白馬岳−柳又谷−雪倉岳
5月6日曇り 猿倉−白馬山荘
曇り空にも助けられて、順調の高度を上げ、1600mを6時間半で登る。
小屋に着くあたりからポツポツと降り始め夜半はかなりの雨風だった。

5月7日 雨/強風/晴れ 白馬山荘−雪倉−蓮華温泉
朝食を6時に食べて寝る(笑)。雨は9時半くらいに止んだが、風はかなり強い
11時頃には雲間に青空が見えるが、雲の流れは川の流れのようだった。
ツヴェートの判断では、チャンスがある最後まで待つとの事。窓を観ながら本やTVを観て待つ。

白馬岳へ登り様子を見たツヴェートが、雪倉決行を決定。急いで支度をして出発。
小屋の周りは板を持って歩くのがやっとだったが、柳又沢は風もなく雪質も良く快調に飛ばす
旭岳の北斜面を見ながら「今度はあそこを・・」と思う
300mくらい登り雪倉頂上へ、時間が遅いのでクラストを心配したが、
そんなにひどくない40度くらいの斜面を急いで滑り降りる。
今夜の宿は馴染みの湯・蓮華温泉。山で温泉に入れるって天国!

5月8日(日)快晴 蓮華温泉−白馬大池−小蓮華近辺−猿倉
予定は木地屋だったが、サービス精神旺盛なツヴェートは金山沢近辺滑降を提案。
(木地屋は5日に滑った時、ブナの油でスキーが滑らない事は解っていた)

「え〜また1200mも登るの〜」と思った中嶋は一番弱ってそうなお客さんH嬢に救いを求めたが、
「良いですよ」だって・・トホホ・・
まぁおかげで快晴の中、1300m以上の大滑降。
出だしは45〜47度近くだったし♪3日間で登り3000m/滑降3000m
ルート&天候の見極め、アクシデントと、GWの最後を飾る内容の濃い満足したツアーでした

トップへ