ナルミズ沢
8月6日(土)快晴
関越の渋滞で出発が遅れるが、3時半くらいにウツボギ沢出合に着いてテント設営。
初めの徒渉地点で徒渉せずに溯行。

前年撤退したときは確か此処腰までだったなぁ〜
と思い出しながら川の瀬を歩いていてバランスを崩す。
持ち直すと思ったら意外な荷物の重さに降られ、よ・よ・よ・と思うまに顔面から顔に落ちた!
水量30cmの川にゴボゴボと顔を埋め、自分のザックに押えこまれ、中嶋は全身水没してしまいました。
防水の支度はまだしていなかったので、デジカメにも水が・・・
よって沢の写真は全然撮れなかくなった(悲)

8月7日(日)
快晴・薄曇り
昨晩は大学生ワンゲルの男の子達とも焚き火で盛り上がり(ツヴェートを雑誌で知っていて声をかけてきた)
4時起床。すべて巻道を使わずに滝を登る

話には聞いていましたが、トイ状スラブ、ナメ、淵、小滝がドンドン出てくる変化に富んで明るい沢です。
全身浴・半身浴が出来るような穴も一杯ありました。(写真なくてスミマセン・・・)
でも帰りの時間がきついので、あまり遊んでられないのが残念。
人気の沢で天気も良かったのに、この週末沢に入ったのは大学生と私達だけだったと思います。
ウツボギ沢には大勢いいたんですけどね〜、ラッキーな一日でした

トップへ