九州久住山と古祖母山+別府温泉
kyuusyu.Mt.Kujyu&Furusobo+Beppu spa
えー
中国クライミングから7日に帰国してから11日は九州で親戚の結婚式があり出席
そして折角だからと言うことで花嫁の父と久住山と祖母山(古祖母)に登ってきました
前知識無しに昭文社の地図二つだけ持って出かけたので
山やルートはその場で決定というミステリィツアー
(天気も安定してたし、花嫁の父は九州の人なのでその辺は行ってるので安心でしたが)

久住山では法華温泉に泊まり2日間でのんびりと
新緑ののんびりした山から湿原地帯、そして今も噴気をあげる荒涼たるルートを抜け
360度展望の外輪山には池までありと・・+山間の温泉
けして大きくない規模のこの山にイロイロな要素が入っててとても素敵な山でした
この山はキリシマツツジで有名ですが
たしかにドコモかしこもキリシマツツジです
これが一斉に咲いたらさぞ奇麗だろうなぁ〜と
「結婚式が2週間後だったら良かったねぇ」などと不謹慎な事を言いながら
楽しく歩きました。秋もこの山は奇麗みたいで再訪したい山でした。

次の日には祖母山に登る事にして、
花嫁の父の車で尾平へ移動し此処で一泊
尾平登山口の宿は2つとも泊まれなかったので
少し離れた不思議な民宿(民家?)に泊まりました
平日だと言うのにかなりの人が泊まっていていましたが
同室の方は78才で暇と天気を見てはマウンテンバイクで旅をしているとか・・
1日の移動距離は100km前後、もちろん峠も越えるわけだし荷物もあるし
凄いなぁ・・・
「自転車も人間も前に進まなくなったら転びますから」と
ありがたいお言葉を頂きました

祖母山は元鉱山の尾平から始まるちょっと健脚者向けの黒金山ルートを登りましたが
その眺望が見える尾根まで登ってから
「やっぱ・障子岳周りで古祖母山の方がイイかも・・」と
百名山を踏むこと無しにアケボノツツジ&岩肌に誘われて別ルートに変更
古祖母山自体はあまり良い山ではありませんでしたが
障子岳の稜線歩きは変化に富んで楽しい歩きとなりました

その後花嫁の父にもより駅まで送って貰い私は一人で
一度テレビで見て行ってみたかった「鉄輪」温泉へ
恥ずかしながら知りませんでしたが
別府の湯量はダントツ日本一(これは知っていた)で
世界1位が広大なイエローストーンだと考えると規模的には
世界1位でも良いのでは?と思いますし
その中でも狭いエリアの「鉄輪」の湯量は1番です
街のあちらこちらから蒸気が上がっていて、料理もこの蒸気を利用した「地獄蒸し」
至るところに温泉や足湯・足蒸し・・と温泉をフル活用です

別府の街は華やかですが
昔は温泉街&北九州のいち都市としてもっと栄えていたようで
レトロな建物が多く残された温泉街です
「山は富士・海は瀬戸・湯は別府」と言われているらしく
確かに一度は訪れるべき日本が誇る場所です!

トップへ