根子岳講習&スキーツアー
2月28日(土)

天候は快晴、ほぼ無風。菅平にしては異例なあたたかさ。
9:30 奥ダボスゲレンデ集合
    ゲレンデと周辺のオフピステにて講習
16:20講習終了、ペンションに移動。

ペンションはなかなか食事も豪華で、例によって出された物を平らげるのに必死。

夕食後スライドショーに突入。バラエティーに富んだ内容で、
初めてツアーに参加したメンバーも楽しんでいたようでした。
その後は宴会モードに突入。「酒と鍋」の佐藤氏はじめ、みなでおおいに盛り上がる。

2月29日(日)
天候は宿を出た時点で小雪。気温は暖かい。ゲレンデトップで摂氏+2度!
 9:00 ゲレンデトップ出発。
 9:50 避難小屋にて小休止。先客あり。
 13:15 ピーク着。 ここで佐藤氏のケーナ独演会の開演。
      ガスの中に響き渡るエル・コンドル・パサのメロディー。。
 13:30 テイク・オフ。。といってもガスの中、ツヴェートさんの 新雪探知機能に導かれ、ボーゲンで高度を落とす。
      中腹より待望の新雪でみな鬼気として滑りまくる。転びまくっている、
      (やや自虐趣味の人達もいましたが。。)
      そういえば途中、両足を縛られたもっと自虐的な人もいましたね。
       ↑これは上手い人なのにスタンスが広く、オフでは同時操作が出来ないので、
        ツヴェートが使命を与えたらしいです(千春)
 15:00 ゲレンデを滑りおりフィナーレ。ゲレンデは蒸して、気温が高い。
       いつのまにか、お日様も顔を覗かせていた。リフト乗り場にて解散式。

                                                           以上 木村著

トップへ