いで始めたお庭パーティ。
対照的な二つのイベントだけど
主催者も参加者もみんなの為の労力を楽しめるという
余裕のある大人達の集まりだからこそ面白い!


夫は次の日、胃がん検査だった事を忘れて飲み食いしてましたけど・・(苦笑)
13.10.23 ここの所夜中を過ぎても飛行機の爆音がすることに驚いて
今日、鶴ヶ島市役所に聞いたら
入間の自衛隊が大島に往き来するのに最短距離を飛ぶと
本来の航路ではない鶴ヶ島の上空を飛ぶとの説明
自衛隊、頑張ってるんだ!と納得。

しかし今年の台風は凄いなぁ〜
多分週末のお仕事はキャンセルだろう・・
お仕事がキャンセルなのは辛いけど、
大島など甚大な被害にあってる人達はそれどころでは無いよね

最近、大島の市長もやっと、事の甚大さに気がついたのか・・
今日はかなり反省してるコメントをしていた
事故直後のインタビューで(10月16日)
「亡くなった方の命を無駄にしないよう、よく検討して今後の対策に活かしていきたい」
と、彼が発言していたのを病院待合室のテレビで見ていた私は
「えっ?もう過去?」と思わず声をだしてしまったのでした
13.10.11 走れない者の僻みなのか・・この夏のツールドモンブランコースでで突き飛ばされたからか・・
「一般登山道を走る行為」って正直あまり好きじゃない
キリアンは格好いいけどね・・

先日行った八海山、大崎口からは縦走装備の夫と同時期に30名近いランナーが登り
追い越したり追い越されたりだったらしい
(緩い登りだと早足になりけどきつくなるとスローだったとか)
水場も大混雑になり夫は水を取ることを諦めたらしい
このルートはあまり人が登らないので、仕方がないのかな?
下山はロープーウェイで降りるプランなんだろうなぁ・・と思いきや
一般登山者に混ざり八海山避難小屋までのピストンでした

格好はランナーだけど結局は登山者
登るスピードも縦走装備の夫に抜かされる程度
ハイカーなら「そんな装備ではNG、山をなめるな!」と山屋に一括されそうだけど
ランナーなら許されるのか??
同じ山で同じスピードで登ってるのにと、
と〜っても疑問でした


ポールの先にキャップをつけてでも登山道を守る主義の日本で
ランナーの出で立ちはオールマイティ??
13.9.20 今年もパタゴニア主催「バンフ・フィルムフェスティバル」を観てきた
イロイロ面白かったけど「Crossing the ice] が良かった!
http://www.banff.jp/films-exp-2013/9.html

この二人の青年の冒険はタスマン海をソロでシーカヤック初横断
に挑戦したアンドリュー・マッコリーのフィルム2010年上映作品
「ソロ」
から私は観てるので、とても感慨深かった
翌年のフィルフェスには精神的にもストイック突き詰める冒険家マッコリーと対照的な
ジェームズとジャスティン青年コンビが登場しマッコリーが果たせなかった
同じ挑戦に挑む。
この二人、冒険はまるで素人、ってかシーカヤックも乗ったことがないらしく
周りを巻き込みながら冗談交じりに明るく練習から始める
結果マッコリーの挑戦は悲劇的に終わったが
青年二人の挑戦は今回の「南極無補給往復」に繋がる・・

そして今回の挑戦でも経験豊かなソノルウエー冒険家
(Christian Eide)がソロで同時期に同じ挑戦に臨むことに!
結果は見てからのお楽しみ〜なので此処には書かないけど
(どうしても知りたい方はメールください・・笑)

「ピュア」であるには違いないのだろうけど、
考え方によっては究極の「エゴイズム」「自己顕示欲」でドロドロしてるような
「記録挑戦」という行為が、過去3作品を通して
そしてこの二人の青年冒険家を通して浄化されてくるような気がした
13.9.19 2ヶ月ほどヨーロッパに滞在して、帰国してから10日が経った
日本に帰って来たばかりの目にまず印象的なのが
「葬式?」ってくらいモノトーンで色彩のない淡い服
しかもみんな似たり寄ったりのを着ている
車の色も白、グレー、黒ばかり・・

何処に入ってもサービスはきめ細やかでテキパキ
思うモノが直ぐに手に入り快適だけど
新橋辺りのマッサージ屋さんの多いことにはビックリ
「そんなにみんな疲れてるの???」って驚き

昨日は池袋に車で出かけ、
板橋の近所の友人宅に車を停めさせて貰ったんだけど
「ガス工事」とかで路地に入れない!
歯医者の予約があり急いでいたので、見ず知らずの工事のオジサンに鍵を渡し
工事が終わるまで現場前に路駐しておいて、
終わったら○○さんちのスペースに駐車しておいて〜!
と車を置いて歯医者に走った。

あぁ・・こんな事ができる都心がある国って、他に幾つあるだろうか??と
鍵を預けて走りながら、
「帰る国が日本」だった事に嬉しくて涙が出そうになったよ

東京オリンピックに向けてこれから多くの外国人達がこの国に入ってくるだろうなぁ
日本人の一番の財産(だと私が思ってる)
この「他を信じる心」を私達はオリンピック後も持ち続けていられるのだろうか・・

13.9.12 若葉の家に着いてからこの夏のお客さんから頂いた手紙を開ける
す・スゴイ!丁寧に書かれた絵巻物。
この夏のツアーの思い出やら御礼がビッシシリと書かれていた
しかも参加者全員の似顔絵付き!これはコピーなので他の人にもさし上げたのかなぁ
しかし驚いたと共に嬉しかったです。ジ〜ン

隣のご夫婦からは庭で焼いた秋刀魚とお寿司の差し入れ!ジ〜ン
あぁ・・日本人の「おもてなしの心」が浸みてきました


13.9.10  2020年東京オリンピック!!
私、個人としては嬉しいのか迷惑なのか解らないところだし
私が頑張って誘致したわけでは無いのに多くのスロベニア人から
「オメデトウ」と言われてしまって・・・・
何だか日本を代表して喜ば無くてはいけない環境に立たされている(笑)
現在スロベニアからチューリッヒ経由で帰国中だけど、パスポートコントロールの人にまで
「TOKYO?オリンピック〜!」などと言われてしまったし・・

しかし7月に一時帰国したときの日本の暑さを思うに
放射能よりもあの蒸し暑さの中で世界のアスリートがやってられるのか?
と言うことに疑問を感じないわけにはいけないよね

2020年、遠そうで近い未来。
私達は何処で何をしているのだろう・・
オリンピック関係でスロベニアの国に巻き込まれそうなので
今から予防線をはっておくべきなのか???
(長野オリンピックで夫はアタシェを勤め、私もエランハウスで働きました)
13.9.6 【行列の出来る仕立直し屋さん】
二人の息子の嫁達は裁縫のセンスがゼロ!ってかやる気もゼロ〜
損なわけで、80近くなっても息子二人と嫁二人分の
服の裾直しやら裏地直しをやらなくてはならない義理ママ・レスカ
ちなみに私の中学時代の家庭科成績は2!
ハイ、五段階評価です・・・何か??
(名誉の為に付け加えますが・・あとは全部4と5です、ふんっ)



ピンクのジャケットは義理の妹の、夫はズボンの裾直しを依頼中
私はこの日ジーンズのウエストを直してもらった!
13.8.30  最新号BLEDニュースには6月に秋篠宮ご夫妻がプライベートで
BLED(スロベニア)を訪問した様子が掲載。
スロベニアの我が家から徒歩3分のホテルに泊まったらしい!
もっと驚くのが弟と義理の妹は一緒に食事したとか・・

義理の妹がBLEDの観光局長だからだけど
しかし凄いなぁ〜
今年はイギリスの皇室ファミリーもBLEDには極秘で来ていた
スロベニア大統領なんて護衛を振り切って
勝手にBLED湖で泳いでいたとか・・

やたら黒塗りの車や覆パトが横行してる小さな街・BLEDです

13.8.29 今夏は日本から餃子の皮を買ってきたので「押しかけ餃子パーティ!」を企画
が、冷凍しておいた餃子が上手く解凍できず・・・
致し方なく自分で皮から作ってみた。歪だがナカナカ美味

そう「押しかけ餃子パーティ」なのだ
自分の家で下準備をしておいて、醤油とフライパンもって押しかけてやったぜ〜
(家で招待してやった方が簡単なんだけどね・・)
でもナカナカ好評だし皮も自分で作れると解ったので
来年はもっといろんな家を訪問してみようっと♪

・・・・・もしや迷惑??



マルティン一家との餃子パーティ、チーズ揚げと冷やし中華からスタート
彼の家のワインコレクションは凄い!
今夜はみんな10年モノのスパークリングから24年&25年ものの赤ワイン
13.8.28 震度4くらいの勢いで動いていた20年選手の洗濯機・・
夏だけだからいいや・・とほって置いたら
さすがに見かねたお義母さんが奮発して買ってくれた!
(自分のを新しく購入した際に抱き合わせで買ったらしいのだが)
調子良い!洗濯が楽しくなったよ〜
揺れを気にしなくて良いのでいろんなモノが洗濯機の上に置けるしね〜

そう大抵のヨーロッパの洗濯機は前面扉のドラム式
そしてヨーロッパの水は硬質のところが多いので
水を柔らかくする液体が別に必要なのです
コレを怠ると洗濯機がつまり故障するとか・・

飲み水としてみんな硬質水を飲んでるけど・・
体はつまらないのかなぁ〜
ちょっと不安


新しい洗濯機と右から洗剤、柔軟剤、柔軟水剤
13.8.24 ヨーロッパにくると何時も考えさせられる日本ニュースの取扱
同じNHKでさえも海外向けのニュースではここの所「福島第一の汚染水漏れ」がトップだ
でも日本のNHKサイトをみるとこのトピックスの扱いが小さいように思う
もしかしたらちゃんとTVでは放送してるのかもしれないけど・・

300トンもの放射能汚染された水を海水に流していて、
その原因も判らない上に「作業は来週から」って・・
地球規模で汚染してるくせに週末はちゃっかり休むのね・・・
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/20130824_01.html
13.8.21 昨日はイケメンガイドのウルバンと近場のクライミングに行った。
近場のエリアには同じような顔ぶれが集まってるのだが
アジア人おばさんが何時も違う男を連れてくるので不思議そう・・・(笑)
それは良いけど夫が留守になると何時も違う男が家に向かえに来るので
お義母さんはもっと不可解かもね・・(笑)
↑かなり自慢入ってます

一昨日はマルティン(2008年在日していたテレマーカー)が向かえに来てくれて
首都リュブリャーナの高級レストランに連れて行ってくれたし!


ヨーロッパのベスト50に選ばれたレストランと私達
13.8.16  お義母さんのオーダーがこちらにも飛び火して
今日はのこぎりを腰に巻き付けてツリークライミング・・
10m以上に伸びきった洋なしの木を切ってます
命がけ〜

13.8.15 「コンニチハ、ビネです」と片言の日本語を話せるビネ。
観光地でウロウロしている日本人によく声を掛けて忘れそうな日本語を維持しているらしい
話しかけられた方はビックリだろうなぁ〜
だって観光に携わってる人でも何でも無く、出で立ちはファーマー

実はこの人10年くらい前に3シーズン夫の紹介で
日本のスキー場で圧雪車を運転し我が家に住み込んでいた。
なので今も仲が良いし、私達にとても好意を持ってくれている
でもちょっと変わり者・・・
「チハル、僕の50才の誕生パーティに二人を招待しなくては」と合う度に誘ってくれるのだが・・
それって去年だったよね・・?

13.8.14 夫もやっと仕事を終えて今夜イタリアからスロベニアに帰ってくる
2週間ぶりの対面かなぁ・・
勿論、私もお義母さんも帰宅を待ちわびて・・
オノオノ・・「帰って来たらコレを頼もう」と目論んでいる理由だ(笑)

レスカお義母さんと私は言葉は通じないが仲が良い。
お義母さんはまるで絶滅種の小動物を家に飼ってるような気遣いで私に優しい
2世帯の敷居となる階段には何時も取れたての野菜が置かれていて
私はそれを食べる分だけ失敬して寝ぐらに持ち帰る。
(何だか餌付けされてる気分・・)
買った方が手っ取り早いと横着な私は考えるが
お店で野菜を買ってくるとお義母さんが悲しむので
野菜はなるべく家の物を使っている。

しかし・・毎日トマトだ・・ここんトコ毎日。
トマト・トマト・ズッキーニ・トマト・トマト・トマト・ズッキーニ・トマト・トマト
サラダはもとより玉子に混ぜたり、コンビネーションライス作ったり、リゾット作ったり
まぁ、無農薬、自家製堆肥で勿論遺伝子組み合わせでも無い(種も自家製)
ありがたいトマトですけどね・・
毎日大量に採れるトマトにお義母さん自身も少し疲れてる
何故トマトだけ〜??

階段に置かれてる取りたて野菜          モッツァレラのトマトサラダ・とレスカの畑
13.8.12 今年の夏は他社のツアーの添乗でツールドモンブランも行かせて貰った
ピレネーを挟んで南仏と西スペインの雰囲気(主に人間性)の違いも面白かったが
このツールドモンブランも同じ山岳地帯を取り囲んで
フランス・イタリア・スイスを渡り歩くのでとてっも興味深い

でもとりわけ興味深かったのはフランス人ガイドと10日間行動を共にしたので
その考え方のありかただった。
参加者で山行中一番厳しい峠を越すにあたり、
技量・体力が足りない方達が居るのだが、
その説得するのにガイドはあくまで自己判断に任せようとする
(そのガイドの性格だとは思うが・・私にはフランス人的に思えた)

フランス人ガイドはあくまで峠越えの難しさを説明した上で
「此処までの自分の体力と技術をもって考えて判断してくれ」と問いかける
問いかけられた日本人は無言・・そして誰も自分から判断しないどころか
「ダメって言われてないからOKかな、
他の人に迷惑かかるからって言うことならガイドがNG出すでしょ」って感じ
フランス人ガイドはあくまで
「天気は良いので、他人のことは考えなくて良い、でも限界を超えて事故が起これば
自分がダメージを負うし、楽しく無いでしょ?此処をパスする人はタクシーで行けます」と説明
自分の技量は自分が一番解ってるはずと判断を本人に任せた
自己を大事にするフランス人と他に己を依存する日本人

フランス人ガイドの説得の仕方と捉える日本人の噛み合わない受け方に以前から感じていた
「自己のとらえ方に関しては一番異種な民族では?」と思う所と重なって興味深かった
(仕事なんだから・・そんな所で面白がっていてはいけないのだが・・)


アルペッタ峠でのガイドと私
13.8.11 午前中は12クライマーとクライミング、午後はBLED湖でチョット泳いで読書
バルコニーでワインと共にチーズとお義母さんの庭のトマトやらキューリやらを食べて
夜はBLED湖のイベントのコンサートをちょっと見に行く
あ〜至極の一日!
夫はイタリアの避難小屋で仕事中だし・・(笑) 
13.8.11 今年は他社のツアーの添乗をさせてもらいピレネーに行った

スペイン側ピレネー(オルデサ圏谷)を案内してくれたガイドさんはバスク人。
私がテルヌワを着ていたので彼がその意味を教えてくれた
「君の踏み出した一歩は、君が選んだ一歩だ」だそう
バスクの歴史を踏まえて考えるに意味深くて感慨。
(っていってもそんなに知らないけどね・・・)

そのガイドさん、去年の夏に20m滑落して九死に一生を得たらしい
さらに今年リハビリスキーで骨折・・・
私達のゆっくりハイキングのガイドで事故後初めて

ペルデェード山見える所まで歩いたらしい
(予定だと手前で引き返すところだったが、ガイドが行こうと言って奥まで行った)

お客さんはもちろん感動してたが、このガイドが一番この景色に感動してた気がする
彼にとっては簡単なハイキングのルート、
何度も何度もみて、飽きてそうな景色であるはずなのに・・
「初めて父に連れて行って貰った山があれなんだよ、事故以後やっとまた見ることが出来た!
 ・・大丈夫、キット良くなる」と自分に言い聞かせるように私に話してくれた
帰りはストック使って痛そうに歩いてたけど嬉しそうな顔が忘れられない

ツアーでは此処に来る前に「ツゥールーズ」によって居たこともあり
(私はツゥルーズがどんなところか知らなかったが)
サンティグジュペリの「人間の土地」に確か書かれてあった
「ある一つの景観はそれを見る人の知識や文化、職能を通して初めて意義を持つに過ぎない」
というのを思い出した。(正確に覚えていたわけじゃ無いけど)
付け加えれば・・経験だと思うけどね・・

彼の目に映るペルデェード山と私達とは違ったんだろうなぁ・・

ガイドのアライン氏とペルデェード山
13.7.27 スロベニアのBLED湖の小島では週末結婚式をあげるカップルがいる
しかし習わしで、教会までの長〜い階段を
人前で花嫁抱えて花婿は登らなくてはいけない

「ウチは重量オーバーで無理だったから日本で式を挙げた」と憎たらしいことを夫が言うので
背後から背中に飛び乗ってみた。
「う〜ん、思ったよりに軽い・・コレなら姨捨山に連れってあげれる」だと・・(怒)
13.7.26  55才の息子が79才の母に買ってきたイタリアの土産
どうかと思う私をよそに、ママ・レスカは「わぁ〜彼女が出来た!彼女が出来た!」と
両手を挙げて大騒ぎで喜んでた(笑)

実に面白い親子だ・・


サングラス野郎が去年のイタリア土産でリボンお嬢が今年
共にリアルに鳴くんだな・・コレが
13.7.21 レスカ(お義母さん)の作ったシャベッサ(?ABESA)
ノリウツツギに似たような花から作る家庭で作るスパークリングジュース
非常に美味しい!!
花に砂糖とレモンを加えて24時間面倒を見ながら発酵させるらしい
「そんなもんで?」と思うほど発砲する
お義母さん曰く「シナノキの葉」でも出来るらしいから日本でも出来るのかなぁ〜

 
13.7.12 スロベニアに来ています
調子が悪くうるさかった洗濯機が何故か新しくなっていた。
レスカ(お義母さん)が私達の為に奮発して買ってくれたらしい。
気持ちは嬉しいんだけどさぁ〜大物家具は如何なモノかと・・
(以前ソファーも安かったからと買われていたし・・)
しかも洗濯機は取り付けられて無く洗濯が出来ない

困っていたら私の洗濯物がレスカの洗濯機で洗われていて
干されて、たたまれて部屋に置いてあった
義理の母に此処までやってもらう嫁って・・(汗)

13.7.9 一昨日ヨーロッパから帰って来て明日またヨーロッパ。
帰路、またすぐ12時間のエコノミーフライト〜辛い
と思ったけど、この日本の暑さはどうだ!
尋常じゃ無い、良くみんな生存してるなぁ〜
これだったら12時間のエコノミーに耐えても直ぐヨーロッパに逃げたいと思った(笑)

普段日傘なんて差したこと無いけど、
日焼けがイヤというより護身用(暑くて倒れそうなので)で雨傘をさして歩いてしまった。
庭の草も花もシオシオ・・
鉢植えは余りに可哀想なのでチャッカリ燐家に里子に出しました!


隣の垣根に掛けて出国!元気でね〜
13.6.26  今日は雨の東京でバタバタと夏のヨーロッパ出国に向けて支度
傘を電車に忘れては大変と、しまったのに置き忘れたと勘違いして凹んだり
直ぐ出せるところに用意したスイカカードをバックに探したりと・・

50を過ぎた今、よくやる失敗が
「心配」なので先回りして用意して、用意したことを忘れてしまう・・って失態
確か去年、一廻り年下の男性ガイドが言っていたが
「おばさんは無くしちゃ行けないからと仕舞い込んでしまって、必要な時に見つからないんだよね〜」と
それって私の事〜?って感じたことを思い出した(笑)

ついでに思い出すに、10代〜20代前半の私は「不安」だった。
「不安」だから先に何かをやることが出来なく全てが後手後手に回った

若い私の「不安」と熟年の私の「心配」
似たようなニュアンスだけど、年月と共に変わっていったものは何なんだろうね・・・
と一人、十条の大衆居酒屋で考えたのでした
↑大衆居酒屋に一人で入れること自体が答えかも・・(笑)
13.6.24  フェースブックを初めて3日目
「アカウントが偽装のモノです」とされ自分のページにアクセスできなくなった・・
(ちゃんと本名だし写真も私のだし・・何でだろう〜)
携帯メールアドレスを差し出すことで認証ができて継続できるらしいが
そんなの教えたくないモン
(携帯の中の他の人の情報盗まれそうで怖い)
フェイスブックの事務局からは
それが出来ないなら「運転免許やパスポート・戸籍謄本などを2点提出すれば再開可能」とのこと
そこまでしてまで〜????

まるで友人を人質に取られて恫喝されてるみたいだ・・って事で
20人以上の繋がりが出来たけどそれも3日間だけとなってしまった
申請中の方、メッセージくれたかも知れない方
そんなわけで放置になりました
スミマセぬ〜
未練もあるので
グーグル+にちょっと興味ありますが・・
13.6.24  美の山」というマイナーな山?岡?に
ハイキンググッツ購入したばかりのピカピカな友人達とハイキングに行った。
目指すところは「富士山」らしい
先日のバスツアーでも結構の女子が富士山を目指してる

今や、初めて登る山は高尾山で次が富士山そしてモンブラン
感じかなぁ〜(笑)
かくいう私はまだ夏の富士山に登ったことがありませぬ・・
まぁとにかく富士山世界遺産オメデトウ〜
入山料云々より、入場制限されれば良いのにね

マーチャン手作りのお誕生日ケーキ。美の山にて頂きました(感謝)
13.6.22 昨日はお誕生日記念で普段はやらない事をやってみた
夫が嫌いな「鰻」を池袋で有名なうなぎの寝床のような狭いお店に食べに行った
こだわりの亭主の吟味する鰻はもちろん美味しかったけど 
それより亭主の気迫に圧倒されまくり
「コレ食べてからコレ食べて、前の方が美味しいっていう客はもう来なくて良いよ!」とか
「この味がわかんないクソは何食べてもワカンねぇんだ〜」とか
「注文は一回きりだからね!後からってのはダメなんだよ!」と
働く手のリズムを壊さない為なのかポンポンと口から言葉が飛び出る(笑)

サービスする側が強気な飲食店って世界でも珍しいよね
そして確か昔読んだ本でお店には行って「適当にね〜」って言って
適当にお客の懐具合で出してくれるところは無いと書いてあったなぁ
日本の食文化って不思議だ

「鰻は鮮度が命なんだよ!」と息巻く亭主がスルスルと鰻を目の前でさばいて串を刺していく
解剖された鰻の首回りから肝臓、そしてヒクヒクしてる心臓まで食べた(飲み込んだ)
ライブ感あふれる鰻を食した後は六本木のライブハウスに出かけ
アフリカから初来日のローラ・マヴーラのライブを観たのでした
13.6.21 改に歳を重ねた記念にフェイスブックなるモノを始めることにした。
コレって小学生の時にはやったメンコとかカード集めみたいだなぁ〜
でも自分の手の内を見せないままに相手のカードを見ることが出来るらしい

まだどうして良いか解らないから既にFBをやっている夫に
「ねぇ、ねぇ、友達になってって頼んで来て〜、でも断るけど」と理不尽な依頼。
そうすれば夫の友人から知ってる人を探せると思ったのだが、
そんなことしなくても勝手に名前検索して友人になることは出来るのね・・
しかし「友達の友達」まで、承認無しに閲覧できて
ほぼ勝手にコンタクト出来るというのは怖いなぁ〜

そうそう、普段この「独り言」で突っ込みたいと思ってる方はFBにどうぞ〜
10年近く続けているこの「独り言」は
もはや私自身の記録であり夫・観察日記でもある
「ブログ」ではないのでとっ〜ても一方通行で、偏見に満ちてるのが特徴です(笑)

プレゼント〜
13.6.19 頭の上にグラスを乗せて小粋なマダム風を装うのだが
(↑私はそう思ってるのだ)
乗っかってるグラスは老眼鏡だ・・・
手元から目をあげるときにはメガネの上からのぞくのでとってもおばぁ〜さん

最近は筋の入ってない遠近両用があるというので池袋に買いに行った
オタク風・色白ぽっちゃりメガネ男性定員に淡々と促され視力を計り
新しくフレームも買うことになった
−こっちの方が強度があるので良いんじゃないですか?
と小ぶりの眼鏡を勧める彼に

−韓国でこの眼鏡(ちょっと大きめ)を買ったときには定員の男の子に
 「カワイイ」って言われたから買ったんです。と私
−外国人は何でも誉めますからね・・・・と素っ気ない彼に
−でも似合わなければ買いませんから・・と私

最終段階に入ってから彼が
−ではシールを外すのでお顔に合うか見て確認してください
 (グラスの下に文字が入っていてフィット感が解らなかった)
 というので
−えっ?気に入らなかったら代えても良いって事?
 と表情の無い彼をちょっと虐めてみたくなった私

そして最終試着して「どうでしょう?」と大げさに彼に見せたら
「・・・・とっても素敵にお似合いです」と苦笑いして言ってくれた
彼にとっては最大限の誉め言葉だったんだろうなぁ〜(笑)
13.6.14 昨日夫婦割引きを使って二人で「奇跡のリンゴ」を観に行った 
前に木村秋則氏が書いた本を読んでいたので、ハンカチ片手の観賞だ
しかし感動の場面になると夫がチラチラとこちらを見るんだよなぁ〜
何が見たい??
この手の映画はレディースデーに一人で行こうと思ったのでした
13.6.9 安いケド働くお掃除ロボットを買ったのであとはハンディ掃除機で充分と思い
友人に掃除機をあげてしまったのだが・・
冬物を収納する圧縮袋が圧縮できないじゃん!
適当に圧縮して押し入れにしまうも段々膨張して気持ちが悪い
ってか、そもそも押し入れに収まらないし・・

最近引っ越してきた隣人がとてもフレンドリーなので
池袋の下町で育った私は、話のついでに
「スミマセン・・大変恐縮ですが掃除機貸してくれませんか?」と
ある日思い切ってお願いしてみた
掃除機を借りる人ってあんまりいないと思うから
キット変な隣人だと思われただろうなぁ・・(汗)
でも貸してくれたおかげで布団はとっても小さくなり押し入れには余裕が!
あぁ・・気持ちいい〜

事情は説明したので「また何時でも貸しますよ」と快く言ってくれた隣人に
「ではまた一年後にお願いします」と頼んでおいたのでした(笑)
13.6.5  誘ってもらったので新橋の焼き肉屋でサッカー観戦
総勢60人で観るサッカーだったけどギリギリまで敗戦ムード
この人数で酒が入っててこんな負け方じゃ収集つかないよ・・と思ってたけど
天が味方してくれたのか奇跡的な引き分け!
試合終了間近に気持ちよかったね〜
お祝いモードでいっぱい食べて生マッコリ飲んで

↓もう体重戻ったかも・・
13.6.4 うちの旦那・・疲れているのか
この間車で帰宅した時、一つ道路間違えてよその家のガレージにバックで入れようとしたんだって!
その家の人がじっと見ていたので気付いたって言ってましたけど・・
住宅街で似たような家が並んでるとはいえそれは無いでしょ〜
自分のガレージに厳ついジープに乗った外国人が入ってきて
さぞやその家の人は驚いただろうなぁ〜(苦笑)
13.5.29 先週ずっと風邪で寝込んでいたせいなのか、体重が3kg近く減った!
タダでは起きない女・・中嶋
13.5.22 中国の陽朔から出したポストカードが届いた
普通なら別にビックリすることでも無いのだが
このポストカード、
切手を買いに行く時間が無かったので
泊まっていた安宿の1週間前から働き出したという
女の子に「余計にとって良いから代わりに出しておいて〜」と頼んだもの
でもチェックアウト時に彼女は居なかったし私も失念していて
切手代すらも払っていなかったのだ!
帰りの飛行機でその事を思い出して「届いたらスゴイね〜」って話してたけど
まさか届くとは・・誰が切手を買ってくれたんだろう???

ポストカードは全部で3枚(1枚は我が家宛で2枚は南三陸町)
3枚とも出してくれたとすると合計13.5元で
私達が良く行ったお店なら夕飯が食べられる金額だ
中国人、親切っていうか親切以上だよね
感動しました!

 届いたポストカード

それにひき替え・・思い出したのが
今年の4月にツベートさんが利尻の山の中で拾った財布
諸カードの他に現金15万円位入っていた。
困ってるだろうと宿に戻り直ぐに彼は電話をかけあげたらしいんだけど
「ありがとうございます、私も常宿にしてる所なので宿に預けてください」との事
その後連絡の一つも無い!
誠実さと思いやりの心は日本人の美徳だと思ってたんんだけどなぁ・・


利尻の山中で拾った財布
13.5.21  遊びすぎだと思うが・・
久しぶりに熱が出て寝込んでいる
「ゼリーが食べたい」と夫に言ったら、即座に買い物に出かけてくれ
ゼリー各種4つ、牛乳プリン2つ、一口ゼリー1ケースが枕元に置かれた・・
限度があるっしょ?
寝たきりにさせたいとか?
13.5.20 鉄輪温泉で忙しく観光した私
とにかくチャレンジしようと「ヨモギ蒸し風呂」なるものに誘われるまま入室
死ぬかと思ったゾ〜(汗)
「8分でセットします」と促されて中へ入って寝たモノの
狭い室内には私だけ・・暑い・・ってか痛い

息が出来ない・・3分経ったところで何とかせねばと思い
タオルで口の周りを覆ったりしたが、動くとさらに熱い・・
4分経って(時計は無いのだが)この辛さは尋常では無いと
「そうか・・前日の山行で日焼けしていて痛いんだ」と
思い切って立ち上がり(立ち上がるとさらに苦しい)
ドアへ向かい押してみたが開かない・・引いても開かない

裸のままドアの前で身を縮めドアを叩いてみるが誰も居ない
うそ・・閉じ込められてるの?拷問?
素っ裸でドアの前にうずくまる私って滑稽だよなぁ・・とか
柳川鍋のドジョウってこんな気分?
等と考えてる場合じゃなく
必死でドアを叩くこと1分?(長く感じた)
やっとお姉さんが気がついてドアを開けてくれました
(思い切り押すと開くらしい)

「まだ5分ですよ・・」と言う彼女に
「もう無理だから良いです」と却下
「しばらく人が入って無かったから暑かったのかなぁ・・」
・・だったら初めからそう言ってよ〜ってか
こっちは初めてなんだからドアの近くに居てよね
それよりドアの開け方説明しておいてよ

13.5.17 中国から帰国したかと思ったら九州・福岡へ親戚の結婚式に出席
式のあと、花嫁の父と二人で2泊3日の登山に出かける(良いのかぁ父よ〜)
久住山と祖母山の横の古祖母山に登りました
久住は山容が豊で良い山ですね〜紅葉やツツジの時期にまた来たい山です。
ミヤマキリシマには2週間ほど早かったけど
祖母の方ではアケボノツツジが満開!
関東近辺では余り見ないツツジ、
葉が後からの様なので八重桜みたいに華やかで感激しました

その後一人で別府温泉の鉄輪へ
何かで見て一度行ってみたかったってか地獄蒸しやってみたかったので
これも堪能してかえりました

帰ったら夫に
「アンタ・・4月から何日ってか何時間くらい家にいる?」と聞かれた
13.5.10 ヨーロッパオートルートから帰って
燃えつき症候群的になっていた私だが
GWは友人に誘われるままに急遽中国の陽朔ににクライミングに行った
その友人には「本当に来るとは思わなかった・・」と言われたが・・(苦笑)

中国、以前北京での乗換でイヤ〜な思いを一杯したし、最近の日中関係のの関係もあり
期待して無いというか、身構えて出かけたのだが
今回であった中国人はみんな本当にいい人達だった!
友人の関係のクライマーだからという事だけで無く、
タクシーの運チャンも乗り合いバスの人達も
みんな私達日本人に親切だった。
いや〜中国は広い!
13.4.26 板橋の家の私道の手入れに出かけた
私道にはわずかなながら土があるのでここぞとばかりに草や木が生い茂ってしまう・・
板橋は池袋の隣に有りながら昔の民家が細々と軒を重ねる密集地
その路地で私は近所の姉ちゃん達に混じって毎日遊んでいた。
近所のおばさんやおばあさん達に見守られて
今考えると酷いけど、
良く人の庭の丹念に育てた草花をムシってはオママゴトをしていたっけ・・
何軒かはよそに引っ越してしまったが
近所の姉ちゃん達も未だそこにみんないるし、
比較的住民は変わっていなく未だに交流がある落ち着く場所だ

私道の手入れをしてると、
小さいときから知っている隣のおば様が何時も出てきてつい話しこんでしまう
私が小さい時からおば様というより「おばあちゃん」だったが今は本物の「おばあちゃん」だ
聞けば87才とか・・でも良く歩いてるし耳も達者
「Sさんとこも立て直して引っ越しちゃったんだねぇ、売りに出てるの?」
と聞いたら
「売りに出てたけど、誰か買ったんじゃ無い?
 表札が出てるけど横文字だから外国人だよ」とおばさん
「へぇ〜こんなトコの一軒家を外国の人が買ったんだ!」とビックリな私

後で気になったので見に言ったら、ドアの横には
「MAIL BOX]とありました(笑)
13.4.20 20代の時に働いていた音楽出版社(シンコーミュージック)のOB会に出席
何年ぶりだろう・・朝まで飲んでしまいました!

フェースブックやブログなどを通して会った気になったり
とバーチャルな世界に浸りやすい今日
やっぱり出かけていって人と会うのは大切なだぁ〜と感じました

だって結局こういう場でみんなで楽しく語るのは
「あの時こうだったよね〜」とか
「こんな事したよね〜」「そんな事言ったっけ?」とか
同じ時間と場所を共有した者達だけが解る話しだったりする
それはバーチャルでは無く、
お互いがぶつかり合って生みだした「思い出」と言う空間だと思う

しかし・・
主催者のK夫妻、そんな空間の一つを延々12時間提供してくれました
感謝・感謝です
13.4.18 イザというときの為にモノを整理しつつある妻の横で
イザというときに為にモノを貯め込む夫
男と女の違いなのかヨーロッパ人と日本人の違いなのか
単なる個人差なのか・・・・


妻命令で駐車場に貯め込んだ木材を撤去させられる夫
13.3.28 昨日は夫の55才バースディ
でも家にいないので一人でイチゴのショートケーキを買って食べました
なんで仕事入れるかなぁ・・
それで無くてもオートルート遠征の前で大変なのに・・・ 

あぁ・・もうすぐ出発
大丈夫かなぁ〜高度順応出来ない気がする・・
13.3.11 鶴ヶ島の庭にもジンチョウゲの花が咲き始めた
春を感じさせるこの花の香が昔から大好きだ


のどかな気持ちにうっとりしながらも
気持ちは未だ手つかずの確定申告でイライライラ・・
思えば2年前も同じような状況下で大揺れの大地震
ラジオの報道に驚愕しながらも、倒れた家具を跨ぎながらも
黙々と確定申告をしているということを理不尽に思う私が
同じ部屋の同じデスクにいたんだよなぁ〜と

でもどれだけの多くの人が
あの日と同じ部屋の同じデスクに居られないのだろうと思うと
心が痛い3月11日
13.3.3 連日5m越えの報道がある「酸ヶ湯温泉」に来ています
先日私が「酸ヶ湯に行くんだ〜」と学生時代からの女友達に言ったら
友人は「毎日5mも雪が降ってる所に泊まれるの?」と驚いていた。
アンタ、いくら何でも毎日5m降ってたら無理でしょう・・(笑)

酸ヶ湯は千人風呂(基本混浴)が有名。
でも真っ白で何も見えなかった!
(何が見たかったのか?)
白くて見え無いながらも不思議だったのが何やら服を着て入ってきてる女性・・
「えっ?・何あれ?」と思ったけど
恥ずかしい女性の為に売店で販売されてる一回使用のタオルらしい。

どうなんでしょうかね〜
入り口も別だし、一応仕切もあるし
大体こんなに真っ白で恥ずかしくなんて何も無いと思いましたたけど・・
でもそんな女性と一緒だと途端に裸の自分が恥ずかしいよね

そんな強気な私だが(強気なのかオバサン力が増したのかは疑問)
先月のスロベニア人カップルの来日の時に泊まった民宿温泉で
(知ってる人は知っている、民宿田舎)
「みんなで一緒に入ろう」と若い女性から誘われて
「えっ?うそ〜それは無理でしょ〜、ムリ!」と断ったら
「え〜アナタがそんなにシャイだとは知らなかった!」と驚かれた。
だって狭い民宿のお風呂だよ〜
脱衣所も一緒、流し場も一緒、湯煙ないからシースルー
しかも知り合いどおしで・・
そりゃぁ いくら何でもムリでしょ〜
(でも彼女は友人男性と入ってました)


雪の中の酸ヶ湯温泉
 13.2.25 私のリコーGR(カメラ)を水没させたくせに
クリスマスプレゼントを強要し続けていた夫
水没させてGRがやっと修理から戻って来たのをキッカケに言い訳がなくなったので
ビッグカメラで購入、ナクサス32GBバージョン&キーボードまで買ってさし上げた
私のクリスマスプレゼントの自転車は確か19800円だったのになぁ・・

行きがかり上
価格の差は仕方ないとしてもだ
めんどくさいおもちゃを与えてしまった事に後悔
気を利かせて買ったキーボードも結構難しい・・

夫よ
使用説明はクリスマスプレゼントに含まれてませんからね
13.2.20 NHK BSプレミアムのスタジオ取りでNHKのスタジオに行った
中嶋は関係ないが折角のチャンスなので見学だ!
以外とミーハーな自分に我ながら驚いたが
来て良いと言われたのでついて行った

さすが天下のNHK!スロベニアの放送局とは違うね
(去年夫と二人で結構メジャーな番組に出ました)
原宿からタクシーに乗って来てくださいと指示、
そして玄関前でお迎え、さらに控え室まであった!!
ちなみにスロベニアでは散々駐車場を自分たちで探し
玄関では不審者扱い・・

しかしスタジオって面白いね
こうやってテレビって作られるんだ〜とワクワク♪
的確に進行していく行程に、みんなプロだなぁ〜って感じました


ちなみに出演者は八嶋智人、RIKAKO、篠原ともえさんとかでした
ツベートさんや活動内容+上州武尊山の「田舎」のご飯とかも紹介されます
見てね〜

【ようこそ雪山へ!にっぽん百名山スペシャル】
3月2日 19:30〜

ドアの前に張られてて感激(笑)
13.2.8  十勝温泉カミホロ荘に泊まってます
今日は富良野岳に行きましたが
何がスゴイって3パティ見かけた全てが外国人
夫も外国人なので13人中、日本人は私だけでした!
この宿も西洋人満載で、
隣と斜め向かい、その奥は西洋人
奥の団体家族がご飯に味噌汁かけてスプンで食べていたので
「?」と思ったら韓国人家族!
全80人くらいの夕食時にほとんどが異国人!

後ろに座っていた80代〜90代と思われる
中富良野から「お友達湯治」に来ている10人くらいの
純日本人的おじいちゃんおばあちゃんに
イヤされました〜
日本酒や食べきれなかったおかずももらったし〜♪
13.2.5 2008年に日本で働いていたマルティンが彼女と一緒に再来日
今回は日本行きの安いチケットが手に入ったとの事で
(5万円くらい・・ヤスッ! 何故ヨーロッパ発便はこんなに安い・・不公平だ〜
2週間くらいのスキー&観光旅行だそうだ
初めは一緒に北海道との話だったが、
何時ものごとく彼のスケジュールは変更に変更を重ね
こっちも北海道遠征やらテレビ撮影やらでやたら忙しい週だったので
2日間だけ一緒につき合うことにした

5日は強風のため第6リフト(最後のリフト)は止まっていたが
ハイクアップで前武尊まで登り櫛形まで移動し此処から滑降
他に誰もいないパウダー斜面をツベートさんの嗅覚で楽しみました!
スロベニアのテレマークデモンストレーター/マルティンと
日本のテレマークインストレクターのなるチャンの滑りは
ユーチューブにもUPしましたので見てね〜♪

私も新しいGMUの板、好調でした!

お家でウエルカムたこ焼き膳         タケル君と一緒にカシャッ
 13.2.3 1万円を切っていたので衝動買いしてしまった「お掃除ロボット」
今日早速我が家に到着し、充電も終わりスイッチON!
可愛いぃぃぃ〜
けなげなのにチャレンジャーな彼女は隅っこに入って出られなくなってしまったり
中途半端に乗り越えて立ち往生してしまったりと
カワイイィィィィ〜

彼女の後ろをストーカーのように追い、
彼女の為に荷物をどかし、
階段や玄関から落ちないかと見守り・・・

仕事できないじゃん!(笑)



「ピカポロン」(てんとう虫)ちゃんと名付けました
レスカ(義母)に買ってあげたらどんな反応を示すか・・今から楽しみ♪
13.1.30 一方夫の方は直しても直しても取れてしまう奥歯に毎回怒っていたが
先日ついに我慢できずに
なんと、アロンアルファ-で歯をくっつけてしまったそうだ!

「え〜っ?うそ!・・大丈夫なの?」と聞いたら
「ここ数年で一番快調ですよ!」と、喜んで本日の歯医者の予約をキャンセルしてた
状況は説明してなかったけど・・
小林先生・・ゴメンネ
13.1.30 爪水虫を皮切りに脊髄検査に及んでいるんだが
その怖〜い骨髄注射は延期されて本日おこないました
先生が「痛いんだよね〜」って何故か初めから脅しにかかり
申し訳なさそう〜に説明するのでびびっていたが
それほどでも無かったなぁ・・・
ソウルで受けた美顔術「うぶ毛取り」の方がよっぽど痛いよセンセイ!

でも「ものすご〜く痛い」という触れ込みだったので集中の矛先を代えるために
ベットの端を掴み、枕に顔を沈め、
「痛くない、痛くない、痛くない」と唱えることにした。
なのにセンセイったら注射しながら
「ゴメンネ〜痛いよ〜痛いよ〜、痛いよ〜我慢してねぇ〜、もう少し痛いよ〜」と始終・・・

途中で枕に顔を埋めながら
「センセイ!私が痛くないって言ってる横で、痛い、痛いって言わないでくださいよ」と訴えたら
周りの看護士さん達が笑ってました・・・
13.1.24 4日、14日、24日は縁日なので友人と巣鴨の「とげ抜き地蔵」に行ってきた
私はこの辺の生まれなので小さいときから「4のつく日」はソワソワしてしまうほど通っているが
友人は巣鴨駅から、その異常な年齢層に驚いていた
確かにスゴイ!しかもみんな「買う」「買う」「買う」
所狭しと軒を重ねた商店街+屋台に群がっていた(もちろん我々も負けちゃいられない)
購買意欲が無くならないのは元気な証拠だぁ〜!!

雨が降ってなければ通年やってるので皆さんもどうぞ〜
(冬はせいぜい夕方17時ぐらいまでだけどね)
ちなみに夫との初デートは此処でした(笑)

13.1.22 30代で傷の治りが遅くなったことに気がつき
40代で布団が自分で暖められなくなった事に嘆き
50代の今、小袋とかが開けられなくなってることに苛立ってる・・

こんな私も「天明」を知るときなのか?

明後日は病院で骨髄注射、痛そうで嫌だなぁ・・
はぁ〜
13.1.16 東京に来てビックリした。埼玉より積雪してる!
思えば子供の頃母親に「雪が降ってるよ」と騙されて何度起こされたことか・・・(苦笑)
それほど「雪」は魅力的だった(生まれは東京です)
雪が降ると何が楽しいって、お馴染みのゴチャゴチャした風景が一転しして
一夜にして街に魔法がかかったみたいになるからだ!
普段の音も全て雪の下に埋まってしまってるようだ。
スケジュールはあってないようなモノになり、学校は半分休業、先生がいても雪合戦。
大人は雪かきで大あらわ、子供はそっちのけで何をやっても許された

大人になっても東京の雪は一つのマジックで
道路では何時ブイブイいわせてるような車もタジタジ
中には路の真ん中に車を放り出して行っちゃう人もいるし
たかだか少しの雪で電車も大混乱!
ハイヒールのお姉ちゃんやスニーカーのお兄ちゃん、自転車のオジサン、
普通に歩いてるオバサンがあっちこっちで大変な事になって
規則正しい大都会ルールは全部無くなる
まさしく東京の雪は「無礼講」だ!!
13.1.10  久々に映画に行こうと誘われて調べていたら
「川越スカラ座」のホームページにたどり着いた
以前出かけていったら「定休日」で入れなかった埼玉で一番古い映画館だ

「えっ!定休日があるの〜?」と驚いたが
地元に根ざして頑張ってる映画人の為の映画館みたいだ
ノスタルジックなホームページを何気なく見ていて
「レ・ミゼラブルミュージカル割のお知らせ」にたどり着き、
真夜中に涙を出して一人で笑った!
みんな見てみて〜、面白いから!

その他「忘れ物リスト」の細かいこと
応援したい映画館だなぁ〜
でも平日は夕方が最終なんだよね、誰が見てるんだろう・・
小江戸川越の街も歩けるし週末に如何でしょうか?
ちなみに「レ・ミゼラブル」は2月16日から上映です
誰か一緒に行きます?

 13.1.08 寝てる夫の部屋をのぞいたら不思議なレリーフが枕元に置いてあってビックリした。
聞いたら国際ガイド取得のお祝いに
お客さんから頂いた(山から持ってきた石を手作りしてくれた!)レリーフらしい

「素敵だけど・・寝てる枕元にあると墓石みたいだよ・・」と言ったら
「じゃぁ死んだらココに日付を入れて飾ってくれ」と言われた
(苦笑)

ツベートさんのベットと頂いた素敵なレリーフ
13.1.07 七草がゆを作って食べた後
「さ〜て、何食べるかなぁ〜」と冷蔵庫からチーズ&サラミ
七草がゆの意味ないし・・
13.1.06 11月に何度も足を運び考えて考えたあげくに買ったGR(高いんだよ〜)
1月5日に夫に貸したら川に落とされた・・・
正確には夫に落ちた夫のポケットに入っていた
随分経つけどまだレンズが曇ってる・・・(涙)
クリスマスプレゼントに目録であげたアイパッドはお預けだな・・・
12.12.25 そしてプレゼント
鶴ヶ島に引っ越してきてから渇望していたママチャリ!
我が家のサンタが買ってくれると言うので
プレゼントリボン持参でカインズホームに行きました

モーター付きはサンタに却下されたが・・
スカート履いてておいても乗れる自転車
荷物がカゴに収まる自転車
ぶら下げたスーパーの袋がタイヤに挟まったり、
ショルダーバックが油で汚くならない自転車
ヘッテン用意しなくても電気がついてる自転車♪
鍵がついてる自転車
↑そんなに欲しかったんなら自分で買えば?って感じ?(笑)

あぁ・・何十年ぶりに所有するんだろうか・・・
(ず〜っと格好いいけど不便なマウンテンバイクでした)
夜道だし寒かったけど購入後は初乗りして家まで乗って帰りました♪

でも見返りは自転車より高いアイパット?
12.12.24 メリ〜クリスマス!!
クリスマススイッチ入っちゃった勢いで埼玉の友人を誘って
ホームパーティをこじんまりしました
こじんまりだけど持ち寄りの各担当とも盛り上がり
手作りローストチキン(鳥はさばいてないが)
手作りパン
手作りケーキと豪華な食卓となりました!

12.12.22 カインズホームに行ったら、流れる音楽にのせられて
早速クリスマス・スイッチ入っちゃいました(単純)
留守中の手紙の整理も横に置いたまま、
物置からクリスマスイルミネーション出してイソイソと玄関とお外にデコレーション
外のイルミネーションはソーラー物で、今年も一つスノードロップ系を増やしました

ウチの通りは子供のいる家も多いのに何故か我が家しかライトアップしてない・・
みんな雨戸も絞めてるのでま〜っ闇!!! 何故?
池袋の裏道歩いてても、トルコの夜道も怖くない私でも
鶴ヶ島の家の近所は怖くて1人で歩きたくない・・・(苦笑)
路を共有してる14件中、
何時も居ない年寄り夫婦の我が家だけが何時も煌煌と光ってます
(ソーラーの電灯も使ってるし・・)

室内もこんな感じで増やしました
ギフト袋は宅急便やさんや郵便屋さんへのプレゼントです
大したことない小さいお菓子の詰め合わせなんだけど、
サプライズで喜んでくれるのでお互い気持ちが暖かくなりますよ!

12.12.20  帰国しました。寒いです!
毎年ドンドン状況が変わるプラナンにも驚きましたが
私が居ないたった1ヶ月半で解散総選挙が決まり
選挙が行われ政権が代わり国のトップが変わってる(まだ正式じゃ無いけど)
日本という国の変化はプラナンの比じゃ無いかもね(苦笑)
12.12.16 夫(スロベニア人)がタイのホテルの部屋で
スロベニアの国営ラジオ放送の電話インタビューを受けている。
内容は日本人の政治意識等々。
ま〜ったく政治や時事に疎い夫は何時も私に助言を求める。
私の偏見たっぷりの考えがそのまま日本人の総意みたいな形で
何時もスロベニア人に伝わってると思うと怖い・・(苦笑)
12.12.11 先一昨日みた映画では明日地球が終わるらしい・・
やりたいこと大体やったからココ、タイで終わっても良いかも〜
イヤイヤまだ美味しいミャンマーレストランのチーズハム春巻き食べてないぞ!
12.12.4 トルコからスペインそしてからタイに飛んでお馴染みのプラナンでクライミング♪
通っていたジャムオバサンレストランはなくなり、ミャンマー人の店は移動
そして彼らは前には空き地だったジャングルに簡易レストランを作り営業
ココがなかなか上手くて毎日通ってます
しかし老舗のバックパッカー宿、YAYAが買収されていたのにはビックリ!
ドンドン変わるタイプラナンの中で
スーパーマーケットの猫が変わぬ態勢でレジ横のカゴで寝てるのには感激

12.11.27 レストでバルセロナ観光をしてからシウラナへ移動
ココは世界の人達が集まる壮大なエリアです。
ワールドカップ帰りの安間さんと野口さんにも遭遇しました!
タイでは小田百花さんと登ってると夫がからメール
※夫婦別の国で登ってます(笑)


12.11.23 イスタンブルからスペインに飛んで北海道の登攀ガイドさん3人+3人に混ざり
モンセラ&デラノバデメイヤでクライミングです
ちょっと物騒で怖かったバルセロナだったけど郊外はやっぱりのんびりと時間が止まった風景
そこに壮大で奇様な岩壁があって感動
トルコとはまた打って変わって面白いクライミングです
みんなとワイワイ楽しいし、食事もワインも“なまら”旨いです(北海道弁)
12.11.19 ヨーロッパとアジアの文化の交差点、前から来たかったイスタンブルに来ています
今日は自由行動を少ししたのだが
日本語で話しかけてくるカーペット屋に掴まり
こっちもヒマだったので1時間近く夫婦間の問題かんしてお茶を飲みながら話していた(笑)

それから折角だからとトルコ風お風呂に行き足だけマッサージを頼んだ
それは良いんだけどマッサージ途中で階下は大げんか
20分以上大声で机を叩きながらの罵声
流血の事態?とマッサージのオバサンもちょっとビビッていた
私も階下に降りるのが怖かったが他の男性がエスコートしてくれて
ひたすら謝ってました・・

モスリム文化にアルコールがNGなのはアラーの神様の先見の明でしょうな
12.11.19 消息不明だったのは私だったらしい(苦笑)
メール受信は出来るんだけどPOPとかなんとか・・
良く解らないけど海外から送信が出来ない
ぷららのサイトからメールをする事にしました
12.11.15 しかし・・ウチの夫大丈夫なんだろうか・・
携帯にもパソコンにもメールしてるが音信不通
風邪でダウンというメールを最後に消息を絶ってます
ヤマトの宅急便も受け取ってないようだし
妻の留守に大いに羽を伸ばしているなら良いんだけど
(それはそれで問題?)
友人に生存確認を申請中
 12.11.13 トルコ最大のクライミングエリア・アンタルヤに来ています
夫・ツベートと一緒では無くスロベニアのガイドアリヤーシュと一緒
トルコエアのサービスは噂通り良かったし、ココのゲストハウスもとってもGOOD
ただオーナ-がドイツ人てのがね・・
やっぱり外国人相手のビジネスではトルコ人負けちゃうかなぁ・・
資本のかけ方ちがうもんね・・
ちょっと気の毒だし折角トルコにきたんだからと今日はトルコ人経営のレストランでたべるぞ〜
(隣なのに悲しいくらい閑散としてるだよね)

私のバンガロー、ロケーションは抜群だけど
と〜っても小人サイズ(トイレ&シャワー付)
夫とはシェア出来ないと思う
 12.11.10 明日からトルコ・スペイン・タイと壮大なクライミングワールドツアー!!
でも今夜は1人で仕事に追われてPCの前でバタバタと働いてます

なのに何故かヤフオフでボートのエンジン落札。
スロベニアの家の隣人がから2年前から頼まれてるエンジンが
よりによって今日見つかっちゃいました・・
正直関わりたくないんだけど
これも近所づきあいってヤツでしょうか?
何やってるんだろ私・・・
あ〜面倒!!!
12.11.6 夫よ、国際山岳ガイド合格オメデトウ〜!!

実技は全部クリアしたモノの
日本語での筆記試験に何度も受からず
時間の経過と共に受験の資格すら無くしてしまった夫
(最後には回答の一部を英語でも良いとなりましたが、質問が読み切れない)
私自身もあの筆記試験を受けているし
日本人の組織社会をなまじ知っているので
この状態なら絶対に受からないだろうなぁ〜と思っていて
事情を知っている周囲もこの話しに関わりたくなってきてましたね

何回も傷つき、眠れない夜を送ってる彼を見て
「無理だと思うから、諦めて前を向こうよ」と何度も言ってきたし
年齢も年齢で、取ったところで今までの活動と変わらないし
経済的にはマイナスになるばかりだし、お客様には迷惑かけてるし
「何の為にこんな事やってるんだろう」と思ってましたが
半ば意地になっている夫を見て
「墓場まで持って行きたくないんだな」・・・と
こっちが諦めるしかありませんでした

結局、一から日本で取り直しても
日本語での筆記試験は無理だし
何年この先かかるか解らないので諦めて
事情を汲んでくれた欧州で受験をし直すことにしました
これもけして簡単な道のりでは無かったけど、
とにかく試験結果が試験官の名前で
ハッキリ合格、不合格に限らず
書面で全会員にオープンにされるなどフェアです

考えれば試験ですから普通の事なんですよね
ましてや人様の命を預かる山岳ガイドですから
落とす方も勇気と責任があると思うし
落ちた方も次回に向けて改善が出来ますよね
なのでこの頃から私も全面的に応援しました

何度もヨーロッパに往き来しまたが最後に受けた試験は不合格。
「また来年か・・」と落ち込んでる夫にハッパをかけ
「まだ雪降らないかも知れないから大丈夫かも」と
無理矢理ヨーロッパに送り出し再試験、そして合格!!

「一度決めて始めたことは最後まで強い意志で貫き通す」というのか
意地”っていうのかな・・
最近の私達が無くしかけているモノを
直ぐ側で見せてくれた夫に感動しました
 12.11.2 【爪水虫】の採血検査の結果がでたが(飲み薬を出すために検査するらしい)
血小板が通常より3倍多いらしい・・
「今は水虫より大学病院で検査してください」 と言われました
月に一回の採血で水虫治療の気持ちが萎えるほどなのに
もっと採血するんだろうなぁ・・
嫌だなぁ・・
12.10.31 テレマークやクライミングで足指に負担をかけてるせいか・・
ペティキュアのせいか年のせいかと思ってい爪
2-3年前からか盛り上がってきて剥がれてしまう・・

一気に剥がれないので痛くなり困っていたら
友人が「爪の水虫って多いらしいよ〜」と
足に水虫の症状が無いし、爪も白くボロボロになるわけでは無いが
昨日病院に行ってみたら「典型的爪水虫」って言われました
(o_o);

飲み薬を出すためには検査が必要と言うことで
痛い・怖い採血(何時も血管がでなくて失敗を繰り返される)
終わってから優しそうな看護婦さんが薬をつけてくれながら
「気長に直すことになりますが1ヶ月に1回採血検査が必要になります」だと
!!!!無理・ムリ・むり!!!!
水虫と余生をを暮らす道を選びたい



アップでスミマセン・・
 12.10.30 私が不機嫌にしていると
夫はこまめに家の事をやる、普段何度いっても直さない習慣も直る
これからは家ではず〜っと不機嫌でいよう(苦笑)
12.10.25 学生時代の友人3人で韓国旅行をしてきた
久々の仕事も山も関係の無い「普通の旅行」
私にとっては「普通の旅行」ではないので勝手が違う
スーツケースを購入した友人達に
何故?韓国2泊3日なのに?と・・
とりあえず小さいキャリアに荷物を詰めてみたが「入れる物が無い・・」

でも帰りは納得!
買うんだわ〜(笑)
つられて私も買ったので帰りの私の小さなキャリアは満タンになりました


Taka
 12.10.20 障子の張り替え
その後上手く言ったのか?と疑問の方もいると思うので・・
ハイ、失敗しました〜
ヨレヨレになってしまい二晩悲しみました・・(苦笑)

が、夜布団でつくづく「ヨレヨレだなぁ・・」と思いネットで調べたら
「今からでも遅くない、霧吹きでパリツとなる」とあったので
布団から起き出して霧吹きを探す・・
無いので思い立ったのがファブイーズ
これに水を入れて夜中に障子をはずして吹きまくりました

パリッとなったよ〜!!!
ネットってスゴイねぇ
 12.10.17 障子の張り替え
引っ越してきたときから剥がれていて気になっていた障子を
思い切って張り替えることにしてみた
思えば人生発の挑戦だ!
子供の時に手伝ったのは覚えているが・・
はたして上手くいくのか??

