シャルマン深雪講習
先週末のシャルは大雪〜!視界も悪いし雪崩の危険が大なので
日曜のツアーは中止して、二日間ゲレンデでの講習となりました。

何故か踵が外れてる山スキーヤー:ツヴェート
ニューエイジテレマーカー@:感覚で滑ってる@naruちゃん
ニューエイジテレマーカーA:飛べるわりに基礎的@宝君
おばさんテレマーカー:自己暗示型@中嶋

まぁ今回は白樺湖のニューエイジテレマーカー、なるチャンと宝君が二人とも来ていたので
みんな違うタイプのスキースタイルを見ることもできたから、良かったかなぁ・・と思ってください(苦笑)
「今後の反省材料&酒の肴ビデオ」も撮りましたしね

テレマークはみんな乗り方が違います
「こうじゃなくちゃいけない」って事がないので自由なんです。
不安定な乗り方(スピードコントロールができるか転ばないか)でなけりゃ各自のスタイルでOKです。

スキーはその「振り幅」がテレに比べて狭く、スノーボードはもっと広い感じが私はしています。
今回の雪はとても難しく、私には面白い雪質でした
そういう違う雪に合ったときに違うポジション、違う乗り方ができるようになる事ができればと思っています。


山スキーは比較的安定しているのですが、深雪では同時操作ができないと厄介です。
あんな深雪だと同時ができたとしても、足が開いていたらドンドン開いちゃって収集がつかなくなるので、
開脚滑りから閉脚滑りになるように精進しましょう〜
でもテレマーク・山スキー共にコントロールが大事です。特に山に行くための練習ですから
スキーをコントロールできる範囲でスピードをつけてくださいね


TM板やブーツインナーの左右を間違えて履いて滑ってるヤツに、
「滑りの極意」を語られたくないですよね・・・(笑)

トップへ