タンボ平&立山川−馬場島スキーツアー
4月29日(際)晴れ・風 「タンボ平」

前日は雪だったようで、グットコンディションを期待してましたが、風があったのでクラスト気味のチョット
手強い雪質。風のせいだけでなく、雪は確かに少ないのですが、まだ充分春雪として落ち着いていなく、
中途半端な難しい雪質です。

でも大きなタンボ平の斜面は思っていたより楽しく、御山谷への誘惑さえなければ、快適な良いコースです。

4月30日(金)無風快晴 「立山川−馬場島」

一昨年の経験から、気を引き締めて望んだ立山川でしたが、拍子抜けでした〜障害物がなさすぎ(笑)
出だしの急斜面はあるモノの一昨年のアイスバーンも、スプーンカットも
デブリの上歩きも、小石を避けながらの滑りも、堰堤の穴をどうにかくぐってからの川渡りも、
全部無かった・・・

やはり少しターンがしづらい雪質ではあったので、上部では講習を交えながら、比較的のんびり行きました。
でもこのルートは、なるべく早く抜けることが賢明なルートです。沢が狭くなった所では止まらずに滑走。

一昨年参加で、また来てくれた2名にはちょっと期待はずれかな?
でもそんな苦労を知らないニューカマーには快適な立山川でした。
最後まで板履いて行けました(標高差1580m)

でも簡単な場所だと思わないでくださいね。このルートは多くの危険が潜在するルートです。
沢も狭く、雪崩れもおきやすく、川も所々でてますし、年によっては川を渡るのに苦労します
この日も11:00過ぎから落石が始まりました。

トップへ