しかし日本の窓・・紙なのかぁ〜と改めて関心
 12.10.15 サンマ・・・
10匹くらいは知人にさし上げたがあとはどうするか??
「煮付けると美味しいのよ!」と教えられ去年試したが
今ひとつ根気が無い私が作ると骨まで食べられませんでした・・
ふぅ〜
+こう見えて意外に流血に弱いんですよね・・
で、夫の帰宅を待って開催された「サンマ解体ショー」

今年の煮付けは成功して骨まで食べられた♪
 12.10.13 南三陸町からありがたいことにサンマが今年も届きました!
あとの18匹はどうするべきか・・(汗)
 12.10.5 パタゴニア主催バンフマウンテインFFを見てきた
みんな面白かったけどSNOWものはやはり興奮する。
でも 一番印象に残ったのはオービー&アシマかな、
オービーはもとより、リンヒルなど時代を築いた人達が
これからの時代の子供達を応援し、
クライミングに純な子供達から刺激を受ける姿が清々しい

カナダの「グレイトベアーレインフォレスト」の自然保護を訴える
「SPIIL」というフィルム、フィルム自体は「う〜ん美しいなぁ」って感じで
途中眠くなっちゃったけど
最後にこの地へのオイルタンカー通行を阻止するために
「今すぐカナダの大統領に電話しよう!!」
と電話番号までのっていたのには驚いた
カナダ人は大統領に電話できるんだね!
 12.10.4 ガイドサポートのお仕事をもらったので明後日から鳥海山と月山です♪
漢字にめっぽう弱い(英語綴りもよわい)私は地名がかなり読めないことにショック・・
参考資料やネットで調べたけどナカナカ見つからない
手っ取り早く地元の観光協会に尋ねたら此処でもあまり解ってない・・
月山に至っては「そのルートはウチの管轄で無いから・・」と3回も問い合わせ先を変えました(笑)
地元の観光課の人でも解らないんあだから、
私の知識不足のせいじゃないよね〜とある意味安心

スロベニアの山で歩いていて良く外国人が迷っていて道を教えることがあるが
問題は地図に書かれている地名が発音できないこと。
何処から来て何処に行きたいのかは推測になってしまう。
「不親切だよなぁ〜」と思ってたけど
日本はもっと酷いよね、漢字だもん!しかも日本人ですら読めない
人に道を聞くときも、迷子になってレスキューお願いするときも
自分が行くところやいるところが発音できないのは辛い
登山地図や参考書にはフリガナを切望〜
 12.9.26  あ〜肩が痛い・・辛い
元々右肩は若気の至りの事故で癒着してるので問題有り有りなのだが
尾てい骨のヒビがまだ痛く仰向けで上手く寝られないので寝違えてしまう・・
数年前に夫にプレゼントしてもらったがなかなか使えない「マッサージ券」
壁に貼ってあるそれをじ〜っと見ていたら
「まだあるんだコレ・・」とめんどくさそうに夫
「だって有効期限は何処にも書いてないよ!」と私
「40分じゃ長すぎるんだよ」と、自分で作ったくせに文句をいうので
「じゃ、あと5枚もあるから10分のチケットを20枚作って良い?」と聞いてみたら
渋々「いいよ・・」と
よっしゃ〜

ご丁寧に「40min」と一枚一枚に書かれている(笑)
 12.9.21 今日からビックサイトで旅行博
毎年日本のお客さんに来てくれるよう多くの国や海外の旅行会社が
日本に来て宣伝キャンペーンを行うアジア最大の旅行イベントです
香港や台湾は賑やかに出店してますが中国ブースは2010年に引き続きドタキャン
「不買運動」に加え「不売運動」もなのか・・って感じですね

スロベニアブースで政府観光局メンバーとして働く夫
12.9.15 「ちょっと触らせて」という夫を
「ダメ、今大事なとこだから」と拒否し
育て上げた黄金ナメコもどき3匹
・・だからなんだって言うのか・・

そう、必死になって取り組んでいたのは
とにかく早く止めたかったからです
こういうの始めるとキリがつけられない性格なんだなぁ・・私(苦笑)
だから海外ドラマとかも絶対借りて見ないことにしている

もっと大人になって、
お外に遊びに行けなくなったり、本を読むのも辛くなったら
ドラクエを1からコンプリートするのが目下私の夢
 12.9.10 病気を理由で一国のトップを大事な時に放り出し国益を大きく失わせた人が
隠居もせず未だに政治の場にいること自体に驚きだったが
また総理の座を狙ってるって!
何処まで日本の政治って仲間内なんだろう・・
 12.9.8 この夏は結構本を読んだ
一ヶ月半で12冊くらい読んだかなぁ・・
その中でも「菜の花の沖」には嵌まった
全六巻中の一巻だけヨーロッパに持っていった、が一気お読みしてしまい
仕事でくるツアーアシスタントにお土産としてをおねだりしたり
終いには親しいゲストにネットで購入した本を送りつけ
ヨーロッパに持ってきて貰った(笑)

この司馬遼太郎が高田屋嘉兵衛を書いた
「菜の花の沖」は北方領土問題を思うに考えさせられる一冊
そんなことより感動物語なので是非どうぞ〜
その他にも星野博美のエッセイが大好きで大体読んでる
感受性豊かな彼女が等身大の目から捉えた世界を上手く表現している
きっとカメラマンの彼女はどんなモノでも相対的で無く
一旦彼女のレンズを一枚通して見るんだろうなぁ・・
中国に関する本も内側に深く入りながらもあくまで異邦人としての視点で書いていて興味深い

北海道、ロシア、中国、香港と
スケールの大きい本を読み、ヨーロッパで幾つかの国を渡り歩き
物事を「国単位」で偉そうに語っていたのに
湿度の多い日本に帰り、秋の気配が少しづつ感じられはじめた今
私の横にはキノコが生え始めた!
ナメコだ・・・
「あ〜時間が勿体ない」と思いつつ
刈り取りが忙しく、本読んでるヒマは無い!
今の私の世界はスマホの栽培室だ・・・


 12.9.7 ベースキャンプでのクライミングの前に入間の魚一に行ってみた
ランチで1500円くらいなのに雰囲気も料亭風だし
(料亭って行ったことあるのか?)
器も凝っていて素晴らしかった!
やっぱり日本食は素晴らしいなぁ〜

 12.8.26 私は霧ヶ峰と双子池天祥寺ヶ原へのガイドだったが
夫はイギリス人親子のプライベート依頼で富士山へ
しかし富士山、凄いらしい・・
吉田口からは五合目までも一杯でたどり着けず三合目半くらいからのスタートだったらしい
帰りの車も大渋滞、26日は私もバスで中央高速だったが
「お盆より酷い」ってドライバーさんが言ってた
「夏休み駆け込み思いで作り??」

富士山って凄いよね・・
私の親戚も昨日登ったけど
富士山登るために初めて登山靴買う人がいっぱい居るんだよね・・
怖い・・
日本が世界に誇る山だっていうならある程度規制するべきだと思うよね
 12.8.25  とうとうマービーが炎上したらしい!
調子悪いのにケアしてあげないんだもんな・・
 12.8.23 今年はミラがバッテリー上がり
マービーは一発で掛かったがギアがどうも調子が悪い・・
こんなに暑くちゃ車も大変だよなぁ・・と(笑)

ヨーロッパとは走行車線が反対なので「大変?」と良く聞かれるが
何故か運転すると数秒で大丈夫になるから不思議・・
それより日本高速道路を運転していて車が全体にモノトーンなのに違和感を覚える
「みんなこれからお葬式?」って感じだ・・
しかも相変わらずの渋滞!高速代金高すぎ!
イタリアがヨーロッパで高い!と文句を言ってもせいぜい日本の半額以下だと思う

そういえば韓国の高速道路は凄かった
4-5車線もあり土曜とか日曜はバス専用車線もあるのね
サービスエリアは日本を模倣してるのかまるで談合坂とか海老名みたいだ!
ヨーロッパは土日トラックは指定車以外走れない

日本の高速ももっと工夫を期待したいなぁ
 12.8.14  
板橋駅の隠れ部屋に帰ったらマーチャンたら・・感激
 12.8.12 今日思った
ヨーロッパでは最終的な味の調和をキッチンで作り
韓国人はそれを皿で作る
そして我が日本人は舌で作るんだよね

追記:我が夫はそれを胃で作るらしい・・(笑)
ランチは麦飯定食、薬味や素材をお好みでボール皿に入れてかき混ぜる。これで560円
 12.8.11 2ヶ月放置状態の家に戻るが嫌だったので今年は夫にそのタスクを譲り
急遽私は今回大韓航空だったんでソウルで暑さアクリマティゼーション中(笑)
今年5月に魅せられたソウルは今も健在。本当に活気がある
昭和の世代に育った私には
何て言うのか他人との距離感の短さが
懐かしい雰囲気で居心地が良いのですよ・・

今回はもっとボディケア系を求め今日はチムジルバン(韓国風健康ランド)
肩は動かないしモモを押されるのは苦痛だしあちこち何時も傷だらけ
おまけに三週間前に転んで尾てい骨にヒビ入ってると思う
マッサージ受けても何時も痛がってばかりだけど
少しの快楽と冒険心を求めて痛さや怖さを乗り越えるのはMなのでは?
と思うが、通り過ぎることが出来ない性分なのだ

健康ランド入浴入場と垢擦り+マッサージ+フェイス+シャップーみっちり1時間
あわせて65000wだよ〜(4500円)
ついでにもっと痛い「顔のうぶ毛取り」ってヤツにも挑戦してみた(1050円)
涙出ちゃったよ・・痛くて・・

チムジルバン、楽し〜!!
この健康ランドで日本人と見破られないように
アウエーで日本対韓国の女子バレー見てくつろいでましたし・・


東大門近くの市場。直ぐ横は屋台で賑わう             ソウル駅近くのチムジルバン(日本でいう健康ランド)

 12.8.7 やっとスロベニアの自宅に戻る。
スロベニアでメダルを取った人が凱旋帰国したのでBLEDは大賑わい
お義母さんも1時過ぎに帰ってきた(夜だよ夜)

お義母さんへのお土産にクリスの子供に買っていっブタをあげたら大喜び
6才の女の子より彼女の方がはしゃいでいた(笑)
さらに次の日には燐家の友人を家に入れてブタを見せて遊んでいたよ
・・・

 12.8.05  彼のGPSにインプットされたスイッチが入っちゃったのか
チャルビニアからお客さんをクールマユールに案内しそれからミラノへ
そして又アオスタに戻りスイスのローザンヌ近くの街へ
今年春まで日本にいた友人クリスの家族を尋ねる事になった
「え・・スイス?すっごく回り道じゃない?」と言ったけど
目的地が入力された彼はひたすら運転しスイスへ
900kmくらい回り道した気がする・・
でもクリス元気そうで何よりでした

日近郊の岩場で登りました

 12.7.31  登ったゾーモント・チェルビーノ!!
そしてマッターホルンを抜け(実はピークは二つある)スイス側に降りました
私とツヴェートさんチームは遅れてしまい20時間もかかりました
ヨーロッパはなんと言っても追い越し技術が必要だよね
チルビニア側からはルールが無いので
40人位の一番最後に出発した私達は全員を抜かしての登頂
下山側にもまだ遅いグループが降りてたりして・・
日本的な「遠慮」は此処では通じないなぁ・・と

 12.7.29  イタリアのチェルビニアという街に来ています。
此処から見るマッターホルン(イタリアではモンテ・チェルビーノと呼ぶ)は
ものすごくでかい!!街の後ろに覆い被さるようにそびえ立ってます!
明日からこの街からスタートするわけですが・・

先日連れて行ってくれたフェラータの最後に駐車場近くで思い切り転倒
尾てい骨にヒビが入った気がします・・
ヒビで済めば良いけど・・痛い
靴履いたりアイゼン付けたり、下を向くのが辛い
お尻に力が入らない・・
その上高山にめっぽう弱いので大丈夫なんだろうか・・と
天気は良いみたいですけどね・・
しかし尻が痛い・・
 12.7.21  なかなか時間があわないので今年はあまり遊べなかったマルティン君が
突然雨の中BLEDまで来てくれて
「誕生日一ヶ月遅れだったね、ゴメン」と言いいプレゼントにジャムなどをくれた
去年亡くなったお母様が作ったジャムと自分が作った松の実とクルミのペース
正直毎週私達に「今週末はどうする?何処行く?」と何度も聞いてきて
聞いてくる割に何時も何だか解らない行動をする面な青年だが
こういうことをするから憎めないんだよなぁ・(笑)


 12.7.16 以前紹介されて「アルプスの谷に亜麻を紡いで」というチロルの奥深い谷間に暮らす
古いヨーロッパの生活を日本人が取材してまとめた本を読んだことがあり
先日その街に行ってみた。大きくて有名な教会が谷間の街の割に立派で素晴らしかったが
本に書かれていた素朴な生活の跡を見ることは難しい
オーストリアは変化が激しかったからだろうなぁ
引き合えスロベニアの方がまだまだ純なヨーロッパらしい村が一杯あると思う
あの本に書かれていたような生活をまだ続けているような農家もあるし
現にウチのお義母さんもかなりヨーロッパの伝統的生活を維持している

昨日お義母さん(78才)に昔の事を聞いたら
まさにあの本に書かれていたような農家に済んでいたようだった
5才の時に初めて羊飼いの仕事をし14才でお父さんとオーストリアに土木の仕事を手伝いに行き
15才で1人でクロアチアの農家に三ヶ月出稼ぎに行ったという
実家の冬は寒く小さな部屋に兄弟10人くらいが蚕棚のようなベットで寝て

敷き布団は藁、掛け布団は無く洋服をかけたらしい
「靴は家に一足しか無かったので片道1里以上を裸足で通っていた」とか
「寒いときは牛の糞に足を入れて歩いた」とか
今ではこんなに立派な家に住み美味しい食べ物を食べているので
笑い事の様だけど「本当にいつもお腹が空いてた・・」と話してくれた

ウチの亡くなった母は九州の農家生まれ、と彼女は同世代だが
そこまで貧窮した生活の話は聞いたことが無いけど、どうなんだろう・・
干し草とか藁で寝たって人は当時の日本に居たのかなぁ・・
まぁ干し草が無かった・・って事もあるだろうけどね

マリアルガウの教会
 12.7.15  やっと雨が上がったので庭の垣根を剪定
「ちょっとだから・・」って電動のこぎり(?)をお義母さんは買わないのだが
ちょっと・・って言ったって15mはあるので結構大変。

それより嫌なのが
道路に面した所で作業していると、
「可哀想に・・いい歳して異国で労働しなくちゃ行けない出稼ぎ労働者なんだ」
って道行く人が絶対思ってるだろうなぁ・・感じること(苦笑)
 12.7.13 さっき気付いたが・・
この家でゴミを捨てると検問が2カ所らしい
第一は夫・・
第二はお義母さん・・
全くオチオチゴミも捨てられない(苦笑)
モノを大切にする気持ちは解るけどさぁ・・
こっちとら高度成長時代で育ちバブルを経験した都会っ子なんだよぉ〜
  12.7.06  虫取り超音波の小さい私事に悩みながらも(下)
今日は日本時間18時からしっかり官邸前抗議デモ中継を見ていました
皆さんご苦労様です。参加出来なくてゴメンナサイ
会社帰りや主婦等通常デモとは関係なさそうな普通の人が参加してます
遠くから来た人や福島の被災者も参加してます
「子供にこのシーンを見せておきたい」と、子連れの参加者もいます
「原発擁護だと一部に誤解されてるので、違います再稼働反対」と
坂本龍一さんも参加してました

初めは歩道だけで行われていた抗議運動はさすがに人があふれ
道路を閉鎖して行われてましたが
地下鉄出口を規制してデモに参加ししたい多くの人を
地下鉄通路に閉じ込めてしまったり
霞ヶ関に誘導して会場へは向かえなくしてしまった様です
でもみんな冷静で警察との衝突もなく
霞ヶ関では「ふるさと」の大合唱。みんな涙だったとか・・

結局こんな大事なことにも国民投票のない日本では
この方法しか意志を示せないのでは?
これなら国のリーダー(政治家なのか経済人なのか)が無視できなくなる
選挙で意志を表明?誰に?どの党に?
ほぼ公約を守らない選挙や政治に何の意味がある・・

今回からやっとNHKでも報道されましたね
他の局も新聞も取りあげてました
カンパのヘリは飛ばなかった様だけど日テレが飛んでたみたいですね
(自由報道とか岩上ジャーナルがカンパで飛ばそうとしていた)
主催者発表だと15万人警察発表で2万人とか
毎週金曜の夜やってます
行きたい・・


それとは別ですが
河野太郎氏がツイッターで呼びかけてました

ひっそりとエネ環境会議のエネルギーの選択肢へ公共意見募集が始まったそうです

「パブコメで、きっちりと国民の意思を示せないと、
このままエネ庁のシナリオそのものになります」と
是非意見を

 12.7.05 スロベニアの実家滞在最大の楽しみはバルコニーライフだ
日が差す午前中は暑い我が家のバルコニーも午後からは日陰になり
そうすると日本とは違いひんやりとして本当に過ごしやすい
呆れる夫を尻目に監督イスを買いもとめ
夕方から遅くまで(9時半くらいまで明るい)のんびりと本読んだり夕飯を食べたりする
世の中の贅沢を独り占めした気分だ

が、こんな私の秘やかな贅沢が今年は犯されてしまった
外に出ると何処からか耳障りな超音波のような音が10秒おきに鳴る!
24時間鳴る・・イライラする
初めは何だか解らないし、
お義母さんには聞こえないらしいのでみんなに聞いていたが

一昨日隣の家の人が
「あぁ・・それウチの虫除けの機械じゃ無い?」とあっけらかんと言われた
確かに・・音はそこから来ている
お義母さんも「原因が判って良かったね」ってな感じ

高齢のお義母さんも高齢の隣人もその家族も耳が遠い
この辺住人はみんな年寄りばかりなのだ・・
夫も都合が悪い事に関しては耳が聞こえなくなるらしい(苦笑)
私のバルコニーパラダイスは終わりなのか・・(涙)


 12.7.03  あー金曜日の官邸前デモに参加したいなぁ〜
叫んだりドラムならしたりは嫌だけどキャンドル持って静かに参加したいなぁ・・
数十万規模の人が道路を埋め尽くす光景が見てみたい
だってこの国で今できる事ってそれくらいでしょ?
選挙行って投票して政党応援しても裏切られる訳だし
代わりに行ってね〜

スロベニアからも気にしてニュース見てます
 12.6.30  ルーマニアからの旅行社は観光バスにトレーラーを引いてくる!
何故?って思ったら旦那が
「彼らは節約のために全ての物資をあの中に入れてキャンプして観光するんだよ」と。
チェコからの登山者(すみませんチェコに限らないかもでも実際多いんです)
テント泊禁止の山中でコソコソとテントを張って問題だと・・

でも私はそこまでしてまで観光や登山をしようとしてる人の事を責める気がしない
私達と同様、異国の文化や未知の山を見てみたいのだ
何がいけない??
まして違法だと知りながらも異国の高い山にテント背負ってくる彼らを
自然保護や秩序の名のもとにそんなに責めることは出来ない
そんなに文句言うなら代わりに払えば?とも思ってしまう
キット高いと知っていても外国に来るくらいだから
自国では真面目に働いて稼いでるんだろうと想像出来るし
私達はたまたま運の良い時代の運の良い国に生まれたので
自国の経済や通貨か強いだけじゃない(特に今年は強い)

それよりそんな運の良い国から来て
ちゃんとしたホテルにとまり
ちゃんとしたレストランで食事する旅行者の
せこい行為の方が許せない
結局下の内容と同じか・・(苦笑)
※今来ていただいてるウチのお客様とは絶対ちがいます
 12.6.29  グループでスロベニアハイキングに来て頂いている
ランチを手配したレストランのウエイトレスが不思議がって旦那に聞いたらしい
(同じスロベニア人なので聞きやすい)
「この間も日本人のグループが来たけど・・どうしてこんなに態度が違うのか?」と
前回のグループはもっと大きなグループだけど騒がしいくせに
誰1人として飲み物を頼まず、もちろんチップも無し
今回私達のグループは皆さん適当に飲み物を頼んでくださり
添乗の方が少しずつ大目にお金を集めてくれてそれをチップとして渡してくれたらしい
ちょっとプラウド!

先日も他の人との話で「クロアチア・スロベニアの旅行・・安すぎる」って話しになっていた
特にスロベニアの場合は幾つもの会社が関わるので最終的に叩かれる。
特にランチとかは凄く叩かれてるらしい
その安いツケは全て末端のスタッフに掛かってくる

それなのにそういう安いツアーに多いのが添乗の人が
「レストランでは高いので水とかは予め買ってバックに入れておくように」と指導するらしい
現地スタッフは日本人をみると「ノーサンキュー」の気持ちらしいよ
※ヨーロッパでは水は日本と違い飲み物の一種です
  私達もテーブルウォーター(水道水・無料)を頼みますが
  それはワインとかコーヒーとかアイスクリームとかアラカルトで頼んだ場合です
  グループにも良く知った店ではテーブルウォーターを頼みますが
  それなりの見返りは渡してます

節約が悪いわけではない、私も相当にケチってる・・
でもなら4-5星クラスのレストランやホテルを選ばない選択をして貰いたい
(まぁこれは旅行会社が悪いのかも)
それなりの施設ではそれなりの振る舞いを出来るのが他国を旅行する人の勤めだと思う

 12.6.28 お義母さんレスカは最近、ドラマに嵌まってるらしい 
朝日7時からイロイロ見て涙を流してるらしいのだが
50過ぎた息子が部屋に来そうになるとサッとテレビを消して
「まるで小さい子が親に隠れてテレビを観てるようだ」と呆れられている(笑)

イロイロ見ているドラマの中でもトルコのドラマが一番のお気に入りらしく
45分ドラマを再放送まで毎日見てる!
「なんで2回も?」と聞く息子に
「字幕が早いので2回見ないと理解が出来ない」とのこと
・・・・・・・
 12.6.27 今年は春の天候が悪くこの辺の果物は全滅
毎年楽しみにしている(途中からは辛いが)さくらんぼもゼロ!
酸っぱいさくらんぼが辛うじてなっていたがコレは鳥にみんな食べられた
今はラズベリーとスグリがなっているがコレも実が熟すと鳥がついばんでいる
お義母さんが楽しみにしていた柿の小さな果実もみんな食べられてしまった

そして今日、彼女とその息子は鳥に宣戦布告をし
ネットやら脅し道具やらを用意し二人で合戦の誓いを立て
「いいじゃん別に・・」と人ごとに構えている私に
バルコニーに作った鳥のえさ場をすぐさま撤去するよう命じた
 12.6.21 千春ちゃんお誕生日おめでと=って事で
夫を招待して(ガイドさせましたが)
イタリア単独最高峰グランパラディーソ頂上です
考えてみたら2009年モンブラン以降高い山に登ってないじゃん・・
(2月にリゾートスキーでベイルに行かせて貰いましたが)
出るのも遅かったけどドンドン追い越されて
やっとの思いで頂上へ
(2700mの小屋から1300mも登るんだよ〜)

元々高度障害があるのでドキドキでしたが何とかクリアー
周りの山々がモンブランをのぞいて雲の中なのに
此処だけ快晴の神様からのプレゼントのようでした〜

しかしイタリア人・・
限られた頂上で写真を撮りまくるのは良いとして
待ってる私達がいるのにランチ食べ出しちゃうんだよね
でも「イタリア人だからね」って事で
全世界の人に許されちゃうのも
遠慮がちな日本人には魅力的な国なんだよなぁ・・

 
グランパラディーソ頂上にて
※レポトーは明日あたり書きます(ハイ)
 12.6.18  早速我らがマルティン君から「週末何処行く?」攻撃(笑)
てな理由で土曜はリュブリャーナで「鳥人間コンテスト?」を観て
ワインフェスティバルに参加。
小諸マンズワインのフェスにも行ったことがあるが比で無い!
100近いのワイナリーが露天で試飲を提供
10EURでワイングラスを借り(返すと返金される)何処ででも飲み放題!
ってか「試飲ですけど・・お客さん」
マルティンの次から次への事運びにベロベロになりましたよ(苦笑)

秋の催しはもっと凄いとか!
マルティンコーディネイトでツアー作りますよ!
6人くらいで如何でしょうか??


左からマルティン/ティアーシャ/ツヴェート
 12.6.14 今回は大韓航空とエールフランスを乗り継いでスロベニア入り
アジアのキャリアはヨーロッパのそれに比べるとサービスが良い
1時間半出発が遅れパリでの乗換が大変と言うことで
最後の30分はファーストクラスに導かれ早く降りれるようにしてくれた

しかしシャルルドゴールはでかい
案内の看板が見つけづらいのと乗り換え時間が1時間切っていたので
係員に指示されたように小走り、途中サインが解らなくなったので
係員にボーディングパスからターミナルへの指示書まで
全部見せて聞いたら「此処に並んで!」と投げやりに指示
何か変だなぁ?と思いながらも並ぶしか無く・・20分も並んで通関したところで
もう一度別のスタッフに確認。
「違うターミナルですよ」と!トホホ・・
もっと時間に余裕があれば人に聞かなかったのに・・と後悔

それからクルージングしてシャトルバスに乗り何とか別のターミナルへ移動
此処には通関は無く手荷物検査だけだが
しかし人はノロノロと・・、おまけに靴まで脱がないといけないし
最後はパソコンやら脱いだシャツやら液体物袋をジャラジャラ抱えて
酷い形相でゲートへ突進(結構遠い)もう出発5分前!
息を切らしてゴールインしたら
見通し無しの遅延らしい ふぅ〜
結局1時間遅れで出発でした
あ〜疲れた
 12.6.13 本日より2ヶ月ばかりヨーロッパです
出発の前は本当にいつもバタバタ・・
夫は毎年先にヨーロッパ入りするのでこんな苦労は知るよしも無い

仕事に加え、庭の最終手入れ、掃除、ゴミの処理 
そして電話や郵便物の取扱手続き
最近はメール便もあるので郵便だけ止めるだけではポストが一杯になってしまう
郵便局に行って郵便の留め置き手続きをとったら
その手続き完了のお知らせを明日以降送りますと言われた
「え?まさか郵便で?」と聞いたら「ハイ、そういう決まりなので・・」と
もっと前に手続きすれば良いのかも知れないが
明日からの郵便物を止めるお知らせが明日以降に来るとは滑稽話のようだ
さすがヤマトは電話で融通よく留め置き、佐川はそういうサービスすら無いらしい

今は奇麗な庭、ナスタチュームも可愛らしい・・バジルも育ったし
2ヶ月後に帰宅したら全て野生化して雑草に負けてるんだろうな・・



スーツケースを計ったら23kg・・
ワーどうしよう・・と思うより
スーツケースを計るために久々に乗った体重計がで自分も3sオーバーな事を発見
やばっ
 12.5.29 テレビも無いけどレンジも洗濯機も壊れ
厳しい生活を強いられてきた
買えないわけじゃないんだけど、誰が買うのか?ってトコが問題。
考えてみれば我が家のファシリティは全て私が購入している
悔しいから同居人が買うまで待っていたらこ、ういう事態に陥ったわけだ(苦笑)

テレビは問題ないしレンジも無きゃないでなんとか出来るけど
洗濯機はね・・・
水漏れするので洗濯バンに大量に漏れる水を毎回ポンプで出しながら使うこと三ヶ月
私の負けだ・・・

結局レンジも一緒に購入し
本日我が家に新しい家電が到着っ!!



 12.5.23 マジッソヨ〜(だったかな?)
美味しかったです韓国!(何しに行ったんだか・・)
もちろんクライミングもたしなむ程度にはいたしますが
私の場合、基本的に胃袋が旅してます
(と言いつつ生傷がたえません・涙)

いや〜韓国、感動でした!
実は20年前に行ってちょっと怖かったし
そのころNZで出会った若い韓国の女の子に反日教育の成果を見せられたこともあり
近い国ではありながらもちょっと気持ちが遠かったのですよ・・
でも今回の旅で韓国の進歩と成長を見せつけられました
こんな事いうと優位な立場からモノ言ってるようだけど
実際20年前と全然違うんだもん!

まぁどっちが上か何てことは関係なく
彼らの強いだけで無く活発で優しい精神に感激しました
経済成長により日本人にも優しさを見せるゆとりが出来たのでしょうか?
韓流の女性達の大いなる功績でしょうか?
本当に今回出会った韓国の方達は見事にいい方達ばかりでした


日本人にコトに親切なゲストハウスのキム・ウン・ペさん
個々の抱える細かい問題に誠意を持って対処してくれてます
「私が出来ることなら何でもやります」と言ってました。頭がさがります

大統領官邸広場でず〜っと待ってたバスが来ないと諦めかけたら
言葉もわからないのに身振りで私を引き留めて
警備の警察官がバス会社にまで電話してしてくれました

山ではヘッテンを忘れた人に(そんなに問題じゃ無かったんだけど・・)
付き添ってずっと歩いてくれた男性
電話で英語のあまり解らない宿に人に連絡してたら
事情を察して「僕が手伝いますよ」と助けてくれた若者
道を聞いたら日本語が判る人に電話してまでくれた商店の人

日本だったら「ちょっとお節介?」と思い、今時はためらわれる親切を
積極的に買って出る韓国人に私達が無くした何かを見た思いでした


特に夫が同行してからは(白人なので)
本当にみんな直ぐに話しかけてきた・・
しかし儒教の影響が強い国とはいえ
何故か二言目には年齢を聞きたがる・・・(笑)



お馴染み石焼きビビンバ
 12.5.14 週末は女子ハイキング第2回目で大菩薩峠
そしてC3フィットのモニターハイキングで茅ヶ岳&金ヶ岳に行ってきた
大菩薩では福ちゃん荘の前で怪しい女性ヨガ団体
でもこれが気持ちイイィ〜!
関係ない登山者も遠巻きに混ざってましたよ(笑)

そして茅ヶ岳では木陰から足を盗撮してる
変質者が付きまとっていてました!
PEAKsの取材のカメラマンが木にもたれて撮っていただけです(笑)
6月号に載るそうです

参加者みんな頂いたゲーター
これすっごく良いです!普段の生活も使えます

注)太ももでなはくふくらはぎですよ・・
 12.5.11 大使館から招待状を頂いたので
スロベニア&日本のビジネス会議に出席してきた
旅行やカルチャーなどのイベントは一杯参加してきたが
ビジネス関係は初めて・・
大手企業・重鎮方の前で自己紹介などして恥ずかしかったです(汗)

私の知ってるスロベニアとは違った
発電やバイオ、ITなどいろんな面で
日スロのビジネスが成り立ってることに感慨
しかもスロベニアから日本にテクノロジーが来てる面もあるとか!
個人的には「でもワインでしょ」って感じでしたが・・(笑)

皆さん大体が「小さな国なのに世界のTOPになれる才能を持った人が
一杯いる不思議な国」って印象を持ってるんだなぁ〜と思いました
 12.5.10 今週ショックだった事
マックのコーヒーのお代わりが廃止になってしまった事
GWウィークのどさくさに紛れて・・
悲しいよ〜マクドナルドさん・・
 12.5.5 稼働原子力発電ゼロに乾杯!
今日はお祝いにソーラートーチをお庭に増設したぜよ〜
!!
 12.5.04 天気も今ひとつなので家で仕事しながらマッタリしてます。
やることは一杯、やりたいことも一杯
でも何となくダラダラ・・と

以前知人に「今日が一番若い」って言われて納得したんだけど
考えたら同様に「今日が一番年取ってるんだよね・・」
だから「もう若無くないから・・」とか
「年を取って落ち着いたら・・」なんて事は言い訳で
やっぱ「」なんだよねキット
でもダラダラ・・ネットサ〜フィン
 12.5.02 中には私の小さなゴミ問題に関心を寄せてくださっている
既得な方もいるかも知れないのでご報告です
2年間頑張りましたが仕事とゴミ当番の両立は難しく
自分でゴミ処理場に持って行くことにいたしました
(市役所に相談したら有料でOKとのこと)
隣も引っ越したので私が抜けると
この辺は6週に1回の割で当番が回ってきます(恐)

前から考えてはいたけど言い出すキッカケが無かったし
広報誌には「家庭ゴミは焼却所へ原則持ち込み禁止」
となっていたのでためらってました
しかし私の所属する「ゴミグループ」からの下記のお達が・・
1:当番はネットを自治体から借用し洗って返す
2:ゴミは極力午前8:30近くに出す
3:ビニール袋には新聞紙を入れて外からゴミを見えなくする

そういや前にゴミ出してたら当番の人にやんわりと
「袋は半透明でもスーパーのではなく指定のゴミ袋でないといけない・・」と言われ
(そんな事、市では言ってない)
「生ゴミは隠すように」と言われた(これは何となくやっていた)
私が「今一人だからほとんどプラスチックゴミです」と
貧困な食生活丸見えのゴミ袋をを見せたら
「本当ね・・」と呆れられ
「でも生ゴミがあるときには新聞紙で隠してね」と言われたので
「新聞とってないんですけど・・・」と言ったら
返す言葉無し!って感じでした(笑)
自分でもつくづく社会人として失格?って思いましたよ

質問したくてぐっと押さえたケド・・
ゴミ収集円滑のために半透明の指定ゴミ袋を推薦しておいて
カラスの為に新聞紙で隠すのは矛盾してるんではないでしょうか?
今となってはどうでも良いけどね
 12.4.26  縁あってアメリカ在住の台湾人の観光添乗を9日間した
能登から金沢・山中温泉・立山・上高地・高山・白川郷・粟津温泉って感じで
日本の漆芸をみたり山をみたり里をみたり
私には悲しいかな中国語と台湾語の差が解らないのだが
行くところ行くところに台湾人がグループでいるらしい!
2月に阿寒に行ったときにもホテルには台湾人だらけだった
どんだけ日本を旅行してるんだか・・・
彼らの話では都市には中国人がいるが少し地方の観光に来てるのは台湾人だとか
震災からこのかた台湾人様々ですね

何故くるのか?
私のお客様に関して言えば、「日本が好きだから
日本の文化とりわけ日本人の心情が好きだとか・・
あまり誉められるので照れくさくなるというか
彼らが思ってる日本人の長所を失わないようにしなくては〜!と痛感です


そんな旅の中
アルペンルートのチケットを購入し富山側の団体の列に並んでいたら
スタッフが私のチケットを見て「ちょっと来てください」と・・
お客さん置いて行くのは・・と思ったけど支払いが間違っていたらしく
バタバタとチケット売り場へ、聞けば払いすぎてるとか!
4人がかりで私にお金を返し領収書を再発行
列に戻ったときにはお客さんはケーブルカーに乗っていた(汗)
お客さんも私も「支払いが足りなかった」と思っていたのに
「いや払いすぎてたのを発見してくれて戻してくれたの」と言ったら
みんなビックリして「ほらね?だから日本が好きなの」と言われ私も嬉しかったです
 12.4.20  
自分だったら絶対に泊まる機会がなさそうな旅館
台湾の方達に同行して泊まりました!フフッ
山中温泉・厨八十八さんの夕げです
 12.4.16 1ヶ月ぶりに夫が成田に帰ってる明日の朝、
私は羽田から10日間の仕事で能登に向う 
私が自宅に帰ってくる日には夫は利尻だ
あ・うんの呼吸で避けているのか?私達・・(苦笑)
 12.4.14
雨の中でしたがアルパインツアー主催の山女子ハイキングがスタートしました
現役バリバリの登山家女性ガイドとの二人三脚なので力強い!
しかもヨガインストラクターという奥の手も持っている!
怪しい女子グループが登山口で怪しいポーズを決めていたら私達です
この日は天候が悪く早く下山したので温泉施設でたっぷりと
猫になったり赤ちゃんになったり・・(笑)
12.4.9 北海道の格好いい女性ガイドと城山でクライミング♪
 12.4.6  
スロベニア滞在中の夫から送られてきた写真
実家のイースター準備の様子とお義母さんレスカです♪
 12.4.3 凄い風でビックリ、東京の桜はまだ1-2分咲きくらいなので
良かった〜♪来週はお花見したいなぁ・・また1人で?(笑)
雨の中ビニール傘と戦ってる人、大変そうだったなぁ・・
女性達も大変そうだから車に乗せてあげたい気持ちは山々だったが・・
先週地方に住んでる友人女性からの体験談を聞いて親切は自重した!

彼女、暗い夜道を1人で歩いてる女高生に
「危ないから乗ってく?」と車内から声をかけたらしいんだけど
翌日警察が「変質者容疑」で家に来て職務質問されたらしい
信じがたいが・・友人はかなり傷ついた。

だよね〜乗車を断った女子高生に問題は無いけど
何も危害を加えられてないのに警察に電話したその家族って・・どぅ?
そのまま抱え込むのは私も悔しいので
「警察に行って“悔しい〜”って泣きまねの一つも大げさにやってきなよ!」と葉っぱかけてみた
「絆」モードは??
日本は一体どうなってるんだ!
 12.04.01 旦那が実家に帰ってしまったので1人で羽を伸ばそうと思いつつも
全然パットしない!朝から晩までコンピューターに向かい合ってる。はぁ・・
このまま食事も家ですると本当に引きこもりになってしまうので
さっき1人焼き肉に挑戦して来た!
とうとう「1人焼き肉屋」デビューしちゃったよ!
カルビとタン塩焼いてきたぞ!
ふんっ!

この「ふんっ」の意味が我ながら何だか解らないが
1人カウンター寿司屋よりは居心地悪くなかったぜよ
 12.03.29 昨日はレディースデーなので評判の「戦火の馬」を1人で見に行った
動物モノだからね・・もちろん涙涙ですよ
「犬」ものほど嗚咽しないけどね
動物モノは人とは行けないよね・・(苦笑)
 12.03.28  あれから2週間も経ってしまったが・・
再びピーターバラカンさんネタです
そう昨日知りましたがショック!
朝の「バラカンモーニング」が今週いっぱいだそうな・・
震災直後から寄せられたメールや他メディアでは流さない情報を伝えながらも
「僕は公共の電波で話しているのでこういうことへのコメントはしない方がイイと思う」
とか・・とても真摯な姿が伝わってきました。
もちろん音楽に対しても「僕は途中で音楽を切るようなFM放送をしたくない」とか
とにかくゲストを呼んで3人くらいでバタバタしゃべってるFMに辟易してる中
「FMやDJってこうじゃなきゃなぁ・・」と何時も思ってました。
本当にメディア会の稀少な良心だと思ってます。

脱原発」をラジオで伝え「え?此処まで言っちゃうの?」って事もありました
そのために番組を降板させられるって見方もありますが
日曜の夜にも枠が出来たようなのでそれは「?」ですが・・

でも彼が番組で下記2つの資料を伝えたことは凄いと思うので
反発もあったと思います(多分他にもあったんだろうけどね)
彼の勇断を尊敬してます

「福島の嘘」ドイツZDF制作(日本語字幕)
菅直人前総理のこんなコメントって日本の放送局でもやったのかなぁ・・
ドイツに流れていて日本人が知らないなら情けない
震災直後の風向きもドイツとノルウェーのメディアでしか流してませんでした

「原発がどんなものか知ってほしい」平井憲夫さんの手記
これは私は震災前からしってましたけど当時は「?」と思ってました

今でもこれは「?」かも知れません・・・・
 12.03.14  あ〜やっと確定申告が終わったさわやかな朝
ピーターバラカンさんが男性と女性の脳の違いを話していた
たぶん以前世界的ベストセラーになった「地図を読めない〜」の話し?と思った
私はひねくれ者なので「バカの・・」とかその手のベストセラーは
気になっても読む気がしなかったが
ピーター様もお読みだったのねと嬉しくなった

実は今年私も遅ればせながら本を読んで2人でテストをやって見た。
私は中間の結果だったし「みんなこんなもんでしょ〜」と思ったが
夫は極端に“男度”が高かった(笑)

“歯を磨くときに洗面台に頭を折り曲げてひたすら磨く”
私には「?」としか思えず“洗面台を占有しないでよ!”と怒っていた行為は
まさに“男度”の象徴だったのか〜(笑)
「順番ですから」と言って優先順位を考えず
順列にしか物事処理できないしね・・
 12.03.13  世間は「瓦礫処理」ですったもんだ
「東北の苦労をみんなで分かち合おう」というプロパガンダ
「引き受けないなんて身勝手!」というメディアに踊らされた人達
日本を戦争に導いたモノと同質の何かを感じちゃいます

そもそも「瓦礫」ってそんなに復興の妨げになってるのかなぁ・・
津波で全て流された人にとっては瓦礫も単なるゴミでは無い気がする。
 歌津でボランティアしていた時、
 それこそ瓦礫の中でボロボロになったヘドロと土砂混じりの中から
 帯や着物を一生懸命引っ張り出したんだよね・・
 もちろん言えなかったけど私には
 「え?それ拾ってどうするの?汚いし・・ゴミでしょ?」
 としか思えないモノでした
 でも彼女には大切な大切な思い出なんだよね
 今でもその様子が目に浮かびますよ

瓦礫を埋め立てて公園防波堤を作るって案があるならそれの方がイイじゃない!
瓦礫よりもっとやらなくてはいけない問題が現地にはあるんじゃないかなぁ・・
瓦礫処理してさっぱりして早く震災を過去のものにしようとしてるのは
被災地以外の人達な気がする

もちろん線量が高い瓦礫は大問題だから持って行って欲しいだろうけど
それは汚染地域で無い所にわざわざ広げられても困るよね
福島原発近くに持って行くのが筋でしょ

「“あり得ない”被爆に畏れて瓦礫受け入れを拒否し東北の人を苦しめてる」って
新聞に書いてあったけど、
もう私達は“あり得ない”なんて言葉は信じられないでしょ?

この後に及んでも子供も食べる食品に源産地や放射線量がしっかり書かれてない国で
どうやったら瓦礫の原産地と放射線量を明確に示し「安全」だと言えるのだろうか?
 12.03.11 東京タワーが点灯しないと言うことだったので
私は日本の多くのネオンサインが
犠牲者への追悼はもとより今も外界に放出され続けている放射能汚染の根源を鑑み
この日は灯されないと期待してましたけど・・

この晩南三陸町の方と連絡を取り合いましたが
現地や関係者、デモに参加している人達と一般の人の大幅な温度差も感じました
被災地はまだ震災に向き合って戦ってる
ましてや原発の被災者は未だどう戦うのかも解らないのでは?
「復興・復興」と声だかに唱え、この震災を歴史にするのはいけないと思いました

ちょっと異様でしたが同志5人勇気をもって
池袋駅前にてキャンドルをともしてみる
 12.03.08  あれからそろそろ1年が経とうとしている
去年だってこの頃は夏に向けての仕事と確定申告であたふたしてたっけな・・
今年も相変わらずアタフタしていて変わらないけど
変わらない日常が数秒間の地震で変わっちゃうんだもんな・・

って事を考えながら、日本に来てくれる台湾人とスロベニア人のツアーを今は作らせてもらってる
先週行った阿寒湖にも多くの台湾からのお客さんがいてビックリした。
思えば震災後の4月頭に行った仙台のボランティアセンターには(教会)
台湾からいち早く10台の電動式自転車が送られてきていた
ツイッターでは「台湾からの寄付金はアメリカより多い」と書かれていた
「歴史的にも私達は日本を応援したく思っているのです」と書かれたメールを見て
本当にありがたいと思う
 12.03.07  マンタの優雅な泳ぎ姿が忘れられず・・コナミの水泳教室に参加(単純なヤツ・・)
元々水泳は息継ぎが上手くないので25mがやっとという私なので
脚に浮き輪つけて泳いだり・バサロ(見るのも初めてだし)とかで溺れかけたこと数回
もう嫌気がさしてる(苦笑)

しかしあのマンタの舞は幻想的だったなぁ〜
今思うとあの2匹のマンタを後追いして泳いだときの感覚は
パラグライダーで初めて地上から離れた時の感覚や
初めて上昇気流を捉えて上に上がったときの感覚
どちらも一度しかしたことの無い経験なんですがね・・

そしてパウダーをファットでないテレマークで3次元に滑った時の感覚
(これも数回しか経験してない)
「もうどうでもいいや〜!あ〜ゴクラク〜!」って感覚と同時に
何か自分以外のモノと一体になった感じがして周りが見えなくなるんだよ
この間思ったけどそれって“幽体離脱”に近いのかなぁ・・

凡人はスポーツとかを通してその感覚を得る事がたま〜に出来るのかな?
たぶん確率的には私が一番近いのはパウダーだから
あの感覚を求めて滑っちゃうんだろうなぁ・・
 12.03.4  
庭の福寿草が咲いてました!
 12.03.1 Wifiが使えるのでMバーガーヘビーユーザーだが
何時も思うけど、此処ってワザと注文しにくくしてない?
壁とか分かり易いところに
コンビとか100円とかセットとかが入ったメニューが 張ってあれば良いのに、
並んだとその先でメニュー見せられて
ニコッとお姉さんに微笑まれ「どちらにいたしますか?」
「〜は如何ですか?って聞かれると焦って選べなくなるじゃん
キットそういう小心者につい買わせちゃう手法をとってるのかもって思っちゃいます
現に旦那に買い物を頼むと何故か1000円近く支払ってますし・・(苦笑)
 12.2.27  角の宮本さん家に“お掃除デッキたわし”発見!
ムムム・・今回は一週間遅れかぁ〜
3月12日、旦那が長期出張なので何処に行こうか楽しみにしてたのにぃ・・
北海道プランも・上海プランも・お仕事も無理って・・
厳しい現状(涙)
 12.2.25 仕事で小笠原♪
お客さんは結局泳がなかったので大きい声では喜べなかったのだが
此処で言わせて貰う。
マンタと泳いだぞ〜凄かったぞ〜!!!!(今年初のマンタらしい)
あまりに間近すぎで怖かったけど最後に見た2匹の(2枚?・2頭?)
優雅な飛び姿は生涯の思い出
一緒に潜ったハズのおば様がしばらくたつまで「イルカ」だと勘違いしてたのには笑えた

ボートからのマンタ・サービス精神大!/写真はI氏
 12.2.15 昨日は水上でテレマーク講習でした
水上。私が子供の時には東京からの温泉地として栄えた所です
我が家も年に2回くらいは行ってました。
私の初スキーも天神平だったと思います。
お父さんはスーツ、お母さんは着物という格好でスキー場で撮った写真があります(笑)
どんな古い時代だ--!

でも今は閑散とした感ががあり寂しくなっちゃいますね
山があり、川があり、温泉があり、多くのアクティビティが出来
交通の便も良く駅前に温泉街があるという
素晴らしい立地に恵まれながら何故?と何時も考えちゃいます。
草津や渋温泉は今でも頑張っているのに・・

何時も気になる看板、インター降りて直ぐの交差点にあるヤツ。
「女性リフト券無料!18才〜24才」という看板を許している街の体質あたりに
実は問題があるのかもね・・(苦笑)
 12.2.12 アイスクライミング講習の流れで焼き肉パーティをするという事をキッカケに
以前からず〜と欲しかった「たこ焼きプレート」を購入!
当日はワイワイと焼き肉とお好み焼きでもりあがり
翌日は中高年夫婦二人きりでたこ焼きを焼いてみた(笑)
タコ入れたり、チーズ入れたり・・と、二人でも結構盛り上がる・・
手前は私の陣地、我が家には常に領土問題があるのさ〜
 
注)手前がたこ焼きで奥はたこ焼き擬きです
 12.1.30  前に書いた「コンビニでの年齢確認」
「聞いてくれないのかなぁ〜」と腑に落ちなく思ってたら(笑)
セブンイレブンはアルコールなどを買う客に
「20才以上ですか?」とタッチパネルで同意を求めることにしたらしい

同行した60才以上のおじさまが若い定員に促され
「はぁ・・これ触るの?」となれない手つきで同意してるのを
後ろに並んでたみんなで爆笑してしまいました!(失礼)

映画の「レディースデイ」とかコンビニの「年齢確認の方法」とか
ここんトコ微妙な差別に敏感になりつつあるのかなぁ
 12.1.26 昨日一回り年下の男子と「宇宙人ポール」を見に行った
水曜だけど男子同伴なので「夫婦割」を使おうと意気込んでカウンターに行ったら
「うちはレディースデイは無く、水曜はみんな割引きです」と言われた(苦笑)

つい最近旦那が
「ノルウェーあたりだとレディース割引きは性差別らしいよ」と言うのを聞いて
「そうだよね〜」と納得していたのだが、日本も早いところはそんな傾向なのね〜 
以前から「レディースデイ」とか「熟年夫婦割引」とかじゃなくて
「カップル割引き」を導入すれば良いと思ってる
そうすれば若い子が気楽に異性を誘いやすくなるのにね♪
今度は同性愛者差別って言われるかな?
 12.1.25  アメリカ、
対面したサービスは素晴らしいけど、システム的サービスは酷いなぁと思う国
たぶんお金を出せばそれに見合ったサービスを提供するのがこの国なのかな
一般的に「キチッとしたサービス」に慣れすぎている日本人には理解しづらいトコだと思う
しかし飛行機のパイロットが操縦席から
「映画をご覧の方、スミマセン、気になってる方もいると思うので・・」と
割り込んで大リーグの経過情報を流していたのには笑えました
(日本語には訳されてませんでした)
面白い国だ
 12.1.18 コロラドのベイルというスキー場に来ています(お仕事でっせ)
八方の14倍の規模を誇るこのスキーリゾートは本当にお洒落な所です
シャトルバスも完備でレストランも充実しています
今年は20数年ぶりの雪不足だとか・・4年前のこの時期に来ましたが
確かに雪無いです・・まぁ人工雪を作る環境はありますから滑れますけどね 
此処は内陸なのであまりドカ雪は降らないらしいがみんなやっぱり新雪は大好き
特に広大なゲレンデの裏側にあるボウルは非圧雪で楽しい所です
こっちのガイドに聞いた話では「7インチルール」というのがあるらしく
15cmもつもると午前中の会社のMEETINGが禁止らしい・・
そういうとこ、アメリカって凄いよね〜
 12.1.14 「最近年を取って・・物忘れが激しい」と人は言うが、
中嶋は若いときから物忘れが激しい
それは既に「物忘れ」という次元では無く「記憶の喪失」に近い。
「忘却は力なり!」と強みにまでしてる(苦笑)
家でモノ取りに2階にあがるとその階段の途中から大抵
何しに2階に行くのかが解らなくなっている
書いていて我ながら呆れるが本当なんだもん

で、そんな中嶋がモノを取りに行くときや買い物でよく使う手が
ミッションの数を「○個」って数字で覚える事だ
道中この数字を唱えながら行動してる・・手に書いている時もある(笑)
こんな馬鹿なことやってるのは世の中に私だけだと思っていたら
先日知人が同じような事をやってることを知り
ものすご〜く驚くと共に嬉しかった
 12.1.08  
家の近くで買ったパイナップル。何と3個300円(一つは食べちゃいました)
一体フィリピンでこれをもいだ人は幾ら貰ったんだろう・・
その人の子供達は学校に行けてるんだろうか・・世の中間違ってる!

な〜んて事を考えている割に、私は剥いて食べるフルーツってヤツが好きじゃない。
せいぜいミカンが限界、好きだけど梨とか桃とか手がベチャベチャになるし、
キウイなんて手がチクチクするし・・
パイナップル剥くなんて職人技だよねぇ・・ムリ、無理!

一方旦那は果物が大好き。
何日も置きっぱなしのフルーツを見て「何で食べない?」と責めるので
「剥いてくれれば食べるよ〜」と横柄な事を言う私に
何時も甲斐甲斐しく剥いてくれてカットもしてくれる(笑)
そのまま食べられるブドウやイチゴ・さくらんぼは好きなんだけどね・・
 12.1.5 今日はカレーだ。
好きなので良く作るけど、この時期に作るとどうしても
「♪おせちも良いけど〜カレーもね〜♪」と口ずさんでしまう

去年七草がゆを出したとき「お正月で疲れた胃を癒すためなんだよ」とうんちくしたら
「でも胃が疲れるご馳走は食べてないですけど・・」と言われた(笑)
キットこのカレーも「で、おせちは??」と突っ込まれそうだ
 12.1.4 あけましておめでとうございます
家に帰ると年賀状が色々な方から届いておりました・・
私達も一生懸命書いたんですがねぇ・・
クリスマスカードです・・
でもタイから投かんしたのできっと季節外れな時期に届くような気がします
タイの洪水に免じてゆるしてくださいまし
11.12.28 久々の東京の夜。イルミネーションがライトアップされていて奇麗!
だが・・あのパニック的な節電モードは何処に行っちゃったんだろうねぇ〜
震災後と電気事情が大幅に変わったとは思えないのだが・・
せめて「太陽光でライトアップしてます!」みたいなところが出てくるかと思ったんだけどね
我が家は震災後からクリスマスイルミネーション(もちろんソーラー)をつけ続け
クリスマスに向けてもう50球買い足しました
 11.12.26 女友達3人とホームパーティをした
夫は手伝ってくれるのでとても助かる
が、テーブルにはあえて4人分のセットしかしてないのに
イスを持ってきててちゃっかり参加してる
女4人の話しに分け入ってくる
「もう下がっても良いですから」と言ってみたが
結局ず〜と参加していた(笑)
居心地悪くないのかなぁ〜
11.12.24  タイから帰ってきた性ばかりではないと思う
今年は寒い!夜中に寒くて頭が痛くなるし変な時間に目覚めてしまう
安く借りてるこの一戸建てが保温が悪いのか、はたまた鶴ヶ島の土地が寒いのか・・
寒い・・頭がシャーベット状で動かなくなってる・・
って事で「カタアテ」デビューしてみました
今年の夫へのクリスマスプレゼントでもあります
あ〜いよいよ老夫婦って感じ(笑)
でも快適に眠れます!
 11.12.15  見送りに来てくれた北海道のガイド萩原さんご夫婦
これから世界中を1年以上かけて夫婦でクライミング旅するらしいです!
パートナーの美智子さんはクライミング歴ゼロ。
プラナンで1ヶ月かけてメンタルトレーニングの後、
1日目は結びの練習、次の日はレスト、デビューして3本登り2日間レスト。
つき合う美智子さんも凄いし我慢強い旦那にも感激!
我が家ならキット空港解散一月後空港集合だろうなぁ〜(笑)

何時か私も(私達じゃないのか?)そんな旅に出てみたいと憧れていたし
日本の熟年夫婦として憧れるような方があまりいない中、
本当に羨ましい素敵なご夫婦でした!スロベニアにも来てくださいね!

 11.12.14  
こちらも泊まってた別の宿のスタッフと
前の宿もそうだけど、タイではニューハーフがレセプションでも働いているし偏見も少ない
その堂々ぶりには毎回驚かされるし気持ちいい、タイって凄い!
タイは母系家族が多いから(男があまり働かない?)その影響で女性に憧れる
と言うのがよく言われる説らしい。
ホテルをコントロールしている写真のビビチャンは
本当にお洒落だし頭が切れる素敵な女性だ。

しかし何がどう違うんだろう、猫の目から見たらみんな同じだよね〜
でも少しづつ違うでしょ?(エッシャーか?)
モノの見方と嗜好の不思議を感じてしまう
着飾ってないオバサン→着飾ってるけど・・→着飾ってないけど・・→着飾ってる類人○
 11.12.10  
毎年お世話になっているホテルのスタッフ衣装をゲット!
来年は働けるじゃん〜(笑)
 11.12.4  タイのプラナン(ライレイ)でクライミング中。
夫の前世がマラリヤで死んだのか、はたまた「蚊」そのものだったのかは知らないが
異常に蚊を怖がっている。岩場でも蚊取り線香を絶やさず、
蚊取りグッツも万全で山道具屋で買い込んできた(苦笑)
虫除けに葉っぱを燃やすための着火材まで持ち込んでる・・

それでも一緒に寝ていると夜中に「シュッ、シュ」と防虫スプレーをかけたり
電気をつけて蚊取り線香をセッティングし直したり「お〜シット」とか叫んだり。
蚊よりうるさい!安眠妨害だ

今は隣で蚊よけネットを一人でを被って
「これで安心です」と、少し静かになった。
彼が寝てから少し開放してるやろう〜フフッ
蚊だって生きるのに精一杯なんだしね

 11.11.14  今週金曜にタイ・プラナンに出発!
予定では今週ゴミ当番だったので金曜日の当番をどうやってごまかそうかが
ここんとこの悩みの種だったわけだが・・・
何故か先週来た(苦笑)

どうでも良いけど10週に一回なのか8週なのか
いつ来るのか予定が経たないからハッキリして欲しい
それによってこっちは仕事や遊び(ボランティアも含め)を調整してるのに・・

月に一回アポ無しでやってくる悩ましい日の方が
私にとってはよっぽど折り合いがつい‘た’気がする(笑)
11.10.31 今使ってるノートのキーパットが逝かれてきたので
散々考えた末マック否マウスコンピューターというのに乗り換えることにした
ハイスペック低価格のPCだが知名度は無いよね〜
届いたときの梱包のシンプルさにも驚き!
11.10.25 昨日コナミスポーツに初めて夫を連れて行った
10月までは法人都度会員のサービスが色々あり二人とも今回は無料!
夫は次回も無料だ。凄い・・

そして二人でボディコンバット(格闘技系エアロ)というスタジオに参加した。
私も3回目位なので早い動作にはついていけないが・・
アンタ何故そこまでリズム感が無い??
あんなにスキーが上手いのに・・

↑追伸=よほど悔しかったのか、あれから度々呟いている・・
      「あのインストラクターのお姉さんが夢にも出てくる」とか
      「オレはキット左しか動かしてなかった・・」とか
      「幾つかの動作をマスターすれば出来るはずとか
      「今度はスタジオの外で見学してから参加する」とか
      そこまで真剣にならなくても・・(笑)
11.10.17 待ち時間がかなりあるので、仙台のマックにて深く考える・・

何時も悩むのだが・・ミルクや砂糖を入れるとき、
このキャップはどの様に置くのが正解なのか・・
テーブルに下を向けて置くべきか(テーブルが汚れる?)
逆さにして置くべきか(のみ口が汚れる?)
はたまた手でもってミルクを入れるべきか・・(これはかなり難易度が高い)

コンビニでも考える・・・
定員の明るい「いらっしゃいませ!こんにちは!」には
「こんにちは〜」と応えるのが礼儀なのか

ついでにいうと、レジで気になるのが
「年齢確認が必要な商品です」と機械的音声
「確認しないのかかなぁ・・」と、つい思ってしまう

アーバンライフは小市民レベルでも悩ましい・・ふぅ
南三陸町・歌津の方が「復興サンマ」を送ってくださった
先週末に「送っても大丈夫?」と聞かれお願いしたのだが
それから数日間、何時送られてくるのかドキドキ・・
折角送ってくださったのに送り主に返されちゃうんじゃ失礼だし
かといって三連休だし・・天気も良いし・・
サンマが気になって気になって
遊びのお誘いにも・・「さんまが来るかもしれないので・・」と断り
頭で毎日魚が泳いでましたよ〜(笑)

で、やっとつきました20匹のピカピカぷりぷりサンマです。美味しかったです!
でも20匹です・・ふぅ〜
引っ越して1年足らずなのであまり周りと面識がないのだが
両隣と奥隣の人が玄関やベランダに出るのをじっ〜と物陰から見張り
姿を見かけたところで「あの〜サンマいりませんか?」と・・

夫は池袋なので私は今日3匹焼いて食べて12匹周りに上げて
あとはネットで調べた調理で圧力釜でしょうが煮を作ってみました
秋刀魚・サンマ・さんま
11.10.10 最近ハイキングに目覚めたらしいマーチャンと高尾山にお散歩に行った
以前飼っていた愛猫リュウにも負ける脚前のマーチャンが山に行くんだから
本当に登山ブームってヤツは広がったらしい・・
(マーチャンったら、アイツは四つ足だから・・って負け惜しみを言ってた・W)

体育の日だし・行楽日和だしで
「山に登った」というより「人の山を見た」って感じの高尾山
でもそれが私には新鮮で面白かった!
どうせなら一番混んでる頂上でランチ、と思ったが・・
さすがに足の踏み場もないので少し下った日陰でタイのゴザをひいてランチ。
折角の人混みだから、人に負けないランチを!とちらし寿司にしてみた
「いいね〜豪華で」とオジサンに羨ましがられた
今度はもっと羨ましがらせるランチをもって人混みのハイキングに行こうっと!
なんか・・偏屈かも・・私
α米がベースです
11.10.7 毎年見させて頂いているパタゴニア主催
[Banff Mountain Film Festival in Japan]に行った
最後に見た[crossing the Ditchi]が、去年同じ題材の「Solo」を観ているのでとっても感動した
経験ある冒険家でカヤックも熟練してる
アンドリュー・マッコリーか2007年に果たせず死亡してしまった未踏ルートを
経験の少ない若い青年二人がsu少し遅れて成し遂げるという内容だ
私は世代の違う対照的な冒険への取り組み方に素直に、また感動し考えさせられた。
これはこの挑戦に限らず・・・極端に言えば冒険に限らず、
世代相違における世間との関わり合いを考えるる必見の2作かも知れない・・
11.10.5 「天然のカールが良いですね、羨ましい」と言う美容師の言葉を信じて
髪を短くしてるのだが・・まとまらない。
サイドが何時も跳ね上がってナポレオン帽子のようだ・・
朝は特に爆発しているので毎朝髪を洗わなくてはいけない・・
あ〜面倒

一昨日は友人宅で夫と同じ部屋で寝たんだけど
朝起きた私をじっ〜と夫が見て笑ってる
「何がオカシイ?」と、ムッとした私。
「どちらのトレイブ(種族)の方ですか?」と、夫に敬語で聞かれた(苦笑)

「どちらのカートゥーンから
抜け出してきたんですか?」と聞きたいですけど・・
11.10.2 秋の味覚葡萄が届いた。
頂いた葡萄は「名札付き葡萄」だ。高級そう〜心して頂かなくては・・
一方スロベニアに実家の半野生化ブドウは私が伸び放題周りの木にからまりついていたツタを
バサバサと容赦なく切り落としたので心配だったのだが、
今年はかなり豊作だったようでジュースやら何やらレスカ(お義母さん)は一杯作ったみたい
彼女がこの名札付きブドウを見たら驚くだろうなぁ〜(笑)

白いピラピラがお名前とお育ちと頂き方
11.9.28 ツイッターで以前呟いたのだが余り反応が無かった
「脱原発の意思表示を黄色い何かで日常的に!」というのを
尊敬するピーターバラカン氏がインターFMのバラカンモーニングで読んでくれた
それでいい気になってミラにもマービーにも黄色い布をつけて運転してる
私のはもとより夫のデイバックにもつけて置いたけど
「何これ?」って不思議がってた・・
時間が無かったし説明するのが面倒だったので
「イイのとりあえず付けといて!」と言ったら大人しくつけて出ていった(笑)
大丈夫彼が原発嫌いなのは知ってるから・・・
デモってそんなに手頃じゃないし一過性のモンだから直ぐに「安全な原発へ」て方向になっちゃうよ〜
みんなも意思表示しようよ〜

普通のサラリーマンが何気なく黄色いリボンとか布とかをつけ初め(スローガン無)
電車や会社の周りのみんなが「???」って思いはじめ静かに広がっていく・・・
そして福島の団体が子供達のために黄色い羽募金を始める
そして海外メディアがこれを取り上げ日本のメディアや政治家が無視できなくなる・・
これが国民投票が許されない国民の実直な抵抗じゃない?

今何かを変えなければ私達はもう変われないと思う
これからの子供達にコントロール不能&後始末も出来ないな負の遺跡を残してはいけないよ
「現実を考えたらそう簡単にはいかないんだ」って偉い人は言うけど
既に大変な事になってる現実を彼らは見ていないんだろうか?
黄色い布をたなびかせて走るミラジーノ
11.9.22 昨日はスロベニア大使館で南三陸町・歌津職員の及川さんとみティーティング
その後大使公邸にて大使の趣味であるネクタイ再利用ウエアを見せて頂いた
スロベニアアーティストモイツァさんのアイデアで作られたこのネクタイアート
これをベースに南三陸町復興に繋がるで何かが出来ないかも話った
私としては既にスロベニアの企業(テルモ)と日本の企業(大和)によって送られた
仮設集会所にミシンをおいてこういう面白いデザインの服を
寄付ネクタイや使い物にならなくなった帯で作るのは如何かと・・・
私達がこの夏スロベニアで集めた寄付金が少ないけど18万円くらいありますから・・
大使も協力してくださる気満々です!
そのアイデア&旅行ツアーの可能性を探るためにも連休は女子5人で南三陸町に入ります!
※訪問費用はもちろん自腹ですよ〜現地に少しでもお金を落とそうと思ってます

手前が及川さん、奥がスロベニア大使です
二人ともネクタイアートを着ています
11.9.20 アンドロイド?スマホ?っんですかぁ〜?買っちゃいましたよ
ついノリで・・・
「だよね千春さんの携帯古かったモンね〜!」っておっしゃったアナタ
中嶋を見くびっちゃいけない(笑)
携帯は古いままです、働いて貰いますよ〜so902i
だって電池長持ちでほっといても3−4日大丈夫だし、何せ丈夫で防水

池袋西口のビックカメラで女の子に色々聞いちゃったのが始まりで
この女の子が全くマニュアル通りの事しか解らなく
スマホ自体が解ってない、めんどくさいオバサンに説明できない(笑)
5回くらい「少々お待ちください」と繰り返して、とうとう代わったのが花見青年!
この青年がと〜ってもよく説明してくれて私の欲するトコろを理解してくれた!
最初の女の子が「出来ません」と言ったことも「裏技で出来ます」と

つまりスマホは電話としてイマイチな気がしたので機種変するつもりは無かったし
2機持つと私には基本料金が負担(日本に居ないときも多いし)
携帯は古いままでスマホの本体だけが欲しかったのだ
だって電子辞書欲しかったし、音楽入るし、デジカメついてるし、ゲームできるし
PCと比べれば電池長持ちだし最大32G!
今日びwifi飛んでるトコいっぱいあるしね〜
これだけ遊べて15000円って凄い!(一つ前のギャラクシーなので)
当初はスマホって何なのか聞きたいだけだったんだけど・・
「なら買いましょう!」と即決しちゃいました。

花見さんの気転で一度ギャラクシーに機種変してから古い私の携帯にカードを戻し
ギャラクシー本体と今までの携帯が使えるようになりました
もちろん携帯料金は古い方のみ課金、それどころか
花見さんが「この古い携帯は安かったんで基本料金が高いんですよ!でもかたち上新機種だから
これからは基本料金が半額になります」と♪
「花見さん凄い!」と思わず握手しちゃいました(笑)
買い物も出会いですね!

スマホだけど電話出来ませんので「スマッ」ってとこですか・・
11.9.19 今日は東京で「脱原発」の大きなデモがありました
報道では「2万5千人以上」とか「4万人越え」とか
中には人数をあえて言わないメディアもあるようですが主催者発表では6万人
空からの人だかりを捉えた映像もあるのでそこから見れば大群衆であることは明か

これだけの人数が自分の意見を言うために集まったのは日本に数十年無かったとか・・
確かに6.11の時は「一部の人達」って感じだったけど今回は「社会現象」だよね
何せ世界の「大江健三郎」も発起人だもん(読んで無いけど・・苦笑)

中国でのデモとかフジテレビの前の抗議行動とかを伝える前に
これらのデモをチャンと伝えてくださいね〜
11.9.11 今日で3.11震災後半年が経ち9.11後10年
いろんな特集番組をテレビが組んでいる

そうテレビ・・渡欧の前
「急がないとこの夏からテレビが観られなくなりますよ!」
「これが最終案内です!」と電話が掛かってきたり訪問されたり
脅迫されてるかのように何度も迫られていた・・・
「テレビはあまり観ないから良いんです」という私に
住宅街を勧誘してる業者を納得させるのが大変だった

テレビはなんでこんなに市民権を持ってしまったんだろう・・
仮設住宅各戸のの最低生活6点セットにも入ってるし
停電で使えなくなるテレビより電池でも動くラジオでしょ!!!必要なのは
テレビは集合ルームにでもあれば良し!(その方が孤独にもならないし)

そうテレビ・・渡欧の後
黒?青?どんな画面なのかワクワクして電源を入れてっみたら
普通に映ってる!!
今日調べてみたら「デジアナ変換」というシステムで2015年3月まで見れるらしい・・
はぁ?あんなに煽って・・騙したの国民を??
(たぶんこの家は何処かで集合アンテナに繋がってると思う)

そうテレビ・・
前からこのサイトでもヨーロッパで報道されてる事と
(衛星で100以上の世界のチャンネルが観られる)
日本で報道されてることは違うというか・・され方が違うと書いていたが
最近は戦後政策で国民マインドコントロールの道具じゃないのか?と疑っている

特に震災後の報道は酷かった
テレビの中で意見を言ったりしてる人達はみんな震災直後からご存じの事を
世間の様子に迎合して「え!そうだったんですか?知らなかった」と嘯いてみせる
みんな役者だ!
ゲストに言葉の制約を強いり、発言によって仕事を降ろされることもしばし
だから今テレビに残ってコメンテートしてる人ってある意味「御用コメンテーター」だよね

政府が20kmを危険地域としそれ以外を「直ちに〜」と言っていた時期から
各報道局は独自で危険立ち入り区域を30km〜50kmと決めていて
取材にすら行っていない
(それが会社規定なら良しとしてもそれを秘密にしてた)
世界中の大手メディアやフリージャーナリスト達が現場に急いで駆けつけてるときに
日本の大手メディアは危険地域から撤退してるんだよね・・(苦笑)
そして極めつけ「記者クラブ」なるものに守られて自分たちは安穏としている
こんな報道体制があるのは世界でも珍しいらしい

そうテレビ・・・
その大手メディアを操ってるのが電力関係の会社だ
広告費を一番出してるのがこれら「総電漣」とか「東電」とか
2位がパナソニックで3位がトヨタ
2位以下は競合企業がので当然コマーシャルに力を入れるだろうけど
電力会社は独占企業、なんでそんなに広告費が必要なのか??
政治献金もしかり、福島前市長汚職疑惑もしかり
「水を征するもの国を征す」という言葉があるが
もしかしてこの国の権力は「電気を征するもの」だったのか?

