根子岳スキー山行
根子岳山岳スキー入門レポート(講習生宗さんレポート)

ずっと週間予報では天気が見込まれていたはずの2月23〜24日は
大荒れの天候となってしまいました。
普通の人ならとても山に入る気のしない暴風雪の最中、
根子岳山岳スキー入門は催行されました。
もしも突然にこのような悪天候に見舞われたなら多くの普通の人はパニック状態…。
でも今回の参加者はツベート先生の指導の下、地図の見方、
ホワイトナビゲーションの基礎等しっかりと勉強して経験を積みました。

23日
午前中、奥ダボススキー場のレストハウスにて地図の読み方、
午後はシール登行にて沢筋をつめてホワイトアウトナビゲーション基礎を講習。

24日
暴風雪のためスキー場閉鎖。
シール登行にて沢をつめる。
ツェルト設営昼食、非難小屋までのぼり、下降。

今回の山行(講習)後のツベートさんからのポイントは、
「途中先行メンバーのトレースが消えるほどの風が吹いていました。
暴風雪の中では、パーティのメンバーは距離をあけずにお互いの存在を確認しあうこと。」
でした。

力量の確かな講師(ガイド)と一緒に
悪天候を含め山の経験を積むことこそ確かなものと思う今日この頃です。

ユーチューブに動画があります。参照下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=sP356Doeqh4

トップへ