不動沢サバイバル講習
8日
不動沢を登る(沢登りじゃない)。いきなり登山道から離れ、カサメリ沢の分岐へ。ここで、なんかの講習&杖つくり。
林は岩小屋の偵察に行っていたので、講習の内容は忘れました。ここから上が悪路で、FIXロープも多用して、
結局500mくらい(距離です)の移動に、2〜3時間ほどかかる。雨も降り出したので、岩小屋まで行かずにビバーク。
ツェルトを張って、焚き火を起こし、焚き火料理を作って乾杯。
夜中に大雨になったので、ツェルトの中はびしょぬれでした。

9日
朝から雨。雨なので、予定の5時を大きく過ぎてから起床。今日はここに停滞して、周辺で講習。
午前中はFIXロープの張り方、肩がらみの懸垂下降、
簡易ハーネスを使った懸垂下降、同じく簡易ハーネスを使ったロワーダウン。
午後からは、チロリアンの講習。まずは地上で練習してから、本番?の川渡り。これが結構楽しかった。
講習後は、ツェルトを張りなおし、焚き火料理をして就寝。お酒は昨日全部飲んだので無し。

10日
5時過ぎに起き、焚き火をつけて朝食の支度。朝食中に雨が降り始める。
雨が上がるまで待つことにして、焚き火に当たる人と、ツェルトで寝る人に分かれる。
雨が上がると、ツェルトを撤収して、浮動の滝を目指して歩きはじめる。初日ほどの悪路ではなく、すぐに登山道へ。
途中、何度か、ツヴェートさんから誰も地図を見ていないと注意され、地図の見方のアドバイスを受ける。
不動の滝に付く頃にまた雨。予定していた自己脱出はせずに、そのまま下山。

トップへ