とにかく報道を鵜呑みにせず触手を伸ばし自分で考えないとね
そうじゃないと本当に私達は報道とそれを操ってる奴らに家畜化される(既にされてるかも・・)
11.9.10 一軒家を借りているのでこの夏2ヶ月以上留守をした庭は半野生化している
帰ってきたことがバレると草取りしないといけないかなぁ〜と思い
姑息で小心者の私は池袋のワンルームに隠れたり、
雨戸を閉めて鶴ヶ島で潜んでたりしていたのだがバレバレだったようで・・
一昨日隣の人が「来週からゴミ当番です、よろしく〜」と
お裾分けの葡萄&ゴミ当番セットを持ってきてくださった(苦笑)

てな理由で今日は草取り、
とりあえず道路に面してる方だけでも何とかしたところであっさり降参、プシュ♪
暑い!汗だく!倒れそう! スポーツジムでサウナ入る必要ないよね・・
中庭の方は担当者が来週帰国するのでお任せすることにした
11.9.8 毎度ヨーロッパ帰りで体が重くなっているのでスポーツジムにも行くことにした。
ナカナカ良いんだコレが・・
スパー銭湯並の値段でダンスやらヨガやら太極拳やら水泳教室やら
何でも何回でも参加可能!もちろんプールもマシンも使えるし
何たってお風呂は本当にスーパー銭湯みたいに広い、サウナもあるよ〜
時間制限無し、駐車場完備、おまけに今日発見したんだけど
無料バスまであるんだよ!コレ乗れば帰りに一杯も可能じゃん♪
考えるとクライミングジムって高いなぁ〜利用人数が少ないからかなぁ・・

至れ利尽くせりのせいか
真っ昼間から多くのおばさまおじさまで賑わってる(私含む)
調子にのって初心者ヨガとエアロビクスなってのも参加しちゃったよ
鏡に映った自分のプロレスラー並太股&ふくらはぎが恥ずかしかったゾ!
ちなみに筋肉量が17,7kg、体脂肪22.5%、「隠れ肥満」という判定でした
背が低くて体重が重いからかなぁ〜

あ、ライム病の結果は「白」でした!
ではあの全身柄模様は??(ココに載せられないくらい凄かったんです)
先生から「薬で止まってるだけだから薬やめたら出ますよ、だからまた来てね」って言われたけど
スミマセン、6日から薬飲んでないし酒も5日から飲み始めちゃいました
一時は大騒ぎして入院する気満々で身辺整理してたのは誰だ??(苦笑)
11.9.2 私のライム病を心配してくれる方がいるので・・
ライム病はまだ日本にそんなに症例が無いので国立感染センターにといわせたら
「日本のライム病第一人者」と言う開業医を紹介された。
開業医のおじいさん先生だが人気があるらしく酷く混んでる
しかも診察開始が夜の6時から・・・
電話をかけたら「本日は11時か12時になります」とさらっと言われ躊躇。
考えて30分後に電話をかけ直したら「2時か3時」と言われた!
昼じゃないよ!朝の2−3時だよ!!! どんな人間が来るんだよ−!!

普通の開業医で普通の患者で(中には幼児も)
本当に診察は3時に始まり4時に終わりました(スゴッ)
で、まだ結果は出てません(日本だと1週間くらいは掛かるみたい)
でも朝起きれないとか、掃除したくないとか、仕事したくないとか、
いろんな症状が出始めてます・・・(苦笑)

滞在を延ばした夫に「草取り、去年も1人で大変だったのに〜」と文句を言ったら
「帰ったらオレがやるから取っておいて」と言ってくれたが
家にいるのが近所にバレてるのに草取りをしないわけにもいかず・・
先週は池袋に潜伏してました。(笑)
でもなぁ〜そろそろ諦めて草取りしますよ・・ハイ、1人で・・
11.8.29 日本は暑いけどいたって元気で今日もご飯が美味しい私だが
ダニに刺された左腕が気になる・・
以前書いたけど大騒ぎした足モモ裏の咬傷ではなくその後咬まれた所だ
(ドンだけ咬まれてんだよ−アンタ!)
直ぐに見つけてお義母さんが指でチョイと取ってくれ何事も無かったと思っていたが
この箇所に2週間経った辺りから紅班が出始めた
足裏にはダニが残っちゃったけど・・そっちは変化無

スロベニアで聞いてたけど・・
ライム病に感染するとピンクの輪が出来てそれが段々紫になる・・って
う〜ん紫と言えば紫のような・・
ネットで観るとやっぱりそんな感じだし・・
帰国して直ぐ行った寿司屋で隣の席のオジサンが話しに割り込んできて
「ライム病は東海岸では一番畏れていた病気でそんのに掛かってたらアンタ生きてけないよ」
って脅かされた(苦笑)

寿司屋のオジサンに脅かされたわけじゃ無いケド、一応国立感染センターに相談してみたら
「それは感染してる可能性高いですね」との事(ゲッ)
病院と先生を紹介してくれた。
「ネットとかで調べると怖い病気の様ですけど、でも大丈夫直りますから」
って励ましてくれたりもしたが、
「直ります」??まだ検査もしてないのに・・私って病人なの〜??
人→人感染は無いです
11.8.22 なんと首尾良く帰国日の22日に「日本復興応援イベント」が
スロベニア通産省主催で行われることになった
通産大臣、在スロヴェニア日本大使&書記官初め企業関係者150人参加イベント
日本とスロベニアの関係や日本文化の説明や琴の演奏があり
その締めのスピーチが中嶋千春ストーリーだ(汗)

考えられます???
だって私は評論家や政治家・学者じゃないから自分の事しか話せないジャン!
でもそうなっちゃんだからやるしかないので、
15−20分スピーチ用の原稿とスライド用意して夫に託しました
そんな機会を与えてもらって、と〜ってもありがたいけど
私には荷が重すぎる・・・

イザと言うときは夫です!、どうせスピーチはスロベニア語だし。
何とかやっといてね〜頼りにしてます〜、って事で
私はその朝、飛行機に乗って帰国の途に着きました!
(もともとその日のフライトだったんです)

ちなみに120枚のTシャツが売れて寄付金あわせて1920eur集まりました。感謝
11.8.18 「山行の記録」にも書いたがマムートの150周年記念って事で中嶋も撮影に参加しました
私は正直マムートからスポンサーから用具提供などを受けている理由ではないのだが
スロベニアのガイド・アレッシュ(凄いよマムートの数少ないプロチームメンバーだもん)が
声をかけてくれたので参加することになった。

正直私のお気に入り「ウルバン」も一緒って事でシッポふって着いていたんだけどね・・・
当日の未明、ウルバンは来ない・・夫もウルバンが来ると思っていたので
二人で「????」
よ〜く考えたらアレッシュと何時も行動を共にしてるカメラマンの名前って「ウルバン」じゃん!
とこの時点で気がついて笑う。
そういや〜以前日本に来たときも一緒に我が家に泊まったよね・・
あからさまにガ〜ッカりの私に夫も同情もしてくれたので
「前に一緒にクライミング行ったときは二人だったから写真撮れなかったの〜
 だからお土産に写真撮ってきてね」と
変な妻のお願いに「ハイハイ」の夫なのでした
11.8.17 レスカ(お義母さん)が薄型デジタルテレビが欲しくて随分悩んでいたのだが
此処ん家の息子達ったら自分の趣味の道具は新しいモノを買うくせに
お義母さんのテレビに関しては「未だ使えるのに勿体ない!」って大反対。
大反対って・・あんた、レスカが自分のお金で買うことに反対する権利は無いのでは?
大体今のテレビが壊れるまで待ってたら75才のレスカがデジタルテレビ見れるのは何年先なんだ?
テレビは高齢者の大きな夜の娯楽。
レスカに飼い慣らされつつある私は(いや、初めからレスカLOVEだけど)
昨日一緒に強行買い物に出かける事にした
まぁ・・私の夫は既に私に説き伏せられてたので買い物に一緒につき合ってセッティングもしてくれた
弟家族に反対されても嫌なので私が買うことにしたし・・(苦笑)

で、レスカったら本当に可愛い!
昨日から一日中新しいテレビで盛り上がっていて
「誰に報告しようか」悩んだり、何度も何度も「あ〜新しいテレビ」と呟き
夜は三人でスパークリングワインあけてお祝い。
今日も急に私の夫を引き留めて「ねぇ、知ってる?新しいテレビがあるの!」って・・・
夫は「呆けたのか?」とあきれ顔・・
こんあに素直に喜べる人も珍しいなぁ〜と思いながら、喜んでくれて私もとっても嬉しい!、

年とって少しばかりの贅沢して何が悪い!
・・・って私達の日本のテレビは未だアナログなのでもう観られないんだろうなぁ〜

レスカ・朝から庭の畑で一杯働いてるが夕方は何時も趣味の刺繍の時間→テレビ
11.8.15 夫は空間を全面に使ってモノを置く
彼曰く「キチンと整頓されている、全てアンダーコントロール!」
まぁそうなんだけど・・1人で住んでる理由じゃないし訪問客だって有るんだからさぁ〜
日本でもそうなのだが・・
ヨーロッパのお家はもっとフロアーが広いので広げがいがあるようだ
空間にあわせて自分を大きくするカタツムリみたい・・・(笑)

数日放置されている物は、
外出中に私が全て彼の部屋にまとめて入れてしまう・・ヘヘッ
だから我が家には各部屋が必要なのさっ

リビングのテーブルとソファーを占拠中        その後ろの床もすでに1週間こんな感じ
11.8.10 今日はお義母さんが行きたいというので早朝からキノコとり。
でも何故か土壇場になって「あなた達二人で行ってきて〜」と
何か何時も言ってることがくるくる代わるんだよなぁ〜お義母さん(笑)

キノコとりよりクライミングに行きたかったのだが
まぁやってみると面白い。
現場には朝7時に行ったのにかなり既に人が入ってる
平日にも関わらず帰り際にはどこもかしこもキノコとりらしき車が・・
凄い、「雨のあとはキノコ取り」が定番なのね〜

二人でとった本日の戦利品(観賞用にベニ天狗も入ってますが・・
キノコ取りのお目当てはこの「ユルチキ」ヨーロッパの絵本に出てくるキコノですよね〜
11.8.9 アシナガバチの災難を忘れた頃に、今度はダニに足のモモ裏をやられました(トホホ・・)
なんで私だけ????
何となくかゆいし血玉になってたのは気がついていたが、まさかダニだとは・・
7日のクライミングで貰ったらしい・・
2日も私の体の中で生活してたとは認めたくなかったが
夫に「動いてるよ、生きてる」と言われショック・・

こっちのダニは毒性が有るらしく生死に関わる問題になるらしく
「ルカ(甥)は1ヶ月入院したんだよ!」とか「病院に行かなくちゃいけない」とか脅かされ
夫とお義母さんと二人がかりで押さえられ
油とアルコールで全出できなかった部分を1時間以上も針やピンセットでほじくられました
拷問?ッテ感じ・・・・(苦笑)

2日間も放置してたので奥まで入り込んでしまったようで
結局全部取れなかったが・・
もう精神的に耐えられないので「大丈夫あとは気合いで直す」って事で勘弁して貰った
大丈夫かなぁ〜
11.8.7 今日、よっぽどビレイヤーがいなかったのか・・
あの「ウルバン」君がフリークライミングに誘ってくれた!
ウルバン君は私の“格好いいリスト”2位の男性だ
ちなみに1位は福山雅治
(福山君とはクライミングいけないし)

ウルバンはこの6月に小指を落石で潰してしまい1ヶ月ガイド業はお休み
やっと8月からまたフリーを始めたばかりだというのに
7b+(12c)だよ・・

とにかく顔も体も登り方も全部格好いいので
ご馳走様、お腹一杯ですって感じで
丁度雨が降ってきて帰ることになり正直ホットした(笑)
そうそう・・夫が今日帰ってくるだよね〜
緊張しないですむ関係は大事だよね・・(笑)
11.8.6 今年はお義母さんがバルコニーのゼラニュウムの間にイチゴを植えてくれた。
これがものすごく良い!
都度都度バルコニーに出てちょこっと食べる、上手い!
しかもツル性なのでゼラニウムと共に下に垂れ下がって伸びていく!
庭にもイチゴは有るのだが、地面に着くと直ぐにダメになってしまうので億劫だった。
バルコニーのイチゴはハウスものの様に完璧だがちゃんとイチゴの味がする
大体イチゴの味自体恥ずかしながらスロベニアに来るまで知らなかった気がする
初めて此処のイチゴを食べたとき「イチゴ風味の味だ」と思った(笑)
「イチゴ風味」でしかイチゴを知らなかった理由だ!

「す〜ごく良い!」とアイデアを褒めちぎったせいか
今朝気付いたらお義母さんのバルコニーには「ズッキーニ」が植えられていた
確かにズッキーニもツル性だけど・・
それはどうかなぁ〜?お義母さん(苦笑)


バルコニーから下を見る(下はお義母さんのバルコニー)
11.8.5 夫はずっと留守なので家には私とお義母さんが住んでいる
で、今日もお義母さんと買い物に行った
お義母さんは車が運転できないので私が彼女の足になってあげると喜ぶ。
二人とも会話は通じないけど・・何とかなっている(笑)
彼女は行く先々でいろんな人に会うので時間が掛かる・・
そして何時も自慢げに私を紹介している
孝行娘のようでちょっと気持ちが良い(ヘヘッ・・)

時間がある時にはお義母さんが出来ないこと
(重いモノを運ぶとか木に登るとか草刈り)を私はやってあげるが
彼女は代わりに掃除してくれたり作った野菜や甘いものをくれたりする

家は同じだがフラットは違うで
基本お互いの生活は緩衝しない。
何時起きて私が何を食べて何をしてるか、彼女は知らない
会話が通じないので階段の所の篭によく野菜が入ってる・・
「たぶん食べても良い」って事だな?と勝手に理解し自分のフラットに持ち帰る
焼いたクッキーやケーキも良くくれる
お義母さんは家をでた息子夫婦が来て色々持って帰ろうとすると
「これは千春のだからダメ!」と言ってあげないらしい・・

何だか・・飼い慣らされつつあるペットの気分だ(笑)
11.8.1 日本ではハチに刺されたことは無かったし
こっちが何もしなければ刺さないモンだと信じていたがスロベニアでは違った
何もしてないのに彼らは刺す!!
数年前にスロベニアで一度刺されてから日本でも1回、そしてスロベニアで2回
そしまた一昨々、山で刺された・・
「ためしてガッテン」でやってたっけ・・
「ハチは刺すとマーキングをするので、周りのハチも対象として攻撃する」って
そのマーキングって一生モノなの????

刺されて2日目くらいから貼れ初め(夜中に掻いたから?)
今はカエルの腹みたいにでっぷりと・・・
比較のために刺されてない方の手も写真に撮ってみたが・・・
ショックなのは刺されてない方の手のほうだった・・・
「ひからびた鳥の足」みたいだ・・・あぁぁぁぁ・・年取ったのね私(涙)

※これは「カエルの左手」「鳥足の右手」はあまりに悲しいので掲載不可(笑)
11.7.18 南三陸町のボランティアで知り合った先生がスロベニアに来てくださったので
昨日は一緒にトリグラウに登りました!

下山後はサッカーの決勝戦!
5時半起きで登頂&下山したのでと〜っても眠かったけど
同宿しているK氏に助けられ頑張って勇姿を見届けた
凄いぞ日本女子サッカー!
オリンピックの野球でも女子は世界の頂点になれたし
日本女子は気持ちの上で負けないのだ〜
11.7.13 コンビ(9人のりBOXカー)は運転しやすい!あまりノーズの無い車運転したこと無かったけど
高さもあって気持ちいい。車が大きいから少しくらいゆっくり走っていても
「何か文句ある?」って感じで強きで、自分が何者かになったかのような錯覚に陥る・・
単純だな・・私(笑)

車をそんなに運転したかったのか、送迎日を間違えちゃって
明日の客を今日迎えにクラーゲンフルトまで行っちゃったよ(汗)
(100kmくらい離れた別の国です)

余裕で一時間前に着いてカフェで本読みながら優雅にカプチーノ飲んで
飛行機が着いたので向かえに行ったら出てこない・・
スタッフに「遅れがあるのか?」と聞いて控えのスケジュールを見せたら
「残念ですが明日ですね・・」だって(爆)
※思うに・・サッカーの準決勝の日が日本時間の14日の送迎の日で・・
  現地時間と混同していたのかも・・

ふんっ・・気を取り直して明日ランチを友人とLjubljanaで食べる約束してサッカー観戦
凄いぞ日本女子!決勝へ猛進だ!!!
野球もサッカーも注目の男子の影で女子の方が上を行ってる!!!!
11.7.9 ノルウェーから帰った翌日スロベニアのポストイナ&
桃源郷ロガルシュカドリナにガイド兼ドライバーで移動(汗)
9人乗りコンビで本日オーストラリアのクラーゲンフルトまで送迎
走ったこと無い道だったし(夫も宿の人も誰も周りには・・)
出国の日なので緊張〜、でも問題なかったよ,ホッ

ツィートで知らせてくれた人がいたのでネット環境の落ち着いたところで探したら
「8日、在日スロベニア大使、へレナさんが南三陸町に集会場を」って記事がでてました
実現したのね〜良かった良かった
ちゃんと記事として取りあげても貰ったし・・
http://bit.ly/nzPpPe

此処スロベニアでもT-shirt募金活動が活発みたいです
って・・自分が言い出しっぺなのに殆ど家にいなかったので・・
夫が山小屋まで運んで売ってるとか・・
私にも出かけるときには行商人の様にT-shirtを持って行かされる・・・
余り日本ではボランティアに関心がなさそうだからほっておいたのに・・
此処に来て急に火がついちゃったのか??
どうした、夫よ・・・・
11.7.5 ノルウェーで感心させられたことの一つは水力発電です
彼らは広大な氷河と山にたまる雪のおかげで渇水の心配が無いようです
しかし洪水とは何時も直面してると思う・・
太陽のあたる時間があまりないので彼らは太陽エネルギーには頼れない
しかし水力発電で国の全ての電気をまかない外国に輸出しています
たまに足りたいときにはスェーデンの原子力発電とかを買うらしいです

それにその自然との調和のさせ方も凄い
この建物は水力発電所の入り口だが、
本体は山の中にすっぽり入っていて30階建てビルくらいの大きさだそうだ
外観からだと全く発電所があるとは思えない
このような発電所が一つの谷に4−5個あるらしい
そして此処に水を引いてくるパイプも山から全部トンネルを通って来るらしく
此処からの排水もトンネルを通ってフィヨルド(海)まで流すらしい

だから川は自然のままの状態で汚らしいコンクリートやパイプは何処にも見られない
またコレによって川に水が大量に流れるのを防ぐことも出来、
洪水軽減の役目も果たしているとか・・

何もかも高額な税金と豊富なオイルの上に成り立て居るのだろうけど・・
裕福さを学力向上や施設・技術向上に注いでいることがノルウェーの強さかなぁ〜
11.7.5 で、ノルウェーは物価が高いです
レストランでビールもグラスワインも1100円位です(スーパーでもビールは450円くらい)
500mlの水がスーパーで300円以上
でも物価も高いけど民度も高いと痛感させられたのが「避難小屋」
プロパンガスあり、薪有り(水は川に取りに行く)食器から調理機まで全部揃ってます!
布団もあるけどインナーシーツ持参とのこと(自分のためでなく他の人にためへのマナー)
棚には食べ物(缶とかオートミールとかバターとかシュガーやコーヒーまで)

管理人は居ないので宿泊料金は紙に書いてBOXに入れます
そうすると後から請求書が送られてくるそうです
クレジットでの支払いもOKです(紙に情報を書いて入れておく)
こんな山の中なのに〜!!!

素泊まりでも結構高いです1人5000円位
それに食べ物を此処で大体購入すると1人8000円にはなると思う
でも誰もごまかす人が居ないとノルウェー人は言います
まぁごまかす人が居ないからこのシステムを維持してるんでしょうが・・
こんな山の中、ヘリじゃないと荷物は運べません
なのにゴミ捨て場もある・・
私がゴミを持ち帰ろうとしたら
「此処はノルェーだからノルウェーのやり方でイイ」と諭されました
11.7.5 ノルウェーに来ています
7月3日まで常連のお客様と一緒にヨートゥハイメン国立公園と
ガルピゲン山を登らせてもらいました
とても70歳前後のチームとは思えないほどの忍耐力と気力で
ゆ〜っくりではあるモノの大事はなく皆さんハッピーで終わったことに感謝ともに
「恐れ入りました日本の昔の若者!」って感じです

みんな女学生時代からの友人で旦那様まで巻き込んでのハイキング
子育てを終わってからの再開だから〜との事ですが
皆さんバリバリってうか自分をよくわきまえてるって事に感心いたしました

それにも増して旦那方がしずしずと妻と共に参加ってのが素晴らしい!
それもけして「つき合って来てる」んじゃなくて
むしろ「連れてきて貰ってきてる」というスタンスです(笑)
そういうスタンスで妻の昔の仲間に入れる男性は素晴らしいなぁ〜
日本の経済の最先端もさながら(みんなお金持ちだし)
意識の最先端を行っていた男性達なんだろうなぁ〜と思ってしまう
山行の様子はこちらから
11.6.21 今日が本当の私のお誕生日!50才だ〜!
遠く日本からこんな嬉しい写真が送られてきました♪
持つべきモノはマーチャンだね(笑)
11.6.20 昨日のチャリティイベントには友人関係が55人、T-シャツ+寄付金で675eurが集まりました
T-シャツはサイズの関係で足りなかったりしたので50枚しかお渡しできませんでしたが
参加した方以外にも友人や会社の同僚に紹介してくださるとかで・・
こちらでプリントして配ることになってます。

私達が滞在する8月20日迄はこのT-シャツ募金
&協力してくださるBLEDのホテルなどに置く義援金箱などを
東北への支援活動を続けたいと思ってます
大した金額にはならないと思いますが、
金額よりもスロベニアの皆さんにももっと知って貰いたい
そしてヨーロッパを訪れる日本人の観光客
諸外国の方達にも忘れないで欲しいという思いです

義援金は在日スロベニア大使館を通して
南三陸町で有意義に使わせて頂きたいと思ってます

V Nedeljo smo se zbrali na Bledu na prireditvi v pomoc prizadetim
ob potresu in Tsunamiju na Japonskem.
Priblizno 55 prostovoljcev je darovalo 675 Eurov; dobili pa so tudi majice.
Zal je zmanjkalo majic velikosti L in XL, drugace bi bilo prispevkov se vec.
Planiramo nadaljevati z akcijo do 20 Avgusta; tudi majice bodo na voljo
v vseh velikostih in jih je mozno narociti po mailu
tsubecyan@yahoo.co.jp ali z dopisnico na naslov:
Podlogar Chibow & Cveto
Aljazeva 1,
4260 Bled
po povzetju; cena pa je 20 Eurov
Zelo bi bili veseli ce bi se odzval tudi sirsi krog turisticnih delavcev
(donation BOX v hotelih naprimer), ki delajo veliko z Japonskimi turisti;
morda nacin da pokazemo solidarnost Japonskim gostom
in se izboljsamo prijateljstvo med drzavama.
Prav tako tudi ostali predeli Evrope, prispevki z majicami.

Zbran denar bo sel preko Slovenskega Veleposlanistva v
Tokiyu v mesto MINAMI SANRIKU CHOU.

Svet pozablja na TSUNAMI in katastrofo na Japonskem,
vendar se travme prezivelih brez prihodnosti nadaljujejo
predvsem zaradi nuklearke v Fukushimi.


11.6.18 明日はいよいよチャリティ誕生会
テレビの成果もあって用意したT-シャツは完売の模様・・・
今日はスロベニアの通産大臣からもT-シャツの申込みが・・(汗)
此処に来てからまだ一週間も経ってない中、
みんなの力を借りて慌ただしく事が進んでます
一体どうなるのやら・・・
11.6.15 さて所変わってスロヴェニア。
私の50才誕生パーティイベントは「東日本復興支援活動」に代わり
その勢いなのか・・昨日はスロヴェニアのナショナルテレビにゲスト出演しました
この番組は平日毎日やってるニュースを掘り下げるタイプの報道番組です
200万人の国とはいえ・・全国ネットのスタジオで話すって・・(汗)
しかも日本語でない英語のほぼアドリブ
あ〜下手な英語で日本を代表しちゃったみたいでゴメンナサイね〜
放送はこちらです
http://bit.ly/jUnJSb

あ・一緒に出演してる緑の男性は夫です。
尊敬する孫社長ではありません
人種を含めてかなり開きがあるのに・・ちょっと似てると・・映像みて思いました
↑夫を尊敬してない・・って意味では無いです・・・あしからず

自分の結婚式でもメイクは自分だったのに感激。 収録のあとBLEDのパブで拝観
11.6.13 明日(ってかもう今日だけど・・)からスロヴェニア
一ヶ月位の海外滞在って興味深い・・
何がって?
自分が何をスーツケース+αに積み込むのか
最後に日本で何を食べて何をするのか
誰に会っておくのか、どんな本を持っていくのか

数ヶ月すれば戻ってくるけど
まるで最後の審判が下されるような
身辺整理するような・・・
「死ぬまでにしたい10の〜」みたいな
「無人島に一つ持っていくとしたらあなたは・・」とかの心理学ゲームみたいな
こういう選択が他にはない緊張感と自己確認の儀式だったり
その時のマイブームだったりする理由だ

ちなみに私が何時も食べるのは寿司
何時も欠かさず持っていく食材はカレールー
大体携帯する本は「吉本ばなな」(日本じゃ何故か読まない)
う〜ん実に大衆的だなぁ〜
11.6.11 そうそう FM東京に節電に関して取材されただけど
クールビズの事は思っていたことを上手く伝えられなくて無念
だから此処で・・(笑)
「幾らクールビズだったって、あまりにラフなのは考え物、役所はせめて襟付きにして欲しい
背広着なくちゃいけないお仕事に人は会社に置いておけば良いのではないか・・
そうしたら電車の冷房温度下げられるのに・・」と

それと今日か買い物していて思ったんだけど
此処15年くらいで多くのスーパーが営業時間を延ばしてるよね
前はコモディ・イイダは20時には終わっていた(今は22:00)
確かビックカメラももっと早く終わっていた
前は何とかなったんだから時間が短くても何とかなるでしょ〜

スーパーだってその方が効率良いと思うんだが・・
結局競争だからなら(雇用問題?)
遅くまでやりたい所は特別許可申請して課徴金を納めればいい
コンビニは24時間でも許すよ
↑アンタに許すって言われてもねぇ
11.6.11 今日で震災3ヶ月目、デモって参加したことなかったけど
原発のことはかなり前に平井憲夫さんの手記を読んでから気にはしてたけど
あまりに酷いんで本当だとは信じがたく・・
でもスロヴェニアに帰ると中下級クラスの我が家でもソーラーがあるし
殆どの山小屋がソーラーで運営管理できているのに
何で日本は・・って何時も疑問には思っていて
詳しいことは知らないけど「絶対に東電の陰謀だろう」と人には話していました

でも結局私は何も行動に起こさないままこの日を迎えていて
東北支援はするけど現在進行災害中の
「福島」に関しては複雑でどうして良いのか解らず
何度か現地の方に「鶴ヶ島で良かったらホームステイでに来て」と呼びかけたぐらいで・・
本当に子供達にはゴメンナサイの気持ちが一杯だったので
スロヴェニアに行っちゃう前に時間を作って1人で参加してきましたよ〜
「100万人デモ」色々な地方でデモが行われたようです。
私が参加したのは代々木から渋谷・原宿「エネルギーシフト・デモ」です
13:00と聞いていたので行ったら、これだけ???って位しか集まっていなかったのですが
ドンドン人が集まり1500人〜2000人はいたんじゃないのかなあ
車道を警察に囲まれながら移動するのはマラソンでもなきゃナカナカない経験

正直あまりうるさいデモには賛成できない
今回も少しうるさかった。デモは市民が意見を態度で示す行為なので
声を上げるにしても鳴り物はあまり控える
お祭り騒ぎでない成熟したデモが日本でも出来ることを祈ってます
そしてテレビ報道、特にNHKは保身に廻らず、これだけの市民運動は報道するように!

11.6.7 帰りに海沿いのレストラン「大朝日」というところが開いていたので寄って遅い昼ご飯を食べました
オバサン1人なので不信に思ったのか・・(笑)
ご主人・奥様・娘さん交えて話が始まり・・・
「此処はお店は何とかなったけど電気もつかなかったし今でも水がだめ、でも
4月半ばにはお店を開けましたよ、GWはボランティアさん一杯来てくれてみんな助かったけど
急に少なくなっちゃってね〜」って言ってました
「絵はがき」とかの事はなしたら
「そういうの欲しいなぁ〜御礼状をだそうとデジカメで写真取ったところで頓挫」ってことだったけど
みんなさし上げちゃったので持ち合わせは無く。
でもまだ家にあったので少しこちらから送りました
ちょっと驚いてくれるかなぁ・・ふふっ
11.6.6 ワカメの種づけ用ロープの支度をしてる所を拝見しました
「少しめかぶが残ってるから大丈夫だと思うんで今日が漁業再開の第一歩!」って
漁師さんが言ってました。
しかし歌津の人達、明るい!
役所の人と道を歩けばそこら中の人が話しかけてくるし
「コーヒー持ってけ〜」とか「飴上げるから」って・・色々くれるし・・
、東京よりよっぽど笑顔があふれてる気がします。
私は来週からしばらくヨーロッパだけど・・スロヴェニアガンバレ歌津!待っててね歌津!

仕掛けのロープは足元です。これでワカメ作るって・・知りませんでした(汗)
11.6.6 今日はスロヴェニア大使が南三陸町へ
なんで此処?って思うでしょうが・・そう私が此処にいたからです(笑)
私が何で南三陸町?って言われると山岳ガイド協会派遣のHUMA支援で此処に来たからです
「縁」ってキットこんなモノですよね・・・

南三陸町には来たことも友人もいませんでしたが
今は友人と呼べる「幸子さん・弘美さん」がいます。民宿やすらぎのお母さんも
避難所の何人にかとも顔を覚えて頂きました
スロヴェニアの地方テレビから此処には以前私がシーツなどを届けました
大使も自分で7台扇風機を送ってくれました
たぶん歌津には「ケアハウス」になるような小さな仮設もスロヴェニアから届けられます
私のせいで「おかげとも言うが・・」スロヴェニアと歌津に縁が出来ました
折角の「ご縁」大事にしたいです。

ルイジアナからの洗濯機や食品は私が他の避難所に届けたので
+ルイジアナとの縁が歌津に出来れば嬉しいなぁ

スロヴェニア大使(中央)と歌津中学校避難所の皆さん
11.6.5 今回は物資をお届けするのではなく
アマゾンの「欲しいものリスト」に載せるお手伝いをしようと
幾つかの避難所を廻りましたが、その中の若いお母さんが言いました
「物資はもう大体揃ってきてるし、欲しいものと言ったらキリがない、
ネットで頼むと何でも手に入るって友人は言うけど、それじゃぁ感覚がおかしくなっちゃう気がする
子供が欲しいっていうモノを買ってあげれることを励みにして頑張りたい」と・・
目から鱗です。女性の前向きな力強さに感動しました

でもこの女性、「こういう支援が今欲しかった〜」と、
「礼状・連絡用」絵はがきにはとっても喜んでくださいました
「皆さんに御礼が書きたくてもどんな葉書?って考えただけで疲れちゃう・・、切手もありがとう!
これだと郵便屋さんが持っていってくれるしね〜」と
女性の前向きな力強さに感動しました

1ヶ月〜半月前は確かに洗濯機やマットレス・枕・シーツ、
牛乳、生野菜、玉子が此処には必要だったんです
でも今は必要なものが少しづつ違う、
歌津で言えば箇々の生活をよりよくするモノになり始めているし
皆さん地方性もあるだろうけど「いやぁ〜もう色々貰ったから大丈夫」と・・
そして少しではあるが商売を始めている人や店が開き始めてる
大事なのは与えることではなく自立して貰うこと
それをもう南三陸町の一部の人達は気付いて実行に移している
私達もその芽を大事に見守る支援の仕方を考えるべきだと反省し
アマゾンは保留にいたしました
※あ・でも蚊取り線香とか・・親義会館の人喜んでましたけどね・・・
11.6.5 歌津で前回ご縁が出来た災害本部へ、
ワイヤレスが構築されてることを確認し
※本部の人はだれも此処がフリースポットだと知らないらしい・・・
 みんなノート型なのに有線でつないでる。
アマゾンの「欲しいものリスト」を既に登録してきたのでその使い方や利便性を説明。
それから皆さんから頂いたカレンダーやウチワをお届けに此処の避難所を訪問
カレンダーは仮設でも必要だし年の真ん中で購入するのは難しいですからね・・
11.6.4 皆さんのご協力で何とか出発!
でも折角貰った「災害援助車両xxx」高速道路が無料になる紙の日付は6月3日
鶴ヶ島ICで入る際にインターホンで聞いたら冷たい声で
「それはその日当日しか使えません」と・・
まぁ土曜だし・・だったら外環周りにすんじゃ無かったなぁ〜と思いながらも
とにかく出口でおそるおそる証明書見せたらスルー!
「見てなかったのかなぁ・・」と逃げるようにアクセル
外環の料金所も三陸道もスルー出来たぜぃ
ちょっと罪悪感もありましたが見逃したのは道路公団だし
第一見逃した理由じゃ無いかもしれないしね・・
11.6.4 3日の(金)にスタートする予定だったが、肝心の絵はがきが届かないので4日(土)の出発となった
4日の10時くらいに絵はがきが届き、切手も貼った方が良いかなぁ〜と思い。
夫はもちろんのこと、隣の子供に声をかけて、そのお母さん、おばあちゃんまで総動員で
切手を葉書800枚くらい一気に貼り付けた!

隣の人・・ビックリしただろうなぁ〜(笑)
私としては「小学生の子供に参加させたい」思いが実はあったんだけどね・・
おばぁちゃんまで出てくるとは・・
1年前に引っ越してきたばかりだし半分は外国人だし出入りが激しいし・・
まぁ良く立ち話はするんだけど一応あやしいので
「一定の政治団体とか宗教に絡んでませんので・・今回が活動初めてで・・」
と何か変な言い訳をしてしまった(苦笑)
11.6.3 いろんな所からカレンダーやウチワ・手帳などが送られてきました
私が頂くわけではないので「ありがとうございます」とは言いませんが
感謝の気持ちで一杯です
お気持ち大切に届けさせていただきます
11.6.3 ツイッターで「余ったてるカレンダーとかウチワ」をお願いしたら皆さん一杯送ってくださいました
避難所の方が描いてくださった絵を1000枚葉書にしたので切手も欲しかったのですが
切手は金券だからちょっと頼みづらく・・
でも弊社のお客様関係で声をかけて頂いたら何人かの方が送っていただけて
ありがたいことです
中でも亡き祖父の大事なコレクションの切手を一杯送ってくださった方とか
「被災地の方に初めて直接何かお届けできて嬉しいです」というお言葉を添えて頂いた方とか
目頭熱くなっちゃいます

お預かりしたもの、大切に届けさせていただきます!

細かいのであまり正確でなくてスミマセンが・・4万3千円ほどお預かりしました
計算的には860枚の絵はがきに切手を添えてお渡しできる!
素晴らしい〜
でも80円切手等も混ざってるのでそう上手くはいかない
一応ご報告まで
11.6.2 6月8日の出国を14日に伸ばして(旦那は8日です)今週も歌津に行くことにした
ちょっと関わったスロベニアの被災地支援へのお手伝いがあるので・・
ブルーナンバーの車同乗も有りだったが、私はその前後もやりたいことがあるので
また自分の車で行くことにした。
そう・・廃車予定だったエラン号、またもや続投です(苦笑)

今回は休日割引きが使えないので懐が痛かったところに知人が
「え?ボランティアも申請すれば高速料金免除になりますよ」と
以前ものすごい書類を持ってしても(谷垣総裁の委任状もあったにに・・)NGだったが
少しずつ緩和されてきたらしい・・・
早速、豊島区役所に(私は都民)電話して防災課を教えて貰い電話。
基本「受け入れ先が認めていることを確認できればOK」という事で
少し担当者の良い意味での「臨機応変」があったとは思うが
震災から4回目のボランティア活でで初めて高速道路が無料になりそうです!!
ありがとう豊島区防災課!!

あまり期待してなかったので嬉しくなって
嬉しい気持ちを被災地で私と関わりが頑張ってくださってる二人の保険師さんとも分け合いたいと
浮いたお金でちょっと贅沢気分のお土産も買っちゃいました(笑)

どうだ〜コレが災害車両証明書だ〜     

御フランス製のハンドクリームとトワレ
トワレは私が香水を買った際に「東北の友人にも少し薄めにしてお裾分けしたい」と言ったら
「それならボクからも・・」ってボトルをタダでくださいました
時には薬局のハンドクリーム以外のもので女性は豊な気持ちになれるものですし・・
11.5.28 日本人って本当に大人しいと思う。
それが「和の国の美徳」なんだろうな〜と思いながらも
しかしなぁ・・・
最近はテレビでも色々物議をかます言動が出てきてるようだが(ツイッター情報)
未だ「地産地消」で福島の子供達に汚染食品食べさせる政府が許せない!
今週末もいろんな所で「風評被害の食品を販売」ってイベントがあるみたいだけど
それって地元農家のためというより政府や東電のためにやってるんでしょうか??

NHKの事を散々言ってる私だが今日も再放送していたという
「ネットワークが作る放射線地図」は凄いと思った
オンデマンドで200円で配信してるので見てない方はどうぞ
(NHKさん、私もコレで先週購入して見たんで!)
第一次産業の人達は本当に可哀想だ。一生懸命育てたものを捨てるなんて・・
そして牛も、馬も、犬も・・泣けたよわたしゃ・・・
パンダぁ〜(見た人はわかる)

こんな事フランスで起こってたら、即刻フランス人農業従事者は
トラックに汚染農作物積んで東京の東電敷地内に捨てに行くだろうなぁ
トマトとか、ワインとか、政府の農業政策に憤懣して道路とか街にぶん投げちゃう人達だからね
それくらいやっても良いんじゃないか!?福島原発被害者の人達よ!
そんでもって「納品書と請求書」を東電に回せば良いんだよ
「不法投棄だってぇ〜?」
オイオイ何処の誰だい大事な田畑や海に不法投棄し続けてるのは!!

ついでに牛も引いて国会議事堂に連れて行っちゃおうよ!
デモがあってもニュースに取りあげないメディアもさすがに取りあげるんじゃない?
「永田町を牛たちがデモ行進!!」
干し草持って応援に駆けつけるよ私しゃ・・・
11.5.23 地デジ化と共にテレビからおさらばしようと思ってるせいか(単に買えないだけかも・・w)
家にいるとついテレビを見てしまう
今頃になって真実に近い報道が許されるようになったのか
急に放射性物質のことや放射線や内部被爆の事を説明し始めた

「えぇぇぇ〜本当はそんなに放射線高いんですか?」とか
「内部被爆も考えないといけないんですね〜」とか驚いて“みせる”スッタフ。
へっ?あんた達そんなこと1ヶ月以上前から知ってたでしょ?
各報道局は独自で政府発表の2倍とか3倍とかのリスクを考えて
各会社で報道規制をしていた
ハナから政府の言ってることを信じてないって事ですよ彼らは
私はそれが悪いって言ってるんじゃない
それが近年この国で色々な情報操作を見聞きしてきた私達が
自分や家族そして社員を守るためにおこす冷静な危機管理だと思う
私が許せないのは彼らは無知のふりをして
その判断を狂わせるようなコメントをし続けていたこと
「政府寄り専門家」を報道に引っ張って来たこと
報道の片隅にいるなら新学期が始まる前に自分たちで校庭の土を調べに行き
報道して専門家に疑問を投げかける事ぐらい出来たでしょうに・・

TVってダラダラ見てると本当に自分でモノが考えれなくなると思う
TVで意見してる人の意見がまるで自分の意見になって、
テレビで考えている人の考えがまるで自分の考えたモノになる
下手したらテレビの経験が自分の経験になってしまい・・
考えや行動を放棄してテレビが代わりに「脳」になっていく気がする
マインドコントロールってかサブリミナル効果ってか
「自分でモノを考えられなくする大衆を作る効果」を偉い人達が狙ってたら
・・怖い

仮設住宅に送られる「生活に欠かせない6点セット」は
洗濯機、冷蔵庫、テレビ、炊飯器、電子レンジ、電気ポット
だそうだ・・何故テレビ??
それより電池でも使えるラジオではないだろうか??
11.5.22 私が間違えて扇風機を欲しいものリストに9個しか上げてなかったので困っていたら
ツィートを見てくれた見ず知らずの方が1台用意してくれて
南三陸町歌津中学校避難所に持ってくれた
ツィート凄いなぁ〜

これでとりあえず「有言」した「下記項目」「実行」することが出来ました
**あくまで私が寄付したわけでないです。言っちゃっただけ(でへっ)

洗濯機5台
マットレス22枚
布団3セット
湯沸かしポット3つ
包丁3本(これ高かった)等々調理器具
ガス炊飯器
シーツ150枚+枕100
扇風機10台
+小さな避難所へ生鮮食料品
ポリプロピレン食器90枚

あと打診しただけだけど
「さがしてしてください」とある筋でで言われたので
仮設住宅1−2個寄付って・・どうするんでしょうかね?
これも「有言」???(汗)
11.5.20 下の「つぶやき」を秘書が伝えてくださったので・・・
スロヴェニア大使、残りの扇風機7台全部プライベートで買ってくれちゃいました。感謝
別件があったので「ちょっと待って」って言ってたんだけど・・
待てずにアマゾンからオーダーしちゃった見たい(笑)
大使から頂いたメール(原文)
I intended to do it for a long time,
you took a burden from me with helping me locating the real needs - hvala!

そうですよね、在日外国人の方達も直接何かしたいけど出来ない気持ちと戦っていたのかも
思い起こせば私の3月もそうだったっけ・・

ドイツ人カップルからの支援金を使い現地で
マットレス12枚買わせていただいた時もこんなメールいただきました(原文)
thanks for putting our money to such good use.
I am very happy that you are able to help on the spot
11.5.19 今、嘗てのウチの講習生女性から
「アマゾンから炊飯器購入しました」とのメール
ちょっとビックリしました。
先日も別の元講習生女性が「ポリプロピレンの食器90枚」を
アマゾンから買ってくれたし・・
しかしありがたいなぁ〜(感涙)
スロヴェニア大使、扇風機10台買わないかなぁ〜(苦笑)
11.5.17 私の今回の個人ボランティアはルイジアナの教授・賀茂さんが
私を発見してくれたことからはじまりました
彼の活動は「T-シャツを販売した収益金で必要なものを必要な所に送る」というモノです
海外に居るので現地情報が直接解らないので「ツイートforユー」というサイトで
http://twitforyou.org/
支援が必要な所を捜し皆様からお預かりした資金で支援をしております
ご興味のある方は内容をメールにて(英語もあります)送らせていただきますのでご連絡ください

またアマゾンの「ほいものリスト」サイトに私が関わった現地で
「今必要」とされているモノを載せました
http://amzn.to/C0w7r
ここから「他の人のリストを探す」に「chibow」を入れていただくと
関わった避難所で必要なものが出てきます
出来る範囲でご協力いただければありがたいです
11.5.16 帰宅したら嬉しいことに
歌津避難所親義会館の高橋さんから御礼のお葉書が届いていました
(絵も高橋さんです)
私は強制にならない程度に「支援者へのお返事葉書」を依頼してます
葉書と切手も送らせていただきました。
海外からの支援者の場合はメールいただいて私がポスト便でメッセージを送らせていただきました
だってそれが「継続的支援の力」になると思うから・・

家に帰って昨日はスロヴェニアTV関係者へレポートを送りました
メディアを見たスロヴェニア方々がそれをキッカケに支援をしてくださることを願っています
あとアマゾンの「欲しいものリスト」に「ちはる」の名前でのせました
検索していただければ現地で必要とされている物がわかりますので
是非ご支援お願いいたします
※アマゾンには「被災地・欲しいものリスト」があり、そこに載せたかったのですが
 本人の書面承諾とかがないとダメって言われたので諦めました
 「離れてるならFAXでとりよせたら?」って言われてチョイ切れそうになりました(苦笑)
http://twitforyou.org/ 
とアマゾンとの組み合わせでいければ良いかなぁと思います
昨日載せた「親義会館への食器」+「扇風機1」を
フランス在住の日本人が手配してくださいました
海外に御友人のいる方へもできればご案内お願いいたします
11.5.15 体育館でスロヴェニアからの支援で買った枕100個とシーツ150を配布
色が違ったのと枕は種類が違うのと以前もらった人がいるのでちょっと混乱。
「此処に寝ている方だけへの配布で〜す」
こういうのを聞きづてて「物資は自宅避難民にはくれない」って不満になるんだろうなぁ・・
でも本当に公平に分けるのは難しいと、
大勢に配る立場になって解る気がしましました
実は布団も一杯届いてるようなんですよ・・
日赤の「救急セット」が今更ッテ感じで山積みされてましたが
そういう理由だと推測されますね
だから本当に必要なものは必要なところへ
ちゃんと送る側が「被災地に」でなくて「此処に」って配った方が良いと思いました
たとへそれが公平でなくても「送る人の意思」ですからね

でも後みんな和やかになり宴会?の輪に呼ばれてお惣菜(近所からの差し入れ)やお茶、
おこわ頂いちゃいました。帰り際にも栄養ドリンクまで・・
良いのか?って思ったけど気持ちだから・・ってことで
あげくに「泊まっていきなよ、こんなトコだけど」って誘って貰いました
泊まりたかったんだけど週末割引きのお金を節約すればまた何かできるしね
管さん早く東北の高速安くして〜、三陸道&圏央道もあるので厳しい〜

年輩の漁師さんが
「おれさぁ、今まで何処かで何かあっても何もやらなかったけど、
今度何かあったらボランティアに行くよぁ・・助かってるモンなぁ〜」

ってしみじみ言ってくれたのが心に響きました
角の方に1人でいる男性達が気になりましたが

おかぁさん達は元気です
「電気が4月15日に着いてから、何かぼ〜っとしちゃったけどね」とか
「被災太りになる」ってみんな笑ってました。
たぶん栄養が偏ってるんだろうなぁ・・

小心者なのでお茶に呼んでくれた皆さんにもカメラが向けられず・・
スロヴェニアTVにはガッカリされるかも・・って後悔しましたが
まぁイイや・・「だったら自分たちで扇風機か冷蔵庫持って来てよ」って感じです

マイクまで持たされて挨拶しました(汗)
左は持ってきたシーツ&枕右は日赤からの支援物資「救急避難セット」
11.5..15 さっそくOKが出た!本家スロヴェニア人からの支援(笑)
(時差があるのでこっちが遅くまで仕事すればレスは早い)
歌津中学校で予算内で買える一番必要なものはシーツというご指摘だったので
「じゃ、今から買いに行きます!」と言ってしまったので「有言実行」せねば
車中泊を1泊伸ばし物を買いに石巻まで南下
しかし・・ご指摘の「フラットシーツ」ってあんまり一般市場には無いんですね
でも代えって「掛け布団カバー」の方が毛布との使い勝手が良いのではないかと
相談したところOKって事でイオンで150購入。
で、予算が余ったので枕カバー?って思って電話したら
「枕がないから・・」って(驚)
急遽枕を探し求めイオン・ホーマック・ニトリでかき集め100個!
以前一世帯1個って事で半端に支給された物があるらしいので100でOKとか・・
でも入るのか???私の車???

こんな大型のホームセンターがある石巻も被災地、買い物を手伝ってくれた従業員も
「ウチは半壊」とか「避難所にいました」とか・・・
何とか積載していざ現地へ!着くの夜ジャン(涙)

今月廃棄予定のマービー最後のご奉公
11.5.14 今日は6月3日なので過去の話だが自分の記憶のためにUPしておこう

この日何となく志津川のベイサイドアリーナに立ち寄ったら異常な雰囲気
???と思いカメラを構えている周りの人に聞いたら
「最後の自衛隊が此処から帰るんですよ!」と
見れば避難所の人達がよそに移り閑散としたベイサイドには
少数人数ながら熱い視線で並んでいる人達が・・
その視線の先には自衛隊の車が待っている

号令と共にしずしずと自衛隊の車が動き出し
見送る人達が敬礼したり拍手したり・・と
中にいる自衛官の人達も熱い気持ちで挨拶してくださってる
聞けば久留米(九州)からの部隊

私は偶然居合わせただけだが
この光景を見ることが出来てとても光栄だった
ジーンと来ちゃいましたよ
11.5.14 追加のマットレスと頼まれた台所用品(流されてないお家から借りてたらしい)
をまたルイジアナのT-シャツプロジェクト http://bit.ly/ieoyTI
が買ってくれたので届けにまた親義会館へ。

その後埼玉に帰ろうかと思ったが歌津中学校にスロヴェニア大使館から頼まれた
仮設の家の話をしようと寄ってみた(でも1こで半端)

そこで驚いたんだけど此処の体育館の避難民の人は
まだ床に毛布をひいて寝ているだけだ
歌津の物資が集中している対策本部のある中学校で何故??

布団が来たのはつい最近の話しらしいが
対策本部があるお膝元だけに「初めは自宅避難民から」と考えてる感じもある
何人が布団が必要なのか不明なので避難所では「申請した人だけ」としているらしいのだが
中学校体育館のスペースが限られるのであまり出したくない様子(150人)

でも毛布だけではこれから暑くなると衛生的にも良くないので
「何か出来る支援は?と聞いたら「シーツ」と答えてくれた
「でもまた布団と同じ結果になるのでは?」と聞いたら
ハッキリと「歌津中学校の避難民に」と明確であれば
堂々と配って使います!」と断言された
よし、スロヴェニアTV有志から託されたお金でシーツ150買おう!

親義会館に届けた台所用品
11.5.13 今日は同じ親義会館に(やすらぎにも少々)
ルイジアナのT-シャツプロジェクト http://bit.ly/ieoyTIから預かったお金で
豆腐とか葉物・玉子・牛乳
そして在日ドイツ人のカップルからマットレス12枚とドーナツを支援して貰い
調達・配達をしてきました。
子供達が比較的多い避難所なので、これならもっといろいろ買えるのに〜って言われそうですが
「平常」を感じて貰える「ミスタードーナツ」なんて買ってみました
ドイツ人カップルからは「僕らの寄付金を有効に使ってくれてありがとう」と
感謝さえされてしまいました
みんなのお金で一番良い役回りを頂いちゃって申し分けないです。

皆さん少しずつ怪しい私にもなれてきたのか・・
ものすごい細かいリクエストを今日はもらってしまいました(汗)
明日は、穴あきお玉3/皮むき機3/フライパン2/フライ返し2・・等々
今まで彼らが人から借りていた台所用品を買わなくては・・
何時帰れるんだろう・・不安

11.5.13 以前洗濯機5個を2カ所に送って気になっていた避難所に電話をしたら
「歌津漁民民宿・やすらぎ」「港・親義会館」
最近支援が余り来なくて・・との事
ルイジアナのT-シャツプロジェクト http://bit.ly/ieoyTIから預かったお金
少し物資(野菜や牛乳&玉子)をお届けしました
いずれも子供や幼児赤ちゃんのいる避難所で大変そうです

「やすらぎ」の方は仮設に移った方もいて現在3世帯7名が避難中
「親義会館」は仮設はまだ検討中で、
30人あまりがプレハブのような集会所でくらいしてます。
ここの状態を初めてみさせていただき驚きましたが
震災から既に2ヶ月経つのにまだ板の間にゴザをひいて毛布で寝ています
どうしてこうなんているのかは不明で・・
今日あたりまた行って出来る範囲で力になりたいです

とりあえず昨日はよそに持っていくはずだった布団セット3組を置いて来ました
今日は在日ドイツ人がお金を出してくれるというので
それでホームセンターが開いたらマットレスを12枚買って届けようと思ってます
って・・車に入るかなぁ〜ってか登米のホームセンターにそんなにあるのか?

11.5.13 以前山岳ガイド協会の派遣で参加した医療支援HUMAの方から
「ノロ対策の大きなテントをたたむので手伝って〜」と要請があり
北海道のガイドヤスチャンと一緒に手伝いに行きました
久々に行く志津川の風景。(GW前の1週間いました)
まだまだ惨状が残ってますが、遙かに以前より片づけられている。
たぶん自衛隊が頑張ってある程度にしたところを
これから民間業者や行政が被災地経済復興で
地元にお金が廻るようにするんだと思います
それでも自衛隊は民間に任せられない排水路を
雨の中開けて掃除していました。本当に頭が下がります

前回無かった風景で感動したのは「移動セブンイレブン」
瓦礫のなかに車を持ち込み営業!しかもカセットコンロで缶を暖めてくれてます
本社社員が関東から駆けつけての営業だとか・・・
コンビニは今や日本の大事なインフラの一つというのを自他共に認識ですね
11.5.13 9日から11日までツイッターで緊急をうたっていた
仙南の「王冠チーム」というボランティアグループのお手伝いをしてきました
少ない人数で全国からの大量の物資をコントロールしなくてはいけないらしく。
なれない支援活動でスタッフ自体混乱している印象を受けました
仙南地域の自宅避難民(避難所から自分の意志で出てきた人達)は
物資支給が原則とめられるので、
先行きのめどの立たない中で蓄えを崩しての生活は確かに大変です
※でも現状仙南の支援より遠い石巻の支援活動が主なようです

家はあっても生活物資の不足は各家庭それぞれで
生活インフラの状況もそれぞれなの支援の仕方は非常に難しいし
場所によっては「危険立ち入り区域」の中に戻って生活を始めてるので
場合によっては彼らの「命の危険」を増やしてるのでは無いかと不安になりました
11.5.7
アメリカルイジアナ州に在住している賀茂さんの発案で
行われてる有志による募金活動です
単なる義援金として送るのではなくチャンと被災者に必要なものが届く形で支援をしてくださってます
私も彼らからの支援を受け洗濯機5個を孤立した避難所に送ることができました
今後も私の超個人的活動にも支援してくださるようです
日本でもT-シャツ購入可能ですので是非広めてくださいませ!
詳しいサイトはこちらです(日本語&英語)
http://batonrougejapaneseschool.blogspot.com/
2000円のT-シャツ6枚で自転車1台。7枚で120cmのこたつ、
11枚で洗濯機が買えます。
これが申込みの際の賀茂さんのアドレスです
サイズ等に関してはメールで申し込んでくれる際に直接賀茂さんに聞いてみてください
hopeforjapan@cox.net
私からの転送でもOKです
chibow@palette.plala.or.jp
11.5.1 1日の映画の日なので「英国王のスピーチ」をみにいった
別に一日じゃなくても夫婦割引きなら何時でも1000円のお年頃なんだけどね・・
まぁそんなことはさておき、スピーチの大切さってことが良く解る映画でした

4月29日はダライラマ法王が護国寺で法要というニュースをラジオで聞き、
鶴ヶ島から1人はせ参じてしまいました
(仙台の教会でボランティアしてたと思ったら仏教かい?と突っ込まれそうだが・・)
法王のスピーチ、日本人を勇気づける英語での簡単なスピーチでしたが、
本当に心に響き涙がこぼれました
法王も最後に言われていました「若い方には是非英語を勉強していただきたい」と
確かにダイレクトで聞く彼の簡単な英語は心に響いても、
通訳が介した奇麗な言葉は「通り一遍のお見舞い文句」みたいになってしまいます
「言葉は言霊」
思い起こすに我が国の管総理大臣の震災後初めてのスピーチ
涙目で声を震わせながらの・・・あれは情けなかったなぁ〜
11.4.24 利尻から帰ってきた夫はカシオから頂いた高級な腕時計を空港で無くしたらしい
見つからないまま日にちが経ち警察に届けられてるようだが
「自分のモノである証明」がなかなか難しいとか・・

何時も夫は色々無くしてるので私は全然動じないのだが
皮肉混じりの冗談で
「警察犬で臭い判定して貰えば?臭いから鈍感な犬でも解るんじゃない?」
と言ったらところ、しばらく黙って食事していた夫が
「うん、確かバンドにゴムの部分があったから解るかも!」だって・・(笑)
癒されるなぁ〜
11.4.24 そのゴミ当番・・
そのために仕事のスケジュールやボランティアの日にちを決めたのに
班の中に引っ越してきた人がいて9世帯から10世帯交代に代わったので
今週でなく来週になってしまった・・・ゲッGW???
あ〜日本復興のために色々考えてるけど
現実は住宅地の「ゴミ当番」に振り回される私なのでした!
何か最近「ゴミ当番ブログ」化してきたかも(笑)
11.4.23 16日から南三陸町の志津川近辺で医療支援チームHUMAの後方支援で
日本山岳ガイド協会のボランティアとして来ています
現地では先生や看護士さん達が仕事に専念できるようにするのがお役目です
待ち時間が色々あるので他にも出来るような事をやってます
それは別途「千春通信」で流します
言ったり書いたりすると「偉いね」「凄いね」って言ってくれる人がいるけど
家にいてもイライラするだけだから
現場にいた方が何かやってる気がして心が落ち着くだけかもしれません

「東北&日本のために!」と大きい事を言いながら
先月携帯の契約をSSプランにしてしまったので、その通話料のことや
(こっちに来てやたら電話使ってる・・)
確か来週あたりは「ゴミ当番」だったような・・・とか
そんな現実に心悩ませてる小さい人間です(苦笑)
11.4.22 木曽から単独でお風呂や機材を持ち込んで支援しに来た上村さんという方にであった
技術を生かして歌津の色々なご家庭の水や電気(まだ来てないけどその代わりになるよう)
家の洗浄とかを色々やられてくださってます。
ボランティアが自己完結できるほどの行動力と時間、私財、技術、そして心意気!
すごいなぁ〜、人知れず凄いことをこつこつやっている人
木曽のメディアに取りあげて欲しいなぁ〜
11.4.21 日本鯉のぼり協会のプロジェクトを応援しようと思ったが・・
4mじゃでかすぎ・・結局まだ実現できてません
ボランティアはやはり現地視察して全部設置してあげないと何もならないと
今頃気がついたの?って言われるだろうだけど実感。
出がけに買った100円ショップの鯉のぼりの方が今は喜んで貰えました

11.4.12 タレントが支援活動すると売名行為とかと言われるのでやりづらいんだろうけど
有名人だということを被災者側の力に置き換えたような石川遼くんの支援の仕方は凄いと思う
ゴルフは全く解らないけど・・石川遼、格好いいなぁ〜
被災地の事が気になってマスターズで全然集中出来なくなり、
アメリカで何も出来ない自分が歯がゆく、でもゴルフがあるし・・と
悩んで出した支援の仕方がコレ
「今期の賞金は全額被災地に寄付」「被災地の人達と一緒の気持ちで1年戦う」
すぐにでも飛んで助けたい気持ちと、ゴルフに掛けた気持ちとの折り合いをつける迄の彼の苦悩が
昨日の深夜流されていて...寝ながら目頭熱くなりました
こんな19才が日本にいるんだから日本は絶対がんばれると思う。

経済界では孫正義氏。
アメリカ一国の義援金と同じくらいの金額をポンと出した!+無償の携帯電話
でもそんな事より彼自らが福島の放射能避難エリアを訪れ
福島に行って放射能を浴びるおじいちゃんやおばあちゃんに
泣きながら「頼むから移動してくれ。孫の為にもお願いだ」と訴えてた・・らしい
こんな人が日本の経済界にいてくれれば日本は絶対立ち直れると思う

そして実現するかどうかは解らないが・・
「福島原発 暴発防止行動プロジェクト」
60 歳以上の原発現場作業に耐える体力・経験を有するものが
後世のためにボランティアで被爆覚悟で作業するという決死隊を募っている
本当に実現したら・・・
そんな高齢者が(失礼)いる日本は最強だ!

でも私は出来ることしか出来ない・・なんて私は小さいんだ・・しかも
「あぁぁぁ〜ダスキンの交換日」また忘れたじゃないか!ゴメンナサイ回収の人
11.4.12 突っ込みどころ満載だけど9時過ぎに放映されましたね・・
「島谷さんって有名なんだねぇ〜でも仲良くなっちゃった」って、嬉しそうな旦那
それ違う気がする・・
11.4.11 最近何か偉そうに社会派の運動家気分になっちゃっててるけど
来週はキット「ゴミ当番だよぉぉ〜」
私は三陸町にボランティア、夫は利尻に仕事なのに
「ゴミ当番だよぉぉ〜」
どうやってごまかそうか・・相変わらず社会性の無い奴です(-_-;)
11.4.11 【超拡散希望】↓私が調べたわけではないです
飯舘村以外にも放射線量が多いところは同じ様な処置を取るべきだと思う
子供の年間被曝線量20msV引上げにいっせい抗議を!
文科省03-5253-4111(9:00〜18:30)
それ以外の時間 03-3506-6711
文科省「健康相談ホットライン」0120-75-5199
ネットのフォームからも意見できます
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry29/
11.4.11 計画的避難区域がやっと発表されましたね
悔しいけど・・グリーンピースの調査報告記者会見も要素の一つだったんでしょうか?
http://www.ustream.tv/recorded/13922524
これで動けずにいた人達がやっと動けますね(簡単じゃ無いだろうけど)
特にお子さんをお持ちの人達は「自分達だけ逃げられない」「学校は?」と
生殺し状態ですものね
幾ら「こちらに来てください」とボランティアのホームステイとかがあっても
行政や自治体で動かないと修学の児童のいる家庭では大変です
まだまだ危険なエリアがあります
文部省に意見を送れるフォームを見つけましたのでお願いします
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry29/

子供達はこれから何十年も生きるのです
野菜や牛乳の風評被害も(本当に風評なら)も深刻ですが
本当に怖い風評被害は彼らが大人になり結婚や出産を考える時に起きるかも知れません
原発の恩恵を受けてきた私達が負うはずの荷物を彼らに担がせてしまってはいけないと思います
1人の意見が大きな力になるかも知れません
11.4.10 何でこんな時に選挙なのかは未だ解らないけど
石原さんかぁ〜
確かにあのメンバーだとアンチ石原は割れちゃうよね・・
しかし数ヶ月で総理が替わる国で
4期は凄いなぁ・・しかも任期中に80才になるんんでしょ?
人の文献を湾曲して「悪しきものは“ばばぁ”」って言ってひんしゅく買ってたけど
言いたいことを人の気持ちを考えずに言っちゃう彼は
“老人力”の持ち主として讃えられるのだろうか?

でも自動販売機は撤退していただきたいな
いきなりパチンコ屋はひどいと思いましたが・・
鶴ヶ島に住んでますが都民です(期日前投票しましたよ)
11.4.10 NHKのニュースで「福島県の学校10μSv/hで「健康に問題ない値」って・・。
法律の管理地域が「0.6μSv/h」で
1年間に一般の人が浴びても良いとされる値が1mmsv(1年)なんでしょ?
息吸わないで何も食べないで何も飲まないで1年いても・・(放射能以前に死ぬけど)
10x24x365=87600μSv/h=87msvじゃん。(間違ってるかなぁ)
1msvが元々低い数字って言う人がいるけどこれは1年間に他の要因で放射能を浴びるのを計算したうえで
(自然から、レントゲンから、飛行機とか・・等々)だした数字が+1msv(年間)で
何処からでも長期的に放射線を受ける可能性があるエリアでは1msvはすぐに越えてしまう
放射能汚染は「足し算」。しかも一生の足し算らしい
87msvが外部被爆の値で内部被爆(息をするので)も同じくらい
そして食べ物からも水からも・・
子供は大人よりも影響が大きいのです(2−3倍)
自分のエリアの放射稜線を良く見て行動することが大切だと思います
負の遺産を次世代に残さないように
11.4.9
テレビカメラ・・そんなに人の涙を写したいのか〜
「あ!涙・・良いねぇ〜逃さないぞ〜」って感じでズームインしてくる
見てて腹立つ
11.4.9 スーパーに久しぶりに行ったら産地がハッキリしてる牛乳は品薄だし高く
それ以外は一杯残っていた
人の食べるものを一生懸命生産していた人達が諦めざる得ない姿を見るのは辛い・・
だからといって自分の子供には少しでも安全なものを食べさせたいと思うのは事実だろう
だって放射性物質は体で浄化できない。ドンドンプラスされていくモノだから

「風評被害」と言うけれどそれは情報の無いところで起こるモノだとおもう
政府やメディアは「風評被害に惑わされないように」と言う前に
チャンと情報を発信するべきだと思う
大体放射能がどういうモノでそれに対してどういう注意をすればいいのか
何で報道されないんだろう「健康に問題はない」って誰が信じられる?
他国の気象庁しか放射性物質の予報がなされて無いってどういうことだろう

放射線量の高いところで学校なんてスタートさせちゃいけないよ
(原子力基本法で決めれてる管理区域は0.6マイクロシーベルト/hです)
私達大人が作った原子力の負の遺産を押しつけられるのは今の子供達だ
子供やこれから子供を作る若者を私達は守る義務があると思う
11.4.8
NHKの天気予報「明日はまとまった雨なので花粉はあまり飛ばないでしょう!」
「あ〜助かります」オイオイ花粉より放射性物質だろう〜
11.4.8 福島市などの新学期スタートは本当にショック
マスクも着けずにテレビで明るく笑ってる姿を見ると私達の世代の大きな罪を感じてしまう
「原子力基本法」の中にある規制では
「管理区域」になるのは0.6マイクロシーベルト/h」
確認のため「科学技術・学術政策局原子力安全課」に電話して聞いたところ
こんな感じ・・

「確かにそうですけど・・0.6マイクロシーベルト/hは
元々放射線を外に出さないための規制なので今回とは違います」
と言うので
--では外を守るためというなら中はもっと危険って事ですね?と私
「でもそれは通常の時の値で、このような非常には適用されません」と先方
-- でも元々考えられて出た値であり根拠が無いわけでは無いですよね?
  状況に応じて変えるなら規制や法律の意味がないのでは?
「判りやすく言えば、危険時には50km規制の道路でも
 非常時には100km出してでも仕方がないということに似てます」とのたまわった!
私が交通ルールを例えに上げたので彼が言った事ですが・・・

呆れて
「とにかく私はオカシイと思うので意見として取りあげてください、
子供は守らなくてはいけません!」と言い電話を切りました
確かに「命を守る」ためなら多少の規制は破ります。150kmでも走ります
でも今回の基準変更は「命を守らないため」のモノです
私達の体は危険時だからと言って急に放射線に強くなれるわけでもないのだし・・
彼らが守りたいモノは命では無く他のモノだと思いました

内部被爆と外部は違うので2-4倍しなくちゃいけないらしいし
1年間続くことは無いとしても人間は空気だけで生きていけないから
水や食べ物からも少しずつはいる
高い数字になれてしまった私達だが
1mmが国の基準だったと思い起こせば桁違いの数字ジャン
(その他自然の放射量など色々考えた上での年間許容量が1mmらしい)
何か計算マチガってるのかなぁ?
子供の被爆を避けるにはどうすれば良いんだろう?
とにかく何処かに電話かけるとか??
11.4.7 旦那は震災から毎日「放射能」に関する本を読んでいる
まるでバイブルのようだ・・
外国から「逃げろ」のメールが一杯来てるようだから少しは解るけど
「明日は放射線強いらしいよ・・」っていうと耳が逆立ち
「雨が来るかも知れないし・・そういえば随分降ってないモンね」となにげに言うと顔が引きつってる
若い人ならともかく、私達は年取ってるし初期は関西に行ったし大丈夫だよと言ってあげるが
「何か声が変なんだよね・・」と花粉症の症状と混同しいる
カナリアか?アンタは・・
11.4.6 板橋の桜は今年も奇麗でした。
日本の代表的なイベント「お花見」が自粛されてるのを悲しいと思う
馬鹿騒ぎするだけでなく、日本人は「桜」に花以上のものを見れるはず。
経済のためにも日本人としてこの時を生きるためにも花見は大事な行事だと思う
11.4.5 今日はあえて違うお仕事と言うことで七ヶ浜の住宅街へ家庭訪問して不足物資を届けるというボランティア
この辺は津波も来ていないし元々立派な住宅街みたいで・・・
もうこの辺はガソリンもあるしスーパーも開いているので物資は余ってる
でもラジオでは未だ「おにぎり一個」って所もあるわけだから、
こういう少し(物資的に)落ち着いた自治体からまだまだ足りないところに送れないのだろうか?
でないと送った側の気持ちが届かないと思う。

不思議な感じなのはこういう立派な住宅街の道一本隔てた集落がもう跡形もなく無くなってること・・
それにファミレスや・ユニクロ・牛丼屋の看板が並ぶ2車線国道を普通に走ってるけど
お店は壊れてるし道路にはひっくり返った車が一杯山積みされている
車から見てるとまるで映像をみてるようだった

この事態でも車は所有者が処分しなくてはいけないらしい・・HOW?
11.4.4 仙台に1人で衝動的にボランティアに出かけている
七郷という所で1mくらい津波の土砂に埋まったお家の泥出しやお掃除のお手伝いだ
仙台市内はコンビニやファミレスもオープンし普通を取り戻しているように見えるが
自転車で1時間くらい行くともうがれき土砂の山だ
何もないところは諦めるしかないかも知れないが、1mだけ水に浸かったところとかは
お掃除すれば住める。でも並大抵のお掃除じゃないので
地元や関東、遠くは神戸沖縄からボランティアが続々来て手伝っている

遠くに見える山は今年2月に行った船形山の一連の山
11.4.2 こんな事今書いたらなぐられそうだけど・・
正直に言う、昔から「街頭募金活動」ってヤツはあまり好きじゃない
有名人(有名人はそれが一つの商品だから)がやるなら良いんだけど
一般の人の、特に子供の張り上げた街頭の声は苦手だ
まるでお金を入れない人が悪人みたいに聞こえる
もちろん、そんなこと思っちゃいないだろうけどね
こういうところは妙に気が弱いので・・私はそう感じてしまう。
ず〜っと前に友人が「心への暴力」と言っていたのに妙に納得した
大体1円2円じゃ恥ずかしいから
街角ごとにお金入れてたら・・大変な事になる
(結局見栄っ張り?)

今や募金は何処でもやる気持ちがあれば出来る
私は継続的なモノは自動引落、大口は郵便局などで行い
消費税が導入される前は10円以下は大体募金箱に入れてた
でも消費税がついてからは何時も細かいお金が必要なのでその習慣が無くなった

でもまた細かいお金が増えるけど・・貰った10円以下は
「東関東大地震義援金」と書いてある箱があれば入れる事にした
1億2千人の日本人 
被災地の人の1人分を肩替わりして2円みんなが入れたら
毎日義援金が1億2千円集まるよね〜
今回は気の長い支援になりそうだから一回の大口義援金で済ませるのでは無くて
これからは小さい毎日の小銭募金が大切だとも思う

出来ることからコツコツと!
だから街頭募金入れない私を攻めないで〜
11.4.1 隣には鯉のぼりが掲げられました
日常って良いですね! 
洗濯物や布団を干してるのは気になりますが・・(苦笑)

節電のため電気はあまりつけないのでこの周りの住宅街は真っ暗です
もちろん節約は今一番大事だけど気持ちが暗くならないため
思いついて季節外れだけどクリスマス&ニューイヤー用の
太陽光で点滅するイルミネーションを道路側に点けることにしました
代替えエネルギーのアピールにもなりますしね!

原発全撤廃は現状厳しいと思うけど
増やさない&減らす努力は出来ると思います
聞いた話だけど全国の自動販売機が無くなれば原発一機は要らないとか・・
確かに対面で市民権を得てるコンビニがある今日、
都心に自動販売機は無用かと思います
緊急時避難の邪魔でもあることだし、ちょっとくらい歩きましょう〜

出来ることからコツコツと!
11.3.31 統一地方選挙って・・ 今じゃなきゃいけなかったんでしょうか?
日本が壊滅するかもしれないこの時に選挙運動って・・疑問です
一般のみんなの気持ちが幾らあっても
やっぱり許可等を速攻で出せる指導者が不可欠。
選挙で手一杯、そして引継とかイロイロあったら機能しないジャン
この未曾有の危機に関して一ヶ月くらい先に延ばすことは出来なかったのか
やはりこの国の危機管理を疑います
11.3.30 鶴ヶ島に戻ってきました
未だ我が家が2グループか4グループか解らないのですが
この辺は計画停電が殆ど無かったみたいですね・・
庭にチューリップが咲き始めていました
こんなに急に世の中が変わっても季節と共に花は咲きます
東北道も一般に開放され今週末からは多くのボランティアも動き始めそうです
桜前線と共に善意の気持ちがドンドン北上して来ますように!
11.3.27 岡山備中の岩場に来ています
ここは100岩場にも書かれているように、
地元役場もフリークライミングを応援してくださっている貴重なエリアです

で、昨日地元クライマーが開拓をしてるのを見かけ、
独特の風貌なので「もしかして100岩場の写真に出てますか?」とずうずうしく聞いたら
やはり杉田守二さんという方でした
妙にベースキャンプに詳しいなぁと思っていたら
あのオビさんのお父様と言うことも知りました・・(苦笑)

今日も1人で開拓という事だったし、
私は震災のことを考えるとクライミングのモチベーションがあがらないので
一緒に開拓のお手伝いというか・・邪魔をさせていただきました(苦笑)
杉田さんのような方が地道に開拓や地元ととの掛け合いをしてくださってるおかげで
私達の楽しいクライミングがあるということを実感。

さて今日はツヴェートさんの誕生日!
でも質素に用瀬小屋で二人で乾杯です
11.3.25 岡山なのに寒いよ〜
被災地はどんなに寒いんだろう・・
あんなに騒いでた「地球温暖化」どうした!!
こんな時こそ、頑張ってくれよ〜温暖化君!
11.3.24 原発に関して初めはいろんな点で情報が公開されて無くて
何が次に起こるのか不安だったけど
外国からの圧力のせいか(たぶんアメリカだろう)政府も随分情報を公開してきたので
被害がOPENされると同時に、想像も出るようになったので安心できるようになってきた
(放射線量とかだってってずっと以前から取ってたんじゃない・・
15日なんて凄いよね・・何で教えてくれなかったんだろう?)

さぁみんな頑張って前を向き始めよう!
世界に日本の底力を見せるのはこれからだ!
週末にまさか関東からの子連れ避難民で高速道路がパニック大渋滞!
何て事になりませんように〜
11.3.21 何回も「直ちに・・ありません」って何回も何回も聞かされて疲れた・・
一体どういう事なんだろう
「今すぐには危険じゃないけど・・続けばそのうちには危険になるかも」ってことでしょ?
ちゃんとそういう風に説明して貰いたいモンだ
解らない単位や数字で説明されて「まったく問題ない!」と言い切る偉い人がいるけど
ほうれん草だけ食べて生きてるわけでも食べ物だけで生きてるわけでも無い理由で
空から・水から・食物からのトータルで考えていただきたい

このように政府は揚げ足を取られないように説明するように勤めている気がする
その上で翻訳させていただくと
政府が「冷静に対応していただきたい」というのは
けして「何もしなくても良い」と言うことでなく
「事が起こってからパニックになって行動しないでね」と言うことだと思っている

関東が避難パニックに陥らないよう
危険を小出しにするように運んでいるのだとすれば
政府も凄いと思う・・
確かにその方が有効だし・・
11.3.20 連休は神戸・明石・大久保の好日山荘オープニングということで
旦那と二人4日間店員をした
旦那にとって初めてのショッパー経験かも・・・
「一日立っているだけで疲れた・・もうボロボロ」
と凄く弱音を吐いていた(笑)
写真は「世界で一つ・自分だけのインナーソール」ってやつを
形成して貰ってる旦那はご満悦だけど
 臭い足触ってる中川さん・・可哀想
11.3.19 神戸・明石大久保の好日山荘がOPENと言うことで
何故か・・昨日から二人でココで働かせて貰っている
車中泊なのでまるで避難民のような生活だが・・
何時もと変わらないかも・・
旦那はつい一昨日まで海外に避難を考えていたようだが
私はただ東電エリアから出たかっただけなのでちょっと揉めた
だいたいパスポートなんて持ってこなかったし・・という私に
外国籍の旦那はビックリしていた

日本人の危機管理に疑問を持っている私だが
自分自身西欧人的な「最後は自分しかない」みたいな感覚は欠乏してると思った
でもそれは西洋人的なものというより彼らが基本、
獲物を求めて動く、獲るモノが無くなったら移動するハンター民族だからかなぁ・・とも思う
農耕民族は結局の所生まれた土地から恩恵を御貰う代わりに
代償を払う覚悟が基本的に備わってるのかな

西洋のジャーアナリストは日本の情報公開のひどさ
危機管理のお粗末さを避難する一方
「なぜ日本人はこの期に及んで冷静&渾身的なのか」の研究に入ってる
だってこの事態で暴動が起きないことが彼らには考えられないからだ
そう、私達はココで「日本人であることを誇りに思えるよう」に動かなくちゃね
さぁ私に何が出来るかなぁ・・
ボランティア登録・・埼玉でしてきちゃったからなぁ・・
電気不足が解消されるまで関西でボランティアかぁ・・

※多くの国の大使館関係が東京または日本から引き上げる中
 新しく赴任したスロヴェニア大使(女性)は
 在日スロヴェニア人へ被爆の恐れがあるトコからの避難勧告と共に
 彼女自身は最後まで東京を離れないと宣言した
11.3.17 [今の日本にあり得るのだろうか?]
と13日に書いたが・・本当にそういうことが今の日本に起こっている・・
今になって買いだめはNGとか政府は言っているが
スミマセン11日に既に済ませちゃいました
(っていうかウチは何時でも1ヶ月くらいOKの備蓄があります)

東京の人達も「買いだめはNG」と言われても・・と思ってると思う
だって今必要なのはあまり出歩かないで家でじっとする事だと思うから
=備蓄して籠城。って事ですよね
パニックと経済破綻を畏れるばかりに言ってることがチグハグだ
一国の総理がこの事態にあまりテレビに出てこないのも自己矛盾に陥るからだと思う
だいたいこんな時に涙目でスピーチするなよ!!!

かく言う私達は計画停電が2グループにまたがっていて理由判らないので
確定申告を終わらせてゴミ当番が無いのを確認して
100%節電・節約を協力すべく(?)東電エリアから既に移動しております
都心にいても特別する事がない人、特に子供&保護者達は政府先導で
東電エリアから出ること促しても良いとおもうのだが・・
あくまで「節電&消費節約」名目ならパニックにならないのでは??
被災地の方を含めての受け入れ態勢をを東北・関東エリア以外の所、
日本全国に要請するぐらいの規模の災害だと思っている
福島原発で命をかけて戦ってくれてる人達に敬意と希望を託して
11.3.13 鶴ヶ島の家の周りは平常
今日も天気が良いし周りの人は布団を干したり花壇の手入れをしていたりする
私はと言えば・・・そう「確定申告」だ
テレビやラジオから聞かれる世界は未曾有の被害に遭っているのに
普通に確定申告に苦労してる自分に腹が立つ

しかし、今生存していて建物の上で救済を求めている数百人の人がいるのに
なんでこの人達を助けられないんだろう???
報道ヘリが飛んでるんだから、せめて物資を落とすとかは出来るだろうが!!
がれきの下とか山の中とかじゃないんだ
「SOS」のサインを出して丸2日以上寒い中で空腹と恐怖と戦っているって・・
今の日本にあり得るのだろうか?

こんなに自衛隊が戦闘機飛ばして練習していて、アメリカ軍も駐留している国だ
民間のヘリだって一杯あるだろう???
彼らはそこにいて手を振って助けを待っているんだよ!!
何も出来ない自分に腹が立つ

ついでに言わせて貰うと
今私達が出来ることは、現地に行ってボランティア活動する事ではなく
被災していない近隣の街に被災者を避難させるだけの施設やシステムを作ることだと思う
今回の被害はそう易々と復興には至らないと思うから、
彼らを被災地から脱出させることが優先だと思う
11.3.12 鶴ヶ島も結構揺れました。
賃貸なので突っ張り棒だけだったので事務所の本棚が倒れて怖かったです
ラジオ全開にして、ドアや窓全部開けてヘルメットして外に飛び出した私はこの住宅街では浮いていました

でも昨晩帰宅した旦那は危機管理スイッチ入っちゃっていて
朝から一日活動してます。食料買いたしたり家直したり・・・
灯油もガソリンも満タン、カセットボンベもあるし、山道具があるしね
とりあえずあとはじっとしてエネルギーを節約して
自分に何か出来る時を待とう

倒れた本棚
11.3.10 先週末から4日間で
妙高でのSIA(スキー協会)のイベント、白馬でのテレまくり、
乗鞍岳でのJMGA(山岳ガイド協会)ガイド研修会とハシゴで参加してきました(ふぅぅぅぅ)
SIAのイベントには感動しましたが(おってこれはチャンとしたレポートで)
やっぱ極めつけはこれでしょ〜
11.3.6 「独り言、見てるよ〜」って知らない方からも最近良く言われます
恥ずかしいので「はぁ・・」としか答えられませんが
恥ずかしいなら書くなって事ですよね・・
でも日記と同じで読まれたら恥ずかしいけど読んで欲しいような・・
先日は某大手社長まで読んだって聞いて赤面(苦笑)
でも旦那には絶対読んで欲しく無いよなぁ〜

その本人が先日
「みんな色々ボクのこと知ってるんだよね・・・
 ホームページにあるって言うけど何処にあるのか全然見つからない」と言っていた
以前から少しづつ下にスクロールダウンしていたが、
彼に発見されないようにもっと下に持っていこう・・秘密だよ(笑)
11.3.1 閑静な住宅街。庭付きカーポート付きなのに安い一軒家の借家に引っ越して
とってもラッキーと思ってるのだが・・・
「ゴミ当番」なんてのががあるんだよぉぉぉぉ〜
ゴミを出してる以上、地域住民と同じようにとガンバルのだが
9週に一回とか7週に一回・・そんなランダムに来られたんじゃ
仕事出来ないジャン・・・

一生懸命仕事を調整してゴミ当番の日に家にいるように
もしくは居るような「フリ」をしようと思ってるのだが(だって殆どする事ない)
向かいの家の奥さんには居ないことがすっかりばれていて
「お留守のようなので代わりに今週やりますから、来週お願いします」と
冷たくまた言われてしまった・・・(悲)
キット「社会性がない非常識な奥さん」ってマークされてるんだろうなぁ
なんで「ゴミ当番」なんてあるんだよぉぉぉぉ〜

共働きの人は有給取ってゴミの番人しないと行けないんだろうか?
だったらチャンと9週に1回来てくれよ〜
と、制度自体を恨む私なのだが、
気が付いたら図書館で借りた本の貸し出し期限が過ぎてんじゃん
あ〜情けない・・・・
社会のルールを守れよ〜私!
11.2.28 我が家の庭にも春がきた!
これからしばらくは水仙・ジンチョウゲ・チューリップと毎日目を楽しませてくれる
ワクワクしたする季節だ!
・・・・蚊どもとの流血決戦・雑草とのゲリラ戦の時までのつかの間の楽しい季節

愛おしく毎日成長する草花を眺めながらも
その周りに出てくる雑草の芽を毎日取り除いている
心の中ではつい「若い芽は今の内に摘んでおかないと・・・」と唱えている
年取って気持ちが屈折してるのか?
摘みながら穏やかなはずの気持ちがちょっと萎える・・(苦笑)
11.2.25 結婚してからずっと疑問に思っているが
どうして旦那様の洗濯物はこうも少ないのだろう・・
洗濯は何となく私担当だから楽で良いんだけど
私の下着が5枚あるのに彼のは1−2枚ってどういうこと?
シャツ類に至っては10%程度しか彼の衣類は洗濯機に入っていないような・・
11.2.24 人の悪口はあまり書きたくないんだけど
野田聖子って人はどうなんだろう・・
同年齢の女性としてうんざりするのは私だけ??

別にその辺の女性がやったり言ったりしてることなら
「まぁ人には人の考えがあるし・・」でスルーだけど
人より特権も発言権も影響力もある女性代議士として
ガンバル同世代女性の代表みたいな顔されて行動されると
発言権のない「その辺の高齢・子無し、しかも夫婦別姓」
の私としては一緒にされたくない気持ちで一杯
※我が家の夫婦別姓は意図してなった理由ではないです。
 国際結婚は自然と夫婦別姓になります
11.2.15 14日夜からの大雪にはビックリした
ベースキャンプでクライミングして出てみれば車の上には20cm以上積もっていた
東京に行く予定だったので23時位に入間からエンター、係りの人が雪まみれになりながら
タイヤチェックをしてました・ご苦労様です
高速には入れたモノの、すぐに「通行止め鶴ヶ島で出よ!」とのサイン
「え・・入ったばっかだしこの程度の雪で何故?」と思いつつ他の車も走ってたし
道路を封鎖してるわけでもなかったので無視

「あ・そうか鶴ヶ島から新潟は通行止めじゃないから他の車がいたのね」
と思いつつも道路は閉鎖されてないので「行けるところまで行っちゃえ〜」と練馬へ向かう
雪降る高速を走行しているのは前にも後ろにも私が運転するミラジーノのみ!
ちょっと不安ではあるが、この状況で一番安全な道は高速道路だ。
4駆で新しいスタットレスだし・・普段の雪道に比べたら何てことない状況
下り線はトラックも普通に走ってるし・・だいたい封鎖されてないし
と、いろいろ言い訳をしながら要所要所にある
「この先通行止め・ココで出よ!」のサインを見なかったことにして走行

料金所も無事通過できたし大泉からの下り線はまだ車が走行してるし・・
変なの・・と思っていたら高速から降りた12時近くに大泉の入り口は封鎖されてました
私達が走行していた23時からの一時間は
「自信があるヤツは走ってもいいよ〜」という時間帯だったのでしょうか??
そんな勝手な解釈していいのか??
11.2.14 連休・夫は急に頼まれて八ヶ岳にサブガイドとして出かけていった
「天気は大荒れ!首都圏の交通は乱れる」との報道を聞いて
新宿7時発のあずさに遅れないため指示を出し
金曜の晩に東京入りして万事備えた彼だったが
目覚ましをセットした携帯をマナーモードにしたまま寝てしまったらしく
起きたのが6時38分!

「もうっ〜!心臓が止まるかと思った!」と言っていた彼を私は叱りたかったが
起きたままのTシャツ姿にズボンを履きリュックを担ぎ、靴下も履かないで登山靴をつっかけ
1mくらいある靴ひもを退きづりながら手にピッケルやらストックやら色々なものを抱え
血相かえて板橋駅まで走る外国人の姿を想像したら笑って叱れませんでした(苦笑)
凄いだろうな〜見た人どう思っただろう、見たかったなぁ〜
スイカを出してたらとても間に合いそうも無かったらしく
掴まるの覚悟で改札は突破しちゃったらしい、凄い・・

で、7時のあずさになんとか乗った彼は、
何食わぬ顔で茅野駅で靴下を買い求め、トイレでアンダーズボンを履き
何事も無かったかのように仕事を遂行したようです
関係者の方、見ていたらスミマセン・・・以後気をつけさせます・・
11.2.8 今日はスロヴェニア大使館内の文化の日イベントと言うことで1人で行って来た
(我が家の本家スロヴェニア人は岩崎元郎さんの新年会に出席)
新しい大使は女性の方、政府観光局も大使館内に入り、
他の大使館に比べるとますますアットホームな感じの大使館だ
(大体大使官邸も大使館内だったと思う・・)

まぁ私ごとき一庶民が毎回大使館のイベントに招待されていること自体で
国の規模が解るというモノだけど・・(苦笑)
※自慢ですが・・・中嶋はMR&MRSという招待状ではなく中嶋個人で頂いています、ハイ

でも今回は「文化の日」という初めてのイベント
東京外語大学の学生さん達がスロヴェニアの詩や歌を披露
スロヴェニアの詩って全体に難しいし暗いんだよね
しかも訳された日本語はもっと難解・・・
お腹は空いているし、久しぶりにお会いする方もいるのに延々と続く朗読を
じっと聞いているは正直ちょっと辛かったぞ

隣にあまり見かけない女性がいたので「どちらの関係の?」と聞いたら「ハイクを少し」との事
同胞いたり!と嬉しく思ったけど「ハイキング」では無く俳句を嗜んでいる女性でした(苦笑)

アットホームは大使館内のお部屋で
11.2.7 土曜は年上の友人と一緒に「梅沢富美男」を明治座で見てきた
明治座なんて初めてでちょっと優雅で嬉しいのだが
お客さんの年齢層に合わせてなのか元々大衆演芸がそうなのか
演目自体は瀬川瑛子以外子供だましっぽく今ひとつでした・・・

演技とは関係なく記憶に残ったのは明治座の女子トイレ。
個室の扉に【お出かけ 安心 ・吸水下着】なる広告が貼ってありました
普通女子トイレの個室には【生理用品は売店にあります】とか書かれてるんだよね〜
さすが明治座!! 客の年期が違う!と思わず感心してしまいました
かく言う私も「あれっ」と言うときが何なのか・・・微妙なお年頃です(苦笑)
11.2.5 なんで「GOGOグルメ」なんて知ってるの?って思った?
中嶋はヤフーの無料ゲームでたまに遊んでいるのです
で、私が最近一番情けないと思うことは
こんなに旦那の事を「いつもも何か捜している」と笑いものにしておきながら
一番好きなゲームが「アイテム探し」って事だ(苦笑)

仕事が一段落して「ちょっと遊んじゃおうかなぁ〜」と
無料ゲームを(意地でも買わん)ダウンロードして1時間、ゲームの中で捜し物をしている
ただひたすらゴチャゴチャの画面の中から指定のモノを探し出す単純なゲームだ
馬鹿じゃないのか・・・私
一時間のゲームが終わって我に返ったときは毎回自己嫌悪にどっぷり(悲)
11.2.3 親子丼につられて春日通りの「なか卯」に入った
経費削減のためか「なか卯」にはスタッフが1人だけだった
注文会計は自動販売機がやってくれるモノの水だし・片付け・料理を作って出すのは彼だけ
凄かった!オープンキッチンの中を駆け回り、うどんに湯を潜らせながらカツを揚げ、親子丼の具を煮る
そして盛りつけて出てきてお盆に並べトッピングを加えお客さんの所に持ってくる
その間にも人が入ってきて出ていく
「ありがとうございました!」「ただいま少し時間が掛かっております!」
と声を出しながらも手は絶対に止まらず目は別のモノを見ている

これは・・もうゲームだ
「GOGOグルメ」とかそんな感じの・・手際にチャレンジするゲームだ!
きっとこの仕事に就くには「GOGOグルメ」で特訓していたに違いない
採用試験でシュミレーションでもするんだろうか??
カウンターで本を読んでいた私は途中から
彼の無駄のない美しい動きに釘付けになった。きっと他の客も固唾をのんで見守っていたと思う
1人だったのでおとなしくしていたが、友人と一緒だったら私は絶対に拍手したと思う(笑)
↑そんなヤツと絶対「なか卯」に行きたくないって、今思ったでしょ・・
11.1.31
夫はある時バリカンを買って来て「これからは自分で切る」と宣言していたが
それって私が手伝う事を前提にしてるって事ですよね・・?あ〜面倒
でもって「何でココが長い」とか「右と左が違う」とか毎回うるさい・・
だって何時までも未練がましく五分刈りだとか三分刈りとかにこだわるからですよ
プロでもない私に「長さが全然あってない」って怒るので
一番無いところにあわせてやったらこうなりました(汗)
「いや〜ブルーウィルスみたいで格好いいよ〜♪」と
なんとかおだてたら、本人もちょっと気に入ってくれたみたいです(ほっ)
11.1.27 昔の友人に頼まれて2日間スキー修学旅行のインストラクターをやらせていただきました
夫は女子のスノーボードの初心者担当で
「もう大変ツ!」って、いつもレッスンが終わるとブツブツ言っていた
しかも本当に泣いてる女の子もいたし・・(苦笑)
「1人を起こしたり手を引いたりすると、みんな倒れて自分で起きあがらない・・」
「1人の娘の靴ひもを絞めてあげたら、みんな絞めてあげないと動かない・・」
そうだよなぁ〜女の子って面倒だよね〜って同情しましたが・・・

「『先生とリフト乗りたいっ』って言うから乗ったら後の子達がいじけちゃったり・・」
・・・って、オイオイ、もしかしてコレ、自慢???
まぁ毛色が違うからあろうけど、
17才のまつげをバタバタさせた女の子達に囲まれてヤキモチを焼かれるなんて
50過ぎてそうあるモンジャ無いモンなぁ〜
11.1.24 シフォンケーキに燃えている
だって簡単だし、何より見栄えがするのに材料費が安い
「玉子ある分だけ作るよ」と言ったら夫が2パックも買ってきたんで意地になって作ってしまった
左から=紅茶・きな粉・クリームチーズ味
料理上手な奥さんみたいだけど、実は上手くゆで卵すら作れないだよね・・
元々ゆで卵が嫌いなせいでもあるが、
たまに作って皮を剥くと20%以上はもっていかれてしまう(苦笑)
「あんたゆで卵も作れないで良く結婚出来たね・・」って夫に言われた
ムカッ〜
11,1,20 ウチの近くのラブホテル・リニューアルされて「宿泊4食付きで6800円〜」なんだよね
それって一泊2食付き@3400円ってこと??
ネットで調べたら部屋は奇麗だし、全室TVやカラオケ付、レンジもコーヒーセットもある
4食の食事の中には生ビールも含まれてる・・おまけに朝食は200円 
同性同士、家族も可となってました
ホント? 安くない??? 

泊まるつもりは全くないけど、こういう疑問を心に留めておけない
私のような女がする事はただ一つ
「電話して確認」だ → 思った通り安い設定でした 
しかも19時くらいから泊まれるし 
ラブホテルだから3人でも4人でも泊まれるんだろうなぁ
4食付いてるし 朝食200円だから 一泊2食付き1950円だ!

こういうことに何で時間と無意味なエネルギー使っちゃうんだろ・・(反省)
11.1.16 ずっと歯医者通いだ・・
「千春ちゃんって・・ず〜と歯医者通ってない?」と友人に言われたが
確かにその通り・・歯医者と縁が切れない
鶴ヶ島に引っ越しても東京の歯医者に通い詰めている
しかし面白いんだよな・・小林先生

年の暮れに久しぶりに痛い治療をして
「先生イ〜タイ!! 痛かったよ〜」と涙目で訴えたら
「歯医者ですからね、痛いんです!大人でしょ?
 もう大きいんだから〜泣かな〜いの!!」と諫められた(苦笑)

正月明けにも行ったが
週明けだからなのか、年明けだからなのか解らないが何時もにもましてテンション上がってた!
「化膿したら困るかなぁ〜って思ったけど」って言ったら
「ダ〜イ丈夫、口の中は既にと〜っても菌がはびこってるのでキタナイ!!
 故にモンゴルのゴビ砂漠でもウズベキスタンのイチャン・カラでもケニアのマサイマラでも
 ゼ〜ンゼン問題ないのです!!」とか言うような事を早口で言っていた(笑)

頭の回転が速いというのか・・面白すぎ
しかし何故何時もタダ??ちょっと不安・・・
11.1.12 “世界のユージ”さんから年賀状来ちゃったよ〜
しかも肉筆!家宝入りですな(笑)

千春さん宛で「また登りましょうね〜」ってメールも去年来貰ったんですけど
有頂天で「ユージさんに誘われたよ〜」って人に言って良いのかなぁ?って、友人のガイドに聞いたら
「それは・・違うと思う・・」と、遠慮がちに言われました、ハイ確かに・・(苦笑)
11.1.7 チャンと大掃除もし、お正月は城山で二人でクライミングをして過ごした
車中泊ながら温泉施設で年越しそばを食べ、紅白歌合戦を見てお参り。
除夜の鐘もつかせて貰った
車につけたお飾りも今日は外し七草粥だ
う〜ん私って外国人と結婚したけど凄く日本の伝統をなぞってる!!偉いぞ!

「何で今日はこんなミゼラブル(みすぼらしい)な夕飯なの?」と聞く旦那様に
「今日はお正月で疲れた胃腸を労るための日なんだよ」と得意げに説明する私に
「でも、お正月にご馳走は無かったよね・・?」と彼
確かに・・・私達の胃腸は全然疲れてないと思う(悲)
10.12.26 ここんトコ立て続けに上京してる
で、思うわけだが・・・マスクはどうした?
電車の中のあっちこっちで咳をしてる人がいるけど、マスク姿の人はあまり見かけないよね
去年のあの騒ぎは?????
10.12.25 鶴ヶ島の自宅にて
欲しいものは大体山関係(仕事関係)になってしまうのでプレゼントに困るのだが
今年の夫へのクリスマスプレゼントは池袋別宅用に夫“専用”収納BOXを買い
彼が欲しいといっていたパジャマや彼が好きな食べ物・飲み物を詰めてさし上げた
で、夫からのクリスマスプレゼントは何かというと・・・
「やかん」だった・・・やかん (高かったらしいが)
「これってさぁ・・みんなのモノでしょ?」という私に
「いや・・千春さん優先」って言ってましたけど
優先って・・・???
10.12.22 ルジュレが去り今はドイツ人の青年が下宿してる鶴ヶ島です
日本語を一生懸命勉強している彼は12台後半〜13台を狙うクライマー
スポーツクライミングしかやらないし交通手段や道具をあまり持ってないので
スキーに気持ちが動き始めてる私の気持ちを“ぐっ〜っと”クライミングに引き留めようとしています
悩ましい・・・、実に悩ましい・・
10.12.17 田園調布の!ノルウェー人のお宅にお招きされた
リッチな家の食卓に上がったのは
福島から送ってもらったという熊、鹿、そして羊、
凄いワイルド、さすがバイキングのお国柄?
でも熊は7時間かけて煮込んだだけあって本当に美味しかった!
極めつけは羊の頭・・・・
もちろん頂きましたよありがた〜く、唇あたり・・・(汗)
もぅ羊の顔を正視できないよぉ〜

10.12.1 此処タイでも毎日何かを捜している夫が
特に毎回捜しているものは蚊取り線香に使う「ライター」だ
ライターやナイフは日に何度も使うんだから、解る場所に置いておけば良いモンだろうが・・
それが出来ないのが彼の個性・キャラクターってヤツでしょうか??
それともウケ狙い?
終いには友人達と「さて今回は何分で出てくるのかな〜?チッ・チッ・チッ・・・」と、
自分たちのは出さずに時計片手に観察してました(笑)
↑家で二人だと、ただ腹が立つけど・・
何人かと一緒だと自分も第三者になれて楽しいんだなぁ

極めつけで面白かったのが、岩場で若い女性から
「ライター持ってません?」っと聞かれて、
「シュア〜(もちろん)」と喜々と渡そうとするが、案の定・・
何時までも探せないので女性が「あ・イイですよ・・スミマセン」と言っても
「いや・・どうせ僕も使うから必要だし・・」と夫はバックの中身を全部出して捜してる
その内よそのパーティの男性から女性はライターを貰って蚊取り線香に火をつけた

「良かったらこのライター使います?」と、
まだ汗だくで捜し続けてる彼に申し訳なさそうに聞いてくれた彼女に
「NO!僕は僕の蚊取り線香には“ボク”のライターで火をつけたいんです!」
と、強い調子で言い放ち彼女を思い切り退かせていた
その横で私達は声を殺して笑っていたのは言うまでもない・・
10.11.28 タイにここ数年のお決まり行事でクラミングに来ています
でも天気悪いゾー!何時雨期が開けるんでしょうか〜!

まぁ・・のんびりした気分に浸り、本を読んだりマッサージに行ったり
世界各国からや様々なグレードの他のクライマー達と情報を交換。
低いレベルのクライマーでも萎縮しないで同じ岩場で楽しく会話できる雰囲気が好きです
入れ替わり入ってくる友人の日本人達と同宿したり夕飯や酒を飲んだりも楽しい
隔離された半島なので選択肢があまりないと言うのも逆説的だけど魅力の一つ
「今日は何して遊ぼうか〜?何処行こうか〜?昨日の続きやる?」
日が落ちてきたところで「じゃぁ又明日!」ってな具合で・・各宿に戻っていく。
そう・・此処には今日の続きに同じ明日があるということを、何も疑わなかった子供の頃の時間空間があると思う。
それが7年も通い続けてる最大の要因かなぁ・・

家と違って持ち物は極限にコンパクトなはずなのに、
毎日何かを捜してる子供みたいな夫を見てるのも面白いです
10.11.26 あれから書き込みをしていないので
「で、帰ったの?」と人から問い合わせを受けるので・・
はい無事帰りました〜
夫がルジュレの母親に「誕生日もクリスマスもこっちで過ごすらしい」とメールを入れたところ
母親からルジュレに「予定通り空港で待ってます」というあっさりとしたメールが届いたらしい(苦笑)

クライミング以外何処にも連れて行ってないし、夫も忙しいを理由に連れて行く気がないようなので
ちょっと可哀想になった私が仕事をがんばって片づけて彼を七面山の宿坊に連れて行きました
運がいいことにものすごく見事な富士山がお寺から見られたし、
宿坊泊まりでお勤めにも参加して貴重な経験ができたと喜んでくれたので私も満足
ついでに河口湖を周り「モミジ回廊」を見てお祭りの屋台でいろんなモノを食べ歩いて
一日お母さん気分♪(こういう時はちょっと嬉しい)
「今度来るときは・・・、今度は・・」と陽気に連発する彼に
「そうだね〜今度は奥さん連れて新婚旅行でおいでよ〜」と柔らかく釘を刺してみたが
「いやそんなんじゃなくてね・・」と、まったく「糠に釘」って感じでした(笑)
かなり近い将来来日しそうな予感がします・・・ハイ

ちなみに忙しいから・・と不参加の父親はしっかり友人とクライミングに出かけたらしい(怒)
10.11.12 最近一緒に登ってるクライマーから聞いた好きな言葉
「でも・・今日が一番若いんですよ」
だよね〜!!
他人と比べて「もう年だから・・」って言い訳しがちだけど、
自分と比べれば明日より1日年下だからねぇ
何時も今が一番ベストってことで前向きで行こう!!
う〜ん・・でも「今日が一番軽い」って事はないんだよね〜痩せたい・・

そうそう、昔上手いクライマーにさらっと言われた耳が痛い言葉
「身長は変えられないけど、体重は自己の努力で変えられますよね」
あ〜思い切り今、後ろ向きになっちゃったよ・・
10.11.6 今朝夫が私に
「ルジュレ、1月まで日本に居るらしいよ・・」って
「え?来週帰るんじゃなかったの?で何処に居るつもり?」と私
「此処に・・」
へっ???
10.11.5 あの親子・・・新しい池袋の狭いワンルームに泊まって
「シャワーのお湯が出ない!!」
「もう水シャワー浴びたんで二人とも風邪ひいちゃったよ〜!!」
と埼玉に居る私にパニックで電話してきた

「ちゃんと見たの?その部屋だけの問題だと思うからちゃんと見てね」
「見ましたよ〜二人で、外も懐中電灯で色々開いて、ず〜っと調べました。でも出ない」と旦那
なんで何かあるとすぐ私に連絡するのかなぁ・・
そんなに念入りに調べたのに解らないなら私だって解る分けないジャン
本読んでる最中でめんどくさかったので
「だったら私だって解らないから東京ガスかリンナイに電話してよ〜」
と冷たく電話を切ったのでした

でも翌日、新しい部屋なのに問題があるのはオカシイので
ちゃんと埼玉からはるばる見に行きましたよ、半日かけて・・はい
で、シャワー入り口にある給湯コントロールスイッチが入ってないだけと発見した次第です、はい
電気のスイッチの横についてるのに・・もちろん「運転」とか「温度」とか書かれてますよ、はい

で、あの親子・・本当に風邪ひいて鼻水垂らしてます、ハイハイ
10.10.26 母性も父性も欠如してる二人だが、息子が留守にしてるしてる数日間の話題は
「迷惑かけてないかなぁ〜」とか「何食べてるのかなぁ〜」とかこんな感じでプチ親気分かも・・(笑)
でもやっぱり個人主体の共同生活に慣れている二人としては解放気分を味わいつつ
個人行動に走っている・・・

妻の本日の個人行動はブックオフに1時間以上入り浸り、
立ち読みしてる本でコソコソ涙を流してるという変な客。
スタッフがチラチラこっちを見てましたっけ・・(苦笑)
しかし中古本って安いですよね・・涙本以外は大量に買っちゃいました

一方の夫といえば、市場に出かけ大量のバナナを購入。
「なんでこんなに・・?」と聞いたら
「だって小母ちゃんが『安いよ〜、エクアドルからだよ〜』って何回も言うから」っていうので
「なんでそれで買うの?」って私
「だからね『エクアドルって何処?教えてくれたら買う』って言ったんだよね、
そしたら小母ちゃん困っちゃって・『う〜ん北の方』って・・・」
「はぁ・・?」と旦那の相変わらずのおふざけ突っ込みに呆れて私
「だから・・『北の方ってカムチャッカ?そんな寒いトコのババナはどうかなぁ〜』と言ったら、
小母ちゃん困ってエクアドルの位置が説明できる他の人を連れてきた」

笑・・・それじゃ買わないわけにはいかないねぇ〜
とお互いの戦利品の話で一献の夜でした
10.10.23 父性も母性も欠如している私達二人は息子(21才)との突然の同居で困惑気味
夫は必要以上に父親風ふかして、こっちは必要以上に第三者的(苦笑)
元々私達二人が夫婦というより共同生活者的生活をおくってるので
そこに入り込んだ「子供」とい存在に二人とも舞い上がってる・・
(良いヤツだけど・・ヨーロッパ人の割に年齢より子供だと思う)

友人の「日本人の女の子はどう?」って質問に
「日本人の女の子はみんな可愛いし僕はヨーロッパじんの子達より好きだなぁ〜」と
ニコニコと答えてた彼
それを聞いて普通の親なら喜んでしかるべきなのかもしれないが
えっ!駄目、ダメ、勘弁して〜と、その横で私達夫婦はビックリして首を横に振る
夫なんて本人にも直接「日本人の女の子はやめておけ!」と
今から釘をさしてる・・・(笑)

反対されれば反対されるほど燃え上がるのが恋の王道
って・・相手もいないし、たかだか1ヶ月半の滞在なのに心配しすぎ!
ってのも、親の王道ってもんかな(方向がかなり間違ってるけど・・)
注)彼に可愛い日本の娘を近づけないように!!!
10.10.21 あの世界のそして日本のトップクライマー平山ユージさんと岩場に行った!
目の前で「人間」が14のルート(13D/14aだけど・・あんだけ濡れてりゃ14aでしょ)を登るのを初めてみた
夢じゃないですよ〜、でもルジュレの撮影(私が黒幕ですが・・)にかこつけての同伴だ
ヤッパ「平山ユージ」凄いです
何が凄いって・・良くわかんないけど「凄い」です(笑)

だって彼がやってること、やり遂げたことの本当の凄さは
私みたいな凡人クライマーには正直わかんないもん。
私みたいな凡人が凄いって解るのは、世の中の所謂「凄い」っていう人達が
平山さんの功績を「凄い」って言ってるからだと思う
そういう彼の凄さが分かり易く書かれていて凡人にも「凄さ」が共感出来ようになる本がコレ。
ユージさんの撮影に向けて目を通しておこうなんて姑息な気持ちで購入したのだが(失礼)
そのドラマチックなおもしろさにドンドン引き込まれて一気読みしちゃいましたよ
「ユージ・ザ・クライマー」お勧めです。何故かイタリア語版もでるらしい

山と渓谷社・1600円
10.10.19 先日板橋駅に置いておいた自転車が無くなってしまったので、東口の交番に相談しに行った
盗難って事でも見つかる可能性はないのであまり協力的じゃない警察官達
まぁ彼らに言ってもしょうがないのは重々承知ではあったが・・・

「でもねぇ〜奥さん」って言われた時、
普段から知らない人が中高年女性一般をつかまえてこう呼ぶことに反感を持っていた私は
(確かに日本語ってこの類の言葉に困ります)
虫の居所が悪かった+酔った勢い+相手は公務中の警察官ってことで
「私・・まだ結婚してないんですけど・・」と悲しそうに言ってやった
それから彼らが妙に親切になったのは言うまでもない。
フフッ・・

(注)ツヴェートと中嶋は籍入ってる夫婦です。
  しかしルジュレは二人の間の子供ではありません・・・誰もそう思わないか(笑)
10.10.17 引っ越した先は閑静な住宅街で居心地は良いのだが、
ゴミ当番とか地域清掃なる厄介なモノがある・・・
と言うわけで今日の日曜、遠出は出来ないのだが、
幸いなことにあの平山ユージさんプロデュースのイベントがあるので参加してきた
「ゆるーいボルダリングコンペ」などもあり全員参加型のたのしいイベントでした
そしてユージさんのトークとスライドショウ。たのしかったです
写真はみんなに「イケメン!」とコールされてたジュンさん。
確かにイケメンだけど、枕詞のように「イケメン」がついてしまうのも
本人的にはどうなんだろうなぁ・・
ジュンさん優しい人みたいだから、苦笑で流してるけど・・

平山ユージさんのクライミングジム http://www.b-camp.jp/
10.10.14 野菜高騰のおり、スーパーで売ってる野菜も安定供給なので家計を助けてるとか
キャベツが上がったときにもお米が不足でも騒ぐしサンマでも何でも・・
ニュースは危機感を煽るよね、あんなに煽られたら
普段は買わない物でも買えないとなると、どーしても欲しくなるのが「人の業」ってもんでしょうか?

私がしってる範囲の昔でも、季節ってモノが食卓にあってその時期にしか食べられないもの、
その時期には食べられないものってもんがあったんだよ
(夫と知り合った当初のスロヴェニアのスーパーは冬には何も生鮮食材が無かった)
だから人は工夫して必要な栄養は他のモノを食べてたり加工して保存した
昔は「季節に即した食材」だったけど、今は「時勢に即した食材」って事で頭を転換して
高くて買えないなら買わないで他のモノたべりゃいいじゃん!って言ったら
「あんた達みたいに世間はのんびり暮らしてないんだ」と言われるのかな?

野菜が買えないからって理由では無いだろうけど・・
知る人ぞしる栂池の大西さんは毎日キノコを採ってキノコで飲んで、キノコと話してるらしい
先日ひょっこり訪ねたら一杯取ってきたキノコを食べさせてくれた
「ベニ天狗だけ食べてみたい〜」という私のリクエストにも応えてくれそうだったが、あいにく品切れ
今度は用意しておくよ〜うに!

「げろりんこのブログ」なるものに既にアップされてた・・。大西さん働いてるジャン(笑)
http://ameblo.jp/woodyheart/entry-10676737787.html
10.10.11 一昨日はクライミングからの帰り道「ラブホテル」の話になり
ここんトコ父性発揮のツヴェートさんが息子に説明し始めた
スロヴェニア語なので良く解らないが
「ウォーターベット」とか「エルビスプレスリーベット」とか・・
はぁ?何処で仕入れたのそんな情報?って感じだけど一生懸命説明してる(らしい・・)

悪のり好きの私としては聞き捨てならんので
「じゃぁ見に行こうよ〜♪部屋の写真見るだけなら問題ないよ〜」
と、運転してた軽乗用車をラブホテルに乗り入れた。
が、家の近くはビジネスホテル風の部屋しか無く面白くない
スタッフに見られてちょっと恥ずかしかったが、
キット「モーテルと間違えた外国人家族なんだと」思っただろうな・・

「この辺じゃ面白くないからもっと地方のお城みたいなトコ行くべきだよ」と私
「そうだね」と言って昨日二人は新潟に出かけたが(ラブホテルのためじゃないですよ)
白人のマッチョオヤジと白人青年のコンビでそんなトコ見に行ったら怪しすぎるぞ・・
ってかキモイ(苦笑)
10.10.9 昨日は恒例のBANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL に3人で行ってきた。
毎年楽しみなフィルム際だけど
今回は特に是非映像やカメラの仕事をしているツヴェートの息子にも見せたかったので
パタゴニアとアルパインツアーズさんに頼み頑張って金曜の3人分をゲット!
その甲斐あってかひとしお面白かった!(快眠リラクゼーション映像もあったが・・))
東京に続きまだこれらの地方もあるので是非観にいってくださいまし♪

明日から二人は山に行くらしい
本当は私も行く予定だったけど・・遠慮することにした
どうぞ親子の絆を深めてください、ってか
なんかもう5日目にして既に疲れたので、私は暇を頂きたいモードです(苦笑)
10.10.8 あの長野美穂に新築祝いとしてイラストを送ってもらった!
素敵でしょ?後ろにはスロヴェニアの最高峰トリグラウまで描かれている
思いがけないプレゼントで喜びひとしおです
サンキュー美穂!!
10.10.5 ツヴェートの息子ルジュレが来日した
映像の勉強なのか、紅葉の撮影なのか、単に観光なのか、ジャグリングで出稼ぎなのか(笑)
何をしに来たのか・・・今ひとつ解らないのだが、とにかく来た
彼は21才(22かなぁ)既にプロのカメラマンだ!(かなり稼いでる)
+ジャグリングもプロ級

私はツヴェートの妻で、彼はツヴェートの息子で、
ツヴェートは離婚歴が無いし、殆ど子供の頃のめんどうなんてみてないのだから・・
日本人の男の子ならこの関係って・・きっと居づらくて来ないだろうなぁ・・と思いつつ
スロヴェニア人が寛容なのか、彼の心が広いのか、私が鈍感なのか

何となく最近年に1回くらいは密一緒に動くことが多い
まぁ面白い気のいいヤツだし楽しいからいいかぁ〜
これから一ヶ月半の共同生活、何が起こるか楽しみじゃ♪
10.10.3 成り行きでドイツ人青年と一緒に週末はクライミングをすることになった
お勉強のための来日らしいので道具はあまり持っていないがエラく上手いクライマーだ
しかも親切丁寧&ちょっとスパルタ・・(苦笑)
日本で登る機会に恵まれなかった彼はとっても元気で楽しそう
こちらも楽しいけど・・
抑制されていた犬の散歩で手綱に引きずられた感じで少し疲れました(笑)
イヤイヤ・・彼がつき合ってくれるなら
これを機にもう少し高みを目指そう!!

で、彼から聞いたんだけどドイツでは「オートロックの安全管カラビナ」は
クライミング協会が使用を奨励していないようです
何かのキッカケでロープが回り込んで入りロープが抜けてしまう事例があったらしいです
と言うわけで、DMMのビレイマスターを使うことにしました

10.9.30 国勢調査が今年も来た。東京都埼玉と二カ所に来ていた・・
たぶんコレって実体とずれてマズイかも・・と思いながらも
調査員が来たわけでないし
聞くのも面倒なので2カ所ともさっさと済ませて投函してしまった

でも今朝のワイドショーで「調査員の報酬は100件で75000円」と知り
むくむくと怒りがこみ上げてきた
「ってことは1件750円ですよね?少なくとも東京では調査官はポストに投函しただけです
 事前のお知らせも投函しただけだし、これで750円って・・
 この共同住宅6件で4500円ですか?ポストに入れるだけなら1分も掛からない・・
 今時とても良いバイトですねぇ〜、税金の無駄使いでしょう
 書くのも投函するのもこちらなんだから私が750円欲しいくらいです!」と

「聞くのは面倒」と言いながらこういうクレームは間髪いれずしてしまう中嶋です
10.9.28 私は注射が恐いので受けないが、
主人は毎年インフルエンザの注射を受けている
どうも受けないと心配らしく、
タダの風邪気味程度でもでも「やっぱりまだ受けてないからだ〜」と気弱になるし
注射を受けた後は「もう大丈夫!」と俄然強気になる

早くも昨日「予防接種を受けたい」と自発的に病院に電話していたので驚いたが
「まだ用意がありません」と断られ既に焦燥感に襲われてる・・
彼にとって風邪とインフルエンザの区別は無いらしいので
予防注射は「お守り」「気休め」みたいなものなのだろうか
「鰯のの頭も信心から」と言うし「鰯の頭」よりは遙かに効果があるのだから良いと思うが
そんなに「予防注射」を気にするくせに
人混みから帰っても“うがい・手洗い”をしないのは何故なのだろう・・
毎年彼が風邪をひいて家庭に持ち込み私にうつすということを繰り返す
「予防接種受けてるから大丈夫」と言って本人は乗り越えてるが
流行風邪とインフルエンザが違う事を知っている私はたまったもんじゃない(苦笑)
10.9.27 昨日ベースキャンプ(平山ユージさんのクライミングジム)に行ったらストーブがつけられていた!
先週の水曜まではあんなに暑かったのに
スロヴェニアやクロアチアから旅行博に来ていた外国人達も
「秋分の日」を境にキッチリ気温が下がったことに
「日本って本当にスケジュールどおりにキッチリうごくのね〜」とビックリしていた
「そうなんです、だから日本人向けツアーを組むときにはキッチリお願いしますね」と言っておいた(笑)
10.9.25 旅行博の関係でここ数日間クロアチア人と一緒に動いていた
普段のんびり営業している私としては彼らの闘争心や押しの強さにちょっと疲れた・・・
私がおとなしいのか・・日本人全体がおとなしいのか・・
どうなんでしょうね・・
日本人は独自の腹のさぐり合いや顔色を見ながら事を進めていくからね
やっぱり特殊な人種で外国人には分かり難いんだろうなぁ〜とも思います
そういえば旅行博にはどうするんだろうと思ってたけど
中国、ドタキャンしてました、流石!
大陸的人間は分かり易い!(苦笑)
10.9.8 旦那が帰国したので、3ヶ月ぶりにあの凄みのあるエラン号(マツダシードマービー15年25万q走行)
を使うべく私が出向いた。
ボディがガムテープやマジックで補修されてるすごいくるまだ・・
ルームランプやラジオ周りの電気がつかなくなったり、ドアが開かなくなったり
開いても閉まらなくなったり・・・
色々問題がある車だがエンジンだけは憎たらしいくらい強いので捨てきれない・・(苦笑)
今年のGWに冷房をつけてみたら冷房スイッチが入ると風が出ず、風が出ると冷房がつかずと
もういい加減無理だろうなぁと思い、内部は奇麗に掃除したものの
灼熱の川越駐車場にバッテリー付けっぱなしで3ヶ月放置してしまった

で3ヶ月後、エンジンかけるまでの困難を覚悟の上でキーを回したら
なんと一発で始動!
ディーゼルターボは強いなぁ・・寒冷地でも何時も一発だし
捨てられるのが嫌なのかクーラーも風量1と2の微妙な位置におくと微妙に使える(笑)
エンジンが壊れる前にドアやバンパーが走行中落ちるんじゃないかと心配な私です
10.9.5 ひねくれ者の私だから納得いかないことは幾らでもあるが
最近一番納得いかないのは、
最近、自分のカゴやバックを持ってくる人にスーパーで張られる「支払いました」の大きな紙・・
大体“ゴミ袋として再利用できる”プラスチックバックを減らして
地球の温暖化をくい止めようという考えのスーパーが
2色で印刷された“スーパー出たらゴミにしかならない”紙を作って矛盾を感じないのだろうか??
10.9.3 やはり想像以上に日本の、特に鶴ヶ島の暑さには驚いていた
「そうだよ・・この暑いのに1人で草むしりとか3つの家の事やってたんだよ」と
ねぎらいを求め草取りをお願いしたら
「だからあんたはアクリマティゼーション(気候順応)が出来てるわけじゃん、僕はまだだから」
と、ソファーに横になってしまった
その横で私は何故がネットに繋がらなくなっている彼のパソコン設定を頑張って直してる。
面白いけど・・やっぱ面倒
10.9.2 そして旦那様が帰国した。
一杯お土産持って帰国した(80%は自分への土産だが・・)
帰りの車の中で「一杯サラミを持ってきた」と彼
私が「入国で取られなかったの?」と聞いたら
「大丈夫お腹に隠してきたから・・」

へっ?犯罪じゃんそれ・・
と思ってたら自分の腹出してさすってた
面倒だけど・・やっぱ面白い(笑)
10.8.31 あ〜、いよいよ明日は旦那様が帰ってくる、私の夏休みが終わる・・
「帰って来ちゃう・・」とは書かないよ(笑)
朝から暑い中、芝生を刈ったり、草をむしったり、布団ほしたり、洗濯したり
荷物片づけて掃除機かけて、花飾って、果物買って・・
と普段怠けてたので今日は汗だくで大騒ぎ!!
(今日はシャワーを5回浴びました)
まるで8月31日の小学生とその親の気分ですな

何せ3ヶ月ぶりだから・・明日は頼まれてないけど空港までお迎えに行ってみようと思ってる
何せ三カ月ぶりだから・・顔忘れてるかも知れないので
「CVETO様」と書いたホワイトボードを用意しました。
ゲート出口で掲げながら待ってみようと思ってます(笑)
10.8.26 だけど何だね・・今ならないと小沢さん一生「元総理」の肩書きは無いからね
ダダっ子みたいだね・・
鳩山さんも「私が引き入れたわけだから大義です」って深刻ぶって
国や国民に対する「大義」は二の次だよね政治家って
「総理の椅子と肩書き」は不公平の無いようにみんなで順番に回そうよ!
そのためには回転良くしなくっちゃねぇ〜って感じでしょうか

こんなに元総理が一杯居てそれが未だ政治に関わってる国なのに
その優秀なはずの「元総理」達が先頭にたって何かしようとしないのが不思議だと思う
肩書きがついたらあとは後ろでゆっくり権力の蜜を嘗めてるんだろうな
自分の仕事(ってか名誉欲)が終わったなら政界を引退すれば良いのにね
それともいっそ「元総理党」とか作って何とかこの危機を救ってくれれば良いのに・・
10.8.11 暑いので小川山以外は家の中で仮死状態になって身を守ってる毎日です(笑)
それでも庭に水を撒くためには戦闘スーツと手にはキンチョールを武装して出動してます
しかし・・鶴ヶ島の野菜は安い!本日は立派なキューリが30本300円で売っていたので
思わず買ってしまいました・・どーするんだよ1人なのに
こんなに野菜が安いんだから、
もう絶対心の負担になる家庭菜園はやらない事に決めました、ハィ
餅はもち屋、国内食糧自給率を高めるためにも、買えるモノはモノは買おう!!
負けたみたいで・・悔しいけど・・
10.8.4 6月頭までは菜園を作ったりお花を植えたりバーベキューをやったりと
日当たりの良い天国のような小さな庭だったのだが・・今は戦場
厳しい日射しに伸びきった芝とボウボウの雑草、
何日かして帰ってくると枯れかけたミニトマトとパプリカに心を苛まれながら水をやり
主人の帰りを待っている飢えた“蚊達”に餌をあげることになる

ご近所にもこのままではあまりに失礼なので
一念発起し、昨日カインズホームで手動の芝刈り機を買い、
今朝は5時起きで完全武装をして(蚊に対して)庭に出て草刈りをした
あぁ〜大変 (-_-;) 
何時の日かまたこの戦場が楽園になる日が来るのだろうか・・・
10.8.1 111才とか113とか・・
生きていない人が年齢を重ねていたってことは
日本の女性平均寿命が世界一ってデーターは非常に怪しいんだなぁ・・
これを洗い出したら何位に下がるんだろう・・
それより年金財政負担が少なくなったりするのかなぁ〜
10.7.10
スロヴェニアにツヴェートが行ってから
ずっと彼はC&C.JAPANからのメールが受け取られないらしくて
私個人のメールアドレスでのやりとりとなっていたが行き違いも多く大変・・

ってことで聞いた彼のパスワードでログインしてみたら
C&C.JAPANのアドレスは何故か「受信拒否」に登録されていた
ど、どうして・・???
そんな高度なワザを何時取得したのか、
彼の強い気持ちがヤフーに伝わったのか・・

ついでに普通の受信&送信ボックスに詐欺まがいの怪しいメールがあり
心配なので覗いてみた
ご存じの手法のこれこそ本当の迷惑メールです
私からのメールは受信拒否だし
個人のメールにも返事くれないくせに
こんなメールには返事書いてるんだ・・と驚いたよ(苦笑)
その先は見てないけど
返信しちゃったからその「さや」とやらから
その後いくつもメール入ってるみたいだ
し〜〜らないっと
******************************
はい、わかります。
元気ですか?

******************************
前、メールを一度送ったことがあるのですけどわかりますか?
返事なかったのでまだ確認してもらえてないのかなと思い
再度連絡させていただきました。
簡潔に再度お願いしますが、近日中でお会い出来ませんか?
500は渡せる準備は整っています。
何時でも手が空いた時で構いませんのでメールください…  
さや
******************************
10.7.9 事前投票ってんですか・・
行ってきましたよ本日豊島区民センターに
以前も「こんなに大勢の担当者がいて暇そうなのに大変だなぁ〜」とは思ったが
今回も同じで、暇だからかものすごく手厚い・・

選挙だから慎重な管理が必要なんだろうなぁ・・と思いつつも
区役所が一カ所なんだから選挙前投票の場所も一カ所でも良いのではないかと思う
(期間も長いし一日の受付時間も長いし)
それより気になったのは投票後や退出時に係員から
「ありがとうございました」と言われることだ

選挙は権利であって自分達のためにやってることなので
第三者に「ありごとう」って言われることではないと思うんですけど
間違ってます???
10.7.8 昨日は親友美穂の大台お誕生会にお呼ばれした
私が悪習慣を作ってしまったのか・・「御招待」だ(苦笑)
いい歳した女達が行かないような「囚人居酒屋」に連れて行って貰い
そののあとはカラオケまで行ってまった
地方都市ならいざ知らず、大都会で育った私達が
71年〜81年代の紅白歌合戦が歌える世代の女友達と
今でも一緒に集まってこんな風に気兼ねなく飲めるのは素晴らしいなぁ
10.7.6 6月末で池袋の家のリフォームが終了した
その後は毎日ショッピングに血走ってる・・・・
ビッグカメラ、ニトリ、カインズホーム、ヤフオフ、諸々ネットショッピング
地球に優しいエコな私はもう居ない・・・・
日本の活力を作り出す「経済効果」に貢献してるので許してね
大体この二つって両方成立させるのは難しいよね
山岳ガイドに支払う報酬とか「サービス」に対する代価ならいい気がするので
そこんトコ皆さんよろしく!(笑)

しかし詳しくは知らなかったんだけど「エコポイント」って凄いよね・・
45000円くらいのエアコン買っても6000円くれるんだよ!
そのものだけでも凄いけどその事務処理にも
ドンだけ税金が使われているのかと思うと恐ろしい〜
それこそ「エコ」じゃなくて「経済効果」狙ってるんだろうな・・・
10.7.4 鶴ヶ島の庭ではミニトマトが成っていて可愛いが・・
春にはと〜っても楽しかったガーデニングも
今や「雑草」と「蚊」との戦いの舞台でしかなく、
思いっきり心の負担になっている・・ふぅ
10.7.3 日本が誇るクライマーの平山ユージさんが作った
飯能のベースキャンプジムOPENに行ってきました
ユージさんの実力か・・梅雨時のせいか
沢山の人が集まっていて熱気むんむん、サウナ状態でした(汗)
ちょっとだけだけどデモンストレーションもしてくれたし
気さくなユージさんの挨拶も素敵でした
驚くことにジャンケン大会で一位になりユージさんのビデオも貰いました
↑一位になったことより、商品貰えたことより
 ビンゴとかジャンケンとかで未だ嘗て残ったことない私は
 なんか不幸が無ければいいが・・と代えって不安になってしまう小心者です
http://profile.ameba.jp/b-camp/
10.6.22 この年になって自分の誕生日にこんなに燃えてる人も少ないとは思うが
何時もこの時期はスロヴェニアでお誕生会をやっているので
ピンポイントの昨日は友人のお店に9人をご招待させてもらい「お誕生会」を企画してみました
スロヴェニア方式(日本も従来はそうなのでは?)で経費は主役持ち
代わりにご招待者は各自プレゼント持参です。
無理矢理?つき合わされる参加者にあまり負担もかけたくなかったし
新しい家でちゃんとこの先使えるモノが欲しかったので
プレゼントも金額も指定させて貰いました(苦笑)

皆さん「1000円以下」「赤坂・六本木事務所のイメージ」という御代で
「マグカップ」とか「18cmのパンプレート」とか「20-23cmの朝食プレート」とか
「石鹸置き」「バスマット」「お香焚」とか・・名前入りでお願いしました

21日までの数日間私の事を考えてお買い物をしてくださったかと思うと感激です
全て身の回りで毎日目に触れるモノを課題にしましたので
使うたびにみんなの事と昨日の晩を思い出せると思います

長期出張中の旦那様からは何もないと思ったので、
ツヴェートの名前とBILLでザッハトルテケーキを注文しときました(笑)


カードも届かないのでちょっとムッとしてたのですが
当日電話がかかってきて「2階の洋服ダンスの真ん中の引き出し開けて」と指示
引き出しには出張前から用意されていたプレゼントが隠されてました!
う〜ん
10.6.18 昨日はbirthdayを間近に控えてプリ誕生会BBQを少人数で鶴ヶ島の庭で行った
近くに新鮮な魚貝を売ってる市場見たいのがあるので
そこで貝を中心に買って来て焼いてみた。
サザエ・ホタテ・つぶ貝、今回は無かったが白蛤が美味しい♪
住宅街の真ん中の小さな庭で行うBBQは許されるのか疑問だが
(洗濯物が引っ込められる時刻からしかやりませんよ)
私達はよく庭で食事をする。近所の人達は凄く不思議そうに見てるけど
郊外に住んで、ある程度の庭が付いてたら外での食事が醍醐味かと・・
鶴ヶ島生活を楽しんでま〜す
10.6.14 わっ!自分でも凄く更新してないことにビックリ!
夫も長期出張に出かけたので(家出でも別居でもありません)
もうちょっとまめに更新を心がけます
(まぁ・・本題とずれてるのであまり見てる人はいないと思いますが)

で、話題は色々あるのですが、
ころころ変わる日本の総理、口蹄疫問題、そして南アWC
でも「はやぶさ」だよね!「はやぶさ」じゃなくてはいけないんだよ!
って私もあんまり知らなかったんだけど、昨日着陸したジャン!

7年間自力で旅してアンナ遠い小さな星に着陸して
こんな小さな星にちゃんと戻ってきたんだよ!
夫が7年間出張してたらきっと我が家への道は忘れてると思うよ・・(苦笑)
そんな奇跡レベルに成功した日本の技術と技術者に注目しなくて
日本の未来はどこにあるんだろう・・・
そう言ってるわりに、私は昨日スロヴェニアxアルジェリア戦観てました、ハィ
だって知らなかったんだもん。
夜ネットで流れてたけど朝はもうトピックスから消えていた・・
ホントにコレで良いのか日本のメディア!

私を含めてもっとみんな注目しましょう!。
そしてリーダー不在、指導力に欠ける対外的に情けない国だけど
指導者以外は素晴らしい国なのだともっと自国に自信をもちましょうよ
大気圏突入の様子ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=u-Xp_-_gLTA&feature=topvideos
NECのサイト
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/
10.4.30 「子供手当ね〜」貰えるならみんな欲しいんだろうけど
まさか海外の子供にまで手当が出るとは、みんな思ってなかったのでは?
私もビックリしましたよ・・養子縁組でもでるんでしょ?
凄いなぁ〜、日本の少子化対策じゃなかったの?
日本で使う12000円(2万なの?)と海外とではバリューが違うよね〜

私は20代の時からフォスタープランに支援していて
自分の子供に(今はタイの女の子)援助金を毎月5千円送ってます
彼女からはお手紙や画が送られてくるのでこちらもお返事を書くという制度です
私も申請すれば「子供手当」でるかなぁ〜(笑)
どうぞ興味のある方はご参加ください
プランジャパン

将来的には「給付金」は必要だけどあまりに急激にやるのもナンだと思う・・
まずは待機児童を無くすことや義務教育期間は給食費含めて
公立教育をタダにすることが優先でしょ、子供は社会の宝です!
10.4.27 10日以上利尻で仕事してた主人が明日帰ってくる。
結婚前は遠恋だったので会える日を待ちわびて
貰ったチョコレートをカウントダウンして毎晩食べたっけ・・・
いじらしかったなぁ〜
今は何なんだろうねぇ・・この気持ちは・・・
今もカウントダウンはしてるんだけどね(苦笑)
10.4.26 私は今年、ヨーロッパに長期で行かない予定だし、
引っ越し先には小さな庭があるので
調子にのってトマトやパプリカ、ハーブを育てることにした

カインズホームやビバホームズ、農協のお花や菜園売り場は凄い人だ
特に今年は野菜が高いというふれこみのせいか
ものすごい人が野菜苗を買っている
きっと鶴ヶ島近辺のトマト供給料は凄いモノだと思う・・・

でも苗も150円位だし入れ物と土で一鉢合計1000円くらいは投資している
コストパフォーマンスで考えるとどんなもんなんだろうねぇ・・・
まぁ育てる楽しみには代え難いけど、意地でも今年はトマトは買わないゾ
ガンバレ私の家庭菜園!
10.4.16 私はミラジーノ(四駆マニュアル)に乗っているのだが
先日オーディオ周りの使った事のないボタンを押してみたら交通情報が流れた!
す・・凄い!そういう仕組みだったんだ・・・!!!
私は今まで高速道路で運転士ながら一生懸命1620にチャンネルを合わせていた

その発見を主人に言ったら
「アンタ8年位その車に乗っていて今、気付いたの?」と呆れられた
テクノロジー音痴な男に言われて悔しかったが事実だから仕方ない
「もしかしてマービーにだってあるんじゃない?」と聞いてみたら
 ※15年くらい乗ってるマツダのプロシードマービー(マニュアル・ジープタイプ)
「そんなのは無いよ、見たこと無い、古いから・・」と主人
でもこの間見たらあったョ・・・★※■※◆◎★
10.4.1 話には聞いていたが読んだことがない「『ダーリンは外国人』の2が
後生掛温泉の湯治場にあったので見させて貰った。面白かったです
映画にもなるみたいですね

異なる文化が背景の国際結婚だから日常生活の食い違いも多い、
でも「・・・・」言ってしまうと、喧嘩になるからぐっと押さえて、子供をの成長を見守る気持ちで
お互い話し合い「努力する」という姿勢が大切って書いてありました
↑「・・・」の部分が曖昧なので略しますが、何時も私が言ってしまうような文言で
ちょっとだけ身につまされました。
確かに・・・そうだわな

でもさぁ・・・洗濯ネットの使い方とか包丁の安全な置き方とか・・細かいよね
そんな次元なら私だって「・・・・」と言いたいところをぐっと押さえるよ
うちの場合は私の下着を洗ってる最中の洗濯機に彼が靴のインナーを入れちゃったり
(ダーリン曰く「事前に洗ってあるから奇麗だもんだって」だったら何でまた洗濯機に入れる?)
まな板や包丁は使ったら洗って欲しいとかいう論争ですからね←未だ改善は見られない
もはやこれは文化背景の違いというより個性?
漫画や映画は一応の落としどころがあるんだろうけど、
我が家は向き合えば毎日が戦いになっちゃうので、
向き合わないようにする事でハッピーエンドです(笑)

いろいろ小言を言いたくないけど、
「小言」ではけして無いことが漫画を見て再確認された後生掛温泉でした
↑「そんなの読むな!」ってダーリンは言っていました
10.3.20 鶴ヶ島の周辺には大型スーパーや大手家具店が多い
日本最大級のカインズホームもあるし買い物が楽しいところだ!
かといって懐が豊かなわけではないので色々調べて安いところを捜しまくった

「クックY」という業者専門のスーパーがあり、その隣に格安の野菜市場と魚市場がある
魚市場は毎日「寺泊港」から関越を使って直送してるらしいので
珍しい魚や新鮮な魚があって港の観光魚市場より面白い

夜になると何処のスーパーの値引きが何時から始まるかも心得てきた(苦笑)
黄色と赤の「値引きシール」を張るスタッフの後ろに群がる買い物客を見てると
まるで「餌付け時間」に群がるカモのようだよなぁ〜と思いながらも
活き活きと体が反応してしまう私達が悲しい・・・
(家庭内別居中?だけど、買い物は夫婦で仲良く行きます)
10.3.15 鶴ヶ島での生活も大分慣れてきた
っても家の中はまだ行き場を失ったモノたちが雑然と放置されてますが・・

夫は「捨てられない症候群」の人なのでさらなる苦行が続いているようだ
家の中では、表面は穏やかながらも陰湿な領地争奪戦が日夜繰り広げられている
=早い者勝ちなのか気が付いたら4つある物置は全部夫に取られていた
=台所のつり戸棚も彼は占領し掛けていたので、留守中にダンボールに収納
=夫が捨てきれないモノや収納しきれないモノををリビングや玄関にに放置してるが
  頃合いをみて留守中彼の部屋に移動
=α米が物置を占領してるので「家の中では白米厳禁」宣言発令
=「自分では買わない作戦を夫は断行」彼は家が雑然としてるに抵抗がないらしいので
 結局家具や収納は我慢が出来ない私が買うことになる仕組みらしい・・・

今回のお引っ越しで私にとって良かったのは明確なすみ分け(テリトリー)が出来たことだ
部屋は別で(今までも別だったが)階段を上がって右が夫で左が私
それぞれの部屋にベランダがあるので、ベランダ越しに挨拶したりして「お隣さん」って感じ(笑)
電話もワイヤレスで子機を2つ買ってさし上げたので
私は用件を電話しちゃったり、メールで送っちゃったりしてる
人はコレを「家庭内別居」って言うのだろうか???
10.3.10 「てれまくり」という日本最大のテレマークイベントに参加してきた
のべ参加人数2日間で1000人というのはスノーズポーツ全体としても大きいと思う
そんな中で今回は招待ライダーという立場で参加させて貰った
高梨さんとか久我さんとか永島さんとか稲垣さんとか・・
蒼々たるメンバーと連なって中嶋も参加した!
同室も上原あずささんだし・・・
開会式閉会式もスタッフ側で紹介して貰うし、表彰式とかはプレゼンテーターだったりして
「私でイイのかぁ〜」って感じだったけど、
もう一生ないと思うからセレブな2日間を楽しませていただきました(笑)

去年「スター誕生」とかうイベントでも白樺湖の友人メンバーは殆ど入賞し
私となるチャンが優勝者だったんだけど、
今年は「シンクロ選手権」でその他の6名白樺湖チームが「完全優勝!」という結果になりました!

「オレ達って上手い!」って自画自賛していた友人達だったけど
本当に凄いんだなぁ〜とここんトコ思ってます。
ライダーや関係者の間でも「白樺湖の人達って凄い」って事は数年前から話されてたようです
そういえばそんなライダー達にC&C.JAPANは毎年白樺湖でテレマークレッスン受けてましたよね!
「そんなに凄い」って、指導してる方も受けてる方も気付かなかったでしょ?
企画してた私も気付いてませんでしたからね・・・(苦笑)
10.2.17 お引っ越しそのE
寝る間も惜しんで二人で詰めまくり、何となく片づいて新居に運んで貰ったが
力つきて開く気がしないうえにオリンピックも見られないじゃん
今後しばらくは箱の中に埋もれて暮らすことになるんだろうなぁ

お近くにお寄りの際にも、
けしてお立ち寄りにならないようお願いしま〜す
10.2.15 お引っ越しそのD
まるで体育会系の合宿のように二人で朝から晩まで作業着で頑張ってるのだが
働けば働くほど荷物はドンドン増えている気がする・・・
天袋なんて鉱脈にヒットしてしまったようにコンコンとわき出てくるんだよ〜
溺れそうだ(苦笑)

でもそれよりも大変なのが電話の引っ越しでした(単純な引っ越しではないので)
NTT東京、NTT埼玉、ぷららと色々話したが、ドンドン話がややこしくなってしまった
大体プロバイダー以外の電話受付センターの人達が解ってない気がする
解ってるのは「セット&規制商品」だけで、単体にして組み替えると複雑になるらしい
それがプロバイダーと絡んでキャンペーンをやってるから
何処をどう切り離すとどう残るのか、もしくわ可能不可能なのか
セッティングが必要なのかワカランらしい

聞いてるこっちも回線とプロバイダーとサーバーとルーターとかモデムとかを
漠然としか解ってないので、まるでヘタ同士がテニスやってるみたいで前に進めない・・(笑)
おまけに彼らは「エースプラン」とか「○○セット」とかこっちが解らない言葉を使って押し進めようとする
話がややこしいので、基本的なことを聞くとそれには答えられない

だって「ノートPC持ってても行く先でセッティングしなくては使えません」っていうから
「セッティングって・・ロックしてるキーを先方から貰って解除すれば良いんですよね?」って言ったら
「いえルーターの方もセッティングが必要です」とか言うんだよ・・・
売り言葉に買い言葉で話が大きくなり
「じゃ海外のホテルやラウンジで一々ルーターのセッティングさせて貰うんですか?」
てな調子です(笑)

電話先ではドンドン人が変わるし、
変わるたびに状況を説明して新しい説明を聞くので頭が混乱してしまった
結局最後に電話したプロバイダーの人の説明で、回線に関して道理が得たしたしだいです
(私が当初思っていたとおりの解決法でした)
10.2.12 お引っ越しそのC
亡き母の私物から私の小・中学校の通信簿が出てきた、成績はまぁ良い方だが
昔の先生の「連絡事項」は容赦なく書かれていてる気がする(今もそうなのかなぁ・・)
色々な先生が書いている子供の私への評価や忠告は
そのまま30−40年たった大人の私に当てはまるるのが、笑えるやら情けないやら・・
人間の性格って小学一年生からあまり変わらないのかなぁ〜
「あぁ・・そうでした。先生スミマセン、全く今持ってあなたの言う通りです」と
大人になった私はガッカリと落ち込むのでした
10.2.9 お引っ越しそのB
本が大量にあり大変だ〜幼少の頃の愛読書、亡き母が買いためた全集、
凄いところだと重厚な「天皇陛下」なんて本もある(あれは本と言うよりアルバム?)
思い入れのある本は捨てたくないので図書館に貰って貰おうと思ったが
図書館では「一旦預かると処分は一任なので捨ててしまうこともある」と言われた

それは嫌なので友人やお客さんにも声を掛け幼少の頃に母が読んでくれた
「少年少女名世界の作文学」シリーズは貰っていただくことにして
あとの全集や上製本、単行本、その他諸々までもBOOKOFFに引き取って貰った
(行政にそういうサービスはないが、民間業者は処分扱いに決まった本は
希望すれば有料で返してくれるらしい・・しかも出張買い取りだしお金もくれる)

凄いよ〜、「大体本やCDなら何でも良いです」ってことだったので、
ダンボール箱5箱も出してしまった!しかも4500円くらい振り込んでくれるらしい!
この金額が安いか高いかは解らないのだがそのままの金額を本日、赤十字に寄付してきた
スッキリ片づいたし本も有効利用出来た気がして大いに自己満足でした
10.2.07 お引っ越しそのA
物心ついてから引っ越しなんてしたことが無いので、何となく大変そうだなぁ〜と思っていたけど
呑気に構えて仕事やら友人と会う約束などを入れているが
初めてみると結構凄い・・・扉を開いたらその先に未知の世界が広がってる感じだ

在日15年程度で在池袋8年位の主人が何故か私より荷物に囲まれてるのも凄い
はじめは家の改築に非常に気乗りしなかった彼だが今になって
「たまには引っ越しも良いですね〜要らないモノがスッキリする」となにやら上機嫌だ
何でも貯め込む彼のこの習慣が、私に改築を決めさせた要因の一つだって彼は知ってるのだろうか・・
(ヨーロッパの田舎の家ならそれもしかりだけど、此処は東京の真ん中だからね)

そう主人は与えられたスペースにあわせて目一杯広がる「ヤドカリ」みたいだ
旅行鞄もザックも何時も目一杯、時間も予定も目一杯、
「びっちり」だとお安心するのかなぁ〜
持ち込み手荷物20kgとか引っ越しの箱詰めなんか喜々として行ってる
何時も全力投球の男だ
10.2.03 お引っ越しその@
引っ越屋さんが見積もりに来た
以前「一斉見積もり」をネットで依頼したが朝7時から夜9時過ぎまで電話が掛かってきて
驚いたと同時に腹が立ったのでネットで全部断りまた自分から改めて依頼した
3社に出張見積もりを依頼したが、はじめに来た会社であっさり決めてしまった
だって凄いんだよね・・・・

予定時間より早く来て、畳み込むように説明され、「お安いお日にちなら○円でOKです」から始まり
「いや未だ他にも見積もり頼んでるし・・」と言ったら目がきらり!
「何処の業者ですか?」と言われたので某大手業者の名を出すと(いただき!)って感じで
「午後なら此処までお値引きできます」と40ぱーせんとくらい引いてきた
そしてつかさず「その業者は何時見積もりに来ますか?」と探りを入れてきた
「今日午後ですから・・今から断れないし」と私
「断れます、みんなお互い様です、今即決なら○円にします!!」とさらに10%引いてきた

こっちは何も値引き交渉してないのにドンドン引いていったので
もっと下がるんだろうな〜と思ったけど・・
仕事量・経費・人員を考えると、値引きしちゃ日本経済のためにいけないと思いました(苦笑)
「じゃぁお願いします」と言った次の瞬間に彼は車に戻り
驚いたことにダンボール100箱ガムテーム等々を置いて帰った
いやぁ〜凄いなぁ・・・
ってな理由で我が家の引っ越しが始まりそうです
10.01.25 私の廻りでもジョギングする人が多くなったので「肺活量」アップのために3−6km程度は
週に1−2回走ろうと決めてから2年くらい経つ。
足腰がダメになりそうだし、都会では車にひかれそうだという言い訳を元に
みんなのようにハーフとかフルとかを目指すつもりはなく何となく走ってるだけだ

友人は「段々走るのが楽しくなるよ〜」と言っていたがいまだその兆候はないし腰が重い・・
でも走った後の優越感は人一倍だ!
ほろ酔いの民たちに「あんた達とは違うのよ〜」みたいな上から目線で走りすぎていく(笑)
家でテレビを観てる主人がいたひには「お気の毒に」と哀れみすら感じてしまう

でも私はこれから「ジョギングでも」と考えてる人にあえて「やめた方が良い」と言いたい!
だって走ってなかったときには何気なく過ごせた日々も、一旦初めてしまったら
「今日は走らないの?」「昨日も走らなかったジャン」と何時も優等生の自分に攻められる
やろうと思えば何時でも何処でも出来ることだから言い訳が見つからないまま
1日に何回も「ジョギング」が頭をよぎり自己嫌悪に陥りそうだ・・・

単に気持ちの弱い私の持論ですので良い子は真に受けないでね(笑)
10.01.19 JRに乗っているととっても気になるのはあの英語アナウンス!
駅名の発音が日本語になってないよね〜、何で変なアクセントをわざわざ入れるんだろう・・
他の人は気にならないのかなぁ〜私は何時も「違うだろう〜」って1人で突っ込み入れてます
あれじゃ日本人には通じない地名を覚えて外国人は困るのでは?

英語だと思っていたカタカナ英語が外国では全く通じなかったJRの偉い人が
腹いせに外国人来訪者に仕返ししてるのかなぁ(苦笑)
10.01.15 先日谷川にスキーに行ったら旦那のチケットが「シニア」で購入できた!
シニアだよシニア!凄いなぁ〜シニア! 50才を過ぎて初めてシニア“力”を発揮したかも知れない
喜ぶ(ってかウケ過ぎ)な妻に対して彼は不機嫌。
「いいじゃん此処は乗るときに“シニア券です”って流れないよ〜」とにやつきながら励ます妻

そんなシニア“力”を発揮して「シニア夫婦券」で噂の「アバター」も観てきた
ストーリーはまぁ・・「宮崎アニメ」を模倣しながら、
多くの短絡的西洋人向けに白黒つけちゃったって感じですが
映像的に面白いし奇麗!「映画産業」においては革新的な一歩ですよね!

「電話で初めて話した日」の衝撃には負けるけど・・(しっかり物心ついてました。トホホ・・)
「音楽をCDで聴いた日」の衝撃に似たような物がありましたね(既に社会人でした。これまた・・・)
10.1.2 アット言う間にタイでの日々は過ぎ・・・年末の忙しさに明け暮れたら新年でした!
今年は数十年ぶりに自宅でのお正月。
普段あまりみない時間もテレビを観ながらまった〜りして過ごしてます
みんなもそうだと思うけどテレビって突っ込み入れたくたくなるよね・・
テレビの前でアーでもないコーでもないと二人でチャチャいれてます(苦笑)

紅白もしっかり中盤までは観ちゃったけど気になったのは「草gくん」
この人、春には「容疑者」だったんだよね・・・
その時には「行き過ぎ報道&反応」に私は此処でイチャモンつけたけどさぁ
でも年末の日本の最大行事、日本の締め括りのNHKで
マイク持ってスポット浴びて話すのはいかがなもんかねぇ〜???
もちろんスマップのメンバーとして混じってるのはグループだから仕方ないと思うけど

当時の総務大臣に「人間として最低!」とかまで言われた男だよ(この発言も凄いけど)
あんなに騒いでおいておきながら年末にはオールOKなんだ・・・
彼が騒がれたのは可哀想だったけど「国民的アイドルで影響力がある」ってことで
一般人以上の取扱をされちゃったんだと思う
行き過ぎだけどある意味仕方ない「有名税」的部分もある
それがポイントならその「一般人への影響力」って意味は変わってないと思うんだよね
NHKの倫理観ってそんなもなんだ・・・

日本には「忘年会」って行事があるけどそれで全てチャラになるのかなぁ・・・
改めて日本人の「忘却癖」に感心させられました
09.11.28 一昨日までスロヴェニア人の青年(マルティン)が一緒でした。
ツヴェートはクライミング以外に興味があまりないので
二人で飲みに行ったりアイスやクレープ食べたりと遊んでくれて楽しかったです
若くて可愛い顔の青年なので、
人は「アジアのお金持ち婦人とイタリアのジゴロ」に見てるかなぁ〜と内心ほくそ笑んでましたが・・
昨日宿のスタッフに「息子はもう帰ったのか?」と聞かれてショック〜
あんな毛むくじゃらな子生んだ覚えは無いのに・・・
09.11.26 タイのプラナンという半島にクライミングに来ています
毎日お掃除してくれるお部屋に住み食事は外食、暑いのでビールも飲んじゃうし・・
体重増加が気になります。毎日水着みたいな格好で歩いてるしねぇ
ヨーロッパのリゾート地では俄然強気な私ですが、此処は西洋人とはいえみんなクライミング体型。
大体私くらいの年齢の女性がクライミングしてること自体が外国では希なのですが
みんな若くて格好いいボディの人達で目が潤うとともに恥じ入るので体型に気をつかい
食べてもあまり太らない気がします(気だけかもしれないけどね・笑)

逆に当地の「蚊」には随分栄養を与えてると思います。
シーズン到来と共に彼らの餌が一杯やってきますからね〜
各国の血を味わえる彼らはかなりグルメで珍しい国の人や血を好むようです。
B-の友人は人より倍以上刺されてましたモン(笑)

此処でクライミングする外国人は大体蚊取り線香を買って使ってますが最近思うに
コレって「餌付け」のサインみたいな物で、この臭いを嗅ぐと奴らは集まって来てるんじゃないかしら・・・
09.10.8 ニュースかドキュメント以外殆どテレビを見ないのだが、
夜のバラエティ番組より日中のワイドショーの方が好きだ
でも何なんだろうな・・あの宣伝
「受付は今から10分だけ!お早めにお電話ください!」とか
「今回はお一人様3箱までとさせていただきます」とか・・・

昼間っからテレビ見てる人をバカにしてない?
ってか、見てる自分が低俗なのかなぁ・・と不安にさせられるんですけど・・(苦笑)
09.9.16 昨日は学生時代の女友達と数人で飲んだ
誘って貰えなかった僻みからなのか「また僕の悪口とか言ってたんでしょ〜?」と旦那
面倒なので黙っていたら「デブだとか、臭いとか話してたんでしょ〜?」としつこいので
「女友達と飲んでて旦那の事なんて話題にならないよ!するなら他の男の話ですよ・・」
と言ったら「あ・・そうなんだ」と引き下がってしまった(苦笑)

ウソウソ・・この年になると共通話題の大体はと体の不調の話ですよ
09.9.7 何だかんだ言っても日本は便利だ〜
井戸の中の蛙になろうとも、
居心地が良ければ大海を知る必要も無いかぁ・・・とゲンキンなもんです。ハィ(苦笑)

早速お出かけしてみましたが(諏訪湖の新作花火見学+小川山)
セルフの洗車機(もちろんお釣りも出るしね)吹き上げ無料タオル
24時間のスーパー・お惣菜も冷えたビールも盛りだくさん
(フランスの観光地スーパーでは冷えたビールは買えまシェ〜ン)
日帰り温泉は至るところにあるし、マッサージ機も配備
何処にでも自動販売機やコンビニもある
清潔でしかも安い!!!

コレで移動距離と渋滞が無ければ万々歳。
あの時間と渋滞で行くわりには岩場のスケールも「?」なんだけどね
09.9.4 しばらく日本を離れてましたが、NHKのニュースは見られるので
「新政権」にも「酒井のり子」にも驚いてません(苦笑)
それより成田空港のインフルエンザ対応の素っ気なさに驚きました・・・
空港でも電車でも誰もマスクしてないしねぇ
5−6月あたりの騒ぎは何だったんだろう・・・

ヨーロッパでもインフルエンザの話題は少しあったけどあまり気にしてなかったなぁ
それよりニュースは海外での暴動とかエコノミーの事とか
日本のニュースを見てると日本って何時も偏った報道によって「危機状態」が作られてる気がする
「ブーム」が起こり、すぐに冷めるし、
ブームに乗らない人が「変な人」になってしまうのも特徴だ

この状態で思い起こすのがオウムのサティアン
「地球の危機」を説く麻原を信じた信者達が起こした愚行だ
人間は「危機感」+「時間的忙しさ」でコントロールされやすくなる
日本ってまさにその「全国サティアン」状態にちかいのかと思う

国民に考える時間の余裕を与えず、真実を伝えないようにして危機感を煽り
先導しようとしているのは誰なんだろう・・・・恐い
09.7.14 此処2年の間にスロヴェニアでもコーヒーの自販機が置かれるようになった
(施設の中やサービスエリアのお店の片隅)
まぁ日本と違って不便な国だから紙幣なんて受け付けられないが
コイン投入口には2EUR、1EUR、50セント、20セント、10セント可能と書かれてある
全ての商品は50セントだが1EUR入れてみてカプチーノを押してみた。

日本の自販機に慣れてるので、ぼ〜っとして待ってたら飲み物が出始めた!!
「あ・・コップ」と慌てて側にあった紙コップを指定の場所に置く(苦笑)
手動なのね・・・・
1EUR入れたので50セント戻ってくるのかと待っていたが、返却される気配なし・・・
お店の人に言ったら訝しい顔をされただけ・・
「え〜お釣りは出ない??!!ペテンじゃん!!」と、
腹立ち紛れにもう一回ボタンを押してみたら、2杯目が出てきた!!
恐るべしスロヴェニアのコーヒー自販機(笑)
09.7.9 海外には「よしもとばなな」を良く持ってくる。日本じゃ読まないんだけど海外の移動時に良い
彼女の世界の許容量の広さに何かホットするし、彼女のちょっとした瞬間のとらえ方が好きだ。
空気を言葉に替える錬金術師のようだ
そんな彼女の最近の小説中の話だが、主人公の女性が夕食を共にした独身男性に
「40代の独身女性と一緒にいて恐くないんですか?」と尋ねるシーンがある
そうなんだ・・世間ではそんなモノかもなぁ〜と思ったりした
そうは思ってたけどそんなにハッキリ言えるほど自明の事実だったのね・・(苦笑)

日本では「草食男子」が流行ってるようだが、スロヴェニアにも近いものがある。
でも西洋人男性が女性に責任を持つ気持ちは日本人より少ないと思うので
結婚には消極的でもガールフレンドを持つことには積極的みたいだ
「結婚願望」が強い女性にはこちらでも退きぎみかもしれないけど

幸か不幸か私は既婚者なので、
そういう独身男性達と遊ぶ機会が多いのかも知れ無いなぁ・・と思ったりする
日本でもそうだがスロヴェニアでもそうみたいだ
きっと「檻の中に入ってるから安心」って思うんだろうな(笑)
でも私の夫は非常に懐が広いので(感心がないだけなのカモ知れないけど)
私の居るところは檻ではではなくてサファリパークなんだな。
大丈夫!噛みつかないから(笑)
09.7.2 富士山の山開きのニュースをNHKでやっていた
雪が多く危ないので今年は登頂できないとのこと・・・
じゃぁ何で山開きするんだろう??? そもそも山開きってどういう意味?
「この先は基本的には装備なくても登れますよ!夏山になりましたよ」って意味だと思ってましたが・・
それとも日本人お得意の『本末転倒』?
09.6.30 日本に居るときよりもNHKのテレビニュース(ニュースは無料)を見てしまうのだが
毎回毎回トップニュースが「解散総選挙」なんだよね・・・・
もういい加減ウンザリなんですけど!!!
イランみたいに選挙そのものが正しくなかったりする可能性があったり
総理自身がものすごい失態をしてしまったなら解るけど(例えば真夜中の公園で全裸になるとか)

何だかんだ言っても任期までそんなに何年もある理由じゃないんだし(ってかすぐでしょ?)
とにかく任期まで勤めようよ〜
大体なんでこんな自体になったのかすら私は忘れちゃいました
(郵便の件?世襲の件?人気がないから?・・何か他にも大事なことあったけ?)

世界がこんなに動いていて、国内の経済&雇用がこんなに大変なのに
国のトップが辞職したり降ろされたりを繰り返して任期が勤められないことが
世界の信用と国益をどれだけ失ってるか考えられないんだろうか

自民党になればいいとか民主党になればいいとかそんなことどうでも良い。
それは次回の選挙で決めればいい。
それまでにしっかり党の姿勢とマニュフェストを示してください。
こんなんじゃ法案や予算につかった時間は無駄になってしまうし、
さらなる政治不信になるだけだよね

「何時選挙になれば有利」とかばかりを追ってる日本の政治は「政治ごっこ」にしかみえない
09.6.23 年中無休ダイエット中の私ですが
スロヴェニアでの生活は高カロリー食と飲む機会の多さ
ってか、1人の時間が一杯あるのでつい飲んじゃったりとか・・・で体重コントロールが大変です

体重計は体脂肪率が解るヤツを持っているのだが・・
計ったら凄いよ〜28%だって!!!
現実を直視することに納得いかず、何度も計り直したがやっぱそんなモン(苦笑)
で、身長は替えないものの年齢とか性別とかを変えてみたら15%になった!!

へたな占い師だと占う前に年齢や既婚者かどうか、
恋人がいるかどうか情報を聞き出したりして、それって占い?って思ったりするけど
この体重計も同じ手口だと思った。
09.6.17 今年も凝りもせずエアチャイナでヨーロッパ入りした。(長期滞在者には安いんです)
去年は北京でのトランジットが2時間もあったのに何故か北京での端末が受け付けてくれず
ヨーロッパへのコネクションフライトに乗れなかった・・・荷物は行っちゃったのに

今年は問題は無かったが北京に着いたときに検疫官が入ってきて額の体温を計られた
何人かが37.6度あったらしいのだが、それで全員機内待機。
恐いなぁ、機内全員を監禁してしまい。まるでハイジャック犯人のようだ
37,6度でだよ・・・平熱高い人はヒエピタか何か持っていった方が良いのでは?(笑)
それで何が起こるのかと思ったら1ヶ月前にテレビで見たような
全身真っ白な服着た検疫官が2−3人入ってきた!!!
良く解らないが後方の人2名が白い服の人達に連れ去られて行った模様・・・
でも仰々しい白服の周りでは普通の乗客や乗務員が無防備にいるんだよね・・・

北京空港でマスクしてる人は殆どいなかったし、
ヨーロッパ到着時はまったくのスルーでした(笑)
09.6.12 6月21日の誕生日には何時もヨーロッパなので一緒にいる人達にはナカナカ祝って貰えないので
12月21日が自称誕生日にしている(でもこれも誰も祝ってくれない)
でも昨日思いがけなく学生時代の友人に祝ってもらた!!
やっぱり幾つになってもうれしモンだなぁ〜、ありがとう女友達
09.6.5 若い子達と飲みに行って男の子に言われました
「今夜は帰さないよ」
「・・・・・」
「でも、僕は帰るけどね」
う〜ん面白い!今度使ってみよう(笑)
09.6.3 気になっていた足利事件の菅家さんが釈放されることになった
北朝鮮に拉致された人達も可哀想だが、
殺人犯として17年間も拘留されるって想像できないなぁ・・・

官房長官は記者会見で「個別の事件」としてコメントを避けたが
問題はやっていもいない菅家さんに容疑を認めさせた様な
鹿児島県の「志布志事件」のように村ごと冤罪にしてしまうような
詐欺的テクニック・証拠隠蔽・恐喝まがいの
警察の取り調べ態勢に問題があるんでないかい?
09.6.2 地方でちょっと時間があったので百貨店に入ったんだけど
期せずしてブラジャーを買った
思い起こせば何年ぶりなんだろ〜定員さんのアドバイスと共に下着なんて買ったの・・
みんな中高年になってもそんな風に買ってたりするのかなぁ〜

東京だと定員さんの営業スマイルに萎縮してしまい、何も買えなくなってしまうので
買い物は主に山用品屋とユニクロとネットショッピングになってしまう
今回は地方の百貨店だということもあって、ちょっと強気になってしまったんだよね(笑)

しかし最近のブラは凄い、上げ底で谷間みたいなものが出来るんだよね〜
脇腹と脇の下のお肉を回収して寄せ上げてブラに納めてしまう
どれくらいお肉がそこに留まってるのかは疑問だが・・
とにかく定員さんの手によって贅肉が一時的にでも奇麗にパッキングされた

そう、男性諸君、知ってる?
定員さんが一緒に試着室に入って素手で胸を触って寄せ上げて創ってくれるんですヨ〜
考えたら、凄いよね〜
09.6.1 「冷静な対応を・・・」って今になってテレビで「しら〜っと」宣伝してるけど
今更遅いんだよ〜麻生さん
旅行業界に首を突っ込んでいる私としては
その言葉、もっと前のあなた達にソックリ返してあげたいよ
09.5.12 1人の発症者を追って追跡劇が行われるような新型インフルエンザ!
何だか見えない化け物と対峙してるようで恐い〜

でも遅きにして昨日知ったんだけどね
季節性インフルエンザには毎年、日本で1500万人が掛かり、
死者1万5千人を出してるんだってさぁ〜毎年だよ!
で今年の4月現在のインフルエンザ感染者だって20万人なんだって・・・・
科学的にはそれなりの理由があるだろうけど、何だかちょっと騙された感があるなぁ(苦笑)
(世界では毎年約4億人の人が発病し,死亡は40万人ほど)
「陰性」ですって言われた患者さんだって「だから大丈夫」って理由じゃないモンね
今回の新型インフルエンザのために倒産する旅行関係者の病気や自殺者数の方が多い気もする
09.4.30 2001年に買ったミラジーノ(4WD・ミッション)をまだ乗っているのだが
マフラーが傷んでいたので主人が空き缶で(!)で直してくれていた
「ほら凄いだろ!50円で済んだ」と彼は自慢げだったし、
その妻はまるで車のことが解らないので「安いに越したことはない」と満足していたが
この間の点検でディーラーの整備士に発見され苦笑されてしまった

でもその整備士さんは優しいので「取り寄せると高いからネットで買ったら?」と勧めてくれ
「私でもできるのかな〜」と不安ながらも何とか見つけて
適合する純正のものを2/3位の値段で購入しパーツも完全に用意し、
鼻高々で本日ディーラーに持っていったんですけど
「あ・・・コレより先の部分が欲しかったんですよ」と言われて絶句

「マフラー」って言うから適合するマフラー買ったんですけど
マフラーって一つだと思ったら色々な部分があるのね・・・
落ち込んでる私を可哀想に思った優しいディーラーさんはせめてもの気持ちでタダで洗車してくれました
・・・・・・・・・・・・・・・
車サイズの長さの金属物体が今、家の中に転がってる・・・・
09.4.24 草gくん“容疑者”なんだね・・・・
日中、パリを全裸で走り回った棒高跳びの選手は彼の思惑通りスポンサーをゲットしたけど
東京の深夜の公園で裸になった彼はスポンサー(&その他諸々)を一気に失うことになるんだねぇ
今までも奇行がが目立ってたならともかく、薬物やってたならともかく
ただ酔って裸で騒いでただけでしょ?(まぁ有名税があるにしても)
確かに近所の人は迷惑かも知れないけど、一時代前の芸能界なら「武勇伝」だったカモね

しかし鳩山さんのあの憤りはすごいね〜
税金を私腹のために使っていながら(時には市民に多大な負担をかけていながら)
「減給・移動」程度でお茶を濁してる公僕達にも是非向けて貰いたいモンだと思いました
それより中川財務相なんてどうなんだろう・・・
日本国を代表して我々の国税と国務で公の場に出かけていった彼の酒の上での失態は
深夜の誰もみてない公園で騒いでた草薙君の罪とは比較にならないと思うんだけど
彼はまだ議員さんなんでしょ?
ソコらへん鳩山さんにとっては苦笑いで程度でスルーなんだろうか?

友人にもすぐ脱いじゃう子がいるから注意しとかないとね(笑)
09.4.15 あまりテレビを見ない私だが、朝のワイドショーがなにげに好きだ
「世間に疎い主婦の暇つぶし」適なイメージがあるが
夜のただバカ騒ぎしてる番組よりリアルタイムで掘り下げて追跡してるし
夜のニュースより名前のとおりぐっとワイドな情報だと思う

ただあの子供だましの広告は何とかならんかね・・・
「但し、今回はお一人様3箱に限らせていただきます!」って
だったら毎日宣伝するなっちゅうの
ワイドショー見てる主婦(私)をバカにしてるみたいで腹が立つ・・・
09.4.1 知床に行って来た。
結構厳しい山登りに行くのだが小樽に行ったときも
北一ガラスで両手一杯のお土産を買い運河を歩いたり寿司屋を捜したり・・・
観光モードにもどっぷり入ってしまう夫婦だったりします(笑)

知床では自然センターや知床博物館を廻り、
熊肉缶詰やオホーツクの塩、アイヌの民芸品を購入。
鮭フランクや鹿バーガーやなどを食しました

そう、知床は今、鹿で一杯です。「大丈夫?」って思うくらい鹿が一杯かっ歩してます。
実際「大丈夫」じゃ無いみたいで、鹿肉を使った料理を試行錯誤してるらしいです
自然センターの人も
「この間までは傷ついた鹿を保護して自然に戻すのが仕事だったのに・・・
今はいかにして減らすかを考えてますからね」と苦笑してました

人間なんて所詮そんなモンだと思います
そんなモンだと思うのに時勢に合わせたへんなドラマを作るから変なんだよね・・・
知床博物館では昭和30年代に放送された(NHK新日本紀行)映像が見られるんだけど
「知床の自然に立ち向かう開拓者達の挑戦」が描かれていた
そこには「自然破壊」の考えなど微塵もない。
開拓は100%「善」でありみんなの「希望」「夢」だった

今、自然センターでは「夢を買いませんか?」とかいうキャッチで植林運動がなされている
大型スクリーンでは「知床の大自然・それを守る人間達」が
重々しいナレーションと共に紹介されている
今はそれが「善」だ・・・・・

開拓の歴史や知床縦断道路の是非、押し寄せる観光客、立ち並ぶ大型ホテル
この際それはひとまずおいて置くんだろうな、やっぱ観光収入が一番の関心事だしね
もう一度
人間なんて所詮そんなモンだと思うし、それで良いと思う
なのに言い訳がましくへんなドラマを一方向の情報からから作って取り繕くろい
大声で賛同を呼びかけるのは偽善だと思う
09.3.24
サムライJAPANおめでとう!凄かったね〜
比較するのも失礼だが先日テレマークの草大会に出て久々にドキドキ緊張した私
小学校の徒競走の時に味わったあの感覚が甦ってきて嬉しかった
“カ〜”ってなっちゃって理由判らなくて・・・転んだ(苦笑)
3年に一回しか野球を見ない私でもテレビみながらドキドキしたのに
ワールドカップで決勝で、しかもあの場面で、
みんなどんな心臓持ってるんだろうなぁ・・・・・
スターってのは「ここ」って所に用意されたシーンが待ってるんだなぁ〜と思いました
09.3.18 「息子のために郵便局積み立てたお金の払い戻し」の続きです
回答が来て「旦那さんが長野(白樺湖)に居住していた事を証明する公的書類」ときた
・・・・・・・・・・・・そんなん無いよ
東京に家があって白樺湖で5年くらい働いてただけだもん
でも通帳の住所は「白樺湖」なんだよね・・・・・
「Rozle・P・中嶋」って良くワカラン名前の人物の通帳には
住んでたが証明できない長野の住所が書いてあるんだもんねぇ〜
このままお金(約100万円位)は郵便局のモノになってしまうのだろうか?
助けてね、石田さん!    (次回に続く)
09.3.16 昨日の日曜は関越走ってましたが・・・藤岡から渋滞25km(勿論その前後も渋滞有)
こんなんで4月以降1000円乗り放題になったらどうなるんだろう
渋滞しても土日休日に乗らなきゃって事になれば、前泊後泊は無くなるわけだから
地方の観光収入は減るんじゃないかと思いますけどね

それよりCO2問題やエネルギー問題、地方活性化、渋滞解消の事を考えても
公共交通手段に助成して安くした方が効果はあると思います!
(車族は現地であまりお金使いませんよ)
このところの高速道路の値下げって何処から来たんだろう?そんなに予算あまってたの?
今までは何だったんだろう・・・猪瀬さんのおかげ?
パーキングのトイレは友人宅のウオシュレット率より高いしね

大体土日が休みじゃない人には不公平じゃん
高速料金の複雑なシステムについていけない主人は
「ビッグカメラみたいにさ、曜日関係なく
 ゲート通過する100台に1台タダにすれば良いのに〜」って言ってました(笑)
それ賛成!盛り上がるし〜
09.3.11 日曜の中央高速は最低・・・・
サンデードライバーさん
追い越しは追い越しラインからかけましょう
混んでいても80q/h以上出してるなら、追い越し車線走行中はブレーキかけないで走行しましょう
混んでいても80km/h以上出してるなら、車間距離を考えましょう
09.2.14 ヨーロッパ人は日本の軽いパンでは物足りないので、たまに私は大量にパンを焼く。
全粒粉パン・ライ麦パン・クルミパン・シードパン・オリーブ入りパン等が得意だが
最近はフランスパン(まがい)にも成功して悦に入ってる
旦那に「ネェどのパンが一番好き?」とこの間聞いたら
「失敗した膨らんでない重いパン」と言われた
「・・・・・・・・・・」
09.2.4 15年前にツヴェートが息子のために長野の(白樺湖)郵便局で始めた積立貯金
息子も(ルジュレ)も二十歳になるので引き下ろしてユーロに替えようかと思ったが
結構大変な事になってしまった・・・・

15年前はあまり考えず、ただ父親として何かやっていたことの軌跡を残したかっただけで
田舎の郵便局員も詮索せずに「でもハンコは必要なんで・・」って事で「中嶋」のハンコを使ってしまい
“Rozle・P・中嶋”という何処にも存在しない名前の積み立てを作ってしまったのです
(たぶん当時でも法に反することなんだよね・・・キット)

電話で郵便局センターに相談し、近くの局に言って私が説明したが
旦那は外国人で、その息子と中嶋は無関係で、息子自体は外国に住んでいて、
親権を持ってる母親とは結婚していなく・・、
積み立てを始めたキッカケや、4人の人間関係ドラマを話してるウチにローカルな郵便局の職員及び
地元の暇そうなおばちゃん達までが聞き耳を立てていたらしく
今年二十歳になる息子の生年月日計算する際には、何故か他に4人が参加していた(笑)

話してるウチにドンドン複雑になって・・・・
私も何でこんな昼間の郵便局の窓口でルジュレの生い立ちやツヴェートと彼女の関係を
ドラマ仕立てに郵便局員に話さなきゃいけないのかとは思ったが・・・、
充分怪しい通帳なので、少しでも怪しさを払拭するためには・・ねぇ

とにかく課長さんは私が「悪巧みを企てたのではない」と言うことは信用してくれたらしく
何とか引き出せる方向で頑張ってくれるらしく、
大いに今日も張り切って方策を考えてくれてるらしい。
はたしてお金は引き出せるのかなぁ〜期待してるよ石田さん!
09.1.29 いつもの様に池袋を徘徊してきた
ずっと気になっていたので今日は思い切って店頭のビックカメラの人に
「何でBIGなくてBIC何ですか?」と聞いてみた
「創業者がハワイのビッグ島に行った際に、地元の人がBICというのをスラング的に使っていて
意味はBIGより大きな意味だったのでそうしたようです」と答えてくれた
諸説ではバリだともグアムだとも・・・・

私はつまらない事でも疑問に思うとツイ聞いてしまう
「中嶋千春」を検索すると「天気予報の森田さん」のサイトにいくよ、と人に言われ
検索してみたら本当にそうだ!もうず〜っと前に聞いたのにまだ載ってる
森田さん、はずかしいのでそろそろ時効にしてくださいませ!(苦笑)

近年はネットで何でも調べられるが
昔、私には「子供相談室」しか思い浮かばなかったので、
子供のふりしてムチャク先生に聞いたことが2回あります・・・・スミマセン
09.1.28 今日も歯医者に行った
K先生に「やっぱり磨きが数段良くなりましたね〜」と誉められた
ひととおり歯をまた掃除してくれたが今日もまた無料だった(3回に1回は無料な気がする)
以前「お風呂に浸かりながらゆっくり歯磨きしましょう」と言われたときに
「ウチにはお風呂無いんです」と言ったからかなぁ・・・・(笑)
↑湯釜を外してシャワーだけにしたから本当に無いんだけどね

もしかしてK先生、私達の生活が大変だと思ってるのかなぁ(確かに大変だけど)
夫も私も何時も寝間着みたいな格好で行くしなぁ・・・
そういえばスロヴェニアに帰るときに土産まで持たせてくれるんだよね
09.1.24 もう半年も直している右奥歯上、型を作ってくれ終了と思われたが
痛みが治まらないので治療して貰っていた。
加えて一ヶ月前から右奥歯下が痛くなり、2週間前から左奥歯上、先週から左奥歯下に
痛みが移り・・・私の歯周菌はここぞとばかりにやりたい放題だみたいだ

診察の度に「どうですか?」と聞かれとも恐縮してしまう
先生が「良く磨いてないんだよ・・」って言ったので、先週は時間があれば磨いた
一昨日「ゴメンナサイ、今度は左奥下が痛くなりました」と伝えながら
「でも私、先週は町内で一番歯磨き時間が長かったと思います!」と自己弁護してみた(笑)
先生は誉めてくれるでもなく「ふ〜ん・・じゃぁ電動試してみれば?」と提案してきた

「電動歯磨き」・・・手を動かす労力を厭う、とんだ怠け者が使うものモノだとバカにしていたが
良い、凄くイイ!歯医者で歯茎を治療してくれてるのと同じ感じでスッキリする
先生ったら今まで電動歯ブラシを勧めなかったのは歯医者も商売だから?
と疑ってしまう・・・(苦笑)
↑うそうそ、K先生は頭脳明晰で凄く(必要以上に)面白いいい先生です!
09.1.22 オバマ大統領誕生だね〜、やっぱり格好いいよなぁ
自分たちのリーダーでもないのに夜中まで起きてでも就任式見たくなっちゃうよね・・・(笑)

27才のスピーチライターがついてるって話だけど大統領に限らずアメリカの政治家は
原稿読まないよね・・・自分の言葉として発信してる(自分の言葉なんだろうし)。
「日本の政治家にはスピーチライターが居ないんですよね〜」って評論家風の人達が言ってるけど
官僚が用意したと思われる原稿無しじゃ何も答弁出来ないみたいじゃん

公的には用意された原稿しか読まないから
たまに自分の言葉で何か言いたくなっちゃうんだろうなぁ〜
で、とんでもないこと言っちゃう(苦笑)
情けないなぁ・・・・
09.1.16 旦那が50才を越えて初めての恩恵「夫婦50割引き」を利用した!
※夫婦のどちらか50才を越えていることを証明出来れば
 同伴者も1000円で何時でも映画が観られます
夫婦であることを証明するモノが無いので購入時に
「ではキスしてください」とか言われるのでは?とドキドキしたが・・聞かれなかった(苦笑)
大体50過ぎた夫婦で公然と「キス」できる方が怪しいよね・・・

JRの「大人の休日」も活用できるようになったので 
※3日間12000円乗り放題は東北行くなら安いよね
今年は電車で遠出させようかなぁ〜
09.1.6 今年の年末年始は夫婦別々で迎えてみた。旦那は白馬で私は八甲田
八甲田は八甲田山荘さんに居候をさせていただいたのだが
今までの居候で一番「楽」ってか・・殆どお客さんだったかも(苦笑)
心の広い芦沢さんの「良いよ〜いらっしゃい〜」の言葉に甘えで本当に行ってしまった私だが
スキヤキのたれを割らずに入れてしまうなど大きな失敗もしてしまいました
ゴメンナサイ〜お客様!あの日のスキヤキが小鍋こびりついたのは私のせいです(汗)

働いていた人達もいい人ばかりで(みんな濃キャラだし・・笑)本当に楽しい7日間でした
「山荘」及び「酸ヶ湯」のガイドツアーにも参加させて貰いました
皆様ありがとうございました〜
08.12.8 お騒がせ中のタイに来ているので帰国を延期しちゃいました
と、言っても此処プラナンはいたって穏やか。(人は少ないけど)毎日クライミング三昧です。
それは良いとして・・・毎日鏡に映る私はたくましく変化しています(涙)

以前からたくましいのですが、この夏は特にタンクトップ着て居酒屋に行けば
知らない人にも「失礼ですが何をしてるんですか?」と何回か聞かれました。
それがちょっと嬉しかったりしてたのも事実ですが・・
今は違います。たくましすぎです!もう類人猿に進化(進化?)してます

誤解無きように言っておけば
一般的にクライミングはそんなみっともない体を作らず、均衡のとれた格好いいボディにしてくれます。
でも私の様に重い下半身(+太腹)を持った者がオーバーハングルートを登ると言うことは
毎日重い重量挙げをトレーニングしてる選手のようですから・・・・
下半身に見合った上半身が鍛えられてしまう悲劇が起こる事は当然の結果かもしれません(苦笑)

暑くて上半身はタンクトップか水着まがいで登ってるので
他の西洋人からも「凄いね・・あの肩と背中」とささやかれてるそうです・・
あ〜普通の体になりたい!今日はスープだけで我慢しようっと
08.11.13 凄いジャン!一人あたり12000円振る舞われるらしいね!
外国籍のうちの旦那も貰えるのかなぁ〜?
日本人じゃないけどちゃんと税金も年金も払ってるよ、貰えないと不公平だよね
でも12000円が死活問題のホームレスとか住所が無くて就職困難なジョップレスの人達って
どうやって給付金貰えるんだろう・・ 
子供のいる世帯だけに出せば麻生さんを少しは見直したけど

だいたい 高速道路一律1000円しかり、こんなバラまきって一体・・?
景気対策って言うなら預金やローン返済に回されてもナンだから
換金不能で期限付き商品券を出すべきだよね
でも12000円が一斉に消費されたら地球の温度が1度くらい上がりそうだなぁ〜(苦笑)
経済発展=地球温暖化 だって構図ってみんな気づいてるのに
企業的には「リサイクル運動」庶民的には「エコバック・マイ箸運動」を免罪符にしてるんだろうな

昨日以前話題となった環境と自然の話の[EARTH]ってDVD借りてきて見ましたが
北極のシロクマさんを応援しながらも
ハイビジョンテレビならもっと奇麗だろうなぁ〜欲しいなぁ・・・
って思ってる私にはエコバック使う資格無し!でしょ?
08.11.12 「秘密にしていて欲しいんですけど・・」って主人にメールが来てたんだけど
「秘密」って漢字が読めないらしく妻の私に聞いてきたから既に秘密で無くなってしまいましたよ!
心当たりの方・・失礼しました(苦笑)
08.11.6 本当にOBAMAが大統領になったね〜
前回の投票みたいに僅差なら何かうさんくさいことしてでもOBAMAはNGだと思ってました
幼い頃「ルーツ」ってドラマを見て感動した世代の私にはドイツの壁に匹敵するくらいの瞬間でした
アメリカの大統領選に涙して釘付けの私は相当変だけど
「期待してます」って今日の街頭インタビューで答えてる日本人も変だよね・・・(苦笑)
一部報道で全米では大統領選への感心が80%を越えてるけど、
日本では85%以上だったとか言ってましたが・・・
確かにみんな日本の総理大臣の名前は忘れてもアメリカ大統領は覚えてるモンねぇ

「黒人初の大統領誕生!」ってふれこみだけど・・
お母様は白人なんだよね・・・・、
半分白人でも「黒人」として取り上げられところに白人社会の閉鎖性を見た気がしたのは私だけ?
何世代かに渡って「黒人の血」を混ぜないことが「白人」の条件なのか
それとも単に肌の色?でも色黒の白人っていないのかなぁ・・・
08.10.30 昨日法案が提出された新しいETCの割引きには驚いた
「土日祝日1000円で乗り放題!」らしい(通れば年内中にも実施だとか)
いくら「放題」好きの日本人「お得」好きの中嶋でもどうなんだろうか・・・
ハッキリ言って「大反対」です。「もっとグローバルにものを考えてください」と言いたい

「利用しやすくするとか、地方にお金が流れる」とか
与党は選挙を考えて国民に良い顔したいんだと思うけど
そんなことしたら余計に道が混んで大都会の人は出かけたくなくなるじゃん
時間や日にちをずらしていた人達が一斉に日曜に帰るようになる・・
タダでさえ高速は20q〜40qの帰宅渋滞なのに・・・・どうなるんだろう

大体一方で「CO2の削減」を訴えている政府の同じ口から出てくる法案が
なんでこんな幼稚なものなのか理解に苦しむ・・・
仕事で使う人以外はなるべく公共の乗り物を利用しやすくするのが優先だし
そんな予算があるなら大都市圏内の人が車を相乗りできるよう高速の郊外のパーキング、
例えば三芳とか高坂、談合坂、海老名、あたりで車を置けるスペースを設置すべきだと思う

大都会の人が車を相乗りすることを考えたら誰かの家に前泊するか
朝の渋滞に巻き込まれるかの選択しかないことを判ってるのだろうか?
だから勿体なくも1人一台で動いているケースが多いのだ
国土交通省には是非この「相乗り様駐車スペース」を作って頂きたい

私は地球のために自分の生活を30年戻せるほどの勇気はない人間だし、
人一倍車の移動にお金を使っているから安くなることは嬉しい。
でもこんな地球の燃料の無駄使いならガソリンも高速も多少高くて構わないと思っている
(運輸業には特別処置が必要ですが)
その方が人は節約するし道路も空く

化石燃料は確実になくなるし、車は多大なCO2を排出しているのは事実なのだ
「エコバック使用」に目くじらたてている人達は何とも思わないのだろうか????
08.10.21 外国人にとって日本の食べ物はとても不思議で楽しいらしい
確かに同じ食材でも食べ方がいっぱいあるし、工夫して「食」楽しむ文化が日本にはあると思う
東京にいれば何処の国よりも各国の料理がリーズナブルに楽しめる!
そんな国は珍しいらしい

珍しいと言えば「飲み放題・食べ放題」「食べ放題」は西洋にもあるらしいけど
「飲み放題」は珍しいらしい・・・彼らの胃袋を考えたら・・そうだよねぇ
そうそう、主人の誕生日に連れて行った焼き肉食べ放題+飲み放題のお店では
11人スロヴェニア男子+私人で暴れて見せた!
※私はオーダーに追われていたので人数に入れないかも(笑)

お店の記録的なのではないかと思うくらいの勢いで、 
いや〜凄かったよ。笑えた!思い出しても笑える
この間また行こうと思ったらもうそのお店無かったモン(笑)
08.10.17 NHKの12時のアナウンサー登坂さんって言うのかな・・・
何時も「大丈夫?元気出してね・・」って心配しちゃうのは私だけ?
ドンドン顔色悪くなるんですけど・・・
08.10.15 連日の飲み会が続いている・・・
精神の弱い私はFMラジオから流れてきた「食べてしまった炭水化物が食べなかった事になる!」
という驚きの白インゲンサプリメントを1万円だしてツイ購入してしまった(苦笑)

今日主人が「何コレ?」っていうので説明したら
パッケージに書かれてる「ドリームボディ」といタイトルを見て失笑し(確かに失笑なネーミングだよね)
「アンタももういい加減50に近いんだから・・現実に目覚めなさいよ」と言われてしまった
・・・・効果のないリアップを使い続けてるのは誰?
08.10.13 労働環境さえ考えなければ、
日本はとても便利で安全で清潔な過ごしやすい国だと在日中の外国人達は口を揃えて言うが
それはヨーロッパに行く機会の多い私の目からしてもそうだと思う。
特に道の駅や公共のトイレ、温泉施設など旅行をする者の環境は整っている
でもまだ遅れてるのは、やぶん山小屋とキャンプ場の施設だろうなぁ・・・
此処だけ昭和のカオリがするのは私だけ?

まぁ・・比較しなきゃ許せるし「山小屋」のあり方自体の歴史が所詮ヨーロッパとは違うから
仕方ない気はするんだけど
それでも先日剣近辺を歩いた時はみんなとっても親切だったし心のこもった対応だった。
頑張って温水シャワーやお風呂を沸かしてくれてるのには驚いたが

でも先週末の北アルプスはどうなんだろう・・・
紅葉シーズンで小すし詰め状態が予測できたので
夕食は小屋で頼み宿泊はテントにしたが
テント泊の住人に対する小屋の態度はとても冷たい(たぶん泊まってる人にも親切でないと思うけど)
まぁ色々面倒かも知れないけど
それも含めて許可貰っているんだろうから人間扱いして欲しいよね・・・

夕方生ビールを買おうと思ったが
「買って貰ってもテント泊の人は外で飲んでください」とキッパリ言われ
「宿泊者のお湯は無料ですが、テント泊の人には売ることも出来ません」と言われてしまった
これにはちょっと腹が立ったので
「随分ケチですね、泊まってない小屋だってお湯くらいあれば売ってくれるのに・・」と反発したら
「なら300円でも買うんですかぁ?」と喧嘩腰(笑)・・もちろん買いましたけど
キャンプ地なのに歯を磨いたらそれを捨てる場所さえないからその辺に吐き捨てろって事だよね?

夕食時に聞いたところだと収容人数100人の小屋にその晩は40人が宿泊
それなのにテーブルの人達の会話では一部屋に知らない人達と同室で
布団3−4枚に7−8人が重なって寝るらしい
どういうこと・・?
08.10.7 落とし物を拾ってあげたり、ドアを開けてあげたりとかの小さな親切にたいして
何で人は「スミマセン」って言うんだろう?
「ありがとうございます」ではないのか?
親切にしてるのか注意してるのか判らなくなるので嫌だと思うのは私だけ?
08.9.30 歯磨き粉と間違えて私の洗顔クリームを使っていた主人の事を笑っていた私だが
(数週間気づかないのが不思議・・・)
先日シャンプーとボディーローションを間違えた。
泡立たない事には気づいてコンディショアナーかと思いその後も数日使っていた(笑)
でも今日彼はヨーグルトアイスクリームに「ごはんですよ」をジャムと間違えていた
どっちもどっちカモ知れないが・・・私の方がまともだと思う
08.9.3 福田さん辞めちゃったね〜、
官房長官時代からサラッと一言いうところが結構好きだったから期待してたのにな
福田さんはまだ許せる範囲だけど小澤さんの会見って小学生が作文読んでるみたいだよね
アメリカの演説見た後だと情けなくなるよ・・・
政治は判らないけどあんな人が国家党首になって欲しく無いなぁ

この混乱のご時世に支持率なんて気にしてたら何も出来ないから
国民が本気で怒るまで何かやっちゃえば良かったのにね・・・(っていい加減な発言)
っても今の政治&官僚システムだと何も出来ないかも知れないけど・・
記者会見や国民へのアプローチ方法くらい変えられるでしょ。
デスクから派遣された新米卒業程度みたいなのが
「聞いてこい」って言われたことを聞いてるだけでしょ・・あれ、
日曜討論とかその他のテレビくらいでしか政治家の意見が聞けないってオカシイよね

大体日本人ってすぐ諦めちゃって、怒らなさすぎだもん
政治に関心が持てないくらい国民を忙しくしておくのが国策なのかもね(笑)

日銀総裁がいなくても総理大臣がいなくても物事は回るみたいだから・・・
「私が居ないと会社や部署が停止しちゃう」って思ってる人も
もっと休みをとれば良いと思いました
08.8.30 「安い」とか「割引」「お得」て言葉に弱いのよね〜って、良く聞くが・・
私が断然弱いのは「特典」だ!特にもれなくついてくる「特典」には非常に弱い
そう断固として弱い!
思えば10代後半〜20代までは定期を開設すると貰える福袋みたいな「粗品」が
欲しくて開設しまくったっけ(笑)
※昔は結構良いものくれたんですよ〜とくに信用金庫系が実用的だし、
 大手銀行はキャラクターモノが嬉しかった

応募券送って抽選とかあてにならないものは論外だし、
スーパーとかでポイントをコツコツ貯めて地道に金券、なんてのもどうものる気がしない・・
やっぱ特典だ!「特典」なんだよぉぉぉ・・・

ETCのマイルや携帯のポイントは何だかよく判らないのでNG。
そこへ行くと航空会社のマイルはちょっとコツコツ系だけど
これは明らかに「特典旅行」が付いてくるので嵌ってる
クレジットカードに付帯してる特典とかも大好き!
※でもこれは自制してますから・・カードはマイル用と+α1枚だけですよ

あとで考えると「特典」につられて損してたよな商品もあるけど
何かが付いてくるのってワクワクするよね〜
子供の時の「おまけ」ほしさの無駄買い感覚を引きずってるのかなぁ・・・・
08.8.24 オリンピック終わっちゃったね〜
北島も凄いけど5大会出場でメダル取ってる谷って凄いよね・・他にもそんな人いるのかなぁ
48キロ級が世界だと限られるからから有利なの?(失礼)
しかしソフトボールも凄かった!ニワカウオッチャーだけど感動しました!
個人で一杯でられる人のメダルとトーナメント戦しかもグループのメダルって価値が違うよね・・・
でもベンチ会わせて20人くらい取ったって数えるときは1個でしょ?(笑)
そう言えばベンチで控えてたひともメダル貰えるけど、監督って貰えないのね〜可哀想

それはそうと今度はロンドン!物価がメチャクチャ高いロンドンでどうやるんだろうなぁ〜
楽しい活気有る街だけど・・・狭いし複雑だし
ってか一方で「地球温暖化」に目くじらあげてる人は
オリンピックのための施設や開催に伴う地球資源の無駄遣いには目をつむるのだろうか・・・
箱モノやインフラ整えなきゃいけないなら、それがこれから必要な第3諸国か
毎回アテネでやればいいのにねぇ・・・・
08.8.22 PCが壊れたのでDELLに電話したらすぐに対処してくれて助かった
凄いよ2日後にはハードディスク持って派遣技術員が来てくれたもん
知りたいことは何でも電話で回答が出るし
(外国だと言葉の問題じゃなくてシステムの問題で答えは出ない)
ヤッパ日本って凄いなぁ〜!こんな便利な国ったらないよ

コレで人混みと長時間労働時間が無かったら最高だけど
それがあるから今の便利さも供給できるんだろうなぁ・・・
08.8.20 帰国しました。往路で散々な思いをしたエアチャイナの乗り継ぎが復路も1時間半しかなかったので
ドキドキしましたが今回はすんなり帰ってこられました
そう往路は乗り継ぎが2時間近くあったし席もあったのに
何故か乗り継げなくて18時間足止めを食らいました
荷物だけ先にミュンヘンまで行ってしまうし、対応は腹が立つことだらけで
ヨーロッパからクレームのメールを入れましたが無視!
帰国して電話したところ「上のモノと相談して対処いたします」との事
対処してくださいね〜、こっちは実損が出てるんだから・・・
08.7.21 私には難しルート6B(10d辛目)を今年も触ってみた
トップロープで探りを入れてからリードも何となく出来た!とても喜んでいたら
(この岩場の最低グレードが6Bなんです・・)
同伴の男性(28才)がOSだと思ったのか「おめでと〜」と握手を求めてきたので

「いや・・このルートはもう去年7回目でRPしてるんだよ」と言ったら不思議な顔をしたので
「でもね・・若い年なら昨日より出来たことが進歩だろうけど、
この年になると昨日できたことを今日出来ることが進歩なんだよ!」と教えてあげた(苦笑)

年齢を聞かれたので答えたら、一瞬変な間が漂ったのには笑えた・・
08.7.20 先週はIさん(女性)がスロヴェニアに来てくれたので
二人で私の行ったことのないルートを縦走することにした
Iさんったら格好いい!都内の中小企業に働いているのだが
会社にはリフレッシュ休暇なるものはないらしい
でも「私、今年で10年勤めたので2週間休みをとってスロヴェニアへ行ってきます!」と社長に進言し
社長もダメだとも言わなかったのでチケットをとったとの事

事実上不可能な人もいるだろうけど
日本もこういう「意思を持った人」が多く出れば変えていけるんだろうなぁ〜
英語も堪能だしプラクティカルなので1人で動くのもOKなので迎える側も楽だ。
こちらも仕事があるので、山で放牧してみたらちゃんと戻ってきたし・・・(笑)
08.6.28 夫と海にバカンスに出かけた(アドリア海だからバカンス!って感じでしょ?)
今年の山スキー薬師岳で日焼けで痛い思いをしたので日焼け止めは欠かせられない
届かない背中や肩は旦那に塗って貰うのだが
潮風と照りつける太陽の下で彼がオイルを塗ってくれてる時は非常に丹念だ。
「日焼け止めなんだから全体にさぁ〜って塗ってよ」って何時も言うのに
何故か揉み込まれてる・・、しっかり揉み込まれてる・・・、何度も同じ所を・・(笑)

その時、彼の頭の中にあるのは「H」な事では勿論なくて、
キッチンで生肉を調理するイメージがあると思う
私も何時も鉄板の前で塩とオイルで調理(下ごしらえ)されてる
「肉」になった気になっちゃうんだよね・・・
08.6.20 結婚して小さな子供のいる家庭だとナカナカお父さんは登山を続けられないと思うんだけど
スロヴェニアは何故かみんな普通に登山をエンジョイしてる
春に日本に来たスロヴェニア人達にも幼児や小学生がいる人が4人もいたし
この夏も彼らの一部は1ヶの月計画で南米に行くようだ

まぁ海外遠征は別物で彼らもやりくりが大変そうだけど
週末の山行は問題ないみたいなのは
平日は結構子供の面倒を見ているからだと思うし
此処は山に近いから日帰りで大体の山が楽しめるからだと思う
残業があまりない+夏の休暇が1ヶ月は取れるのが日本との大きな違いだよね
こっちの人もお金無いみたいだけど、仕事の奴隷になってる感じではないもの
教育や医療にあまりお金が掛からないのも大きなゆとりの元だと思う

先日お客さんから聞いた話で
友人が会社の健康診断でコレストロールの値が高くて医者に運動を進められ
妻から週2回のクライミングジム通いを許されたのを聞いて
健康診断前の不摂生ってのもあり?って思ったとか・・(苦笑)
08.6.16 日本ではモミジマークが義務になったとか・・
そういえばスロヴェニアには若葉マークも無いですね・・・
でも「紅葉マークは」幾ら難でも失礼じゃない?「私は75才以上です!」って
「個人情報保護」とか「女性に年齢聞いちゃいけない」とかで
目くじらたててる人達は黙ってるんだろうか・・?

毎日運転してる人とたまに運転ドライバーの方が遙かに違うと思うけどなぁ〜
雪道慣れてない人はもっと大変だし・・・

そういや出国前
国際免許取りに警察署に行ったけど、
初老のご婦人が検眼していて大変そうでした
警察官もこの頃は事を起こしたくないためかやたら優しいから

「え?もう一回見てみましょうか?上ですか?」
--はい上です
「そうかなぁ・・・もう一回よく見て」
--じゃぁ・・下かな
ってな具合(笑)

「まぁ良いか・・では今度は通過したらボタン押して下さいね」
--ハイ・・
「ちょっと遅いな・・」
--はぁ・・
何回かやってから試験管
「ハイ今!」とか声掛けてました

まぁ身分証明書代わりに更新したいんだとは思うけど 
(で、あってほしい・・・)
私を含め順番を待たされていた人達はみんな
「そんな人を更新させては罪では・・」と思ってたはずです(笑)

正直、年齢と共に判断力は鈍るわけでそれは致し方ないととしても
「紅葉マーク」は任意にして、更新は毎年、簡単な試験も導入するべきじゃないかなぁ
義務にするくらいなら
「事故の多い人」や「違反の多い人」とかのマークを義務化して欲しい気がしますけど
08.6.10 腕白なので家の隅のケージに入れられていた双子の男の達ももう18才
英語も上手に話せるようになったし、クライミングは世界レベルだし、
(アイスクライミングのワールドカップ・ヨーロッパ大会男子で1位と7位!)
何より二人とも本当に優しい

今年は運転免許も取れたので近くのクライミングに行くのにも
「家に迎えに行ってあげる」といって車で来てくれるんだよ♪
時勢は変わっても私自身も含めて、人はあまり変わって無いと思ってる16年だけど、
時間は確実に動いていてるんだなぁ〜って、感慨ひとしおです
2年後はパブで一緒に飲んでるのかなぁ・・(笑)
08.6.7 そんなわけでスロヴェニアに来ています
で、久々に車をコンクリにぶつけました(涙)
あぁ・・明日Dusan(義弟)に嫌味言われるんだろうなぁ・・・

同じ日に前を走っていた車が
車脇のコンクリ花壇に右角を思い切りぶつけていて
同類の哀れみを感じていたら
そのドライバーシートからノーテンキな声で
「ハ〜イ!チーボーさん !!! キャニオニング行こう!」って
陽気に叫んでいたのはボブでした(笑)
↑白馬に来た一番元気な男性です
「あんた・・良いの?今、車ぶつけたよ・・・」って思いながらも
落ち込んでいた気持ちが少し励まされました
08.6.3 ヨーロッパまでのチケットが高かったので初めてエアチャイナを使ってみた。
北回りで同日ヨーロッパ入りなのにとても安い!
でも成田−北京間のフライトキャンセルに相次ぎ(JALが代行乗継ぎを運行)、
充分な時間がありながら北京では乗り継ぎ便に乗れなかったり、荷物をロストしたりと・・・
散々な目に遭いました(苦笑)

奇麗な新空港に大勢の暇そうなスタッフ、機能していないシステム・・
それどころじゃない四川省の問題
こんなんで北京オリンピックって無事出来るのか甚だ疑問です
帰りはオリンピック真っ最中の北京周りなのでさらに不安・・
ストップオーバーを考えてたけどもう懲り懲りです
08.5.13 夫は何時も何か捜してる・・人生の時間の半分以上何かを探し求めてる
こう書くとなんかとってもロマンチックな男の様だが
実際はカードや鍵、プリントアウトしてあげた書類、とっおいたお菓子
保存しておいたつもりの書類(コンピューターの中)とかそんなモンだ・・

最近は「マジックです・・今持っていたのに無い」とか言いながらよく捜してる
ツイこの間は「今、ここに置いた靴下の片方が無い」って言いながら、
30分以上、片足だけ靴下履いて家の中を捜してた
「左足に2足履いちゃったんじゃない?」ってバカにして言ってあげたら
本当にチェックしてたし・・・・・(笑)
08.5.08 薬師岳で日焼けしすぎて丸首Tシャツと半ぞでのラインがくっきり付いて困った私は
白馬の某露天風呂でこのラインを消すことを思い立った
そう・・日中の露天風呂内で日焼け止めクリームを塗って(これ以上焼けたくない所)
帽子かぶって裸で木の長椅子に寝ていたのは私です(笑)
※勿論ビール缶も横にありました・・

計画では単行本とミニオーディオプレイヤーも持ち込むつもりだったが
ちょっと恥ずかしいのでこれは止めにしておいた

あそこなら平日の日中だったらできると思うので来シーズンはトライしてみるつもり・・
ヌーディストビーチ気分の ヌーディスト露天風呂だ!(風呂だから裸は当たり前だけどね)
08.4.30 私は滑っている以外の自分の写真を見るのはあまり好きではない。
そう・・現実を見せつけられるからだ・・・
(以前書いたが唯一、家の鏡で見る私の顔は可愛い・・フッ)
昔良く友人から「写真うつりが良い」と、誉められてんだか、けなされてるんだか判らない言葉を頂いた。
確かに昔の写真を見るとそれなりに可愛い・・ちゃんとポーズもつくってるしね(笑)

で、今日思ったんだけど最近のデジタルカメラ!ハイビジョンで大画面で、
そんな性能良い必要あるのかなぁ〜、
モデルさんみたいに光りあててるわけでもスタイリストいるわけでも無いわけだし・・・

昔のカメラで写したちょっと甘い紙焼きの写真
しかもみんなそんなに大きく伸ばさないL版あたりで見るから
みんな思い入れと希望的見方と共に美しく残っている・・その方が幸せでは?
後世にレプリカ残さなくちゃいけない人物でも無いわけだしね
私を撮るときは画素数低めでお願いしますね・・・(笑)
08.4.18 NEXCO様へお願い
サービスエリアに「有料ゴミステーション」を設置して欲しい
特にこれからモノが臭いを放つ季節が来ると
週に1度の燃えないゴミの日や月に2回のダンボール捨てられる日に
振り回されて折角のお出かけの予定変更なんて事もあるのでは?
現在設置のゴミ箱横の啓蒙ポスター・・・
男の子の視線が痛い人も一杯居るでしょ?

何処かに持っていって処理してくれるなら持っていくけどさぁ・・何処に持っていけば良いのだぁ?
ちゃんとリサイクルも仕分けもしてるけど、
マンション住まいでないひとのゴミとの戦いは厳しいモノがあるのですよ
勿論前日夜に出しちゃうようなマナー違反は出来ないしね・・・・

ヨーロッパに夏の数ヶ月出かける私は、成田空港まで燃えるゴミを運んだ事があります(苦笑)
08.4.8 JR様へお願い
「女性専用車両」があるなら「男性専用車両」も作って欲しい
って・・私は女性だけど、男性の皆様思いませんか?被害を被るのは女性かも知れないけど
男性はえん罪ならそれ以上の損害を被るんだよねぇ・・最近は詐欺もあるようだし
JRは善良な男性諸君を守る義務があると思います!
その車両が女性以上に満員になったらそれも面白いなぁ〜、見てみたい      
08.4,3 あ〜帰った、帰っちゃったよ!そう、スロヴェニア人9人です。
「50才の誕生日だから日本に来たら宿泊費は出してあげる」って
ツヴェートが弟と親友に言ったらしいんだけど・・・
大の男達(15才〜49才)が9人も来ちゃいました(苦笑)、
みんな働いてないのか〜?学校は良いのか〜?
私なんて毎年スロヴェニア行っていても中で知ってるのは半分程度、
大体ツヴェートだって嘗て会ったことあるくらいではないのだろうか?

しかし凄かったなぁ〜彼らのパワー、登山の体力もさることながら、睡眠時間も少ないし
金山沢から降りてきた5人は温泉にロング缶ケースで持ち込んで全部開けてましたし・・
(何処の温泉とはあえて言えません)
食べ放題飲み放題は90分でピッチャー14杯(他にも日本酒&焼酎飲んでます)
さらに100円居酒屋で飲みまくり・・お決まりのアコーディオンも登場!
そのうち「スロヴェニア人出入り禁止」になるんじゃないかの勢いでした!

【スゴイもの見る】って言う意味では良いもの見させて頂きました
終わって見れば大変だったけど、それなりになかなか出来ない経験させて貰いました。
最近の日本人の大人で此処まで出来る男達ってあまりいないと思うし(大学生は別だけど)
ツヴェートさんと一緒にいると色々見られて、いろんな経験ができて、
信じられない色々な事が日常的に起こって・・(良いことも、悪いことも)
キット私の人生はラッキーなんだと思う。だと思いたい、うん。

第三者的に見ることが出来ればもっとラッキーなんだけどね・・・
08.3.12 M氏。
何でウチの旦那が帰宅してることを何時も知ってるんだろう・・・
私すら夫が何時帰るのか判らないのに、
わずかな帰宅中にも気がつくと階下に居るんですけど(笑)
最近は半額のパンとか、コーヒーとか食料物資も届けてくれます
これも「パンがないときにはパン」「コーヒーが切れた時にはコーヒー」って感じでとてもタイムリー
音もなく家に入り気がつけば帰ってる
もしかしてウチの中の何処かに住んでるんだろうか?(笑)
08.3.7 この間はアメリカのお客様を三ッ峠にガイドしました。
雪はたっぷりついてましたがアイゼンを使うほどでもなく寒くもなく良いハイキング日和。
あいにく富士山の頂上は朝しか見ることが出来ませんでしたが
クライアントはハッピーで帰っていきました

さて彼はアメリカの警察関係(しかも結構上層部)で働いているらしく、
毎日色々な事件を見てるらしいんです
いつもは銃を3丁体につけてるので、丸腰で繁華街を歩くことに不安で仕方ないと言ってました

今回自家用車を使用しなかったのでタクシーとハイウエーバスを使ったのですが
彼が疲れてしまい(こんなんで疲れてテロと戦えるのかぁ〜?って感じですが)
予定を変更して往路を下山。ところが携帯が繋がらない・・
何とか歩いて道路まで来たモノの交通量はない・・道路を整備していた人に聞いても
「滅多に通らないなぁ・・僕の携帯も通じないし」とのこと
仕方なく歩き始めて通った車を止めようと思ったところに乗用車。

道に立ちはだかって車を止め「すみません、タクシー呼びたいんですけど・・」
携帯繋がるところまで連れて行って貰おうと思ったけど止まった車はファミリィ(幼児+乳児)
巨漢のアメリカ人と私が座るスペースはとてもない。
とりあえず事情を話して「次の車を待ちます」と伝えた。
その車はカーブを曲がって去ったのだが、また何故か戻ってきて親切にも
「あまり車通らないと思うから狭いけど何とか乗れるようにする」とスペースをつくってくれました

「ね〜、日本人って捨てたモンジャないでしょ〜」と、内心私はとても誇らしく思っていたのですが
そのアメリカ人は車中ずっと黙っていて緊張してる様子。
あとで彼が言うのに驚いたっていうか私は吹き出してしまったのですが・・
「銃も携帯してないのに、道路で車を止めるなんて信じられない!しかも乗るなんて!
もっと驚いたことには、あの家族、あんな子供がいるのに見ず知らずの人を車中に招くなんて
クレージー!!!って思った」だって(笑)
アメリカの“病”を此処に見た中嶋でした。

日本人は危機管理能力が本当に低いと常日頃感じてますが
反対に「人を信じる心」は日本人の良い所ですよね
でも基本的に自分が“善”じゃないと相手も“善”とは信じられないと思う
人から信じられたらその人を裏切ることは辛くなるわけだし・・

もちろん中嶋も100%信じてるわけじゃないですよ(善人じゃないし)
でも「これはNGでしょ」って、自分が他人にやらないことは、
「他人も私にやらない」と信じられる方です
今もそうかも知れないけど任侠の世界でも「その筋の人はカタギには手を出さない」とか
今日、そういう暗黙のルールが壊れつつあるとしても
他国に比べれば今なお日本人にはあると思ってます
だから銃が無くても怖くなく生きていけるんだよね、日本人偉いぞ!
08.2.29 添乗で海外に行くとホテルでも色々面白いことが起こる。
皆さん外国のホテルや習慣に慣れてないから、
カードキーが使えなく部屋の電気がつけられなかったり、
鍵を中に置いたまま閉め出されちゃったり、お湯が調節できないとか・・
笑えないところではモノを乾かそうと照明の上に衣類を置いてぼや騒ぎとか
その度に“旅の上級者”である(はずの)添乗員は部屋をかけずり回ります
で、「やっぱり旅慣れてる人は違うなぁ〜、頼りになる」と感心されるわけです えっへん♪

でも告白しますが・・・
先日のベイルのホテルでのこと。
私はお湯をタブに溜めて荷を開いていたんですが・・・・・
気がついたらタブからあふれたお湯で玄関まで水浸しにしちゃいました!
“普通”止まるか排水口から出るよねぇ〜
「無かったことにして1人で処理しよう」とも思いましたが・・
もうプールのような水で被害は此処だけでは納まらないと観念して、フロントに電話しました(汗)

“普通”って思ってることは「私の周りでは普通」なことなだけだと思い知らされましたよ
南米ではお客さんは何でもないのに、1人でコッソリ酸素吸入して貰ってたし、
携帯もよく使えないし・・・駄目ダメ添乗員です(笑)
このサイトを同行したお客様が見ていないことを祈ります
08.2.20 たまに山やスキーに行く人はきっと装備を整えるのにあれこれと迷い
部屋中が凄いことになるのだろうか・・?

私は所謂最後の会社勤めは遙か20年ほど前だったりするので、
たまに営業で新橋近辺の会社を訪問となると凄いことになるんですよ〜
「やっぱ襟付き?」「スカート?」「シャツはズボンの中?」「ってことはベルト?」
「ストッキングってあったけ?」「折角だから頂いたスカーフを巻いてみるか〜」「ザックはNGだよな〜」
ってな感じで、初デートの娘にみたいに着たり脱いだり忙しい・・・

で、気がつくと大抵は「薄汚い小母ちゃん」か何処かの「ママ」にたいな風貌になってたり(苦笑)
散々散らかして、段々どうでも良くなり・・
「どれも似合わねぇな〜、もうイイヤ〜、ヤバッこんな時間?」と
結局最後にはどっと疲れて山に行くようなカッコになってる私です。

当然片づける時間は無いので、振り返った部屋は・・・
旦那が帰宅してこれみたら「事件?」って慌てるくらい、すご〜い事になってるんだよね・・・
08.2.6 広島のスノボーダー7人、見つかって良かったですね〜
560人以上の捜索隊、基地が近いせいか・・・物々しい自衛隊が隊列で進軍していく映像は
この間みた「ミイトナイトイーグル」を思い出させました(山の中の核爆弾をテロと自衛隊が捜すはなし)
1日連絡無しで下山しないと、あんな事になっちゅんだ〜って思うと怖くなったのは私だけ?

しかし報道で連呼されてる「ベテラン」って何なんだろう?
にわか仲間で午後1時に山に出かけ、装備も非常食も無し・・・
遠泳歴10年ならダイビングも「ベテラン」って事にしちゃうのかなぁ〜
報道はもう少し考えて伝えて欲しいと思いました
07.12.20 マツダのプロシードマービーに代わる車が見つからないので
エラン号は20万q以上酷使されている・・・(車は2台あるのにこの数字は凄い)
新車で買ったが山道・雪道を走らされ、荷物も人もギュウギュウに詰められ
お客さんも遠慮が要らないほど今は全身傷だらけの強者である。
タイヤは近所の中古屋でロシア行き冬タイヤを1本6千円で買ってた(でも品物は良いよ)
この間夫は缶詰ででマフラーを補強していたっけ・・(300円って威張ってた)

そんな車だからか先日の夜(白樺湖の帰り)中央高速道路で覆面パトカーに止められた。
覆パトは追い越し車線をスピードを上げ走りすぎたかと思ったら
急にスピードを落とし走行車線のエラン号と並び、
エラン号の後ろに入って後方部をチェックしてる様子
初めてのことで「何悪いことしたのか?」と怖かったが、
しばらくして私達の前に入り路肩に誘導されてしまった。
「犯人連行中」って感じで他の車にジロジロ見られてたよ・・・

「スミマセンね〜忙しいところ・あの・・高速で他の車に接触しませんでしたか?」
と聞いてきたが、もちろん身に覚えはない
「あの後ろの傷は何時のモノでしょうか?」って・・・
どの傷だよ・・・一杯あってわかんないよ〜(笑)
警察の人もよく見るとあちらこちら傷があるので困った様子で「左の・・・」「あ・右は?」だって
「一々覚えてません」って言ったら絶句してたけど納得してたかも(笑)
最初は後ろの傷の事だったが、前方に回わって前の傷も見てさらに困ってた

かなり足止めされた上に一杯写真撮られて釈放されたが
結局“宛て逃げ犯容疑”だった気がする
お願いだから勝手に話し作って逮捕しに来ないでね・・・・
07.11.29 昨日は結婚15年記念だった。15年喧嘩しながら良く持ったなぁ〜と思いつつ
タイのムード有るレストランで夕食を共にした帰り道の店で
また夫はデジカメを置き忘れて無くしてしまった!!!
(この夏スロヴェニアで無くしまた買ったカメラだ・・・)
もうこの先何年こんなヤツ(もう奴呼ばわり)と生活出来るだろうか・・・と思う結婚15年と1日目
07.1113 新大久保の韓国料理店で飲んだ時にA嬢から聞いた話。
「母が『あんた・・怪しい手紙が来てるんだけど・・』って心配してたので
 見てみたらツヴェートさんからの郵便物だった(笑)」

今日、彼が宛名を一生懸命日本語で書いてるのを見て納得
全部ちゃんと漢字なんだけどねぇ〜
何故か「犯人」からのように見えてしまうんだなこれが・・(苦笑)

※新大久保はもう韓国人の街だ!活気があって面白いよ
  池袋もそのうち中国人の街になるのかなぁ〜
  韓国料理屋・・どういう理由か判らないが5000円の刺身頼むとおかずが13品もついて来る
07.10.29 (某、量販店では部品を取り扱ってないメーカー)のノートパソコンのバッテリーが寿命の様なので
メーカーに購入を依頼したら「そのバッテリーはもう扱っていない」と言われた。
2年前に店頭で購入したパソコンだよ〜、
製品そのものを生産してないのは判るにしても、
劣化する消耗品の生産をこんなに早くやめるってひどいと思った。
まぁ大体の製品はそんなモンだよねが・・家電店員の常套句「買った方が安いです」だもんね

温暖化防止のために「ゴミを分けろ」とかとか「節電・節エネ」「クールビズ」とか・・
そんな細かい指導をする前に企業に「もっと長く使える様にしろ」って指導しないのかねぇ?
本気で温暖化防止を考えてるなら、大体ペットボトルなんてあんなにうるさく仕分けを指導する前に、
購買意欲をそそる宣伝しないで洗って何回も使うべきだよね
(企業もその点判ってるから言い訳として「自然に優しく」とか「リサイクル運動」を持ち出して
罪の意識を逸らそうとしてるんだろうね

「消費=経済発展=地球温暖化」って判っていても
その部分はアンタチャブルな経済構造なんだよね・・・
今更時勢の便利さを捨てる勇気のない私には語る資格はないけどね
07.10.23 私達は殆どかまえないのだが、居候のスロヴェニア女性(20代)は我が家で満足して生活している。
聞いて驚いたのが、彼女は始め、
元彼(20代・日本人)が女性(日本人)と賃貸マンションで同棲中なのを知っているにも
関わらず同宿を頼んだらしい。スゴッ
さすがヨーロッパ女性!それともスロヴェニア人だから??

「僕は良いけど彼女がなかなかウンと言わない」って最終的に断られたらしいけど・・・
“僕は良い”のか?3週間だよ、都内の賃貸マンションだよ〜
良くわからないなぁ〜私には・・・(笑)
でもそんな彼女には毎朝別の部屋から出てくる私達夫婦が理解できないらしい
07.10.12 昨日から我が家にはスロヴェニアからのお客さんが宿泊(これからやく3週間)
若い女性のせいか、スロヴェニア人のせいなのか・・
旦那は網戸やトイレ、洗面、流し、冷蔵庫などせっせとお掃除をしていた。

二人だと「別に良いジャン」と反抗的な態度に出られるので喧嘩になる戸締まりも
「ちゃんと閉めてね」と言えば「ソウだね・・」となる。
口うるさく言わなくてはやらない身だしなみもちょっと気をつかってる様子
昨日は「首の毛を剃って」と自らかみそりを持ってきたし・・(笑)
彼女は非常に恐縮して邪魔にならないよう気をつかってるようだが
私にとってはとってもWELCOMEな同居人である(日中いないし)
07.10.1 先週の週間文春をに載っていた「日本人の幸福度」(ちなみに178カ国中90位)
を見ていたら、余りこういうところで目にしない「スロヴェニア」が一位でランクイン!
科目は「有業男性が一日についやす家事の時間」だ。ヘヘッ(←なんでヘヘッ?)

昼の番組をタラタラ見てると、草薙くんがいかにも優しい旦那様風で出てるCMがある
「毎年、妻の誕生日には洗濯機の大掃除をしてあげることにしている」と柔らかい口調で彼が語る・・
「はぁ〜?」って思うのは私だけでしょうか?(笑)

他にプレゼントがあったにせよ、「掃除」はカウント外だよねぇ(私はそう思う)
草薙君が私の家に来てウチの洗濯機を掃除してくれるサービスを
夫が手配してくれるなら話は別だがね(笑)
07.9.8 何時も思うんだけど・・・・
台風なのになんでオジサンは屋根に登るのかなぁ〜
都会じゃ自転車乗ってる人が困って電信柱に捕まってるし・・・
折り畳み傘なんて役に立たないジャン
冬は雪の日もハイヒールで会社行き滑ってるお姉さん達をよく見かける

地震じゃ対策建て辛いだろうけど
天候なら天気予報とニュースでイヤってほど情報流してるジャン
怪我したひとには悪いけど・・危機感と防衛能力がこの国の国民は希薄だと思う
07.9.2 7年以上スロヴェニアで運転しているがお巡りさんにとめられたことは無かった
初めてとめられたのでシートベルトも、点灯しているのも確認して強気で停まったんだけど
スピード違反で捕まったらしい・・・
「はぁ?」と思ったけどレーザーでねずみ取りしていたらしい・・・
そこって何もない牧草地なんだけどガソリンスタンドがあるところの5q間が
何故か「50キロ制限」なんだってさぁ〜
「変なの・・」って思ったけど料金も安かったんでその場で20EUR支払った
(後から考えたら国際免許で面倒だから軽減したらしい)

タラタラ走ってる私はまだ日本でも「スピード」を切られたことは無かった!
このスピード狂のスロヴェニアの道路で(みんな一般道100kmで走ってる)
スピード違反だぜ!ちょっとみんなに自慢しちゃったりする私です(笑)
07.8.31 行きがかりじょう・・・私がお客様を乗せてイタリアのコルチナに行くことになった。

初めて1人で運転してオーストリアやイタリアの高速を走った。
ドロミテでフリークライミングのエリアを地図から捜し、
知らない土地の知らないエリアでトップロープを張った。
(ってかイタリアでフリーするのは初めてだし)、バスク人のカップルが「此処が面白いよ〜」とか
色々親切に教えてくれて助かったが、背が低いし助けが無いので
5+の所(5.9〜10a)でもつまると大変だ・・
それからコルチナでホテルを捜し英語の分からないレセプションと交渉しチェックイン。
後はガイドと合流したので(ウルバン♪)良いけど・・
此処まで1人で(お客さん連れて)私って凄い!

お客様はガイドとチマグランデだったので、
私はコルチナのトッファーナ(この2月滑った)にも1人でフェラータに行った。
何だか1人で出来る行動範囲がドンドン広くなっていく(笑)
夫も大変だと思う(代えって楽?)
07.8.2 私のお気に入りのインゲンが終わり、今、庭の畑はトマトとキューリだ
あと少しするとパプリカが大量に出来てくる・・・
加工すれば良いのだがとりあえず生食が美味しいのでドンドン食べなくてはいけない
よく夫に言われるが「何が食べたい」とかじゃなくて「何を食べなきゃいけないか」らしい・・・
今日もお義母さんはタマネギを一杯収穫していた(予想以上に出来ちゃったみたい)
明日からタマネギか・・・

本当にお義母さんは庭の手入れを良くやっている。
働いている時間を換金すればスーパーで野菜を買った方がどんなにか特だろうかと・・
都会育ちの私は考えてしまうが、
それが世の中を忙しくさせてしまい、結果的に自分たちを雁字搦めにしている
考え方の大本なんだろうなぁ〜、何となく判っちゃ居るんだけどねぇ・・

私はもう諦められているので良いのだが、狭間の夫は大変そうだ。
原次元のリズムの仕事に追われながら、お義母さんの時間にも合わせないといけない
「お金払うから、誰かプロに頼んでくれ」と言いたいところだろうが、そうはいかないだろう
山から帰宅するとお義母さんはとってもwelcomモード。
「あ〜寂しかった。帰ってきて嬉しい」と歓待してくれる次の言葉はオーダーだ(苦笑)

「テレビが見られないから調整してくれ」から始まって、
「高いところのモノを採れ」だとか「山に落ちた梨を捨てにいけ」だとか
「玄関のチャイムや電気を変えたい」だとか
「砂を貰ってコンクリを作って玄関を補修しろ」だとか「ガレージの修理」などなど・・
2ヶ月しか息子が居ないので、今のウチに1年分の男作業を頼もうとしている勢いだ

「もう百万くらいのアイデアがあって、ちょっと顔を出すとすぐ何か言いつけられる・・・」と
夫は閉口しているが、2ヶ月間だから我慢すればぁ?←完全に人ごと(苦笑)
07.7.21 不時着したところからの継続(下記の続き)

知っている人はご存じのとおり、全く良く彼は色々なモノを忘れる、壊す、無くす。
良く周りを巻き込んで騒いでいるが、妻の私の冷静な態度に「冷たいやつ」と思わないで欲しい
単に“慣れている”だけだし「そんな程度で動揺してたら身がもたない」と思ってるからだ(苦笑)
適当に置いているので、財布も良く見失ってるし
(コレは散々騒いで周りを嫌な雰囲気にさせたあとチャンと出てくる)、鍵も良く捜してる。

私にしてみれば、「すられた」とか「ひったくられた」なら判るけど、
そこらに放置しておいて「盗まれた」のは、出来心を作ってしまって「罪」を作らせてしまったんだから
盗んだ人に悪いと思うくらいだ。

今回のデジカメもそうだが、以前のパスポート、エアチケット&財布一式の時は参った
(南米からの帰国日だったからね〜)
だからツイ、「その辺に置いておかない」とか「バックを閉める」とか口うるさくなる。
何度も大変な思いをしてるのに、学習しないのは一つの彼の「能力」なのだろうか?
と最近は思ってしまうくらいだ。

「子供じゃないんだから!」と夫は怒るが、私も子供を夫に持ったつもりはないんだけどね・・・・
↑こういう事言うと「子供の人権擁護団体」か何かからクレーム来るのかなぁ〜
07.7.19 友人がいないので旦那が山に行ってるときには子供にクライミングを付き合って貰ったり
(・・っても13後半とか登ってる子を気軽に誘えないでしょ・・)
1人で山へ行ったりしている。山の情報はあまりないので、
とりあえず「見て気になった山」を登ることにしている。
今年はベランダから見える山やBLED湖を彷徨いてると気になる山に登った

行ってみるとフェラータまがいの結構際どい登山道だったりするが、
「まぁ登山道なんだからマークがある限り行けるでしょ」って感じで行っちゃう危ない私です(苦笑)
しかし私の心配はそれより“車で何処まで未舗装道路を行けるのか?”だ。
そもそも誰に相談もしないで”思いつきで”行動してるので、地図をみて「此処なら行けるかなぁ」と
独断で行動している(しかも地図はタンスの引き出しにあったモノで古そう・・)
車は四駆じゃないし、重いし、シェアしてる車だから何かあったら弟になに言われるか・・
停めるスペースがあるか、ユータンできるか、等々。
登山口取り付いた時に私の核心は終わっている(笑)

「え・・あんた1人でそんなとこ行ったの?信じられない」って夫は疑っているが
そもそも私のデジカメ(去年秋購入)をアンタが来てそうそう無くしたから、
私が行った山行の記録が無いんじゃない!
何で何時も不注意でモノ無くすのかなぁ・・・(関係ない方向で着地)
07.7.8 天気は急に寒かったり暑かったり、35℃近い日が続いたかと思うと
ハイキングに出かけた1600mの山が吹雪きだったりとヨーロッパは忙しい・・
でも何しろ蒸し暑くないから夜はスヤスヤ眠れます(羨ましいでしょ?)
しかしよく寝ます。日本じゃ6時間睡眠だけど此処だと8時間〜10時間寝てるかも(笑)

日本にいれば外国人の彼はあまり処理が出来ないので、私が雑事に追われるけど、
此処スロヴェニアでは彼が雑事に追われてます。
仕事もトレーニングの他に友人とのつき合い、
仕事の手配、車や保険・年金・税金、近隣とのトラブル+お義母さん手伝い・・と
次から次へとイロイロ大変そうだけど、私は言葉もしきたりもわかんないからね〜
やるべき事、出来ることしかやりません!(コレって日本にいる彼のポジションです)

旦那が山へ出かけたときには1人で湖に出かけて湖畔でゆったりと読書、
またはバルコニーで山並みを見ながら読書。
西洋のゆったりした時間の中でお洒落にヨーロッパのバカンスを楽しんでるって構図のつもりだけど
読んでる本が「風林火山」だったりっするんだな・・コレが(苦笑)
07.6.22 日本の皆さんお元気ですかぁ?
昨日は私の誕生日だったんですよ〜(何を訴えてる・・・)
何歳か?って・・・此処では30代で通してます(キッパリ)

日本の友人達からは祝って貰えない寂しさもありますが、ヘッチャラです(ふんっ)
此処で昨日は盛大にパーティしましたしね。
本当は二人で古城でディナーの予定だったのに、旦那がみんなを呼んじゃったんで
私が1人でみんなの料理を作るはめになりました・・・・
でもみんなから一杯素敵なプレゼント貰ったし、
ケーキなんて直径50cm高さ20cmはありましたよ!
一体誰が食べるんだろう・・と疑問は残りますが

そして旦那は試験のために日本に今朝旅立ち、
明後日にまたスロヴェニア入りです。そしてまた次の日からスロヴェニアで縦走!
忙しい人だ・・・
忙しない旦那もいないので誕生日のやり直しとして
1人でのんびり黄昏ながらバルコニーでワインでも飲むか・・・
おめでとう!ちはるちゃん!
07.6.19 我が社の決算は何とか帳尻を合わせてやっと終わりました(ごまかしてないよ!)
夏は日本にいないので法人税、所得税も先払い、
毎日ポストには固定資産税だの都民税、区民税、国民保険
とかイロイロ投げ入れられていて・・・
海外に行く前に全て処理しようと毎日ATM通いです(涙)

真っ当な日本国民には怒られそうだが、
何時も私は税金の申告隠しで捕まっている人を見てチョット気の毒に思う。
ちゃんと支払っている立場からいうとけして良いことでは無いが、
何であそこまで重大犯罪人のような扱いになるのか・・・まるで殺人容疑者扱いだ

だって税金で納めなくてはいけないお金は、
けして人から盗んだお金じゃなくてあくまでその人が稼いだお金だよね?
稼ぎの良くない人(またはごまかしの利く人)は払って無いものを、
人より働いた人がより多く支払ってるわけでしょ?

うちの旦那が10回富士山登って稼いだお金の2回分は税金で納めているわけで
その2回分納めないと刑務所行き。
5回にしておいて家でゴロゴロしてたら税金は不要(実際にはゴロゴロしてたい理由では無いだろうが)
そして富士山に1回も登らずにお金だけ頂戴したくせに、管理できずになくしてしまたり、
使っちゃたりしても刑事沙汰にならないのはどうしてだろう?

「税金泥棒」って良く言うけど、
恐喝で巻き上げておいて私腹肥やしてるって、泥棒でなくて強盗だよね?
国民年金にいたっては「振り込み詐欺」って誰かが言ってたけど、
「振り込み詐欺」は恐喝してないから、それより酷いよね・・・

本当にこの国大丈夫なのかなぁ・・円はドンドン安くなるし・・
5千万人・・・って日本の人口、一体どれくらいだったけ?
07.5.25 通年ダイエット中の中嶋だが、冬の「緩る緩るぬくぬく」の服装から衣替えするこの時期には
一層の拍車(焦り?)が掛かる時期だ。
ヨーロッパでは相対的に自分が「キャシャ」な部類に入ると勘違いしてしまい、
かなり大胆な格好もしてしまうしね・・・

体重計に乗るときの中嶋は真剣だ!
まず支えに手を置いてから体重計に乗り、徐々に支えを外していく・・・
48s、49,50,51,・・・「もう止まってくれ〜」と祈りながら手を放していく(笑)
納得できない数字を示されたときには上着を脱ぎ、ズボンを脱ぎ、
「いやまだまだ〜」と靴下を脱ぎ、と一枚一枚脱ぎ捨てていき最後は何時もパンツ一丁だ!
それでも期待の数値にあと少しの時には、トイレに行って水分を出し、また乗り直す(笑)
「試合前の力石徹かオマエは・・・」と呆れて心の中で突っ込みを入れてる自分もいるんだけどね・・・
07.5.12 今使っているプロシードマービー(通称エラン号)がもう20万qを突破し、
10年以上の年期を納めたので、「もう買い換えでしょ」と何もかも人任せの部長に任務をふったところ
やっぱり自分で調べたりするのがめんどくさくなったらしく「未だ使える・・」と、車検の予約を入れてしまった。
「ええっっ〜」と思ったけど、実際外見や電気系統はボロボロなモノのエンジンだけはしっかり調子良い。
憎たらしいほど力もあるし、使い勝手も良い。

新車買ってもオフロードを走り、山から降りた汚い服装や道具を詰め込むのも悲しいし、
確かに「リサイクル・リユース」と環境問題を論じるより、
長く大事にモノを使う方がよっぽど地球の残り少ない化石燃料のセーブにもなるだろうし・・
と、言うことで「エラン号」続投です・・
あんな汚い車にステッカー張られて日本中走られて、エラン社もさぞ迷惑だろう(苦笑)

で、車検に通すので部長は色々と車を調整しているのだが、最近借りた駐車場の隣は医者の車らしい
先日部長が駐車場でBOXを外していたら、白衣のおじさまが遠巻きにじっと様子を見ていたらしい。
看板から隣は医者の車と判っていた部長が「こんにちは〜」と声を掛けたら、
近づいて医者が色々聞いてきたとのこと、
「そうか〜大変なお仕事しているんですねぇ〜頑張ってくださいね」と笑顔で納得して退散

エラン号を知らない人にはナンのことか判らないかも知れないが・・・・
確かに自分の愛車の横に、あんなでかくてボコボコの車が停まっていたら、
気が気じゃないよね、変な時間に出ていって帰ってくるし、
しかもこれまた汚いカッコの外国人が所有者らしいし・・・・(苦笑)
キットそのお医者さん、その晩から安心して寝られたと思うよ
07.4.24 「ねぇ私とだけ携帯メールしようよ♪」という怪しげなK嬢からの誘いに乗って携帯を機種変しました(笑)
何せ今までの携帯は6・7年前のかなりレトロでした。今度のはカラーです!カラーだよ(当たり前だけど)
K嬢にしかアドレスは教えてないので彼女からのメールを待ちわびる毎日です。(うそです)

しかしあんな小さなボタンによくみんな打ち込めるねぇ〜
旦那同様「あ!」とか「え〜」とかブツブツ言いながら
相当な時間をかけながら文章作るんで・・速レスされても困ります(苦笑)
老眼で目はかすんできてるし・・
ってか・・触ると色々展開しちゃうんで怖くてあまり触りたくない。
電話掛かってくるだけでもちょっとしたパニックです。

毎日自宅兼職場PCの前で作業しているので、これをOFFした時が私のOFF。
仕事とプライベートの区別をつけるように何処かで線引きしないといけないと常々思ってる
だから携帯メールやりたくないし、毎日晩酌しちゃうんだよね(←言い訳?)

てな理由で当然部長にアドレス教える気はない(仕事絡みだからね)
07.4.11 家庭教師Y嬢も海外へ行ってしまうという事で、
思いやりあふれる妻の私は、夫の誕生日プレゼントに
実は「コンピューター指導30分」のクーポン券を進呈していたのでした
その他に「100回同じ事聞いても笑顔で〜」のPC教室パンフもあげたけどね

彼は今、メチャクチャに散らばっているフォルダの整理に困っているらしい
(大体日常生活から整理整頓が2次元階層の人間だからね
PCの中に棚があることや引き出しがあること事態理解できていない気がする
で、色々なモノが行方不明の様で、とっても「PCクーポン」を使用したいらしいのだ。

でも私には去年貰ってなかなか言い訳されて使わせて貰えない
「40分マッサージ券」があるのだ♪
彼がクーポン券を出そうとすると、
私も「じゃ、はじめにこれからネ」と差し違えで出すわけだ(笑)
そういう冷戦状態がここの所続いている板橋邸です。
今のところ家庭内防衛戦略成功中!新しい家庭教師 カモン!
07.4.9 日曜は選挙だったけど、何時も週末はお仕事なので今回も期日前投票で済ませてしまいました
まぁ・・国民・都民の権利&義務かなぁと思うので大体行ってるんだけど、
投票終わると何時も「あぁ〜無責任な一票入れちゃったなぁ」って思っちゃうよ

だって小倉さんのコメントを聞けば納得し、やくみつるの話で頷き、金さんで合点し、
田中康夫でもそうかと思っちゃう人間だよ、私しゃ。(有田とデイブでは頷きたくないけど・・)
大体ワイドショー路線なのが問題かも(笑)
投票用紙見て「あ・この人知ってる」とか「顔が良いから」とか
「漢字が簡単だから」のレベルで投票してる人って多いと思うんだけど・・私の周りだけ?

マニフェストって言うけど、主張する部分だけ書いて納得させて、
実は「原発」や「憲法改正」「少子化対策」「教育問題」「福祉」に関しては
違う意見だったりしたらどうするんだか・・
論点がみんな微妙に違うから困っちゃうよね
無責任だけど、そんな勉強するする暇ないし・・・

だからジャーナリストさんか選管さん、お願いだから「みんなの考え一覧表」を作って頂戴よ
(確か一部だけ新聞に出たような気がするけど)、投票用紙と共にそんなのが送られてきたら
無名な人でも自分の意見に近い人を入れるんだけどね
みんなもっと政治が判るようになるし、政治に興味を持つようになると思うんだけどなぁ・・
07.4.6 主人の個人家庭教師Y嬢が突然外国に行ってしまうことになった
PCに関して、今更妻には聞けないことが山ほどある彼には大きな問題だ

さぞ不安だろうと思って、自宅近くのパソコン教室を捜していたら良さそうな所を発見
なにせパンフのうたい文句が「私達は100回同じ事を聞かれても笑顔でお答えいたします」だ!
凄いなぁ〜100回だよ、100回。

私は夫に「コピー&ペースト」を2回半聞かれてブチ切れました
でも笑顔じゃないけど5回以上は教えた気がする・・(まだ彼は判ってないけどね・・)
確か電源のオンオフも3回以上聞かれた気がする・・(これはさすがにマスター)

隣で彼がパソコンを開くと気持ちが落ちつきません
「あ・・」とか「何でぇ〜」とか「え!?」とかウルサイ(苦笑)
こっちが仕事にならないので、イヤホンで音楽を聴きはじめる嫌味な私です

Y嬢〜!早く無事に帰ってきてね♪
07.3.22 最近、とてもお手軽で毎日味わえる「小さな幸せ」を発見
1人で楽しむのも何なので皆さんにも伝授しよう!

目覚ましを2つ用意して寝るが、一つは起きる時間の3時間前にセット
早朝に起こされるが、「まだまだ3時間は寝られる」と思うとすご〜く幸せな気分になれるし
夢の続きに入っていけるのがとても心地良い

1回起こされた後の3時間は結構長くて
「まだ起きなくても良いのかなぁ〜寝過ごしたのかなぁ」と
凄く満足して起きられます。

睡眠の周期が3時間だと思うので3時間前に一回目をセットするのがミソ
**私の場合は2時に寝て5時に起こされ8時に起きる

私って凄く“小さい人間”かも・・・(笑)
07.3.17 あ・もうすぐ夫の誕生日だ

私の誕生日は6月でスロヴェニア出国直後で何時もバタバタしてる。
スロヴェニア人に祝っては貰えるが、
彼らもその時にしかいない私の誕生日を祝うのも苦痛だろうなぁ
と言うことで去年から半期決算で12月を誕生月に変えてみたが、
なかなか浸透しないんだなコレが・・・・(苦笑)

彼の誕生日だけ何時も祝ってる気がするのは気のせい?
今年は平日だし私は講習会だし・・どうしようかなぁ・・

友人のK嬢は交際している男に「誕生日に何してほしい〜?♪」と聞いたところ
「1人にして欲しい」と言われたらしい(笑)
コレ頂きかも!
07.3.2 朝4時まで働いて10時に起きると、夜11時に寝て8時に起きている夫に
「何時まで寝てるんだ」風の嫌味をいわれる。攻められる筋合いはないと思うんだけどねぇ・・・
でも何となく罪悪感のうちに起きてる自分もいたりするんだよね

朝早く起きる人って家庭内優越感満点で、
「朝起きる=働いてる」「夜起きてる=遊んでる」って構図になってる
朝早く起きる人ってそんなに偉いの?(8時じゃ早くもないし)
って物心ついた時から夜型の私は疑問に思う。

それと同様でPCの前にいると「まったく四六時中コンピューターで何かやってる」って怒られる
これも怒られる筋合いないんだけどなぁ・・・
外回り営業に行ったり、電話で話してたりすると「仕事」として認めてくれるんだけどね
「動いてる=働いてる」っていう構図なのかな

無人島にでも墜落したらその原理に従うけどね
07.2.20 帰国してビックリ 表紙はすご〜く嬉しいけど、
目次はでかすぎ・・恥ずかしくてみれないんですけど・・・(苦笑)
07.2.10 「LOST」っていう海外ドラマを今は見ている。
ドラマシリーズは「じゃ〜ん、続く」で終わるのが、我慢できないよね・・・
我慢できないから夫の留守に借りてきてコッソリ1人で見てしまうわけだ。

で、帰宅した夫は1巻飛ばして見てることになるんだけど、
一生懸命見てるわりには、あまり気がついてないのが面白い。
「あれ?犬出てきたんだ・・」とか「何も食べてないのかなぁ・・」とか不思議がってるけど
「そう言えばそうだね・・」という相槌で一件落着(笑)
ドラマなんて所詮そんなものさっ
07.1.30 友人の子供(3歳児男子)と一緒にスキーをした
「一緒の車で帰ろうね」って言った彼に「アンタ泣くから、もう一台の方で行く」って言ったら
「泣かないから・・・一緒に帰ろうね」って彼。

私の前から動かない彼に、側のお母さんが「早く行って車暖めようね」と促すと
「車暖めておくね」と私に告げる。「あ・うん」と適当に答えたら
「暖かくしておくから絶対に来てね〜♪」と何故か念を押す
「キットだよ」とまで言われ、断る理由がないので「うん」と答えた。
こんなに男の子に切望されたこと無いかも〜
あと40才若ければ・・・(凄い数字だ)
07.1.19 去年末の「波勝崎・海金剛スーパーレイン」の写真を見ていて思い出したのだが
「波勝崎」ってサルが一杯居るところで、そのその昔、
私がまだ車(ジムニ)買いたてのころにドキドキしながら所ジャン・・・

何も判らなかった私は、もっと何も判らない友人を誘って、
「山道」は怖いからと思い「伊豆」を最初のドライブに選んだのでした(笑)
連続カーブで道を譲ることも出来ず、ハンドルは汗でベタベタ、
波勝崎の先端迄行っちゃって、対向車とすれ違えないし、凄く迷惑かけたよなぁ
確かに「山道」では無かったけどね・・・
07.1.16 「白馬」→「ニセコ」→「沖縄」と、夫とはほぼ別行動で
年末年始に遊びほうけているうちに月日は流れ・・
気がつけば手をつけていない仕事の山に1人埋もれてもがいてる私です。
此処は仕事の吹き溜まり、日本海側豪雪地帯・・・

家庭内別居状態の私達ですが夫は太平洋側在住者だったらしい。
今日はお客様もいないのに伊豆にクライミングだそうです(涙)
距離がドンドン開いていくとは思っていたが、君はそんなに遠い場所に住んでいたんだね
あぁ・・寒い
06.12.29 地方に行くと良く「無人販売」を利用する
最近は加工食品もよく見かけるようになって
「梅干し」や「たくわん」「切り干し大根」「干し椎茸」何かも並んでいる

誰もいない所にポツンとある小屋に一杯モノが並んでいる「無人」が私は大好きだ
大好きだというより、大げさだが毎回涙が出そうなほど感動する
世界中捜してもこんな無防備な販売所は無いと思う。
外国なら物品が取られるというより、集金したお金が箱ごと盗まれるだろう
第一誰も見ていないから、チャンと商品分の金額を箱に入れるかどうかはその人の「良心」を頼るしかない
中には勝手に負けちゃう人とかもいるんじゃないかと思うよ、
でも買い手を信じられるのは「お天と様が見てるから」の道徳心が
誰にでもあると売り手が信じてるからでしょ?

凄いよね〜日本!エライよ日本人!
外国人にはとっても自慢してしまうし、写真を撮ることを強制してしまいます
世界にもっと宣伝したい私の“一押し日本自慢”です
「無人」って“人を信じる心”“自分を信じる心”が納まっている「祠」のようですよね
皆さんそんな日本人の誇りを絶やさないように是非無人をご利用くださいね

勝手に無人販売促進委員長:中嶋でした
06.12.23 モンベル渋谷で講習会があるので渋谷の町を歩くことが最近ある
埼京線からハチ公口まで出るのも、ものすごい人混みを泳がなくてはいけないし、
スクランブル交差点では泳ごうモンにも渦潮に巻き込まれてしまい溺れそうだ・・・

こういうところで自分の精神を守るためには
5感のうちの幾つかを閉じることが必要なんだ・・・と、
イヤホンで音楽を聞きながら、前の人の足元だけを見て歩く自分に言い聞かせる
隣でだれが騒ごうと、何が起ころうと気が付かないふり、ってか
慣れるときっと本当に気が付かなくなれるんだろうなぁ・・
都会の無関心って自己防衛本能だとおもう。情報はイヤでも飛び込んで来ちゃうんだもんね

それに比べ山では五感の全てを開いて情報を取り入れることが要求され、
それで自然を楽しむことも出来る理由だけど
感覚を開けたり閉めたりできるフレキシビリティと意思力って
都会生活者にはとっても必要なんだろうなぁ・・と何時も思っちゃう渋谷です。
06.12.07 恒例秋の社員旅行で、タイのピッピー島に来ている。
此処はライレイ(プラナン)と違ってあまりクライマーがいない、ダイビングの方が盛んなようだ。
しかし町はとても賑やか・・・さながら町中毎日「酉の市」状態だ。

何故か最近 “お節介オヤジ“と化した旦那は、
「ライレイはね・・・」こうだよああだよと一方的に情報を他のクライマーに与えている。
ライレイでもそんなにエリア知らないくせに、何時も人に何か教えたがっていて恥ずかしい・・・
そういえばこの間行った幕岩でもそうだったなぁ・・・
年を取ってさらに“マシンガンおしゃべりお義母さん”に似てきた気がする
誰にでも声を掛ける度胸はうちの母にも似てるなぁ・・
単に“おばさん化”してるのか?

そんな彼が黙っているときには頭の中に「TUNAMI」があるらしい。
ことあるごとに「何処へ逃げようか」「どうやったら生き残れるか」を考えている。
1日5回以上もTUNAMIに関して私に進言するくらいだから、
彼の頭の中では20パターン以上のシュミレーションが反芻されてる思う。

「だってその時はしょうがないジャン」と、日本人的「明きらめ感」の強い私は思うのだが、
「でも回避できるチャンスがあるなら頑張らないと・・・」と彼
回避する最大のチャンスは此処に来ない事だったんじゃないのかなぁ
06.11.29 昨日は結婚記念日でした
私はプレゼントを用意してなかったけど(でもイベントの手配は私がした)
夫からはカードを貰った。
テーブルで食事中に渡されたので・・
「え・まさか歯の浮くような言葉が書かれてるんじゃ無いでしょうね・・」と訝しく思ったけど
なんでそこで構えないといけないのかが・・そもそも問題有りだよね

貰ったのはとても現実的な「マッサージと背中掻き券10枚でした」(笑)
「じゃ忘れないうちに今夜からお願い」と言ったら
「そこに書いてあるでしょ?使用は1月1日からだよ」だって
確かに有効期限が書かれている・・・
何でまた1ヶ月以上先からしか使えないんだろう
本気でやる気無いとみた
06.11.22 で、その犬どうなったんですか?

テレビをつけたら柴犬のようなのがうずくまっていた。
あまりそういう「動物モノ」を見るのが好きではないので番組を変えたんだけど
他のチャンネルでもテレビの角の別画面で「生中継されてる」
もうお茶の間は「あさま山荘事件」のような・・・(うっ古い・・)
「固唾をのんで釘付けお助けシーン」を強要している感じでした

6日間前に通報があり、レスキューの支度に時間が掛かったって報道されてたけど
旦那がぼそっと、「徳島にはクライマーいないのかなぁ〜」
確かに懸垂で降りれば、私でも餌くらいあげれると思ったんですけど・・・
あんなでかい鳥網で近づいたら、屋久シカだって逃げるよね(スミマセンマイナーねたで)

私が驚いたのは、彼が「野良犬」だって事。
空前絶後のレスキュー大作戦みたいだったけど、救うのは「野良犬」だ
動物好きの中嶋としては救うのは当然の行為だけど、
その6日間で一体何千頭の野良犬・捨て犬が施設で殺されてるんだろう・・
・・って思いを馳せるのは私がひねくれてるからかなぁ
報道は良い機会だからそう言うことも伝えるべきだと思いました。
06.11.12
ゆとりのない生活に加え某試験のお勉強で最近はとてもカリカリしてる
それを改善しようと思ったのか、旦那がなにげにコンサートの情報をくれた。
 
「エリック・クラプトン来るんだってさ」
突然だったので「え?」って聞いたら
「あの変な眼鏡かけてる人だよ」だって・・・(笑)
「それってエルトンジョンでしょ?でも未だ生きてるの?」と私
一度は音楽出版社に身を置いた身なのに、人の事を攻められないくらいの返答だけど・・
「死んじゃったの?じゃビートルズって何人生きてるんだろう」だって
 
アンタとは絶対コンサートに行きたくない
06.10.31 週末は某ガイド婦人と一緒に小諸のワイン収穫祭に行って来た
日中からワイン飲み放題なので、みんなまともに歩いていない
「今年は救急車出さない程度に・・」と言う開会の挨拶があるらしい(笑)

岩を楽しみ、ワインを楽しみ、風呂を楽しみ、
おまけに小料理屋で日本料理(土瓶蒸しまで・・)楽しんで大満足
往きの車中ではお互いの苦労をぶちまけて「グチグチ」の二人だったが
帰りは「ガイドは大変だよね〜」と旦那を労うトークに(笑)

ゲンキンなもんだと思いつつもやっぱ家庭を居心地の良い所にしたいなら
「妻達の楽しい息抜き」は必要なんですよ!旦那様
↑「アンタは息抜きすぎでないかい?」と言う声が聞こえてきますが・・・
06.10.19 友人の美穂と鹿沼の岩山に行ってきた。
「岩山」と言うけど、こんもりした鎮守の森じゃん・・・と鹿沼駅から歩きつつ眺めていたが
侮ることなかれ〜!この「ハイキングコース」は凄いぞ〜森の西側は本当に「岩山」です。

岩とチェーンの連続、案外ルートも判りずらいし、長い。
のんびり美穂が持参してくれた「駄菓子」を食べながら、
相変わらず山と関係ない無駄話をしながら歩いていたらひどく時間が掛かってしまった。

最後の核心鎖場は連続4本か5本の(1本5m〜15m)流しっぱなしのチェーンだ。
頂上にはここから入山した人用に看板があるが、このチェーン登り終わってから
「岩山ハイキングコース・危険個所多」って案内があってもね・・・・・

様子を見にセルフを掛けながら降りて(30mのロープとかは持参していた)
美穂をロールダウンで降ろそうと思ったが、奴はおびえた羊みたいに壁から離れようとしない・・
「ちはる〜わたし・・まだ死にたくないよ・・・・」って、
なに生娘みたいな事言ってるんだか、沢にサバイバル装備でも入渓してるくせに・・(笑)
(私が信用されてなかったんだろうけど・・・)

結局チェーンを避けて何となく降りたら何処かの民家に下山
その後人の畑の栗を拾いながら通り抜け、突き当たったゴルフ場も突っ切ろうと思ったが
美穂が「それはマズイよ〜」というので思いとどまる
「でも3時過ぎてるから向こうまで行ってみよう」と、黒ずくめウエアの不審な女2名は
身体を屈めて50mくらいグリーンを走り抜けてみたが、帰路は見つからず
また小さく身を縮めてグリーンを走り戻る。  何やってんだか・・・(笑)

その後ゴルフ場のおばさまに聞いて北鹿沼駅が近いことを知る。
北鹿沼駅も凄いよ〜、無人駅なのは良いけど「切符は伊藤商店で」とある
100mくらい離れた伊藤商店で切符を購入するが、お目当てのビールはない(涙)
「開いてないかも知れないけど・・その先に酒屋が」と言われ、
行ってみるとカーテンが閉まっているが人の気配。
中ではおじさん二人が4坪ほどのお店で飲んでいた
ビールを買ったら手の平に1人ずつ叔母ちゃんが「ハイつまみ」とスルメを乗せてくれました(笑)

貰ったスルメと買ったビールで中年黒づくめ女二人、鄙びた無人駅で乾杯。
何時も行き当たりバッタリだけど女友達との楽しい時間でした
06.9.21 帰国してから見つからなかった貴重品はやっと9月頭に発見された。
でもその後も「へそくり」は見あたらず・・・
「そんなモンもう使っちゃって、無かったのかなぁ〜」と思い始めた頃、
銀行の貸金庫から発見された(嬉)♪ 

主人にそのことを話したら、
「お互い年なんだから・・出かけるときメモしておけばいいじゃない」といわれ
「それじゃドロボーにばれちゃうジャン」と私。
「だからスロヴェニア語で書くんだよ」と素晴らしい忠告を頂いた。

そうか〜スロヴェニア語で書いておけば、さすがの知能犯も判らないね〜、と少し尊敬。
でも私は知っている・・・
数年前まで彼は、キャッシュカードにマジックペンでその暗証番号を書いていたのを(笑)
06.9.14 帰国してから入院してたりしたので、経理をなんと4ヶ月分も処理している・・・
(小さい会社だしあまりお金が動いてないから、こんな事出来るんだろうけどね)
あぁ〜税金払うためにどうしてこんなに時間さいて頭使わないといけないんだろう?
税理士にまでお金払って・・・(まぁ税理士には不満は無いんだけど)
で、不得手な経理で爆発した頭なので、また常識はずれな事を思うんですけどね

普通、一生懸命汗水流して稼いだお金から支払う税金でしょ?
基本的には自分で稼いだお金の一部が税金にあるのであって、
あくまで自分の労力の賜じゃない・・・・盗んだ金でも、人から貰った金じゃないんだよ〜

でもこれを納めないと世間的に“犯罪者”として責められて、
「お縄」になって警察に拘留されるのに
稼いで収めた税金を“燃やしちゃったり、使っちゃったり”した人達って、
犯罪者にはならないの?それっておかしくない?だって人の金じゃない・・
考えによっちゃ、権利を試行して強制的に集めたお金だからドロボーより悪質だよね

岐阜県民よ「税金供託」ってのはどうだろう!それくらいの心意気を見せて欲しいモンだ
私達って・・政治に対しておとなし過ぎだよね?
でも私も考えてるだけで行動しないんだよね・・・・
06.8.31 しばらくぶりに家に帰ってきた
本人は涼しいところでこの夏を過ごしてきたが、夏の2ヶ月間締め切った家はオドロオドロしい・・・
それも大変だけど毎回苦労するのが
ドロボーに取られないように隠して置いたキャッシュカードや財布が
隠した本人にも見つからないことだ。今、真剣に困っている。
あぁ情けないったら・・どうしよう
06.7.21 全然山に行けない日々が続いていますが・・・
チョコチョコとクライミングには行っています(まぁ2時間か3時間くらい)
夫がワークホリックなので(苦笑)、私はクライミングも山スキーも勝手に友人と行ってしまう。
結構危ないなスポーツなので責任を避けるために、気がつくと遊んでくれる人が男子になり、
しかも最近は若年齢化している・・・・・
「それって・・自慢?」と良く言われるが、そう言うわけではない。
夫を含め、日本の30代半ば〜40代の男性が忙しいからだと思う。

まあ若い子と遊ぶのは楽しいものだが・・・
今スロヴェニアで遊んでくれるのは16才だ!
でも16才とはいえ、日本の20代の子より大人だと思う。丁寧語の英語も話せる。
お父さんが飲んだくれの甲斐性なしで(笑)、
みんなこっちの人も「なんであんなに良い子に育つんだ?」と不思議がっている。

色々気をつかってくれるし、荷物を持ってくれたり、会話もチャンと出来る。
礼儀正しいので日本に「お持ち帰り」したいほどだ。
男性に優しくされることに感動の中嶋だが(夫は既に日本ナイズされている)
ある時夫が「彼は女性に優しくしてるんじゃなくて、年寄りをいたわってるんじゃない?」と言われ愕然。
そうか〜そうだなぁ!思わず合点して笑えた。
確かに16才から見れば私はれっきとした「お年寄り」だ!

女性扱いか?年寄り扱いか?40〜50代女性って、
微妙に世間との折り合いをつけていくむずかしいお年頃かも
(60になってもそんな風に思うのかなぁ〜)
06.6.27 ヨーロッパではまだ連日ワールドカップで盛り上がっていますが
日本ではもう終わったらしい(笑)
私も此処で(スロヴェニア)TVをつけたら「ブラジルx日本戦」をやっていて
しかも日本が1点リードだったので最後まで見ていました
結果は・・・みなさんご承知の通り(苦笑)

思うに各国は【日本には1点取らせろ作戦】なんじゃないかな〜
日本って後を追うことは得意だけど、TOPに出たりリーダーシップをとらなくてはいけなくなると
途端にヘナチョコになる気がする。
情けないけどそういう国民性何だよねキット
小さいときから周りを気にして育てられたし、「出る杭は打たれる」の国だから・・・

だからこそ今思いだしても「イチローのワールド野球?」は凄かった
あの「追いつかれて逆転される」いつものパターンで、「あぁ・・またこんなか・・」
と思っていたけど、彼の活躍で波を変えた。あの精神力には本当に頭が下がりました
別に野球フアンでもサッカーフアンでも無いけど。
偉いぞイチロー!君に日本の希望を掛けたいよ!そして忘れちゃいけない野茂・・・
06.6.20 出国前に美容院に行った。
1000円カットに通っている夫にはとても言えない料金を
ストレートパーマ(矯正ではない)に支払ってしまった。
そのうえ前髪が気に入らず3000円の帽子を買って髪を隠している始末だ。

「うそ・・そんなに高いの?」と思わず会計の時言ってしまったが、
友人曰く「まぁ少し高くらいかな」だって・・・
ここの所の美容院の乱立ぶりは貸し金業者と同じくらいではないかと思っていたが
女性にとって価値観が狂いやすい“美”に関して、
つけ込んで儲けてるのでは無いかと思うのは私だけ?(笑)

そば屋でランチのバイトをしていた時、1人が落とす単価ってせいぜい800円、
でも美容院って1人単価が8000円〜2万円。
「ランチタイム」みたいなタイム制でもないしね。
大体クレジットカードを受け付けないトコ多いよね?レシートも出さないトコ多い。
シャンプーもパーマ液もどれくらい使ったか解らないし、
何人の客が来て入金が幾らかって、どうやって証明してるんだろう・・

日本の税制度ってサラリーマン(特にシングルやディンクス)に不公平だと思うと、
自営業ながらの中嶋は思うのでした(うちは入金は振り込みだから・・)

あぁ・・予定外の変な髪型に八つ当たりしてるだけかも
06.6.15 週末にはスロヴェニアへ出かけるが、私の大事な「水曜日」は過ぎてしまった
そう・・「燃えないゴミの日」だ。
「燃えないゴミの日」が過ぎ去っても、燃えないゴミは出るのだ!
どうしろというのだ〜このゴミ達。成田に宅急便で送ってやろうか?(笑)

今回は国外だが、国内で移動するときもこのゴミ問題はつきまとう。
「この日を逃したらまた来週?」「・・・じゃ出かけられないジャン」てな感じ。
勇気を持ってカミングアウトすると「高速道路のパーキング」に小分けして捨てることがある。
あの「子供が冷たい目でゴミを捨てる大人を責める」広告を気にしながら・・・

でもねJHよ!清掃局よ!責める前にこんな不道徳な大人を
出さないように考えては貰えないだろうか?
JHも地方の観光地も、人には来て貰いたいだろうし、家族や友人とのお出かけは悪いことではない
最近は大家族で住んでるわけでも無し、ゴミ処理に苦労している「お出かけ族」は多くいるはず
だからサービスエリアにゴミステーションを作って欲しい。
ガソリンスタンドなんて何時も暇そうだし・・・
もちろん有料だ。金なら払うよ〜!仕分けも徹底する。

それで彼らの「ゴミ問題」も少しは解決するだろうし、
何より不道徳にならざる得ない大人を減らせると思うんだけど。
06.5.28 居候のO氏の生活

ツヴェートはY嬢に続き何時でも「あ〜スミマセン」と言えば
応急処置をしてくれる「聞いても怒られない」優しいPCサポーターが出来て嬉しそうだ。
ゴミ出しも食器洗いもツヴェートの代わりにやってくれる。
昨日は食事も作っていた。

居候O氏は中嶋の話も聞いてくれる
「男性は自分勝手な生物で女性は我が儘な生き物だ」とか
「“貧乏人の子沢山”はDNA的にマトを得ている」とか、
自分の母親くらい年上のおばさんに
訳の分からない「妄想的思考」を聞かされて困惑しているようだが、
「言ってることは・・・解りますけどね・・・」と、何時もクールに処置している(笑)

新しい体重計に真実を突きつけられ、食事制限を真剣に考えている中嶋だが、
ダイエットというのはダイエットしていることが身体にばれると奴らには勝てない。
何気に「食」から気を逸らしていけるモノを見つけることが成功への鍵だ。

で、「仮想恋愛に入ると食欲が押さえられると思うんだよね」とO氏に言ってみた
彼が此処を出ていく日は近いと思う・・・・(笑)
06.5.26 最新の体重計を購入してみた。
今まで私が記憶しているだけでも20年以上我が家に置かれていた体重計は
主人達に気をつかってか、若干低めに計量していたようだ・・ケッ

思えばうちの鏡達も私をスリムに映している気がする。
家の鏡で見る“私”はとっても奇麗だ(笑)
→だから外の鏡に映る自分が納得できない(特に電車の窓)
「奇麗に見えたい」「少しでも軽くなりたい」っていう思いというか、怨念の様な「気」を感じて
モノってやっぱりそれなりに自己防衛のために自分を曲げてでも主人に尽くして居るんだと思う。
・・ってなわけないか?

新参ものの体重計はその辺の「処世術」を理解していないらしく、
強気にも限度を超えた数字をこれまた納得できない
「体脂肪率」と「身体年齢」と共に突きつけてきた。

えらいこっちゃ・・・何とかしなきゃ・・・
06.5.23 安月給のツヴェート氏だが、今期で給料が大幅にUPした
「おまえは社長なのに・・おれは何もない」と肩書きが欲しそうなので
「では今から部長に任命しよう」と辞令を出してみた。
「部長」と呼ばれて嬉しそうに居候を部下として“私用”している(笑)

かく言う私もこの4月から「班長」という役割がを担っている(たった13軒だけどね)
そして「班長さん」という響きにちょっと悦に入っている
06.5.17 今、中嶋邸には居候が滞在している・・・
夫婦のもめ事の間に挟まれて大変そうだが、
私達はお互いのクッションとして活用させて貰っている。

思えば嘗て15年以上飼っていた猫がそうだった。
不満がある場合は直接の衝突を避けごとく、
敵に聞こえる距離で猫に恨み言を発することにしていた。
今思えば、彼のストレスは大変だったかも

居候でも“猫の代わり”と言われてはひどいが・・・(笑)
猫には出来なかった「茶碗洗い」や「コンピューター使い」の芸ができるから優れものだ〜
嘗て居た居候ルジュレとは会話が通じなかったが・・・今度のは日本語もわかるしね
正直息子が出来た気分かな・・・(チョット発育が早すぎだけど)
ツヴェートも楽しそう♪
06.5.8 そろそろスキーシーズンも終盤に差し掛かり・・クライミングに気持ちを注ぐ季節がやってきた
太股が重い・・身体が重い・・・服装は軽くなったけど、気持ちは重い〜、

最近のズボンって腰でとめるらしいし、シャツの丈は短いので若い人はお腹を出して着るんだろなぁ
お腹を露出するのは構わないにしても、
お腹がズボンの淵に乗っているのはのはどんなもんだろう・・・(苦笑)

旦那様もしきりに「痩せなきゃ・・・」と岩に登るたびに思うらしい
特に私が彼に近いレベルでオンサイトを決めた時には焦るらしい・・・
しきりに「これも食べなよ」と、色々作って持ってきてくれる。フンッ!その手に乗るかい!

私は私で、テーブルや台所の台や机の上に、
罠を掛けるように小さいお菓子を一つ、そ〜っと置いておく・・
しばらくすると無くなってるから面白い♪

夫婦でこうやって足引っ張り合ってるから、何時までも痩せないんだな・・・(笑)
06.4.14 友人と新宿の「そっくりショー館」へ飲みに行った。
思えば一ヶ月前に新宿の歌声喫茶「ともしび」に誘って貰ってから都会に出ていなかった・・
ツヴェートを小馬鹿にした私の行動範囲も山以外はイイダ(近くのスーパー)と
中華屋とビックカメラくらいだ・・・

こんなんじゃいけない〜!
5月までに「新宿ゴールデン街」と「ニューハーフショー」と「寄席」には絶対行ってみたいと思うのでした
↑でも何か“行きたいところ”や“行ってるところ”が奇怪だよね・・・・
06.4.10 交通安全週間が始まる回覧板が回ってきた。
4月からこの地区4班の班長さんなんだな・・ふうっ〜
留守がちなので回覧板もスキップして貰っていたのに・・中嶋いとってはものすごい重責。
回覧板の回し順で早速「あれやこれや」と言われ、今日の午前中を潰してしまった(笑)
でもまぁ・・近所と話すことも、
最近は無くなりつつある今日こんにちの事だから、これも良いのかなぁ

「生活の基盤」って本来此処に無くてはいけないんですよね・・会社じゃなくて・・
家庭とか家とか近所とか・・・
最近私達の周りで若者が会社を辞めている。
そのことを北欧の人と話していた時、
「人は働くために“生る”のではなく、“生きる”ために働くんだ」と言っていた。

確かにそうなんだが・・・
“生きる=LIFE(人生)または(暮らし)”の彼らと違い
“生きる=LIFE(生命)またはSURVIVE”の日本人なんだよね・・
誰かが「今の日本人は中世の奴隷制度くらい働いている」と書いていた。
確かに「迅速・便利の世の中」が人を「時間の奴隷」にしているのだと思うよ
みんな〜少しだけ「便利」に抵抗しようよ〜!
06.4.6 ガソリンスタンドのスタッフさん!
いきなり人の車のドア開けるのやめてくれない?
何時の頃からか平気で人の車開けるようになってるけど・・
それってサービス?でも失礼じゃない?人のプライベートスペースなんだから・・
車中の猫とか犬とか飛び出したら困るジャン

スタッフが笑顔で「いらっしゃいませ〜」と近づいて来る時に
慌ててドアロックしてスタッフを困らせている私ってもっと変かも(笑)
06.3.29 NHKを観ていて疑問に思ったこと・・(あ・家でじゃなくて人の家です。集金屋さん・・)
何で相撲取りってあんなに日本語の上達が早いんだろう・・
在住14年目の我が夫を相撲部屋に入れてみたいと思うこの頃です(笑)
+ニュースキャスターの髪の毛増えているように感じるのは私だけ?

板橋駅から明治通の桜並木が奇麗です♪
昨日は何となく二人でイイダへ買い物に行き、
弁当買って駅前のベンチで食べてしまいました(笑)
こうやって年を取るんだなぁ〜と・・しみじみ感じる春の午後です
06.3.20 「電車の中もコーヒーショップもはいるとみんな下向いてメール書いてる・・歩きながらもやってるし
日本人って変!と、何故か何時も怒っていた旦那様だが、
携帯メールを始めた今、車の助手席で何時も太い指を動かして苦労している・・フンッ

今までコミュニケーション手段を妻に一任していたので、
「密かな楽しみ」が嬉しいのか、メール着信音にソワソワ反応しているのがオカシイ
私はといえば「ブルータス御前もか・・」という気持ちを持ちながらも、
未だ頑なにその領域には手を染めないように頑張ってる。

思えば声高々に、ポケベルを拒否し、携帯を拒否し、ETCを拒否して、
「世間の流れ」ってヤツに反抗してきたわけだけど
「背に腹は代えられない」ってヤツで、何時もあっけなく落城していた気がする・・・

でも携帯メールだけはやらんぞ〜!そんなモンの「奴隷」になりたくない!
仕事と遊びが分けられる人は良いんだろうけどね・・・

「携帯メールを教えてください」って人が最近多いので・・ちょっと反発してみました。
06.3.8 1週間カナダに単身出稼ぎに行ってきた。
いない間に色々あったらしいのだが、夫は秘書兼PCの先生を見つけて処理をしていた。
雑務を頼める人も翻訳を頼める人も最近は囲っていて、
居なけりゃ居ないなりに世間が助けてくれるみたい
心なしか部屋も綺麗になっている・・(これは人が泊まったので本人が奇麗にしたらしいが)

そうか・・居なくても結構大丈夫なんだね〜♪
何かお互いの活路を発見したような・・出稼ぎ旅行でした
06.2.15 昨日生まれて初めて空港の“ラウンジ”というものを羽田で使ってみた
オドオドと「初めてなんですけど・・」差し出すカードを丁寧にお姉さんが受け取り
「ソフトドリンクはご自由にお取りください」と説明を受ける「何処の座っても良いんですか?」
とドギマギしながら、いつものようなスキーウェアもどきの格好で質問する私。
「はいどうぞ・・」と怪訝なお姉さん。

どの椅子もスペース広く隔離されてる感じで、とても静かにみなさん新聞など読んでらっしゃる。
下界の者達とはちがう彼らの重厚な時間がそこにはあるって感じ。
シャワー室やリクライニングルームも見てみたかったが、
「田舎者丸出し」になるのでやめておいた(笑)

とりあえず新聞を読んでオレンジジュースを飲んで平静を装って出ていったが、
外の待合室は多くの人達でいつもの様にごった返し。
そう言う人達が一瞬でも“下々の民”に見えてしまうのが
「経済的中級階層“下”か下層階級“上”」に位置する私なんかが感じてしまう
「錯覚」ってもんだろう・・・
そうゆう“錯覚”が今日の世の中では危険な状態を生み出してるんだろうなぁ・・と
色々考えさせられる「中級上クラス体験」でした。
06.2.10 旦那が家にいないと嬉しいんじゃないかと、訝しがられている中嶋だが、
それは違う!旦那が家にいるとゴミ出しの責務から逃れられて大変嬉しい。
茶碗も朝には洗われて奇麗になってるし・・・・

此処上池袋のゴミ回収は凄く早い!8時半までには出さないとアウトだ。
たまに8時くらいに来るから油断できない・・・
外に出る仕事が多いので、週1回の「燃えないゴミの日」を逃すと悲惨なことになる。
何度かパジャマで清掃車を追っかけたことがあるけど、
サンダル履きであわてて駆け出すもんだから、つまずいて転びそうになったり・・

♪♪道に倒れて誰かの名を〜 呼び続けたぁことがありますかぁ〜♪♪
そう・・「行かないで〜!待って〜」と、遠ざかるゴミ清掃車を呼んだこともあります(笑)

旦那様が居ない「燃えないゴミの日」はとっても緊張する。
前日から出すことは厳禁なので、夜中まで仕事(遊び?)してしまった日には、
寝たら起きる自信がないので、空が白むまで起きてることになる・・・

徹夜してゴミ出しに専念してる主婦って・・何かが間違ってる気がする。
06.2.2 凄いことを発見した・・・「液体バンソウコウ」だ
目の小さい私は若かれしころアイプチなるものも買ってみたが、
何か目を海苔で張り付けていて不自然だ。
でもこの「水バンソウコウ」良いぞ〜
年取って余計に垂れてきた瞼をしゃっきりさせてくれる!

友人の男の子にこのことを告げたら、「いいのか〜それ?やばくない?」と呆れられた(笑)
だってバンソウコウだから・・瞼もOKだよね〜
良いんだよ自分が幸せなら♪ 面白いほど大きい目になるよ〜
06.1.19 元々家庭科は大の苦手、2クラスで1番か2番のペーパーテストの成績でも、
通信簿は万年「3」の不器用さだ(苦笑)
でもクリスマスには愛する旦那様のために毛糸と教本を買い、
一番簡単そうなネックウォーマーを作ることにした。(教本通りの毛糸玉も購入した)

1週間以上もかかったが見事完成。「どうだ」と息巻いて渡してから4日後、
ネックウォーマーは彼の「4次元ボックスに」に消えてしまった・・・

「ただいま〜」と帰宅しても「お帰り〜、で、ネックウォーマーは?」
「ご馳走様」と言われても「お粗末様、で、ネックウォーマーは?」と
今、毎日彼は責められている・・・
フン、見つかるまで責めてやる・・・・
06.1.11 パウダーフリークとしては「雪だ!雪だ!新雪だ〜」と単純に喜んでいるわけだけど、
凄いことになっているのは、何時も行く雪国の街や駅の景色が全く違うことでもハッキリ判る。
駅のロータリーは狭いし、色々な看板が見えないし、建物も埋もれているし、
方向感覚さえおかしくなりそうな積雪だ・・・

昨日のテレビで、
「一軒家に70台のトラックが乗っているくらいの重量」と説明されていて、ギョッとした。
70台のトラックだよ〜。象(何でゾウ?)が屋根の上に16匹・・・・想像できない。

耐震疑惑で行政は、マンションから住民を安全のために立ち退かしたけど、
16匹の象が屋根に乗っている新潟の家の耐震性の方がよっぽど危ないと思う・・・
都会の会社や行政も「帰郷して実家を手伝え!」位のプロパガンダ出したらどうだろね

「そんなことより、スキーでチャラチャラ遊びに来るな!」って感じかなぁ〜
05,12.27 今日は旦那様が帰国する♪
やっぱり帰ってくるのは嬉しいので、ワクワクする♪
(出ていくときはもっと嬉しいのはどうしてだろう・・・・・)

中嶋はクリスマス気分に浮かれて、結構ギフトとリボンカードとかを買い込んだ。
おもに小さなお菓子で、メインは郵便屋さんとか、清掃屋さんとか、宅配屋さんに配る。
子供だましの様だが、「何時もご苦労様」といってリボン付きで渡すと、
期待してないだけに凄く喜んでくれるんだよ〜みんなもどうぞやってみて!

さて肝心の旦那様へのプレゼントは、可愛いくラッピングしたクリスマスギフトの箱に、
チョコレートと毛糸玉1個+ネックウォーマーの完成図なのでした。
どう反応するかな・・・(笑)
05.12.25 めり〜クリスマス!今日はちょっと酒も入っているので、夫婦の夜の話♪

うちの夫はTシャツ+アンダーパンツで、頭から布団を被り、膝を折り曲げて小さくなって寝ている。
たまに夜中、彼の部屋に降りて行って布団をめくると、まるで幼虫のようで笑ってしまう。

寒い時には暖を取るために、冷たい手足を彼の暖かい太股や背に押しつけに行く。
グリグリと足の間に冷たい足をこじ入れても、T-シャツをめくって手を押しつけても、
彼は起きないし身動き一つしない。
相変わらず幼虫の様に丸まって寝ている・・・

たまに朝まで彼のシングルベットにいることがあるが、
朝に夫は「俺は壁とアンタにはさまれて身動きできなかったし、クレバスに落ちた夢を見た」
と色々文句を言う
私は朝寝ているので、良く判らないが、キット潰された蠅の様に壁に張り付いてるんだろうな・・・
(私は何時も朝は真ん中より壁側にいるから・・・)

スロヴェニアに帰郷している夫だが、クリスマスプレゼントは枕元に置いていってくれた。
開けてみると入っていたのは「ホットブランケット」
「もうベットに侵入するな」って暗黙の抗議なのか・・・?
05.12.23 今年の初滑りイベントでは「プレゼント抽選会」を急に考えついて行った。
出典は「中嶋が外国で買ったもの&貰ったもの」が中心だが、
「外国でサイズ違を購入した服」も多かった。

西洋人に混じってると、“キャシャ”だと、ツイ勘違いしてしまう私は、
よく、ワンサイズ小さいのを買ってしまう。

お店の鏡にあててみてOkだったはずなのに・・、帰国して着てみると“パツンパツン”だ〜
飛行機の気圧で縮むのかなぁ〜とも思ったが、
鏡には身体の奥行きが映らないんだよね(笑) チャーシューみたいだし・・・
05.12.20 旦那様は今日実家に帰国した。

クリスマスをお義母さんと過ごすために私が提案して帰国して貰ったからだ。
凄く仲の良かった夫婦なのに、お義父さんが急に事故で亡くなってしまい、
お義母さんはがっくりきている。
クリスマスで賑わってくるヨーロッパの街で辛いだろうと思う。
もちろん弟(息子)も孫も近くにはいるが、
「何かがクリスマスに来る」って、良いかなぁと思った次第。

夫には大きなリボンを作り、ドアの前で首に付け、カードを渡すように指示をした。
カードにはこう書いた。(英語じゃ判らないからスロヴェニアに直してもらったけど)
少しでも笑って貰えるかなぁ〜

【This is a Xmas gift from your daughter】

 This man can do very well inside and outside works.
 And makes you easy by chatting and massage.
 I hope you will have pleasant Xmas with my gift!

                    product name:Cveto
                    made in Slovenia
                    producer: Rezka &Joze(義母と義父の名)
                    provider:Chibow
                    the term of guarantee:1week
05.12.9 乾期(もちろん暑い)のタイ・プラナンから寒気の日本へ帰ってきた。

お客様が帰った後は毎日ダラダラとクライミングをし、ウロウロとショップからショップへ回遊してみたが、
タイの男性は日本人女性に(たとえ中年でも)とても優しく友好的だ。
(相反して、タイ女性は西洋人に友好的かな・・・)
今回は結構、地元のクライマーとも顔見知りになった。

「募金とか募らないのか?」と気になっていることを聞いてみたら、
「お金を貰っても、統制が取れないから・・・ルートセービング用にボルトを貰うのが一番だ」と言っていた。
現場のタイ人インストラクターはみんな紳士でフレンドリーな人達だけど、
西洋人がオーナーだったり、オーナーがビジネスマンだったりと、利害が絡むと色々あるみたい。

私達は古くなったロープを掛け替えように置いてきた。来年は重量が許せばボルトを持っていこう。
長期滞在型の日本人クライマーも結構いるから、
みんなでルートセイビングのお手伝いとかが出来る関係になれば良いなぁと思いました。
05.11.28 今日は結婚記念日だった。一昨日夫が思いだしたように
「じゃぁ映画でも観て、食事でも」と、お茶を濁そうとしていたので
「デズニーシーにしたから」と宣言してやった。

「ランド」は何回か行ったが、「シー」はバージンの私。
パチンコ屋も吉野屋も一人で入れるが、
こんな機会でもないと中年女が「デズニーリゾート」へ行ける事はないのだ。

腰は重いが結構アミューズメント好きの夫。案外楽しんで付き合ってくれた。
アフター6で入ったので時間に余裕はなく、中年夫婦は公園内をアクティブに移動しまくった。
コンパスは無いが、地図を片手に自慢のオリエンテーリングと早足ウオーキングで、
ほとんどの主要アトラクションをこなしたと思う。
NEWアトラクションの「レイジングスピリッツ」も閉館ギリギリで駆け込んで乗れた。
(海底2万マイルはお休みだったけどね)

私はお目当てのクリスマス・スペシャル「マグ入りホワイトチョコムース」が買えてご機嫌でした。
05.11.18 予定が狂って行く場所が無くなり、薬師の湯で仕事をすることにした。
スケジュールや学校ののことを考えなくてはならないのだが、頭を使うと直ぐ煮詰まる。
煮詰まると湯に入り、またPCの前に座って仕事。その繰り返しで1日を過ごした。

信濃の山あいの温泉で、ものを考えてはお湯に浸かるなんて贅沢。
古の文豪ってこんなんかなぁ〜と浸ってもいたが、

此処は共同浴場の大広間。金曜で人もまばら
「お客さん此処はもう片づけますんで・・・」と、
大広間も追い出されてガストへ夕飯を食べにへ行った。
どんな文豪だよ〜(笑) 大広間の電源もジャックしてるし・・
05.11.17 池袋の下町密集住宅地に住んでいるので、路地とか色々あって住所が複雑だ。
同じ番地に3軒の一戸建てがあり、その一軒々に3世帯くらいが生活している。
だから郵便物が良く混ざって配達されるのだが、これは本当に困る。
昨日もよく見ずに隣の郵便物を開封してしまったので、郵便局に電話した。

「住所が同じでも、名前が全然違うのにどうして間違えるのか・・、
 みんな表札つけてるし、宅急便屋はちゃんと届ける」と
色々苦情を言った末、局員は本局(集配担当局)に報告し、
本局の人が郵便物回収と誤りに来たのだが・・

間の抜けた本局員は携帯電話からか、
「スミマセン中嶋さん〜、住所の所には来てますが、場所が分かりませ〜ん」だって・・・(笑)
うちは3軒のうちの一軒だよ〜、30年以上住んでるし・・・
郵便局員よ!あんた、配達間違いのお詫びに来たんでしょ?
職業意識ってもんが無いんかなぁ・・・、私なら意地でも捜すけどね・・

私は誤配達の場合、気がつけば投函し直すか、
知っている家のポストには入れてあげるのだが、みんながそうしているとは思えない。
現に今年2軒ほど大事な書類が紛失してしまった。
税務署からの書類なので、税金未納が発生し大変なことになってしまった。
ドコモの未納事件もあった・・

この手のものはまた支払い請求+ペナルティーが伴うので、判明するが、
後どれだけの郵便物が紛失しているのか計り知れない〜
そういう理由で御礼のお手紙など出して貰っても、
返信をしない“不義理”をしてしまっているケースもあると思う。
だから許して・・・・(タダの言い訳だったりして・笑)
05.11.14 昨日は最近お気に入りの近所の小さな中華屋さんに、
旦那と友人のスイス人とその日本人妻の私達4人で行った。
二人の白人は母国語が英語でないからか、私達妻がいるからか日本語で話してる。

しかも話題が、イイダ(近くのスーパー)半額シールだったり、スタンプカードだったり
妙に主婦っぽい。(住んでいる場所は違うけど、イイダは今や地方に拡大しているらしい)

そこは小さな・小さな中華屋なので、サラリーマンが帰宅途中一人で定食を食べに寄るのだが
白人二人が日本語で盛り上がっているのって、とても目立つ〜、まぁ面白いよね
横のおじさんの耳はものすごいダンボになっていたし、
私のはす前のおじさんなんて、ず〜っと、こっち見ていて微妙に話に参加してるんだよね...
たまに頷いたりしていたし(笑)

でも本当においしくて種類豊富な中華屋さんです
「1時間千円のみ放題」もまだやめないでね〜
05.11.11 なにげにテレビをつけたら“スロヴェニア人と結婚したセレブ”の話をやっていた。
一時間近くも紹介してくれていたので(主にYUKIKO夫人の事だが・・)良い宣伝だ〜
ビデオデッキを取り扱うことが苦手な私達なので、大使館に取り寄せることにしようと思った。

折角だからポストイナ鍾乳洞とか、ブレット湖とか、自然の豊かさを宣伝して貰いたかったのに
まぁ・・“セレブ”だから関係ないのか・・(笑)
あまり細かく言いたくないけど、あのキノコだけは“松茸では無い”ことを言っておきたい!
あれはスロヴェニア人が大好きな“ユルチャック”っていうイグチのキノコです。

イグチ(裏がスポンジ状のキノコ)と松茸は誰がみても違いが判るはず・・
ヤラセなのか、松茸見た事のないセレブなのか・・・(笑)
ちなみに私達が知っている範囲では、スロヴェニアに松茸はありませ〜ん
「松茸食べにスロヴェニアに行こう!」なんて考えないでね〜

私達の結婚式2次会(自宅でやったの)まで付き合ってくれた元大使プレモジェさん
下町に位置した木造モルタル2階建ての我が家で、朝まで付き合ってくれたのも
「庶民との交流活動」の一環だったのかな〜って思っちゃいました(笑)
(まだその時はプレモジェさん独身でしたね)
05.11.1 【ある日の夫婦の会話】

「僕が凄くお金持ちになったら、何買いたいか知ってる?」と旦那
「・・・ゴルフのカブリオレ?新しい家?」と私
「違うよぉ〜」(何やら嬉しそう)
「私に素敵なプレゼントとか?」(チョット面倒くさげ)
「それは絶対違う」
「じゃあ何?」(もう会話を終わらせたいモード)
「えぇっとねぇ・・もっと綿か羽の入った枕」

何でもっと素直に言えんかなぁ・・・・、ってか自分で買えばいいジャン
あぁ・・・嫌みったらしいったら
05.10.27 久しぶりにパチンコってものをやってみた(6年ぶり?)
5百円玉を入れて始めたら直ぐに画面が賑々しくなり、
「何事?」と思い近くの定員に尋ねたらドル箱を持ってきてくれた!
「そうか・・ヒットしたんだ〜」と嬉しくなるも、どうしたら良いのか不安。
やたら定員に聞きまくって迷惑をかけたけど、最後には周りのおばさん達まで教えてくれた。

小一時間でドル箱8箱ぐらいとチョコレート5箱!
両替所で福沢君3人と野口君二人に出会った時にはビックリした!
(今まで羽ものしかしたこと無かったので・・・)

調子にのってまた行くのが普通だろうけど、私は結構冷めてしまうタイプ。
20代半ばからフリーランサーで仕事をしたり、変な外国人と結婚したり(笑)
人生そのものが大博打だからねぇ
05.10.19 今度は何故か海外旅行添乗員というものにトライすることになった。
この年で初めて添乗員なる者をやるのも凄いことだが・・(ちゃんと資格は持ってます)
初添乗であることも知らずについてくるお客さんもお気の毒だ。
飛行機の中でコッソリ「地球の歩き方」見ていたんだけど・・ばれたかなぁ(笑)
05.9.29 理由あって昼間、大塚のそば屋でバイトしている。時給900円で4時間。
「900円稼ぐって辛いんだなぁ〜」って、お金の大事さをしみじみ感じるよね。
浪費家は(別に浪費家でも無いけど)たまに時給でバイトするのも良いことだね。
---出来ればしたくないが・・・・・

慣れないことするモンだから、
疲れて帰ってきて整体(マッサージ)に行くんだけど、
30分で3千円取られちゃうんだよね〜
---「おばさん疲れやすく額成りがたし」ってか・・・(失笑)
05.9.12 ハイキング&おしゃべり仲間@MIHOにふられたので、
昨日は一人で乾徳山に行った。

頂上には後から後から大きな団体が登ってきて、私の下山時には鎖場は大渋滞。
しかし、相変わらずすごいなぁ・・・ハイカーパワーは〜
子供でも高齢者でも鎖場を確保無しで登っていく・・

頂上の裏手にボルトが見えたので、見に行ってたら、
写真撮影のおじさんに「あんたチョット、そこ邪魔」って言われた!
驚いて返す言葉もなく、岩の影に身体を沈めたんだけどさぁ
その団体のグループらしき人が「そういう言い方は失礼でしょ」って、たしなめてた。

「だよね・・」って、思ったのもつかの間、そのリーダー曰く、
「まぁ大体、無用意に祠の後ろにいることが“山のマナー”に反するんですけどね」だって〜
5mくらい離れた別の岩の所だよ・・(写真には入っちゃうかも知れないけど)
それって本当に「山のマナー」なの?「ハイカーマナー」?
恐るべしハイカー!他にどんな「山のマナー」があるんだろう・・・教えて誰か〜

でもこのグループ、1時間離れたところに、
体調の悪い女性を一人置き去りにして、自分たちは山頂で弁当くってるんだよね・・・
そういうのは「アリ」なのね ふんっ!
05.9.7 「マカロニ」や「ジュガンツィ(そば粉)」「ポレンタ(コーン粉)」「ポテト」など
炭水化物に偏った料理が食べたい旦那が、
「俺は食べたいものが一年に2回くらいしか作るチャンスが無い!」と、
クレームを付けてきたので、今週は料理をしないことにしてやった。フン

おかげで昼のキッチンは爆発状態だ。(片づけもチャンとするんだけどね)
彼には“食べたいものを作るチャンス”を年に365日あげることにしよう
05.8.30 中嶋でも政治が判ったような気になれる唯一の選挙期間である。

大物政治家がメディアで意見を笑顔を作りながら判りやすく話してくれ、
他者の「揚げ足取り」みたいなものも自制される。
司会者がコントロールしてくれるので、建設的に話が進んでいく。

いっそ国会も「議長」じゃなくて「司会者」立てて、
「テレビ討論会」型式かワイドショーにしてくれれば良いのにねぇ〜
カメラ意識してみんな国民を意識した答弁してくれるし、話が早く進むと思うんだけどなぁ(笑)

ちなみに私は渦中の東京10区在住なのさっ
05.8.25 長い小川山難民?生活が終わり都会に戻ってきました〜
夕べは去年から見たかった「シカゴ」のミュージカルも観てしまったよ♪
来日経費で目一杯なのか、セットにはお金掛けないのね・・・って感がありましたが
白・黒人女の肉体美は素晴らしいな〜(特にブラックは凄い)
遠くから観ててもしなやかにしっかり筋肉付いているの判るし、胸もヒップもアップしてる。

色々なミュージカルが日本人の俳優でカバーされるけど、
これはチョット無理だろうなぁ・・と思いましたよ。
日本人女子は痩せ過ぎか、太っちょが多いよね〜。スポーツ体型だと胸が貧弱だったり・・・
あ・今完全に自分のことは「棚のお〜くの方」にしまってますから
↑言わなくても了解済みだよね

クライミング上手い女子だって、プロのクライマー以外は、みんなガリガリばっかじゃん
↑完全に僻み入ってます

ムーブがどうたらよりも、デブがバレリーナになれないのと同じくらい
クライマーまでの道のりが遠いことを感じてしまいまった小川山でした。ハァ〜
05.8.8 先週のナルミズ沢で、左足首を蜂に刺された!
かゆい・・はれてる、足首が重い・・
実は2週間前にもスロヴェニアのお店の中で首の後ろを蜂に刺された。
去年、スロヴェニアの実家の玄関先で膝の裏を刺された。

それまでは生まれてから一度も蜂になんて刺されたこと無かったのに〜
アレジーが無かったから命は取り留めたけどさぁ〜(大げさ?)
スロヴェニアの蜂だけが私を敵視しているのかと思ったけど、
日本の蜂にもやられるとは・・・
一度刺されると、蜂に刺されやすい体質になるのかなぁ?
小川山も“はさみ虫”だけじゃなくて蜂もいるよね・・怖いよ〜

その瞬間は火を押しつけられたみたいに熱く痛いんだよ!
(押しつけられたこと無いけどさぁ)
病院行ってないけど、平気かな私。
05.8.3 スロヴェニアではこんがりオーブンの上で調理されている気分だったが、(日陰は涼しい)
日本では付け合わせの野菜と共に、じわ〜っと蒸し器で蒸されている気分だ。
でもやはり蒸し器の方が旨味が逃げないのかもネ。
ジューシーな日本人はヨーロッパでは、年を取ってもメチャ若く健康的に見える

旦那は小屋の主人に「あんな若い奥さん貰ったのか?」と聞かれていた。フフッ・・・
謙虚な私は「「え?でも30は過ぎてるんですよ〜」と言ってやった。
(↑嘘ではないでしょ?)

いい気になって何時も若作りをしてしまうスロヴェニアだが、
帰国してみると現実に気付かされる。まるで浦島太郎のようだ〜
顔中焼けて染みだらけだし
あぁ・・・白髪染め買ってこないと〜
05.7.31 帰国の飛行機の中でこれを書いています。
昨日はお友達がバーベキューパーティをしてくれて遅くまで飲んでました。
ユースの世界大会に行く子供達がその家の庭でボルダリングをしていたり、
隣にはマラソンのナショナルチームにいた夫婦がいたり、
もちろんツヴェートも弟もクロカンのナショナルチームだったわけだし・・・
この狭い庭のなかの半分が世界レベルのスポーツマンって言う、
この国のスポーツの底力を見せつけられるよね〜。

子供達は13才〜15才くらいだけど、みんな凄くしっかりしている。
これは何時も西洋に来ると感じるんだけど、大人とチャンと話すんだよね
変だけど日本のこのくらい男の子って会話が出来ない気がする。
自分より2倍以上年上の人達に混じって座り、自分から話しかけてコミュニケーションを取る。

私が作った「押し寿司」も「ちーぼー!This is very good!」って、
わざわざテーブルの端から声をかけてくれる。
子供どうし協力しながらも、英語で一生懸命話してくれる
日本の子は照れて人前で英語なんて話せないんじゃない?
(英語は母国語ではないので、日本人と同じように学校で習ってる)
帰り際にも自分から進んで握手しておまけにキスまでしてくれた♪

日本だったら家族や親戚が傍にいたりとかしたら、
大人が「おいしいでしょ?」って促さないと
料理の感想なんて言わないだろうし(大人の男性もそうかも・・)
「ちゃんと挨拶しなさい」なんて促されて、
恥ずかしそうに「じゃあ・・・」なんて言う程度だったりしない?

何が違うとこうなるのかなぁ〜。とても不思議
05.7.27 スロヴェニアで嫌いなモノの一つには「銀行」だ。
もうなんでこんなに非効率なのか判らない、
一人が数十分掛かることもあるのに、ひたすら列で待たなくては行けない。
ワンツーマンで、事が進んでいくので、窓口では異常に時間が掛かる。
おまけに恒にコンピュータートラブルがある。

私のUSD口座のお金を現地通貨口座に振り替えるだけなのに
コンピューターを扱えない行員が何度もエラーを出し、
終いには隣の人に手伝って貰って実行していた。

キャッシュディシュペンサーだって「中に人が入って処理してるのでは?」と思うくらい遅い。
おまけに現金をユーロで20万円程度出すのにも前日までの予約が必要。
(現状ユーロは使われてるし、2007年からユーロに切り替わるのに)
現地通貨でも30万円程度おろそうとすると「チョット待ってあるかどうか調べるから・・」だって(笑)

「お宅の銀行よりウチの方が現金があるって、ドロボーが来たら言ってね」
と皮肉な冗談を言ってやったゼ♪
まぁみんな人は良いんだけどねぇ・・・
05.7.24 今更ながら今回の帰郷で一番の改善は「ウォシュレット・便器」だ。
「お尻だって洗って欲しい〜」の宣伝からかなり日本では復旧したウォシュレットだが、
西洋では全く普及していない。(結構アジアでは普及している)
こちらのトイレでは役にも立たないくせに場所だけ占めている「ビデ」ってやつが、
今でもしたり顔で居直っている。(こっちの人だって足洗いに使ってる程度だ)

もう20年近くお世話になっている中嶋はには、ウォシュレット無しの生活が苦痛だった。
日本に滞在したことがある西洋人はみんな「ウオシュレット」の快適さに気付いているのに
彼らは自国までには持って帰ろうとしないらしい・・・さすが頑固なヨーロッパ人だ。

「ビデ」と同様に不可解なのが「2」単位のお金・・・
「0と5の単位で良いじゃない」と思うのだが、2ユーロ・20ユーロとか200ユーロが、
むやみに財布のがさを増やしている・・・。チップの関係なのかなぁ?と最近思うのだが、
誰か知ってる人居たら教えて欲しいもんだ。

効率を求めて文化を捨てる日本人的な発想なのかなぁ〜。
でもそういう「取り混ぜ上手」が、日本人の文化だったりして
05.7.8 雨の中を頑張って歩いてくれた打たれ強いグループが去り、ハイキングのグループがやってきた。
今のところ未だ天気は安定していないが、徐々に良くなると思う・・・キット。

お客さんと一緒に動くのは楽しいが、一緒にご飯を食べるのはあまり好きではない。
毎日カロリーが高そうなフルコースを摂取することになるからだ。
クライミングはなるべくするようにはしているが、ろくな運動はしていない。
ましてや周りの西洋人はでかいから、自分が“キャシャ”だと勘違いしてしまう。
困ったモンだ・・・・

そう、此処は21:00位まで明るいので、19:00過ぎにでも時間があれば近くの岩場に行く。
(てか、日中は暑くて登れない)でもね凄くグレードが高いの・・・
日本のグレードだと、初心者用に5.2とか3とかがいっぱいあって、
その次はいきなり10b/c〜になる。メインは10d〜11dくらいかな・・
近所のガキは13aをこの間登っていた・・・恐るべし
(ヨーロッパのコンペティッションでも入賞してる子達だけどね)
環境がこんなで基準が高いから、みんな上手くなるはずだよね
05.7.2 昨日は雨だったので、家でお義母さんがケーキを作るのを見ていた。
シュツゥデゥードルという、生地で具を巻き上げて焼くチロル地方のお菓子だ。
リンゴ、カッテージチーズ、クルミ、など色々な具を巻いて作るのだが、
お義母さんがこの日作ったのは、家のサクランボのものだ。おいしかった

うちのサクランボは本当においしい(日本のに似てる)からみんなが取りに来る。
若手が高いところの木を切って枝を落としているのを見ると、近所のおばさん達が
カゴを片手に出てきてドンドン拾って持っていく・・・(笑)

凄く大きな木で、採るのも大変だから(もう1週間もみんなで採ってる・・)、
もう誰が採ってもWELCOMEだ。サクランボの木下でおばさん達の笑い声が絶えない・・
いい風景だ。
サクランボに気を取られているうちに、ラズベリーもスグリも色づいてきたから、
これも採らなくてはいけない〜。のどかな様で忙しい家庭菜園だ。
05.7.1 久しぶりの書き込みです。そう、未だ生きてます。
一昨日死にそうになりましたが・・・・・
調子に乗ってトリグラウの北壁3番目のルートにトライしたわけだが、
天気予報に反して途中から雷の音がしてきた。まだ200mものクライミングが残っているのに
雨が降り始め・・雷の音は近づいてくる〜。震える手足を諌めながら、
「何でも良いから落ち着いて登るんだ〜」「神様仏様〜私に落ちないでね・・」と祈りました。

クライミングが終わってからも300mの登りがあり、雪田の中強まる雨と風に打たれながらの登高。
スピードを上げて歩くガイドに私の体力は限界に達し、
「友よ私は此処を墓場とするから、君は先に行ってくれ〜」と言いたくなってしまった。
雷は「ゴロゴロ」から「バリバリ」に変わり、雨も雹に変わった。
もつれる足を引きずる私を哀れに思ったのか、ガイドは手を繋いでくれ引きずって歩いてくれた。
(荷物も持って貰った・・・)情けないが、怖くて半泣きだ〜。
小屋に着いたときにはヘナヘナと座り込んでしまい、しばらく立てなかった。あぁ情けない

雷をこんなに身近で感じたことは初めてだ。
ガイドは「もっと近づくと髪の毛が逆立つんだよ」と陽気に教えてくれたが、
彼は私より背が高いんだから、一緒にいたら落ちるのは君だったって気付いてたかなぁ〜
手を繋いでたら二人もろともか?
05.5.14 スキーもあと白山を最後に私のシーズンが終わる。行きそびれたところも一杯あるが、
雪も多く良いシーズンだったと、満足している。また半年ほどお休みだけど、
12月にはチャンと滑れるしね(健康なら)

それに引き替え、クライミングってヤツは金と時間の掛けがえの無いスポーツだ〜
まぁ基本的に「デブ・ちび・肩障害者」なんで、私には不向きなスポーツだと、自覚はしてるけど・・・
でもね、スキー熱から冷めて、何日かクライミングを続けると、
「不可能」と思っていたホールドが取れるようになるから不思議だ。

こういう「技術的に不可能」と思う所にぶち当たったとき、私は何時も“マリオ”を思いだす。
そう、私の世代なら嵌ったと思う“スーパーマリオ”だ!
カメの上で何度も飛んだり、生け垣を飛び越えたりと、
「そんなに早く指を動かせるわけないじゃん」と初めは思っていても、
ひたすら同じ動きを繰り返していると、ある時クリアできるようになるのだ。

スーパーマリオに費やした時間は、かなり無駄だと思っていたが、
20年以上前に修得した「何度も同じ動きを繰り返せば、不可能も可能になる」という経験は、
今、クライミングなどで心の支えになっている。(←情けない心の支えだ・・・)
壁に向かってトライしている中年女の頭の中に“マリオ”が居ると思うと、笑っちゃうけどね
05.4.30 主人はシャモニ(フランス)から帰国し、立山に出かけた。またしばらく帰ってこない・・
彼は働き者だと思う。
中嶋は「仕事があるから」と自宅待機だが、ダラダラと過ごしていて、気が付くと寝ている。
いくらでもゴロゴロできるし、怠けられる自分が怖い。

思うに・・男って「基本的に働き者」で、働いていないと落ち着かないのではないか?
女は「働かなくてはいけない状況」の元では男以上にも働けるが、
楽な(働く理由が無ければ)方法が見つかると、直ぐにそちらに流れると思う(私だけ?)

言い換えれば女は何時も「いざ」というときに備えて、労力を蓄える動物で、
男は蓄える間もなく労力を浪費している動物だ。
だから女は男よりも脂肪も蓄えて、生存確立を高め、人類の“種”の保存に勤めているのだ!
(中嶋は種の保存に直接的に協力していないが、間接的にならしている)

そうか・・私のこの“怠け癖”も人類のためなのかも知れない・・・納得。
さぁもう疲れたから寝よう。ダーリン頑張ってネ〜
05.4.20 中嶋は犬が飼いたい!昔から飼いたがったが、犬の依存度に対する責任能力と環境空間を考えると、
可哀想だと考えて、16年間猫を飼っていた。(犬みたいに育ったが・・)
でも犬が飼いたいのだ。買いたくないけど、飼いたいのだ!

こんな移動の多い生活で到底動物は飼えそうに無いので、
親戚の女の子に「犬飼なよ〜私が預かってあげるから」と、優しく(?)促しているのだが、
なかなか罠に引っ掛からない・・・
実は「犬の映画」も罠の一環として彼女を連れ出したのだが、号泣は中嶋だけ、
しかも「やっぱり生き物は大変だねぇ〜」と逆効果を生み出してしまった!チッ

スロヴェニアのお義父さんお義母さんも飼ってくれない。
いっそ「プレゼント!」といって彼らに押しつけてしまおうかと画策しているこの頃だ。
気のいい老夫婦だから、置いていったら仕方なく飼ってくれるかなぁ〜

こんな他力本願な飼い主じゃダメだよねぇ
05.4.15 東京の桜は散ったモノノ、郊外ではまだまだ楽しめるウキウキする季節だ。
桜ってのは本当に奇麗だなぁ〜と思うが、
スロヴェニアの実家に植えた桜はどうなっているんだろう、と心配にもなる。
毎年帰るたびに「咲いた?」って聞くと、
「咲いたけど、実がならない」ってお義父さん達につれなく言われる。
・・・・そりゃあ観賞用だもん。

実家の庭はさながら果樹園で、リンゴ、サクランボ、ブドウ、プラム数種類の他に、
ラズベリー・スグリ、莓などと、とても楽しめる。
彼ら老夫婦はこれらをすべて無駄にすることなく、加工し食している。
実際は食べきれないから、ほとんど人にあげているんだけどね。気のいい夫婦だ。

“場所だけ取って実のならないソメイヨシノ”は彼らにとって役立たな邪魔モノらしい・・・
日本のリンゴ「ふじ」はあんなに大切に育ててくれていたのに〜。
食べられないとスロヴェニアでは価値がないらしい・・・ってか、たぶんポドロガル家だけかもしれないが(笑)
お義父さんお願いだから、切らないでね〜

桜に高揚する日本人であることを自覚するこの時期だが、
あの「提灯」や「テープ」は何とかならんかねぇ、商店街のおじさん達の意気込みは判るけど、
なんでわざわざ奇麗な花を、あんなプラスチックで汚すのか・・・・
理解ができないのは私だけでしょうか?
05.4.8 スポーツをしない人が見ると「何これ?」って思うほど旧型の携帯を使用している。
(和音なんてもちろん無いし、モノクロで3cmかくのウインドウしかない)
でもさすがにバッテリーが弱くなったので、最新の携帯に機種変更した。
金曜夕方に機種変更して、土曜に蓮華温泉へ天狗原から電話をかけたら壊れた。
雪は降ってないし、落としてもないのだが、手袋が濡れいたのか、水没らしい・・

月曜に大町のドコモまで出かけ相談したが、水没だと過失は使用者にあるらしく、
直してもくれないし、「機種変更は10ヶ月以上でないと高い」と言われた。
そりゃ 10ヶ月たってないよ・・・たぶん20時間位じゃないかなぁ〜
なんか良くわからないけど、新しい携帯を契約して、東京に帰って考えようと思ったら、
「プレミアクラブ」に入れば電池が無料で交換というDMが入ってた!

「じゃぁ変えなくても良かったジャン」と、池袋のドコモに行って、前もっていた機種に機種変更した。
「電池ください」と言ったら、また「10ヶ月以上継続のお客様が対象で・・・」と言われた。
そうだよ、10ヶ月たってないよ、20時間で壊れたんだもん!

納得いかないけどさぁ〜どうにもならないみたい。
結局携帯は元に戻っただけで、電池を購入する事になった。
10日足らずで、機種変2回、新規1回、電池購入と・・・
不要なお金を2万くらいとかなりな時間を使ってしまった〜(涙)

カメラとかFMとか音楽とか要らないよ・・何で防水の携帯が作れない!
雨の日やスキー場や山の上で、そんなに簡単に壊れる携帯なんて怖くて使えないよ〜
05.4.6 「犬の映画」を観た。
夫の前では涙を見せない可愛くない女の中嶋だが、動物モノにはめっぽう弱い。
10秒のコマーシャルで泣ける。「動物奇想天外」でも泣ける
椋鳩十で育った世代だからねぇ〜(関係ないか・・・)

だからそういう映画は避けていたのだが、成り行きで観てしまった。
タオルを持っていったが、涙と鼻水で顔はぐちゃぐちゃ。
嗚咽で座席が揺れ始めたときには、自分でも何かおかしくなって途中から笑っていた
隣の知らないお姉ちゃんも良く泣いてたなぁ〜
音楽や音響の狭間で鼻をすするタイミングを合わせるので、みんな苦労してた(笑)

「泣かせようと」いう策略ならサイレントにするのは勘弁して欲しいなぁ〜
息も出来なくて苦しかったよ・・・
05.3.7 中嶋はあまりTVをみないし雑誌もみない。
“芸能ニュース”はちょっと気になるので、[待合室]では積極的に女性誌をみるが、
ちまたの惨殺事件や少年犯罪にはあまり興味が無いというか、あえて避けて暮らしている。

が・・・「中津川一家殺人」気になる・・・
何で続報が無いんだろう?「ワイドショー」とかではやってるのかなぁ〜?
だってこれ今ある情報だと、磯野波平が“たま”もろとも計画的に一家を殺したって感じでしょ?
あの波平が・・信じられないし、動機が判らない。
「カツオ君の成績に頭を悩ませていた・・」とか「実はマスオさんと折り合いが悪かった」とか、
無理にみんなが理由を捜してるような・・・

1日にこれだけの事をやってのける人間のパワーが、どんな動機ならあるんだろうか?
極悪人でも出来ない気がするのに・・“波平”だよ。
私にはマインドコントロール以外考えられないけど、マインドコントロールされていたなら
周囲も何となく気付いていたはずだよね?

この事件が解明されないと、世の中本当に信じられなくなる気がする。
05.3.1 ETCを搭載し頭の中は
「深夜割引」と「早朝・夜間割り引き」「通勤割引」の計算でゴチャゴチャだ
これ時間と距離・通過地点の組み合わせで凄く難しい・・・
まるで「点と線」の推理ゲームのようだ。
ゲーム+お得なので、中嶋のツボに嵌ってしまってる・・

今日JHのおネイちゃんに疑問点を問い合わせたが、
途中、彼女の認識がかなり間違ってることを発見。
ハセナカ嬢は「早朝・夜間割引」が大都市近郊区間のみで、利用できると理解していたようだ。

まるで“クレイマー”の様だったが、色々例題をもって説明してあげたら、
最期には自分が間違ってることに気がついたようだ・・・
「大変勉強になりました」と感謝された(笑)

なんなんだJHのETCインフォメーション・・・って感じだが、(地名知らないし・・・)
インフォメーション嬢すら理解できない制度作ってるJHがなんだかなぁ〜
05.2.21 近所の幼なじみの姉ちゃん達3人ととUSJ+京都に行って来た。
子供の頃から一緒に遊んでるので、全く遠慮というモノがない。
遠慮のない子供達が、そのまま意固地なおばさんになってるから始末が悪い・・・
1時間毎に喧嘩していた気がする(笑)

「言いたいことは言う」「聞く耳を持たない」「相手の粗を捜す」
「どうでも良いことに、白黒つけたがる」「自分は正しいと思っている」「責任逃れをする」
「すぐ人を頼る」「自分の失敗は直ぐ忘れる(この場合、相手のはけして忘れない)」

「なんて奴らなんだ!」と思ったが、すべて自分もコレに当てはまってるのだ!
“人の振り見て・・”とは言うが、あんなに凄いんだろうか?怖い・・・(笑)
05.2.16 「100円でもあんな理不尽なETCに金支払うもんか!」と息巻いてた中嶋だが、
JHは「深夜割引」「前払い割引」「通勤割引」とジリジリ泣き所で迫ってきた・・・
敵の作戦にまんまと落ちちゃったよ〜

今、カード申請完了で、搭載機を注文中。前払いも申し込まないと・・・
カード申請に10日くらい、その後搭載機が買えて、セットアップに1週間、
その後やっと「前払い」申請ができる。完了にはさらに1週間以上と、結構めんどくさい。

でも高速多頻度使用者だから、背に腹は代えられない・・・
汚い手使って〜ずるいぞJH!
05.2.2 週末は現場なので、家を空けることが多いのだが(泥棒さん・家には何にもないからね〜)
最近の旦那様は、帰宅してから自転車で池袋に良く出かける。

大したモノは買ってこないが、ショッピングでストレスを発散しているのだろうと思っていたが、
動物のように“なわばり”を確認しに行ってるらしい事が最近わかった。
彼の街での“なわばり”は、とても小さい
「ビックカメラ→YAMAYA→ディスカウントショップ→秀山荘」がお決まりのコースのようだ。
リブロまで地図を買いに行くと、迷って地上に出られなくなるらしい・・・
とりあえず週明けには「なわばり確認」にイソイソ出かける

もっとローカルな「コモディ・イイダ」も彼の縄張りの一つだ。半額シールに良く反応している・・・
でもその近くの総菜屋にお買い物を頼んでも用を足せない。
大自然を縦横無尽に移動しているのに。変なの
05.1.20 あまり化粧もしないし、構わない中嶋だが、何を思ったか1万8千円(50ml)
もするナイトクリームを購入して3ヶ月(もちろん夫は知らない)。
効果のほどは判らないし、使ったり使わなかったりまちまちだが、
夜、鏡の前でクリームを塗るたびに
「コレって1万8千円・・・、私ってこんな高価なモノを使ってる女なんだ〜」と、繰り返し思ってる。
(タダのサラダ油でも私はわかんないだろけどね)

中嶋にはブランド志向がゼロに近く無いのだが、
役に立ちそうもない高価なブランドモノを身につけるのって、こういうことなんだろうな、と納得。

「私は下々の女とはとは違うのよ・・・ホホッ」
と鏡の前で優越感に浸るためのナイトクリームだから、1万8千円の価値があるんだ。
(この場合貰い物では意味をなさない・・・と中嶋は思う)
05.1.13 風邪で微熱が続いている・・・

甲斐甲斐しく食べ物を布団に運んでくれる夫に感謝しながら、病気生活を楽しんでいる♪
布団で食事ってのは、ホントお姫様気分だねぇ〜
「あれ食いたい」「コレもってこい」と自在に人を操れるのも病気の特権だ。
すでに布団の周り1mは、遊びグッツやお仕事グッツで一杯。
しかし寝たきりも3日目に突入した今日、枕元には“行動食”が置かれていた!
明日は起きるか・・・
05.1.12 「お買得」に弱い中嶋だが、先日信州3DAYSハイウエイチケットを買ってみた。
折角だから何度も乗り降りして元を取った気になったが、最終出発地を小淵沢からにしてしまい。
小淵沢から東京まで別料金で払った!(小淵沢って山梨なのね・・・)
回数券も良く期限内に使用できなかったり、プリペイドも結構無くしちゃったりと、
得なんだか損なんだかわかんないよね・・・
04.12.22 ずっと疑問に思ってるのだが・・・・
コンビニに入店すると、「いらっしゃいませ!こんばんは!」と言われるけど、
あれには答えるべきなのだろうか?

幼少から親に「挨拶」の習慣を躾られている中嶋は、人が他にいなく明らかに私向けだなぁ・・と
思われるときには、小さな声で「こ・・こんばんは」と返してるが、何か恥ずかしい。
「こんばんは」とか「こんにちは」といわれたら、答えないといけないんだよね〜?
困るんだよなこういう中途半端なマニュアル用語は・・・

ファミレスでもそうだけど・・・どうしてます?みなさん
04.12.14 週末は富士山五合目に車を回収しに行ってきた。
12月5日未明の土砂崩れで、スバルライン奥庭から五合目に掛けて通行止めになってしまい。
5合目は陸の孤島となってしまったのでした。(佐藤小屋方面も土砂崩れ)
凍土にもなるので春まで出せないか・・と、心配させられたが記録的暖冬のおかげと作業の人の頑張り、
スバルラインの人の厚意で回収することが出来た。感謝。

エラン号の被害はBOXが飛ばされただけですんだが、(もともと壊れてた)
他の人は飛んできた倒木とかで、ガラスが壊れてたりと大変だ。
土砂に埋まった車も見た(中もびっしり砂)。死亡者やけが人がいなかったのが奇跡のようだった。

近郊の人ばかりではないし、九州から回収に来たFガイドも遠くから大変だったよね、
その後の報告で「八ヶ岳山荘前にはたんぽぽが咲いていた」とか、
一体どうなっているのか・・・・
04.12.4 タイのプラナンって所にクライミングをしに行ってきた。

何時も通り欲張りな旦那様の荷物はでかい・・・「アンタ何処に何しに行くの?」と何度も聞いてやった。
荷物チェックしたら、シュノーケルとかマスク・何故かエアマット、アフターシェイブやクリームはビンごと入ってる。
「ねぇ6日間だよ」と言ったが聞かない。
何時も何処へ行くにもジプシーみたいに所帯道具を全部持っていくヤツだ・・・
私はといえば、ロープは持っていないけどクライミング用具・ガチャ類・コンピューター・本2冊は持っていたが、
それでもクライミングザックに収まってるんですけどね。

思った通りクライミングだけで精一杯だったし、マスクとか現地でも借りられる。
子供みたいに一日中トポを見ている旦那様に毎朝「何時ダイビングするの?」と聞いてやった。
結局海なんてほとんど入っていない・・・ 欲張りな旦那にレストの日も与えられず引き回された
でもビーチリゾートクライミングってまさに天国♪来年は10日間で行こう〜っと
04.11.24 妻の甲斐甲斐しい努力の結果、夫のビザは降りてしまった。(←しまったぁ?)

朝9時の大使館脇プレハブビザ申請所では、今にも落ちそうなコンピューター一台の前に
3人の熟年大使館員が、ああでも無い、こうでも無いと一人一人のビザ発給に時間を取っている
検索が上手くいかないのか、プリントアウトが出来ないのか解らないが、受け取りも申請も、タイ人窓口も
長蛇の列が出来ている。今日から始まった仕事でも無かろうに・・・と、半分イライラしながらも
「そうそう、タイに行くんだなぁ〜」と日本にいながら実感させられ、心でほくそ笑んだ。

夫は「お礼に毎日30分マッサージするから」と言ってくれたが、
謙虚な私は「15分で良いから文書にしてくれ」とサイン入りの書き付けを貰った。

話によればガイドのT氏も今日からプラナン入りとか・・・何か楽しみ♪
04.11.20 来週からタイにクライミングに行くのだが、この期におよんで旦那様はタイ入国にビザが必要と判明した!
(日本人は不要)「だから自分で確認しなさいって、言ったじゃない」と、
スロヴェニア大使館任せにした彼を責める私。
私はホテル・エアチケット・地元情報などをかなり前から準備していて、
チケットも手元に3週間前からあるのに・・・(私のおごりマイルだ)

なのになのに・・・何で何時もギリギリにならないとやらないんだぁ〜!
「前はビザは要らなかった」だって、世界はこんなに変化してるのに呑気だねアンタ。

とにかく残された日にちは火曜が祭日なので、月曜と水曜しかない(ビザは上手くいって翌日発行)
本人は立山なので私が代理申請。追加書類や不手際があったらアウトだ。
(金曜5時過ぎに判明したので電話でもタイ大使館に問い合わせできなかった)
そうじゃなくてもスロヴェニア人なんてマイナーだからなぁ・・・・ビザがおりない確立は大。

そうなると考えるのだが・・・この場合妻は一人で行っても良いモンだろうか?(新婚旅行ならNGだよね)
だってホテルもチケットも無駄にするよりねぇ・・・もともと社員旅行だし。
ビーチリーゾーとホテルにおばさん一人って変?一人で行ってもクライミングできるかなぁ・・
---もう既に一人で行く気になってたりして・・・(笑)
04.11.16 長野共通シーズン券が当たった!(当たったって言うか・・・3万で買うんだけどね)
100人に一人くらいしか買えないんだよね〜これ。ラッキー♪
でも先週は愛車ミラジーノったら、ドンキホーテで柱にぶつかっちゃたんだよね・・・
風車だと思っちゃったのかなぁ

・・・・落ち込んでた出来事を冗談に出来るのも、次に来た幸せの波が不幸を消してくれるからなのか、
   時間によって癒されているのか・・まぁどっちにしても、生きる死ぬの問題じゃない小さな事だね
   こんな事で一喜一憂出来るって恵まれてるよね
04.11.4 ヨーロッパに出るときには台風を気にしていたけど、帰ってきたら地震災害だ・・・
ヨーロッパ人から見たらこんな小さな島国で世界に流れる災害ニュースを連発してるなんて、
「日本って・・大丈夫なの?沈没するんじゃない?」って聞かれるたびに、
「災害の多い日本だから、君たちと違ってみんな勤勉なのサ♪」と、
“ラテン入って系”のヨーロッパ人に自慢してたけど、本当に大丈夫なのかぁ・・?

200km位しか離れてないところで、暖かいモノが食べれない・足を延ばして眠れない人達がいるのに、
何時も通り食べ・遊ぶ私がいる・・理不尽だけど仕方がないのか。
出来ることしか出来ないしなぁ、週末にでも行ってみようかなぁ・・・役に立たないか・・・
04.10.4 とうとうビデオデッキが壊れたので、DVDの入るデッキと平べったいテレビを買ってみた。
我が家はあまりテレビを見ないので、一番安くてシンプルなものにしてみたが、
接続と使い勝手で半日がつぶれてしまった。(それでもまだ良く出来てない)

何時も新製品の購入には勇気が要る。性能による価格の差が凄いし、
時代遅れの知識を一新しないと、定員の言っている言語すら理解不能だ。
「MDとかHDDって何ですか?」とかの質問に、
定員の「バカかこいつ・・」を飲み込んだ営業スマイルが悲しい。

でもスライドショーが出来るんだよ〜これがウレシイなぁ
04.9.30 まだ置きっぱなしだが、(少しは角に動かした)昨日玄関の前にネズミの死骸が置かれていた。
結構大きなどぶネズミだし、猫の咬み跡もない。
(以前飼っていた猫は、よくおみやげを家に持って帰ってきた)
玄関の真ん前に不自然だ・・・
火曜には家に置いてある自転車の前輪がパンクして壊滅していた・・・

偶然?それとも恨まれてるんだろうか?
04.9.25 この週末はビックサイトで旅行博に参加している。

昨日一人歩きしている「兼高かおる」を見た。
母が憧れていたので、子供の頃良くテレビを見ていたが、
当時と同じようなしゃんとした気品ある姿で歩いていた。
本人かどうか自信が持てなかったが、しばらくすると関係者らしき人達に囲まれたので、きっとそうだと思う。
何かすごく感動してしまった。

同じブースの日本人の女の子(25才)は「兼高かおる」の名前すら知らなかった・・・
やっぱかなりそんなに昔のことだったのかな〜それにしても格好イイ女性でした。
04.9.16 先日伊香保温泉の露天風呂で、いきなり(一応声は掛けてたらしい・・・)他人にお尻をぶたれた!
私の魅惑的なお尻に蚊がとまっていたらしい。
人とのふれあいが希薄なこの頃を嘆く私だが、ちょっと驚いた。
ありがたいような、迷惑なような・・・嬉しいような、痛がゆい経験でした(笑)
他人のお尻に蚊がとまってるのを見つけたら・・アナタならどうします?
04.9.8 子供の頃から、ゴールデンタイムのチャンネル権を有無を言わせぬ力で取っていき、
大人になってもセットしたビデオ録画を妨害され・・
プロ野球に感心のない私としては、迷惑なスポーツだし、12も要らない気はするけど
権利主義で、勝手にドンドン決められちゃうのはチョット理不尽だよねぇ〜

ストやるのもどうかと思うけど、何かやらないといけないのは理解できるよ。
「彼らとは契約しているんだから」って、そりゃそうだけどさぁ〜
経済論理の元では「技術」や「文化」を志す者は非力だよね・・・・・
ストに突入しちゃったら「彼ら権力者」の思うままジャン♪

メディアじゃ絶対言えないだろうから、あえて此処で言わせて貰うけど、
「私のテレビライフを妨害し続けた熱いプロ野球フアン達よ!
 選手が背水の陣で頑張ってるんだから、君たち“否買運動”の一つでもおこしなよ!!!!」
 【選手会支援・スト回避】を要求し彼らをサポートできるのは、君たちだけでしょ〜

ジャイアンツなんて「購読をやめます」って電話一本で脅せるジャン♪
効果覿面!!!!!
04.8.24 10日間のキャンプ生活からやっと東京に戻ってきました。
毎日21時に寝て6:00に起きる生活をしていたが、昨晩はレスリングの観戦で朝3時まで起きてしまった。
やっとオリンピックが見られるよぉ〜

小川山って標高1600m近いんだけど、標高が高いと疲れるからあんなに眠れたのかなぁ・・・
夜読もうと持っていった本は、3ページくらいしか読めなかった(笑)
毎日いくらでも眠れたしいくらでも食べれた。 でかくなった胃袋が怖い・・・
04.8.11 旦那様がビデオを借りてきた「イノセント」。聞いたこと無かったが、面白い映画だった。
「家内安泰」と思っているあなた・・・妻に内緒でこの辺を研究しておいた方が良いかも
うちの旦那も「こんなの見せなきゃ良かった・・・」って後悔してましたよ(笑)

日本人はほとんど女性グループでしか旅行に行かないのをいぶかしがるヨーロッパ人
その答えがこの映画にもあるとおもった。

でもさぁ・・・基本的に日本人男性が忙しすぎるのがいけないんだと思うよ。
もっと社会全体の「生活感」が変わらないことには、熟年離婚も少子化問題も解決しないと思う。
(少子化問題って、女性の働く環境問題だと思ってる国会議員ってナンセンス)

さぁみなさん!思い切った10日以上の夏休みを取ってみよう!
残業でなく時間内でしっかり働いて見よう!
この国じゃ、無理なのかなぁ・・・同じ一生なのにね。遊べる仲間がいなくて寂しいよ・・・
04.7.29 なんやかんやで日本に帰ってきました。出国の日まで中嶋は未練がましく
スロヴェニアでルートクライミングしてました。

スロヴェニアの有名な登山家をガイドにして、今年は3回もルートクライミングをしたんだけど、
クライミングの後にピザをご馳走して貰っている時の会話。

何度も高所登山をしている彼(54才)、
人生を山にピュアに捧げた人として、スロヴェニアでは多くの人に尊敬されている彼は、
(私にはただの優しいおじさんなんだけど・・・失礼)
まだチャンスがあれば行きたいと言っていた。

そういう欲望の全くない中嶋は、凍傷で指をいっぱい無くしている彼に
「なんでそんなに辛い思いをしてまで行くの?」という幼稚な質問をしてみた。
「じゃぁ、何で今日クライミングに来たんだ?」と反対に聞かれ、
「楽しいから」と答えたら、「それが答え」と彼。

「だって、私は天気が良くなければ来なかったけど、ヒマラヤは違うでしょ?」と、つっこんだら
「でもクライミングした後のピザの方がおいしいでしょ?」と言われた。
あまりに的確で、次の言葉が出なかった。

私には、今までもこれからも「ピザやビール、またはラーメン」(食い意地だけは立派)だけど、
高所登山者(もしくは超人のチャレンジャー)には「生活」そのものが「ピザ」何だろうな〜
頭では想像できうる答えかも知れないけど、私にはそれがどんなに過酷なのか計り知れない。
それを経験者本人に目の前で誠実な言葉で語られて感動した。

そういえばトモチェセンさんの本の最後にも
「とにかく年を取って振り返るときに、私にはそこに大切な思い出がある」
とか言うような感動的な文章があったなぁ
(感動したわりに正確じゃない・・・ゴメンネ〜チェセンさん)
04.7.16 またみんな山に入ってしまった・・・
昨日私は帰国する予定だったが、まだスロヴェニアにいる
飛行機はFixだったので変更が利かず、チケットはまだ買っていないので帰れるのか不安。
まぁ何とかなるのかなぁ〜。でも日本って蒸し暑いんでしょ?
04.7.10 みんなが山に入ると何だかホットする。私の出る幕ではないからだ。
そこで今日は「ホースライディング視察」に行ってきた。仕事です仕事。
久しぶりに1時間乗ったけど楽しかったぁ〜。もう景色が凄くて、画の一部になった気がしましたよ。
カメラを持っていかなかったので(そんな余裕無いと思った)今度はカメラ持っていかなきゃ。

少年がリードしてくれたんだけど、もう一人は何時も来る女性らしく
(サラブレット自分たちで持ってるらしい)
30m歩いたらいきなりギャロップ(早駆け)し始めた・・・
「嘘でしょ〜・アンタ観光客に何する気よ〜」と言いたいけど言葉が通じず・・・
まぁ、やらせてくれるだけ本当はラッキーなんだけどね。スロヴェニア人って・・無謀。
04.7.3 一日ガイド補佐をやったので、チップを頂いた。
スロヴェニアにはチップの習慣はあまりないけど、
ガイドなどは一生懸命やった分の「心付け」を大体貰っている。
(まぁ 彼らはそれでお客さんの満足度を忍測るんだろうなぁ)

私は日本人だし、貰う立場ではないので関係ないのだけど、特別なケースだからかな?
考えたら生まれて初めてのチップかも・・・・何か嬉しいような恥ずかしいような
04.7.1 トリグラウの小屋に一人で泊まってみた。
小屋のおばさん達は英語が不得手なので、私が少しでもスロヴェニア語が判るとなると、
強引にスロヴェニア語で迫ってくる・・・

この辺はドイツ人ハイカーが多いのだが、彼らはインフォメーションが不足しているので、
みんな私に聞いてきて、さながら「トリグラウ公園観光案内所」状態になってしまった。

だって小屋のおばさん達より私の方が断然道を知ってるし(状況も)、英語で話せるからね。
遙かアジアの国の女の娘(コじゃないだろ・・・)にスロヴェニアの山で、
情報得るガタイのでかいドイツ人達ってのもヘンだね〜
04.6.28 昨日から山に入った弟ドゥーシャンの車を借りて銀行周りをしているが・・・スゴイよこの車。
義父さんとドゥーシャンが乗り捨てたホテルに車を取りにい行ったんだけど、

まず運転席側のドアは開かない。(それは聞いていた)
ワイパーがチャンとしたところで戻らなくて常に立ってる。
バックギヤに入らなくて10分間思案したが、諦めてお義父さんに押して貰い駐車場からでた(笑)
後はひたすら前進で帰宅。次の日電話でバックギヤの入れ方を伝授された
(そんなシフト聞いたこと無い方法でした)。

気を取り直して、今日はガソリンがほぼ空なのでスタンドに行ったが、
キャップの開け方が解らない・・・
バスドライバー、スタンドの人みんな出てきて考えたが判らず・・・
ドゥーシャンの妻に連絡して解決。(秘密の鍵が別にあった)

考えれば高セキュリティーカーだね。誰も盗めないよ〜
今日は150万くらいキャッシュで持ち歩いてたんだけど怖くなかったね♪

エンジンをかければ車全体のバイブレーションが心地よい(笑)
何時何が外れるのか・・・・
04.6.25 スロヴェニアに来ています。今年のヨーロッパは寒い〜
でも日本からのお客様は代わる代わる来ます。
忙しいのでツヴェートと会話する間は無いのですが、
義理の母と父とは無言の会話は続いています。

結婚した当初は私もスロヴェニア語に燃えてたんだけどね〜
キット彼らもそのうちしゃべれるだろうと期待してたんだろうけど、
年々進歩どころか退化している私のスロヴェニア語に彼らもガッカリだろうなぁ・・・
そう考えると顔を合わせるのも辛い。

でも「善人」を画に描いたような老夫婦なんだよ♪
それとも会話が成り立たないから「いい人」って思えるのかなぁ〜
イヤ・本当にいい人達だよ。何か「善人」過ぎて笑えるモン。天然記念物的
04.6.17 明日からスロヴェニアだ。今年は一人でレンタカー借りてスロヴェニアを回ってみようと思ってるし、
ドロミテにも行ってみよう!年々一人遊びがお上手になっていく私。良いのかなぁ〜

でも世の中浮かれてばかりいていられないよね・・・本当に最近変だよね。
で、政治に無関心な非国民中嶋なのですが、良いこと思いついたの♪
「無所属で立候補」する!誰?って私(笑)
公約はね・・・「当選されたら辞退する」なの♪

だってさぁ〜みんな「政治に感心がない」って言われてるけど、
私も含めて「何処に入れて良いからない」んじゃないの?
自民公明が嫌だからって、三白眼のロボットもヤダよ・・・
「白票」入れても「選挙に行かなくても」勘定されないんでしょ?
だったら「政治不信党」の中嶋に一票ってのどう?
当選したら明らかにみんな不満持ってるのが判るジャン!

「感心ない」って言われても結局私たちの生活は彼らに左右されるんだよね・・・
「裁判出なくちゃ行けない」とか
「年商1千万円で消費税支払い」とか、いつの間にか決まってるのね・・・

まだ支度してないのにぃ!暇だな私も
04.6.13 ツヴェートさんがいくらを一杯持ってカムチャッカから帰ってきた。
(中嶋は真珠貰うより、いくらの方が嬉しい・・・。「いくら丼」でごまかされちゃったよ〜)
ちなみにキャビアは国外持ち出し禁止なんだって(あまりキャビアは好きじゃない)

帰って来てそうそうエナジー(室内クライミングジム)行って、
「ビールのみ放題90分1本勝負」に繰り出した。
これで中嶋は3週連続で勝負に参加している。3杯も飲めば勝ち組になれるので、
負け知らずの私たち♪定員はちょっと呆れ気味かも・・・

「飲み放題」の日は解禁なのだが、ダイエットは「ダイエット支援ソフト」のおかげで、順調に続いている。
まだ目標体重には2.5kgあるが、昨日は「千春さんスリムになったね〜」と言われて有頂天♪
でも今週から一ヶ月スロヴェニアだからな〜・サラミとチーズの世界に加えて、
みんなが“でかい”から、自分がキャシャだと錯覚しちゃうんだよね・・・ 危ない危ない
04.6.10 自慢じゃないが、私は帽子がよく似合う♪きっと顔を隠すアイテムだからだろう・・・・
いい気になって今日は何故か3個も帽子を買ってしまったぁ〜。珍しいよねそんな客
だって選べなかったんだモン

ところで、旦那様がカムチャッカに出かけてもう10日以上たつけど、何の連絡もない
電話もFAXもメールも葉書も無い。先方に着いているのかさえ知らない・・・
いくらなんでもバフィンの様な秘境じゃあるまいしねぇ

一体どういうことだろう?「便りがないのが無事の知らせ」って呑気なこといってるアナタ。
“無事じゃないのは帰ってきてからだ”って知ってる?(笑)
04.5.29 「私にとってロープとは」←論文風だけど・・・

電車に乗ってクライミングジムに行くとき「イイヨ」と言われてもロープを持っていく私。人のロープを使うことに
抵抗は全然ないんだけど、持っていくと仲間に入れてくれるような安心感がある。
 
子供の頃の私は、常に近所の遊び仲間の最年少で、何時も「みそ」になるスレスレの位置にいた。
そんな存在の危うい私の装備は「ござ」。
これを持って歩いていれば、メンバーの一員として遊んで貰える気がしていた。

当時「ござ」は‘女の子遊び’の大事なアイテムで、ある時はリビング、ある時は商店・キッチン・
寝室・工場と、欠かすことの出来ない道具であり、その一畳の空間は遊びの大舞台であった。
一番幼い私はその「ござ」を抱えて、近所の姉ぇちゃん達の後ろをついて回った(笑)
別にそれが無くても仲間には入れてくれたんだろうけど、私の「一人前」の証だった気がする
(実質一人前なら、小道具は要らないんだけどね〜)

ロープをザックにつめるとき、大きな「ござ」を引きずる健気な女の子が、私の頭をたまにかすめたりする。
04.5.18 国際ガイド資格試験から帰宅してから、旦那様は病気らしい・・・
「混濁状態」(←自分で言ってた)らしいのだが、熱も咳も喉もOK(ちょっと声が変かなぁ)
一歩もお外に出られないという彼のために、私はせっせと食料を買い込んでいる
だって凄く食う。「あんた仮病でしょ?」ってくらい二人分食べて寝て、食べて寝てを繰り返してる。

いまだ効果のないままダイエットが続いてる私の目の前で、
チーズとか1cmくらいの厚さで口に運んでる・・・酒も飲んでる・・・・
「今の一口で100kcalはいったよ〜」という私を無視して、次に何食べようか考えてるらしい。

かく言う私のダイエットの方は何故か継続できているのだが、
初日の1kg以降まったく体重が変わっていない。
もう体内組織にダイエットしてることがばれてしまった様で、彼らも対策をこうじたらしい。
(彼らは普段怠けているくせに、主人がダイエットを始めるのが判ると警戒宣言を発令し、
 栄養分を逃さず吸収するようになるのだ)

目の前で食い物を貪る外の敵と、体内で栄養をむさぼる中の敵との戦いの毎日だ〜

※中嶋は健康体重(美容ではない)でも肥満の域スレスレなので、
 「えーゼンゼン太って無いジャン」とか「少しくらい太ってた方が女性は魅力的」とか
 甘い言葉を投げかける第三の敵にならないでね〜
04.5.11 「今、ダイエットしてるから1600kcしか食べられないの、だから夕飯作るけど勝手に食べてネ」
と、旦那に言ったら「何時から?」と冷ややかに聞かれたので、「昨日から・・」と私。
「それって何回目のダイエット?、今度は何日の予定?3日続いてから宣言してね」
と言われてしまった。さすが判ってらっしゃる♪
(でも年頭に禁酒宣言してたのは誰よ?)

旦那は今、立山で国際ガイド資格の試験中。ガンバって〜
04.5.7 私は「秘湯の湯」スタンプを集めているので、念願の「みくりが池温泉」に泊まってみた。
お湯も良いし食事も凄く良かった〜感激♪
でも「便利で快適な山小屋」という意味では、室堂山荘のほうが私は好き。

これで9個集まったよ〜。あと一つで「無料宿泊」だ〜!頑張るぞ
04.4.24. 夏のスケジュールも作らないといけないので、今週はお留守番。
東京は今日も洗濯日和(所帯臭いな・・・)

私道の(庭じゃ無いとこが寂しい)シャクナゲが終わって、サツキもピークを過ぎ、
気がついたら野放しの(二階からしか良く見られない)バラが咲いていた。(野生は香りがイイヨ)
去年の剪定が良かったのか、今年は紫陽花が硬いつぼみを一杯つけている・・・

ディモルフォセカ・ベゴニア・ゼラニウム・オダマキなど地植えで、去年から放っておいた奴らも、
何時の間にやら復活している♪

大自然を満喫できる贅沢な生活をおくってる私だけど、
こんな都会の小さな私道にも、チャンと季節が回ってくることに不思議な気が毎年する頃だ。
でもさぁ、もう少しすると「モスキドパラダイス」になるから・・
感傷にに浸るのは毎年今だけなんだけどネ(笑)
04.4.14 此処一週間で、スロヴェニア人(弟)がいて、ロシア人(エベレスト登頂者)から電話があったり、
フランス人(偉い山の先生)と山に入ったりと、とても国際的な中嶋でした。

みんなネイティブじゃないんで、強気の英語でしゃべりまくり「まぁまぁイイじゃん」って思ってたけど
今日ブッシュ(アメリカ大統領・もちろん直接はなしてないよ!)が何言ってるのか、
全然わかんなかった〜

やっぱ英会話レッスンでも受けるかな・・・根気無いけどさぁ
でも裁縫が出来た方がいいなぁ、チョークバックまた貰ったけど、
すご〜く素敵!こんなの作れるってスゴイと思うよ。
私も作ってあげて、人に喜ばれたいなぁ

考えれば中学の家庭科はズット3だったな(5段階評価)。
ペーパーテストは何時も2クラスで3番以内だったんだけどネ
いかに実技が足ひっぱってたか・・・解るでしょ?・・・根気無いからかなぁ・・・
04.3.26 ツヴェートの弟ドゥーシャンが来た!ドゥーシャンが来た!本当に来ちゃったよ〜
背も高いし、日本語も話せないので、外国人みたいだ〜(って外国人だよ)
家に外国人がいるのって緊張するなぁ・・・・(ツヴェートは日本人じゃなかったと思うけど)
どう見てもツヴェートのお兄さんみたいなしっかり者風の弟だ。
(実はあんまりしっかりしてないのを知ってるんだけどね♪)
04.3.22 明日が来るってたのしいなぁ
明日は滝野川の桜が咲くかなぁ
そしたらツヴェートの弟が来る
週末は蓮華温泉で一杯やれる
夏にはスロヴェニアだ
その前にツヴェートはカムチャッカに行くらしい

明日が来るって楽しいなぁ
何が起こるかワクワクしちゃう
もしかしたらこれが幸せってやつかもしれない
明日が来るのが楽しみになのが幸せってヤツかもしれないったら

-----「ぼのぼの」風にまとめてみました♪
04.3.16 ツヴェートさんは覚えているかどうか疑問だが、今日はお父さんヨージャの誕生日だ。
幾つになったか正確には知らないんだけど、結構年取ってると思う・・・
でも今も一人で写真取るために、標高差1000m以上の山に登っているようだ。

ツヴェートは仕事で飛び回っているので、私が勝手につたないスロヴェニア語で、
バースデイカードとケーキ代100EUR送ってみた。(どんなケーキじゃ?)
良い嫁でしょ?また6月にお世話になるんで点数かせいどかなきゃね〜

でも私のスロヴェニア語は年々彼らの期待とは反対方向に動いているので、
またガッカリさせちゃうな・・・
そろそろまた英語も勉強しないといけないし。
春は向上心も芽吹くよね〜(私の場合、例年夏で直ぐバテるけど)
04.3.12 長嶋さん大変だとは思うけど、NHKが病状をトップで伝える項目なのか疑問・・・
4チャンとか民放ならどうでも良いけど、国立公共放送でしょ?
前からそう言うの感じてたんだよね〜、高校野球とかさぁ・・・
折角ニュートラルな立場でいられるんだから、迎合しないで公正なニュースであって欲しいな。

そうしたら受信料払うョ(中嶋はチャント手続きして払っていない)
あ・NNKの集金さん、ラジオから流れてる情報の事だからね・・(音波も払うの?)
04.3.11 カラスかぁ〜。何かもう対岸の火事じゃなくなってきたんだね(ってアンタ自分勝手〜)

牛・豚・鳥・卵・魚(スーパーじゃ原産地表意とかしてないところも多くて、危ないらしいね)
やっぱ「食」についてはもう少し考えないといけないなぁ(ってアンタ今まで考えてなかったの?)

ピント外れてるかも知れないけど「食文化と食品モラル」を支えるためにも、
対面販売の小売店で買うことにしよう!
前からそういう傾向ではあったけど、これからはもっと意識を持って、
特売にも、お買い物ポイントにも負けないぞ!
よ〜し、今日の昼は「すえひろ」でコロッケを買おう!(寂しい食文化だね・・・)
04.3.5 JMGA主催「山岳スキーガイド研修」に3日間出席した。
今年からSIAやSAJの会員も参加できるらしい。
錚々たるメンバーに囲まれて、女一人だった・・・・
今更恥じらえる年でも無いが、肩身狭かったです。
04.2.27 梅満開の湯河原幕岩へ行った。
梅も人も凄かった。土日はどうなるんだろう・・・?

多少意地になっている私の月イチの寄席がよい、幕岩の帰りに大きなザックで駆けつけた。
後ろの席では会社帰りのホワイトカラー男性3人が笑っていた。(30代くらい)
出張時に聞く飛行機での落語がきっかけだったようだ。
同僚の男3人で「寄席」なんて微笑ましいね〜 ゆとりを感じるよ♪

3月も行くぞ!こういう時間は無理しても作らなくちゃね
04.2.24 この間のニセコでホットワックスを我がボロボロの愛板にかけて貰った。
凄く滑る・・・私(我が家)の板ではないみたい。

先週末行ったゲレンデの連絡道(堅いが緩斜面)で200mで、
2回もスピードが抑えられず転倒してしまいました。
恥ずかしかった〜。

やっと今シーズン、板のTOPがフォールラインをむき始めたのに、
また頑なにそっぽを向いてしまいそうだぁ〜
臆病者には手入れの良い板は考え物だネ(笑)
04.2.18 友人の働く小諸のスナックを覗いてみた。女の子が5人もいるスナックだ〜
そんなとこ、現役フリーランサー以来行ったこと無いからドキドキした。(小諸だけど・・・)
カラオケも一曲歌った。何年ぶりだろう?
何か私の普段の生活って、遊びにしても健康的だよな〜と、感じてしまいました。

そうだ、3月は六本木のブラジリアンダンスパブに挑戦してみよう!
六本木も20年以上行ってないかも・・・・・駅何処だっけ?
04.2.12 今更ながらだが、ファットスキーに初めて乗ってみた。
まるでブルトーザーみたいにガンガン雪を崩して進んでくれる。
パウダーでの浮力は抜群で、待たずとも板が浮き上がってくれる。簡単だ〜
思いの外小回りも出来るし、シールも太く雪に咬み多少急登でも平気みたい。
沈まないのでラッセルも楽そうだ。深雪新雪には素直に良いと思う。

でも、本来腰までパウダーを楽しめるところが、膝までパウダーになるんだよね、
潜って浮き上がる3Dの感覚は当然薄くなっちゃう・・・
これってパウダーを本当に楽しんでるって言えるのか?
だったらわざわざ深雪パウダー求めに来なくても良いんじゃないか?
と疑問に感じたのも素直な気持ちです。
04.2.6 普通の人よりも高速道路を利用する機会が多いのだが、
料金所のおじさんって、マスクかぶって無口に手だけ出して、
パチンコ屋の両替所のようだと感じていたが、今日の練馬の料金所の人には驚かされた。

「ハイ、下仁田からですね〜」と声を大きく出して告げ、
カードを返すときにハッキリ私の目を見ながら
「お疲れさまでした!帽子が良く似合ってますね〜」と言った!

しらふの知らない日本のおじ様に、そんな風に言われた事ないのでビックリした。
「此処は日本?」と思ってしまった。
西洋では良くあるやりとりだけど、日本のおじさまも変わったのね〜(道路公団の指導?)
こういう他人間での潤滑油的会話が、
人を気持ちよくさせ、生活を豊かにするんだと再確認させられました。
04.2.1 最近のテレビはうるさい。AMもうるさい。
せめてFMくらい静かに音楽を流して欲しい・・・・
FMでバカ騒ぎしないで欲しいなぁ、FMのDJは一人だけでイイヨ、一人で充分、
ゲスト以外の二人目はは雑音。
っていうか、もっと局に個性を持たせて欲しいなぁ、最近何処も同じでうるさい

「そんなにうるさくおしゃべりしたいなら、AMに行け〜」と、
一人でFMラジオに怒ってる週末事務所の私でした。
(しかも天気が良い)
04.1.28 落語を観に夫婦ででかけた。 【立川談春】が良かった
演目は解らないが有名な「夫の大事な焼き物を割って、料簡を試す噺」をやってくれた中で、
髪結いの女房が夫のことを怒って(本当はのろけてる)

−−あの人は本当に、ホントウに、物事を何にも考えてないんですよ〜、
   でもそんな人が年を取ると、若い娘からは「思慮深くて渋いおじさま」なんて勘違いされて、
   もてるから困るんですよ〜

というくだりのところで爆笑。隣の我が夫にはもっとウケていた。
帰りの電車内でも「ぼ〜っとしてるとイイヨね。覚えておこう」と繰り返し言っていた。
前向きで良いね・・・・・キミ
04.1.23 ツヴェート氏が「上手い人、一杯見てきなョ」と、快く言ってくれたので
とある【テレマークパウダーキャンプ】に参加しようと、問い合わせをした。
名前の他に【歴5年の中年(女性)テレマーカー】と書いたからか、
2・3回メール出しても返信を貰えなかった・・・・

後から問い合わせたA氏の所には、即答で「是非来てください」と返事があったらしい。
エアチケットも取ったが、行く気が失せてしまった。
A氏が仲介してくれたらしく、返答が今日来たんだけどさぁ〜

諸事情はあるにせよ「中年女」は返事すら貰えないんだ・・・
こういうことをこれから何度も味わいながら年を取っていくのかなぁ
と、普段あまり感じることのない世間相場的な自分の「老い」を実感してしまいました
寂しいなぁ〜
04.1.19 今日は私の「敵」について話しましょう。
社会通念から外れている中嶋の考えかも知れませんが、独り言だから許してね♪

私の最近の「敵」は、駅前の「緑帽子おじさん」です。
自転車で近づく私を「ジロっ」と目で追い、獲物を捕る鷹のようにジワジワ近づいてきます。
背中からは「正義感」のオーラがみなぎっている〜。すっかり私は「悪者」です。
駅前のATMでお金をおろしている隙に、自転車を撤去されてた事もありました。(JR)

駅隣接の有料のコイン駐輪所にとめて夜遅く取りに行ったら、車輪がはずれず・・・
駅員に相談したら「それは区がやってる事だから関係ない」とつれなくされた事もあります(JR)

先日は少し駅から遠くて邪魔にならなさそうな所においたら、しっかり
「此処は駐輪禁止です」とシールが貼られていて、
肉筆のマジック赤字・殴り書きで「次回は撤去します!」と書かれてた
で、何処に留めれば良いのかと思い捜してみましたが、
その案内はなく「此処はダメ」「そこはダメ」の看板しか見あたらない。
今日は思い切って駅員に「何処なら留められるのですか?」と聞いてみたら
「何処も留められない」が答えでした。ハイ。(この駅は都営)

私は年金も、区民税も、都民税も、所得税、法人税も払っている真っ当な一市民のつもり。
だのに何で駅まで自転車で行けない?ビッグカメラだって、パチンコ屋だって駐輪場を用意してるだろう?
なのに彼らは私に「モラルと常識を問う!」と駅使用者を非常識者呼ばわりし、
「ちょっとアンタ!そこ留められちゃ迷惑なんですよ!」と私に罪悪感を押しつける

モラルを問いたいのは私の方だ!駅を作っておいて、何で利用者用駐輪場を作らない?
「此処に留めてくださいネ」という優しいおじさんを何故雇わない?
せめて「敷地が用意できずに申し訳ない」と言う態度をとって貰いたい。

ETCを利用させるために、専用機械を買わせようとする道路公団のやり方と同じくらい、
私には納得が出来ない「駅前の緑帽子おじさん」なのでした。

やっぱ変な考えかなぁ〜?
04.1.15 昨日久々に外岩へ行った。湯河原幕岩♪梅も咲き始めていてとても暖かかった。
冬でもクライミングできるんだ〜と妙に納得。

もっと今回納得したのは、「クライミングシューズの違い」です。
こらえ性のない中嶋は、痛いのに我慢できず、3周りくらい大きいシューズで通していたのだが、
「そのシューズ替えなよ〜」と人々に散々言われ、
光栄にも木村伸介さんのお見立てで「刀」なるものを購入した。

でもジムではさして違いが解らず、痛いだけなので1ヶ月以上放っておいたのでした。
(たまには履いたけどネ、すぐ脱いだ)
もっと小さいシューズを勧めていた伸介さんを、「奇麗な顔して・・鬼?」などと、
一瞬でも思ってしまったわけだが、今回やっと解りましたよ〜
伸介さんゴメンナサイ!あなたは鬼では無かったですぅ〜

やっぱ違うわ〜、登れそうもないような小さな所も立ちこめるもの〜
足入れるのもつるので、まだそう活用は出来ませんが、
初めてシューズの威力を感じた幕岩でした
04.1.9 昨晩、2週間ぶりにクライミングジムに行った。10aでテンションかけちゃったよ〜
スキーは7ヶ月滑って無くても40度の斜面を降りれるのにネェ
クライミングって、不毛なスポーツなんだろうか?
連休は一人東京なので、自主トレでもしてようかな・・・でも無駄銭かもなぁ
04.1.5 年末から有給休暇が続いている毎日。今は秋田田沢湖スキー場
温泉ホテルで浴衣&ビールです♪
今回はツヴェート氏も、JAGUのアルパインガイド長岡氏も完璧なプライベート。
年末年始の疲れを癒してます。
同行予定の保科氏は風邪でダウン・・・。「キャンセルしないで、そのままで良いです」
と言っていたので、取り消し後に戻るだろうお金で、保科氏を偲んで飲んでます、ハイちゃっかり♪
ごちそうさまです!早く良くなってくださいね〜
03.12.30 白馬入りして2日目、やはりそんなに雪はない・・・・
でも今日は白馬乗鞍で湿雪気味ながら深雪を楽しみましたよん♪
此処常住の二木さんとも一緒に滑りました。
荻原兄弟も滑ってました。やたらテレマーカーが多い日で楽しかった!
昨日は岩岳、1日はコルチナかな。明日は何処にしよう・・・シャルマンも行っちゃおうかな〜
すっかりリゾート気分に入ってます。仕事もしなきゃね・・・
03.12.25 メリークリスマスです。
皆様いかがなクリスマスをお過ごしでしょうか?
例年の罪滅ぼしか、今年は素敵なディナーをMYダーリンにご馳走してもらいました。
ご機嫌です(フフッ・・・)

世の旦那方よ!妻はそんな一日の記念日手配でご機嫌になれるのです。
そしてあなたにも安泰な数ヶ月(数日?)がもたらされます。
無駄金だと思わず、妻に投資しましょう〜!
03.12.19 最近ツヴェートは、夜10時になるとテレビの前にスタンバって、「冬のソナタ」を見ている。
「100%おかしいじゃない!」「気付かないわけないでしょ?変だよ〜」とテレビに文句を言いながら、
12時まで見てる・・・。メロドラにありがちなすれ違い、行き違いの連続で話が進展しない・・・

「今日も解決しなかった〜明日までに何とかしてもらわないと、週末見られないジャン」
と興奮気味でベットに行った。(毎晩、納得がいかなくて寝つけないらしい)
変な人・・・・・
03.12.16 初滑りは例年通り、白樺湖ロイヤルヒルとなりました。
車山も良いらしいが、ロイヤルもそんなに悪くなかったです。滑れないところが多いゲレンデで、
コースは限られているもののコンディションはシーズン並でした。(コースも幅が広いから安心)
歩いてたり、滑ってたりするとあちらこちらから声が掛かる「ちはるさ〜ん、元気だった?」ってな具合。
ホテルの人もスクールも宿関係もリフトマンもゲレンデ整備の人も、
7年住んでいたので顔なじみが多い。
みんな明るい顔でシーズン到来と久々に見る顔を喜んでいる・・・・
なんかワクワクしちゃう、私の一番好きな季節と場所です。
今年もたぶん此処で少し、修学旅行生にスキーを教えたり、自分で練習したりするので、
見かけたら声をかけてくださいね
03.12.12 昨日は夏期アルパインスクールの修了式を恵比寿の「金比羅」レストランでやりました。
みなさん修了書(カルテ)を貰いましたヨ
今日はタイヤをスタットレスに履き替え日曜のスキーに備えました。
そろそろスキーモードに切り替えないと・・・何か腰の重い今シーズンです。
03,12,8 ハリウット映画「ラストサムライ」を見に行った。アメリカ人が作ったとは思えないほど
日本人を考察してくれていた。美化しすぎの念もあるけど、こうでありたい日本人の歴史の一部だなぁ・・・、細かい突っ込みはイロイロあるけど全体として良い映画で楽しめました。お勧めです。

でもさぁ、あのキスシーンがなきゃもっと良いんだよね〜
ハリウット映画って、ロマン無しでは成り立たないのかなぁ・・・、
喪も開けないのに・・・・そんな武士の妻ってあまりになさけないじゃん。大和撫子も考察してよね♪
03.12.6 雪もないし・・・突然一人で沖縄に行って来ました。一般的には【家出】って言うのかなぁ〜

天気があまり良くなかったので、ダイビングはビーチダイブ1本と慶良間の一番近い島で、
2本だけやりました。そんなところしか行けなかったので、ちょっと期待はずれだった。
私は小笠原でオープンを取ったので・・・、ある意味不幸です(美しさの基準が高すぎ)
水族館のジンベイザメとマンタの入ってる水槽はスゴイ見応えがありましたよ。
初めての沖縄だったのですが、人はのんびりしてるし優しいし、良いとこだなぁ〜
また行きたいです。(今度は家出じゃなくてね)
 
あ・・・そうそう、「米軍基地建設反対」に共感の人は一報下さい
絵はがき8枚入り(奇麗だよ)500円で買って貰いたいです(私じゃないけどね)
東部の新しい予定地は、世界でも絶滅が危惧されている「ジュゴン」が訪れるところです。
それ以外にも素晴らしい海の財産が隠れているらしいです。
政治的なことは正直あまり解らないのですが・・・、
自然を一度壊すと元へは戻れないことはよく理解しています。はがきの収益金は「ジュゴン監視団」
が米国で訴訟を行う弁護士費用にあてられます。よろしくご協力を♪
03.11.25 立山がキャンセルだったので、プラベートで古賀志山にクライミングに出かけました。
マラ岩の端っこでポータレッジを設営してもらい、念願の空中ホテルに泊まりましたよ!
こんなところで数週間って・・・腰が疲れそう〜
興味のある方はこちら見てね
03.11.19 フレッツ・スクエアのRPゲームに嵌ってしまった!
かつてドラクエに嵌ってから、この種のゲームは身を滅ぼすと警戒していたのに・・・・
ドラクエは往年のファミコンでは出来なくなったために、私の日常から撲滅できたドラックでした。
NTTさん、PCの前で生活しているような人に、困るよこういうの配信しちゃ〜、しかも無料だし。
(受信してるのはもちろん私の意志だけどね・・・)
毎日・寝不足
03.11.14 寒気と雨天の予報だったので、期待して立山のライブカメラを除いてみたが、
まだ今ひとつですね〜
先週とうって代わり「雨よふれ〜」と勝手な願いの最近です。
入門生全員で立山に入って貰うのはいかがなものかな・・・・
03.11.4 夏期アルパインスクールが終了した。入門生の実技は雨で始まり雨で終わった。
5回の講習の内4回が雨。残りの一回も雨交じりの曇りでした。
晴天の筈の11月3日まで雨にしてしまうなんて・・・。
此処まで来ると「お気の毒」を通り越して腹が立つ。(生徒にじゃぁないですョ)
一般性、入門生サポートのみなさんご苦労様でした。
まだ終了式があるけど、これからも山で岩でお会いしましょうね♪
03.10.27 一人で両神山を日帰りしてみた。(今回八丁コースは一人だからパス)
久々に電車・バスを乗り継いでの登山(ハイキング?)でした。
帰りの渋滞も関係ないし、レットアロー号は快適!
秩父駅前の怪しい定食屋(注)でも酒が飲めるし、紅葉も奇麗で満足な一日でした。

バスを待つ間に缶ビールを買えば、民宿の夫婦がお自家製つけものを出してくれたり、
バスの運転手が行きも帰りも一緒なので、なんか親戚のおじさんが山へ迎えに来てくれたようで、
うれしかった。(運転中ずっと世間話してた)。
乗換駅の農協でこの運転手と買い物をしていて、次のバスに乗り遅れたんだけどね。
のんびりと地元にとけ込むのも良いモンだ♪

でも行きも帰りも「両神山」まで行ったバスの乗客は私一人(途中もほとんどいない)。
これでイイのか「両神村営バス」・・・・?

※今回は400円のキノコ汁が半強制的に出されて、400円のウーロンハイに300円のお通し
  (ヤマメの卵)がついてきた。「ここは暴力定食屋?」と、
  ご主人のでかい態度にドキマキだが、ヤマメもキノコも地物らしいし、
  トータルではそんなに高くないんだよね。
  ご主人がそばで「旨いだろ?なぁ?」って言うから「上手い」としか言いようがないんだけど、
  けして旨いとは言えない気がする・・・珍味なんだけどネ。手作り豆腐(この店でつくってない)
  と奥さんのつくった大学芋は上手かった。
  なにより、こんな2階の怪しいスナックみたいなところに、一人で入れる自分に感心したョ
03.10.22 怪我のため一年休暇を取っていたイタル君とパンプ2に行った。
相変わらずの「掘り下げトーク」で盛り上がり、息もつけないほどおしゃべりした。
お互いキット「良く喋るなこいつ・・・」と思いながら、脱力感で帰宅についたのでした。
今年は去年の分も一杯滑ろうね〜
[イタルの小部屋]の「テレマーク指南」もみんな楽しみにしてるからね♪(だよね?)
03.10.18 3回目使用の新しい靴で「黒部下廊下」に行ったので、
両足の指の裏の皮をむいてしまった。こすれると痛い!
あの先週の雨の中を思い出すと、ここの所の秋晴れはなんじゃ?
ツヴェートは私が参加できないお仕事で、1週間この秋晴れの中お外(ふんっ)
一人でのんびり紅葉ハイキングにでも行こうかと思ったが、痛くて歩けない・・・
家で仕事してます。早く冬スケジュール決めなくっちゃね〜、働け!

でもクライミングはシューズの中で指が動かないので平気みたい。
(家でも履きたいくらいカンファタブル♪)
やっぱ出かけちゃお〜♪
03.10.9 谷川岳に昨日行った。上州は今紅葉が真っ盛り。一の倉あたりも奇麗だった〜
そう言えば、5日の日には平ヶ岳に冠雪が見られたけど、ニュースにはならなかったね。
奥にある山だから、誰も気がつかなかったのかな〜?
そんなモンなの?これからの山は一番危ないね。
03.9.29 中年女二人で上州前武尊に行った。武尊までは時間切れで行けなかったが、
不動岳周りで、地図上の最後の(危)まで行って周遊して帰ってきた。
「チハルぅ〜、物好きだね〜」と、岩場で涙目の同行者に半ば呆れられた・・・
上部は紅葉が始まっていて、剣ヶ峰の白い肌に針葉樹の緑と赤・黄が加わり奇麗だった。
しかし女二人、息を切らせながらもず〜っつと話し続けてたなぁ・・・

なんで武尊かって?北欧出身の妖精だと思っていたミニラが、ガーナに帰省するらしいということで、
一目見に行こうと思った訳だけど、
彼らの武尊牧場からのコースには従わず、行ったことのないコースを選択したのでした。

帰りに小佳温で間一髪・合流し、何とか初心は貫かれたのでした。
リハビリ中のItaru君にも会えてうれしかったョ♪
03.9.25 元会社のメンバーと同窓会。
15年以上前にやめた会社だが、年に一度くらいの交流がある
「千春さんって相変わらずいい加減」とか「誤字脱字が異常に多い」とか、
「記憶が何でそんなに欠落してるの?」と後輩には言いたいことを言われ責められたが
(まぁ責められるだけのことしちゃったんですけどね)
こんなメンバーの居る会社に勤めていたことは、本当にラッキーだったなと、
痛感しちゃう楽しい夜になりました。
03.9.22 剣北方稜線に行くツヴェート氏に付いて、剣まで行こうと思ったが、
台風の影響で、小雨と濃霧。

高いアルペンルートを支払って、此処まで来た中嶋には諦められず。
「だってみんな行ってるじゃん」と駄々をこねてみたら、
「そしてみんな後悔するんです・・・」とJAGUの保科氏。
「ハイカーパワーはすごいんだョ」とツヴェート氏。
私達が知っている実力と経験のあるガイドさん達は、みんなこの日の剣を諦めました。
(結果的にはみんなこの日は諦めたみたい)

中嶋も納得して、雄山を回って帰りましたが、あの「拝観料500円」って何?
これは納得行かないな〜
03.9.17 ツヴェート氏がフランスのENSA講習に出かけ、帰国。
中嶋は初めて日本のクラッシクルート念願の「北岳バットレス」に連れて行って貰い
(何故かツヴェート氏ではない)喜んでいたんだけど、PCが壊れた。
購入1年を越しているが、メーカーは不具合をあっさり認め、
新しいPCを置いていった・・・・。設定で頭が痛い!
そんなこんなのあわただだしい9月。冬のスケジュールも考えなきゃナ〜
03.8.23 1ヶ月以上日本に滞在していたロジュレが帰国した。
我が家は子供が居ないので、とまどったし面倒だったが、(言葉通じないからね)
居なくなると寂しいな〜、もちろん来年スロヴェニアで会うだろうけど、
あの14才の幼い彼には、(本当に幼かったよ・・・・)
2度と会うことはないんだろうな・・・と思っちゃったョ。
まぁ来年は会話は少し出来ると思うから楽しみだけどネ♪
03.8.20 小川山から帰ってきました。
毎日雨が降ったり止んだりのイライラする天気だったが、
何とか16日からは登れました。今日は岳人最新号に載ってた「レモン」のルートへ
行ってみましたが、岩ゴケが多いし石も落ちるし、イマイチだったかな・・・
父を見限ったロジュレは私と東京に帰り、
ツヴェートは今頃まだ初狩あたりで寝てるのかな・・・
03.8.14 今日から小川山キャンプなのに、まだ東京にいる・・・
だって雨なんだもん。デスクワークもあるしネ
渋滞はまりそうだから、明日(夜中)に出ようかな〜
しかし天気が悪くてひどい夏だね〜今年は。涼しくて良いけどサッ。

「岳人」の次号(10月号)には「バフィン島遠征」がたぶん5Pで掲載されます。
必要文字数の3倍以上をツヴェートさんは書いてしまったので、(英語)
中嶋はまとめるのが一苦労で、まだ頭が痛いです。
写真が良いんで見てくださいネ。

みんなが夏休みで浮かれてるうちに、PC上では、
「LovSan」「Blaster」とか呼ばれてるウイルスが猛威を振るってるらしい。
人ごとじゃないんで、気をつけないとね(一応対策はとったつもりだけど・・・)
関係サイト:マイクロソフト・テクネット
03.8.6 穂高の週末3日間は、晴天ですご〜くラッキーでした♪。
上高地に着いたのが10時、渋滞等を考えた末、涸沢周りで、
北穂−奥穂−前穂−岳沢ルートに決定。
テントは少年に全部押しつけたモノの、食料やクッキングギヤ、非常用品は、
私持ちだったから、以外に重い。
少年は後ろからプレッシャーをかけてくる・・・、年寄りをイタワレヨ〜!
前のパーティーに追いついてホットすると、「どうぞお先に〜」と
道を譲られてしまい、非常に辛かった・・・

しかし奥穂から前穂の渋滞は凄かった!(月曜なのに)
あまりに動かないんで、ツヴェート氏に電話して「何がこの先にあるの?」
と聞いたら、「知らないの?信号だよ」と言われました。
韓国人の大団体やら、新聞社の旅行登山、岩場でみんなフリーズしてました。

これには私も驚いたけど、登山国スロヴェニアからの少年にはカルチャーショック。
「なんでおじさんおばさん達は、出来ないのに、みんな来るんだ??」らしいです。
そう思うよ、私も・・・。天気が良いし、時間もあるから良いけどさぁ〜。
実際、人は崖から落ちるし、私の後ろの人は何も言わずに、
スゴイ石を落としてくれるし・・・

早く歩きたい少年をなだめて前にやり、(荷物重いからね・・・)
「一番怖いのは人だから、絶対に間隔を縮めるな」と言い聞かせました。
私の後ろのおじさんは、近づいてきて、何度も後ろで滑るので怖かったです・・
03.8.1 ツヴェート氏が、協会の仕事で出かけるので、
私と彼の息子の二人で穂高テント泊縦走となった・・・・・。

言葉の通じない二人が3日も一緒だなんて、気が重いなぁ。(辞書持参)
おばさんと二人でテント泊なんて、
14才の男の子にとって、イヤじゃないのかなぁ?
まぁ言葉は通じないけど、理的な賢い子だしネ(でも子供っぽい)
穂高で見かけたら声かけてくださいね〜。

中年おばさんと、白人少年のテント泊縦走って、
かなり目立つと思うよ・・・「どういう関係?」って思うよね、みんな。
私自身「どういう関係?私たち」って思ってるョ
03.7.28 近所の子を呼んで、ロジュレと4人でモノポリをしてみた。
とりあえず買いまくる私を見て15才の男の子に、
「チーちゃんって、衝動買いしちゃうタイプ?」と冷静に聞かれた・・・
※私地元じゃ未だに「チーちゃん」なの(笑)。
「このゲームって性格が出るなぁ」と、みんなが思い始めたところで、
少年をだまして、土地を搾取したツヴェートさんが一位で終了。
03.7.18 ただいま〜!日本に帰ってきました。
暑いと思っていた日本ですが、涼しくて過ごしやすいじゃないですか♪
あ、そのうちアップしますが、一人でシャモニー行って来ました。
シャモニーはさすがリゾート地、いたれりつくせりのサービスがととのってますね。

グレイシアもスゴイ!感動しました。
でも自然をあんな風に開発しちゃって良いのかな〜って疑問もあります。
特にスロヴェニアの後なんでそれを感じました。(山の基本的とらえ方が違う)
山小屋も予約制で料理はフルコース。
3000m以上の壮大な山々にケーブルやロープーウェイを張り巡らせた姿は、
小人に捕らわれたガリバーを思い起こされました。
まぁ旅行者としては、楽で良いんですけどネ

本格的シーズンは14日からだったので、スタッフが慣れてないのか、
予約などにはトラブリました。
最終日のシャトルバスには冷や汗もの、(シャトルバスが一番安全なので選んだのに)
7:50分にホテル前って言うから7:45に待ってたら来ない・・・
8:00に心配なので電話をホテルの人にかけて貰ったら、
「7:30にホテルに行ったのに居なかった」だって
(時間は何度も念を押して、相手の名前まで取ってるのに・・・・、いい加減な奴らだ)
それから何度か電話をかけたが、何時も答えは、「今すぐ行く」
結局来たのは9時を過ぎていて、それからまた他のホテルに客を拾いに・・・

「大丈夫間に合うから」って、アンタ国際線だよ〜
そんなこと言う前に、言われなくても私の荷物を一番上に積んでよネ〜

空港に着いたのは出発の30分前、初めてチェックイン無しで、
「すみませ〜ん、お願い〜」と悲痛な叫びでボーダーを突破し、
ゲートの端から端まで、500mくらい荷物を担いで走りましたよ。(半分泣いてた)
何とか間に合いましたけどネ・・・・
(あとで、ちょっと自分の底力に惚れましたけど)

こんなこともあるから、個人旅行の方お互い気をつけましょうね

でも自由旅行楽しかったな。
ベルギー人のカップル、イギリス人の家族、フランス系アメリカ人一人旅、
オーストラリア人のカップル、英語の苦手なドイツ人おじさん、
台湾系アメリカ人物理学教授などなど、
(私、英語しかしゃべれないんで・・・偏ってますが)
いろんな国の人と行きずりだけど食事したり、話したり、
一緒に山を歩いたりしました。
(TMB歩いてると自然に仲間意識が・・・)

山から降りてきたら街で偶然、昇巳さんにも会いました。
フランスで見る昇巳さんは、とても日本人とは思えない風貌でした
(どういう意味?)
03.7.5 しばらくホームページを更新しませんでした。
スミマセン。明日はいよいよトリグラウ北壁クライミングです。
ツヴェートの息子と二人でスッタカート?で挑戦します。
そうそう、息子はこの夏休み日本に来ることになりました。
みなさんどうかよろしくです。
14才シャイなクライマーです。
03.6.21 お誕生日おめでとう!
って、自分のなんだけどね♪
旦那は今夜遅いようだし、誕生日の手配しとくって言ってたけど、
ケーキがあるだけで、義理の両親もいないし、
スロヴェニア登山のお客さんほっておけないし・・・・
何か寂しい誕生日をスロヴェニアで過ごしてま〜す。
あ、そう。昨日からスロヴェニアに来てるんですよ♪
03.6.16 天気予報が雨から曇りに変わったので、
「5月21日・今シーズン最後のスキー乗鞍」
の無念を晴らすべく、再び乗鞍へ出かけた。
天気は晴れでは無いものの、雨は上がっていて良い感じ。
今回はバスに乗り遅れることもない時間に三本滝まで到着。
雪もまだありそうだし!と気合いの入ったところで・・・・
「熊の親子が出没しているので、今日はバスが運休です。入山も禁止です」
と人の良さそうなバス会社の人に言われました。
「・・・・・・・・・・」
オーイ乗鞍!何んで私を嫌うんじゃ?
03.6.5 北極のイヌイットー伝説の物語「氷海の伝説」の試写会に行った。
ストーリーは単純だが、スタッフの90%がイヌイットで行われただけあって、
生活習慣や考え方などが出来る限り忠実になぞられているらしい。
撮影はバフィン島の西にあるイグルーリック、
ツヴェートさん達が行ったところと、さほど条件が違わないのでは?
と思って見ていました。紫の花を摘んで食べるシーンがありましたが、
あれがレポートにあった「紫の花」かな〜?

「氷海の伝説」は6月28日から岩波ホールにてロードショー公開です。
3時間近くもの長編ですが、興味がある人は見てみてください。
03−3262−5252 www.iwanami-hall.com/
03.6.2 浅間山のファームステイから戻ってきた。
乗馬のエンデュランスレースの20qトレーニングライドに参加した中嶋だが、
台風の暴風の中、ビショビショになりながら完走しました。
馬が良かったんで何某かの「賞」をもらえたわけだが、
この手のレースは、馬に携わる事の密な人たちのレースと痛感。
それだけに人馬一体となる興味深いレースです。

お気軽な気持ちで参加した中嶋は、プレッシャーを思い切り掛けられ、
正直辛かった。当日まで「早く終われ〜」としか思ってなかったョ。
終わってみれば楽しかったんですけどネ。
サポートして下さったファーム関係者の皆様、本当にありがとうございました。
03.5.29 夫が北極圏の壁でハンモック生活をこれからやろうとしているが、
妻は浅間山の麓でトレーラー生活を氏ながらファーミング生活に勤しんでいます。
でも今年はスロヴェニアの北壁に挑戦で、今はクライミング強化月間なので、
ここ佐久にいても若い男の子をだまして、佐久のアートオールに連れ込んでいます。
アートオールは施設の整った素敵な所で、なにより空いてます。
しかし渋い・・・・。
03.5.25 天王岩へ連れて行って貰った。
優しいルートを(私には簡単ではないが)いっぱい登らしてもっらて楽しかった!
帰りに史郎さんのライブに行けなくてゴメンネ。
中央線の事故が悪いのサッ!「プラネタリウム」応援してます♪
http://www.yo.rim.or.jp/~planet/
03.5.22 21日は乗鞍岳に行った(行っただけで終わったが・・・)
関東が集中的な雨で、乗鞍には積雪があった(らしい・・・)
あんまり考えたくないが、新雪ってヤツだったらしい・・・。
今日からはアマリージャファームでお世話になっている。お気軽にエントリーした
エンデューロレースなのだが、今になってみんな結構真剣で、プレッシャー掛けられてます。
でも今日は佐久のクライミングジム行っちゃおうっと♪
03.5.15 昨晩は協会登山学校の生徒さんとC&C.JAPANの常連さんで木本哲氏&ツヴェートさんの
「バフィン島壮行会」をやってもらった。即席だったので、30人くらいだったが、
とても楽しかった!いよいよ日曜日に彼らは出陣。
中嶋は一人日本に残されて・・・・寂しいと思いきや、何して遊ぼうかちょっとワクワク。
「亭主元気で留守が良い」という気持ちが、解るようになってきた結婚10年目♪
あ、でも未亡人にされるのはイヤだからとりあえず戻ってきてね〜!ダーリン(^^)/~~~
03.5.12 長野美穂とスロヴェニア大使館に出向いた。(何故か私が彼女の通訳・・・・)
やっぱもっと英語勉強せにゃイカン!と痛感。
03.5.8 今朝カーテンを開けたら、サッシが壊されて、鍵が開けられていた!
でも中に入った形跡はなく、何も取られてもいない・・・・
30年この家に住んでいて初めての家宅侵入事件だ!
私は最近一人ここで寝てるのだが、何にもなくて良かった〜
03.5.2 GW前半はアマリージャファームで乗馬を楽しませてもらった。
浅間の麓の林道は、コースがいっぱいあって、
とても爽快だ!私は頼られても困るので引き気味に宣伝。
「乗馬好きには穴場です。どうぞ行ってみてね」
03.4.24 火打岳のツアー帰りに、ツヴェートさんがオカマを掘ってしまった!
被害者が、「むち打ち」の軽い症状を訴えたので、
人身事故の処理をされるかも知れないが、まぁ軽い方らしい。スミマセンです。
気を取り直すべく22日は双子山へクライミングに出かけた。
石灰岩の良い感じの岩場だが、もう半年休みの中嶋には手強い。
5.8のリード1本で終わってしまった。
今晩は久々にパンプに行こう!
03.4.17 ラップトップ形のPCが壊れた〜
「何とかなるかな〜」って安易に考えてたら、
ハードディスク交換の事態にまで追い込まれました・・・
バックアップはこまめにね!・・・ハイ。
03.4.9 毛糸の帽子をツヴェートさんのために編み始めたが、
結果、自分のものになってしまった(未だ彼は知らないが・・・)
また毛糸玉買ってこないといけないのかな〜。本人あんまり欲しがってなかったみたいだし・・・良いっか〜
03.4.2 とうとうツヴェートの風邪が移った・・・
今シーズン彼は4回風邪を引きいたそばにいながら、がんばって持ちこたえていたのに・・・
ツヴェートは7種類もの薬を調達してきて、熱心に毎回吟味している。
話は違うが、板橋駅前から明治通までの桜並木は本当にきれいだ!(トンネル)
かくれた穴場なので一度見に来てみては?
03.3.27. 日付は変わってしまったが、27日はツヴェート師の45回目の誕生日でした。
池袋で飲み会をしたところ、結構人が集まってくれました。
本人もうれしかったみたい・・・
良い年になるとイイネ。ハッピ〜・バースディ!!
03.3.19 日付は変わってしまったが、さかいやのバーゲンに行った。
バーゲンに行く「アルパインガイド」もどうかと思うが・・・背に腹は代えられない。
それは「ツヴェート通信」で報告済みなので、
そのあと今日は水曜なので「戦場のピアニスト」を一人で見に行った。

おすぎ(だっけ?)の賛辞に引かれて行った世俗的な私だが、「暗いっ!」「悲しい」「やるせない」
映画でした。人間ってああなっても生き抜こうと思うのかな〜?
西洋人って精神的に強いな〜って、ポイントを外したところで感動しました。
わたしゃ楽な道を選択するな・・・・キット
03.3.18 本当に戦争始まっちゃうのかな〜。
山からおりてきたら、世界が変わってたらどうしよう・・・・って
最近心配になっちゃうよ。東京はヤバイよね・・・・
でも家にはα米が200人分くらいあるよ!(秘密にしておくべきかな?)
03.3.11 黒木瞳に促されて・・・、あーやっと確定申告が終わった〜。なんで税金払うのにこんなに頭使うんじゃい!
(あ、私税金払ってますからね〜、赤字申告じゃないよ〜)
会社は法人だけど、個人もやらなくてはいけない中嶋なのに、経理が非常に苦手だ。
食べるために仕事してるはずなのに・・・これじゃぁ経理のために働いてるみたいだ。
思い切り「どんぶり」にしてみたいもんだ・・・・、
きっとまた訂正が来るんだろうな・・・
あの定減率の0.2は掛けちゃいけなかった気がする・・・ぶつぶつ・・・
所得税は良いんだけど、それで住民税と区民税、
そして極めつけの国民健康保険料が決まっちゃうのが怖いんだよな・・・ぶつぶつ・・・
みんなまとめて春に来るし・・・・春の郵便物は嫌いだ!
03.3.4 新しいガイド組織JAGU(鈴木昇巳さん保科さんなど所属)の講師に頼まれて、
白樺湖でツヴェートが山スキーを教えた。中嶋も参加させてもらった。
こんな日本のトップアルパインガイドと一緒に滑れるなんて光栄だ〜。
保科さんに板まで譲ってもっらた。いい人だ〜(げんきん)
03.2.28 胃下垂の人の話を聞いた。
ウラヤマシイ!胃がストレートなため、食べても太らないらしい・・・・。
レーシックでど近眼を直した私だが、この「胃下垂の胃」も何とかゲットしたいと考えるのは、
不謹慎だろうか・・・?
03.2.20 大塚に「落語」を見に行った。
最近の私の密やかな贅沢だ。ミニラも落語フアンらしい?
今度は寄席にも行って見ようっと!
03.2.16 アマリージャファームで、馬にのせてもらった。
朝から雪が降り続き、アスファルトが凍って、散歩には最悪のコンディション。
でも行った・・・。雪なれしてない馬なんて、人乗っけてなくても転けてるのに・・・・
怖かった「もお帰ろうよ〜」と、私だけでなく馬も言ってるのに、
アマリージャは帰ろうとしない。緊張気味の私は、手綱を緩めると馬が走り出しそうなんで、
肩や腕の雪すら払えない、馬の上に人間が乗って、その上に雪が乗ってる状態だ。
でもやっぱり馬は素敵だ!アマリージャの罠に半分はまりました。
03.2.13 ツヴェートが風邪で寝込んでる。
しつこく病院行きを勧めたら、インフルエンザらしい・・・高熱も出てる・・・。
でも私より油っぽいもの食べまくって、チョコレートも隠して置いたのに無くなってた。
朝から晩までベットで食べてる・・・おまけに病院で点滴まで打ってもらってきた。
そんなに栄養つけて・・・いったい?  でも2日間で完治してた。すげッ
03.1.27 ツヴェートさんの白樺湖の住処を訪問した。
20畳くらいのプレハブの中に4人用テントが張ってあって、テントの中にコンテナの台所があり、
デスク用のアームライト、トイレ用に買ったヒーターが引き込まれている。
一応ツイン用の部屋らしく、マットは2つある。
ヒーターを止めるとテント周辺から霜が付いてくる・・・スゴイ。
本日は白樺湖「すずらん温泉」にPCを持ち込み、温泉はいりながら、
13:00から広間でデスクワークしてる大胆不敵な二人です。
03.1.19 ミニラが家に来てる・・・昨年のスキー板のツケを労働で返済する計画だ♪
家のリフォームをツヴェート先生と楽しげに(?)寒い中やってくれてる。
ツヴェート先生は明日から国際ライセンス取得に向けて八ヶ岳。
私は明日もミニラと「落語」を王子「半兵」に見に行くのサっ!
昼メシは長野美穂とホテルランチ♪
あ・みんな岳人見てくれた?私も名前だけ登場してる・・・
03.1.12 シャルマンだ!
雪質は重くてイマイチだが、オフピステはバンバンだ!
木の間を、山行ツアーさながらに滑りまくる!
ツヴェートさんのスパルタ的特訓にみんな足がガタガタ・・・・に。「え・・滑るの?」の連続。
宿泊の「権現荘」の食事は豪華で良いぞー!大満足で中嶋は連泊を決定。
明日も頑張る・・・・・(消極的)
03.01.09 昨日今日とも快晴の北アルプス!
昨日はツヴェート&ペンションウッティハートの大西さんと
五竜小遠見から鹿島槍スキー場へ移動するツアーコースへ、鱗の細い板で行きました
(結局五竜スキー場に戻りましたが・・・)
ターンの毎に転び、さんざん・・・・「登るのも大変だけど、降るのも一苦労・・・」
「登ってる方が楽しいかも・・・」と言うような気持ちがよーく分かりました。
ツアーの最後には川渡りがあり、大西さんは“必殺の飛び”で川を渡りましたが、
中嶋はスノーブリッジ(ブリッジにも最初からなってなかったが・・・)を踏みぬき川へ落ちました。
今日もメンバーは変わらず
(人のことは言えないが、ウッティハート良いのか?毎日遊んでて!)
八方尾根へ丸山まで登って八方沢を大滑降!私は久々の山スキーでしたが、
コンディションはすこぶる良く、美しいシュプールを残せましたヨ♪
毎日天気が良いと・・・疲れるなぁ〜
03.01.07 小谷村の体育館でクライミングをした。私たちしかおらず、体育館は広く、
すごーく寒かった。寒さに耐えられないので、体育館を走り回った・・・・。
帰りは若栗温泉。この温泉は循環では無く、流しっぱなしの暖まる良い温泉です。
大西さんの話では、「若栗」「倉の湯」「みみずくの湯」がこの辺じゃいいらしい。
「イタル君」足のひびの回復が思わしくないようだけど・・・落ち込まないで前向きにね♪
みんなあなたの回復を祈ってますよ。
03.01.04 白馬乗鞍のテレマークフェスティバルに参加した。前年に比べ参加者も多く盛況。
あのコンビネーションの荻原兄弟も参加してました。
パウダーコースは参加者が多く、講習になってなかったが、
やはり新雪テクニックは「ヨーデルか奇声」がポイントと確認。新雪はきもちい〜♪
明日はツヴェートさんのミニツアーだけど・・・降り続いてるなー
03.01.01 一晩寝たら新年になっていた・・・。 
明けましておめでとうございます。また今年もどうかごひいきにお願いいたします。
居候は充分滑らしてもらえるが、睡眠をどこかで確保しないと、
楽しさにかまけて疲労していく事を思い出した。昨日も5時間睡眠だ・・・
1日8時間寝ている私なので今日は晴天だがつらい。もう若くはないんだ!で、寝ることに決定。
明日からまた、いろいろ知ってる人が来てくれるしネ。
晴天は良いのだが、この辺は湿雪になってしまうのでワクシング結構大事かも、
白樺湖じゃあんまり必要性を感じなかったんですがね。
02.12.29 28日の白馬はサイコーだった。年末にこんなに良い天気は珍しい感じ。
ゲレンデのコンディションもgood。
今日は何故か白樺湖に「マレーシアから来た女性に英語でスキーを教える」
という依頼で出かけた。
同じ長野といえど、栂池から白樺湖は渋滞も手伝って長かった〜。
こんがらがった英語でレッスンしていて、疲れた・・・・
でも雪見るのも初めての女性が、シュテムっぽくなったんだよ!スゴイね。
02.12.27 白馬での居候生活が始まった・・・
白馬は雪、雪、雪。
「なんでこんなへんぴなところに人は住むんだろう?」
って押しかけて来た人の台詞ではないな・・
ウッティハート・オーナーの大西さんは日々除雪に追われているせいか、
キッチンで親父ギャグを散弾している。つっこむのをためらってると、自分でつっこんで、
「一人漫才」を繰り広げている・・・たまに「一人メオト漫才」になる・・・・おもしろい人だ
02.12.25 「毎日チェックしてる」っていうプレッシャー頂いたんで・・・書きます。
えー、「白濁してるから、何が混ざってるか、何やってるか、わかんないでしょ・・・
レモネードみたいでおいしいからって、なめちゃいけませんよね」
とホントはそこまで「ツヴェート通信」で書きたかったけど、品性疑われるのでやめました。
解る人だけわかってください♪
明日からウッディーハートで居候の中嶋です。
02.12.18 ものすご〜く久しぶりにライブハウスへ行った。(ちょっとドキドキ)
前同じ会社で働いていた佐藤史郎さん率いる「プラネタリューム」という
アコーデオン中心のインストロメンタルのライブだった。
寝るんじゃないかと心配していたが、史郎さんのトークもおもしろく、楽曲的にも切なく、激しく、
おばさんの心にも、切なさの染みる余地がまだあるのかと感慨。
やっぱ映画は映画館、落語は寄席と足を運ぶモノですね。

今回は私の他に、元シンコーミュージック(私が勤めていた会社)のOBが4名来ました。
この会社のOBは、何故か未だにどこかでみんなつながっている、
(特に私の現役だった時代の人たち)
普通辞めた会社人でOB会とか作りませんよね?あるんですここは・・・
今でも年に1回は10人以上が、世代を越えて顔合わせてる不思議な会社です。

思えばあの頃、あんまりアウトドアとは縁がなさそうな音楽系人種を、
キャンプに先導していたのは、私だったかも・・・・中嶋の青春時代とも言える会社でした。
02.12.17 中高年サンクスデーなので、れっきとした中高年おばさん、
長野美穂と二人でフリークライミングへ行った。
スラブの5.7と5.8に登って、時間が無くなり彼女は帰宅。
ビレー初めての彼女にビレーさせて、登るのは良いとしても、テンションかけたり、
降ろしてもらうのはチョット冷や汗もの・・・・、お互いおしゃべりで集中できないのが難点
しかし20数年前と変わらず、早口だな〜(人のこと言えないが・・・)
002.12.11 八甲田山荘のオーナー芦沢さんに出会った。彼曰く、
今年の八甲田はグットコンディション。行くのが楽しみだ〜
それから「ハリーポッター2」を見る。理解力の乏しい中嶋には、難しいし、
画面展開が早いので、目が疲れたぞ〜!とくにあの車、意味わかんない〜!
「ツヴェート組」のバンダナ(お手製)も出来上がった
02.12.09 岳人編集者の山本氏とイラストレーター長野美穂が家に遊びに来てくれた。
来年はスロヴェニアへ行くと言うことで、意気投合!
一緒に山へ行ける友人ができて、うれしい中嶋です。
02.12.02 初めてアイスクライミングに挑戦。春日温泉上の滝です。
結構難しいルートも出来ました。才能あるのか・・・中嶋
協会ガイドの山下氏に会いました。おひげが無くなって明るい感じに、
まえはもっと怖い感じの人だと思っていました(失礼)
02.12.01 ツヴェート達は冬山講習で、硫黄岳なのだが、私は友人と天狗岳のはずだった。
でも計画が悪いのか・・・アクシデントなのか・・・
天狗はやめて、北八ツ散策+唐沢温泉になった。
ある意味予定通りなんだけどネ。
唐沢鉱泉始めていったけど、凄く良いお風呂でしたよ。
結果的には、静かな雪の北八ツと温泉で楽しかったです。

02.11.29
岳人でおもしろいイラストエッセイを描いている「長野美穂」女史が、気になっていたが、
今日やっと。お互い若かれし10代後半の友人だったことが判明した。奇遇!
2月号あたりにツヴェートさんと行く「冬の八ヶ岳紀行」が出るはず。
02.11.27 あの保科さんとツヴェートと城ヶ崎へ行った。
城ヶ崎はとても良いところだし、保科さんと一緒でうれしいが、
少し登れるようになってから出直した方が良さそうだ・・・・・と痛感。岩場は落ち込む。
昨日の理恵さんが教えてくれた「プッシュ!アップ!」を唱えてたのに・・・・
02.11.25 川口パンプ講習に行った。木村夫妻が親身に教えてくれて、デブには登れない
思っていたハング壁だが登り切ることが出来た。うれしい・・・・
レストが大事ね・・・はい